« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #005「光を覆う心」 | トップページ | シャングリ・ラ 第18話「双頭奇譚」 »

2009年8月 4日 (火)

うみねこのなく頃に episode I-Ⅴ 「fool's mate」

居間で惨殺され、ただ一人の生存者となった真里亞だが、何も見てないと言う。
真里亞の言葉に戦人は激怒。
譲治が戦人を宥めつつ真里亞からあれこれと情報収集。
真里亞はベアトリーチェが書斎には入れなかったため、居間にいた人間たちを殺す事にしたと説明されたとい言う。真里亞は戦人のサソリのペンダントを持っていたため殺すことなく、壁に向かって歌えと言われ、ベアリーチェに言われたという。そうすれば何も聞こえないし、判らないのだと。
密室に入って来れたのは魔女だから
この真里亞の発言はやはり矛盾を感じるよね。手が出せないなら、前回書斎にどうやって手紙を置いたのか。黄金の蝶の形で入る事は出来るけど、実体化できないとでもいうのか。

戦人と真里亞がやりあっている間に、夏妃が子供たちを居間に閉じこめ、一人でベアトリーチェに立ち向かう。
ベアトリーチェの手紙が無くなっているので、そこに何かが書かれていたようだ。
出現した黄金の蝶にショットガンを発砲する夏妃。
戦人たちが扉をぶち破ってみると、自らの銃で頭を撃ち抜かれて命を落としていた。
あんな子供たちが体当たりしたぐらいで、扉は壊せませんが、そこを指摘する探偵ものの多くを否定することになるので良いとしても、夏妃が持っていたのはショットガンですからアレで自分の頭を撃っていたらもっと酷いことになるのでは?

真里亞はすべてが終わったと笑い、ベアトリーチェに黄金の郷へ導いてくれと願う。
戦人はあくまで魔女の存在を信じようとはしないが、彼らの前に黄金の蝶が姿を見せる。
魔女の存在を必死に否定する戦人は、蝶を夏妃のショットガンで撃ち抜くも、蝶は複数に分裂。
もしちゃんとしたトリックがあって、魔法とかが使われていなのならば黄金の蝶はなんらかの幻覚を見せる香などを誰かが使用している、と考えるのが妥当なんですが。

ボトルメールで、手紙を拾った人に真相を暴いて欲しいと願う真里亞の手紙が流れ着く。
とてもケタケタ笑っていたキ○ガイの書いた手紙とは思えないのですが、つーか、解決なんて望んでいなかったのに、この手紙というのが良く判らないオチ。
そして誰もいなくなった。

エピローグ?
えっと、これはどういう位置づけなんでしょうか。碑文どおりに死んだ人が生き返ったという事なのか、それとも単にお遊び的に次のターンへ向けて、ヒントや解説的な位置づけでしかないのか。
今回のターンの簡単な解説でもあるのか。
単なるイメージの世界の話なんだろうね。

碑文の謎を解かなかったため、違う結果となった。
どうやらあの後で残りの4人の子供たちも結局惨殺されたらしい。
嘉音の死は18人の中に犯人がいない、という大きなヒントになったという朱志香と譲治。

犯人は魔女だったという結論に達する朱志香や譲治だが、戦人はあくまでも人間の仕業だと主張。
人間には不可能と思われる犯行でトリックの謎も全く解けていないが、戦人はトリックを必ず暴くと主張。

戦人が信じれば魔法は完成するが、戦人だけは信じない。
魔女が存在すると証明するならばベアトリーチェをつれてくれば良いという戦人に、言葉に詰まる真里亞たち。
そこに突如、出現した黄金の魔女ベアトリーチェ。

戦人は全員が信じる事でベアトリーチェは存在が確定するのだろうと指摘する。
しかし魔に対して強い抵抗を持つ戦人は、ベアトリーチェを簡単には受け入れない。
戦人が魔女の存在を否定した事で、嘉音、紗音は死んだ時の姿に戻り、朱志香、譲治、真里亞は肉体が崩れ落ちていく。
ベアトリーチェは魔女を否定する戦人を気に入ったと笑う。
ベアトリーチェvs戦人
戦人は2巡目以降の世界にトリックを暴けるのか。ま、この先まだ何巡もしていくんでしょうから、全くドキドキとかしませんが。

魔女のお茶会のようなもの。
伝説の魔女、ベルンカストル卿。
どうみても成長した梨花ちゃま……
ベアリーチェが面白そうな事をやっているからやってきたと語る。
一人を無限に殺すベアトリーチェ
退屈は魔女を殺す。自分を殺さないでくれと語る。
ベアトリーチェの紡ぐ無限を楽しむため、退屈しないように気の毒だから少しだけ力を貸してあげるという。
2巡目からベルンカストルに関連するキャラクターが増えるという事?
椅子が沢山あるので、他にも魔女とか悪魔とかが増えていくのでしょうか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #005「光を覆う心」 | トップページ | シャングリ・ラ 第18話「双頭奇譚」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に episode I-Ⅴ 「fool's mate」:

» うみねこのなく頃に 5話 [自己満足]
EpisodeI-V fools mate 前情報ゼロの人はそろそろ頭がパンクしてる頃ではないか? 前半部分で物語が終了し後半部分は魔女の抽象世界に突入しました。譲治や朱志香、真里亞はどう死んだのかは分からずじまい。戦人は決してベアトリーチェに屈する気...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 5日 (水) 02時28分

« うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ #005「光を覆う心」 | トップページ | シャングリ・ラ 第18話「双頭奇譚」 »