« 11eyes 第2話「水晶の少女 egylany-bankristaly」 | トップページ | うみねこのなく頃に 第16話「EpisodeⅢ-Ⅴ queening square」 »

2009年10月15日 (木)

聖剣の刀鍛冶 #02「悪魔契約 -Valbanill-」

セシリー・キャンベルは悪魔となった山賊と闘い、ルーク・エインズワースが刀を造り出すまでの時間を稼いだおかげで、無事に魔刀の精製を完了。
刀とは何度も鍛練される武器である事を語るリサですが、今回の刀は特別製
どう考えても普通に造ってる剣じゃないしな。
切れ味の鋭いルークの刀でも、氷の敵を切っていれば刃こぼれなどが発生し、戦いの中で刀を折れれば死を意味する。それ故に戦いも無闇に突っ込むような戦い方はしない、と。
セシリーはこれで自分の戦い方を少しは悔い改めることになったのかどうか……

悪魔を一刀両断にしたルークの刀に感服するセシリーですが、彼の作り出した魔刀は消滅。
一定時間で消滅するのか、魔力が切れたのか、力を使い果たしたのか。普通の刀ではないので仕方ない。
セシリーの胸当てが割れた……
甲冑が割れたのはともかく、なんで中の服まで破れるんだ……

胸を見て鼻血を出したルークは馬乗りでタコ殴りにされたらしい。
リサにはこれから何度となく胸ネタを弄られる事に。本人は純粋に羨ましがっているから、余計始末が悪い。
ルークは用事があるものの、フルボッコにされて顔が腫れているので行かないことに。
顔がボロボロだから行かないとか、子供の理由かよ。
魔刀については言葉を濁しているので、あまり大っぴらに言えることではないらしい。

刀鍛冶(ブラック・スミス)の到着を待つバルバニル会議の面子。
これはルークの事なんだろうな。
バルバニルが復活されば、世界は滅ぶ。
そのために聖剣を造り出す必要がある。
ジャスティーナが最後に現れ、一名欠員のままバルバニル会議がスタート。
名前がさっぱり判らん。

山賊の事を調査する騎士団。
山賊唯一の生き残りは黒衣の男の存在を語り、ボスを悪魔契約で悪魔にした事を喋るも、口の中から怪物が出てきて死亡。
下手な事を喋らないように、予め仕込まれていたのだろう。
しかしこの山賊はなんで逃げずに今までいたのやら。それとも前日の晩から今まで気絶でもしていたのか?

刀打ちの様子を外から覗くセシリーですが、どうやら黙って覗いているのではなく、鍛冶場は女人禁制だからという理由らしい。ただリサは特別。
リサ本人は女扱いされていないとか、ルークは助手だからとか言っていますが、そもそも人間かどうかも怪しいし。

騎士団長ハンニバル・クエンサーと市長ヒューゴー・ハウスマンはルークとセシリーが出会ってしまったと語り合っているので、ルークは兎も角セシリーも何かしらわけありの人物という事ですか。本人に自覚があるのかどうかは別なんでしょうけど。
荷物として運ばれていた剣の治められた箱は空であり、本物は自ら「歩いて」やってきたと。

刀の製造を引き受けるルークだが、高額の代金を要求されたため、セシリーは支払えずに交渉失敗。
ペーペーの騎士で金も家に入れてるので、金が無いっぽい。

セシリーにはアリアという女性の警護を任される事に。
これが聖剣の持ち主? に、しては戦えそうには見えないが、リサのように魔剣を作り出す能力を持つ相手かかと思いきや、公式サイト次回概要の感じからするとどうやら彼女本人が魔剣らしい。

次回 第3話「魔剣 -Sword-」
魔剣と名乗る美女アリアの護衛を命じられ、街を案内するセシリーだが、再び現れた黒衣の男の暗躍により異変が起き……苛烈なる試練がセシリーに立ち塞がる!

セシリーにはアリアという女性の警護を負かされる事に。
どうやらこの女性が魔剣らしい……

次回 第3話「魔剣 -Sword-」
にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 11eyes 第2話「水晶の少女 egylany-bankristaly」 | トップページ | うみねこのなく頃に 第16話「EpisodeⅢ-Ⅴ queening square」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖剣の刀鍛冶 #02「悪魔契約 -Valbanill-」:

« 11eyes 第2話「水晶の少女 egylany-bankristaly」 | トップページ | うみねこのなく頃に 第16話「EpisodeⅢ-Ⅴ queening square」 »