« 生徒会の一存 第4話「創作する生徒会」 | トップページ | 聖剣の刀鍛冶 #04「誓約 -Promise-」 »

2009年10月28日 (水)

夏のあらし!春夏冬中(あきないちゅう) 第4話「みずいろの雨」

上賀茂潤は姉の上賀茂京子が洗濯当番であるにもかかわらず、全く洗濯などしようとしない事にご立腹。そんな潤にカヤ・バーグマンは、お姉さんを悪く言わないように窘めつつ、洗濯も彼女が行っていた。
居候の身の上だからという事のよう。とりあえず、カヤの事はやはり家族公認のようですが、どういう風に説明しているのだろうか。まさか戦時中の幽霊とは言えないだろうし。

『方舟』ではその日は潤とカヤ、嵐山小夜子、八坂一が一度に休みだが、生憎の嵐で客はほとんどいない。。
しかし塩谷(杉田)は塩をもらえず。
幾ら頼んでも塩をもらえないのに、それでも塩を欲する彼は、一体毎日何を注文しているのでしょうか? 塩のいらないメニューを注文するか、塩持参の方がいいんじゃないのか。

冷蔵庫にカヤの作ったシュークリームを発見した京子。
戦時中にシュークリームなんて作れたとは思えないので、方舟で働くようになってから作り方を覚えたのでしょうか。
カヤは来客があるので、その時に一緒に食べようという。来客とはあらしだが、潤はそこで嫌な予感。そして予感は的中し、一も一緒にやってくる事に。
着替えの服がない潤は大慌て。
何でバスローブ姿なのかと思ったら、本当に一枚も着替えが無い状態なのか。カヤが干していた洗濯物も嵐で濡れてしまったんですね。
京子が衣装さんからもらった服を着ることになるが、何故かウエディングドレス
本当に、着ている時に気付こうよ。
これなら制服とか着た方がマシだったのでは。
後、君らはタイムトリップ出来るんだから、過去に戻ってこっそりと服を取ってくればいいんじゃないのか。

京子によると潤は小さい頃、ウエディングドレスを見たら泣いていたらしく、両親の結婚式の写真も隠されています。
一にばれてはいけない写真や物を隠す潤だが、カヤはついつい余計な事に手を出してしまうので進まない。片付けしていると、出てきた写真や本に見入ってしまうの法則です。
そしてついにあらしと一がやってきてしまうが、一は潤の姿を見ても女装だと信じ込んでいます。
まぁ、裸を見ても気付かないような男だからな。
もはや気付かせるにはナニが存在しない事を見せ付けるしかないでしょう。
たぶん、女だと自白しても信じないよ。

Bパート
注文をもらったやよゐだが、料理の名前を忘れてしまった……
「どんなお料理か聞かせてくださる?」
やよゐは加奈子に説明。
香ばしき寝室の押しくらまんじゅう格子柄のお洋服で……
とりあえず、ウエイトレスが注文を忘れないように。覚えられないなら、メモしよう。

雨で濡れたあらしもウエディングドレス姿で、一はタキシード
タキシードあるなら、そっちを着とけばいいものを。
何故一を連れてきたのかと詰問するカヤに、不味いかと思いつつもばれたらばれたらでいいかと、完全に楽しんでいる。
あらしは潤と一をくっつけたいのでしょうか。少なくとも夏しかいられない自分に想いを寄せるよりは良いと考えていそうだな。

手を洗おうとする一に、焦るカヤは一の意識を逸らせて洗面所に隠した下着を持ち出し、京子と連携して冷蔵庫の中へ……
てか、いくら一でも洗面所にある引き出しを漁って中を確認するとかしないだろう。喩えしたとしても、姉のものだと主張すれば済むだけだと思うのですが。

方舟では冷蔵庫にマスターのパンストが。
冷やすと伝線し難いとかは聞いた事があるな。とはいえ、職場の冷蔵庫にストッキングを入れるのは衛生的にどうかと。

一がお茶を飲むため、冷蔵庫を開けてしまった。
冷蔵庫に入ったパンツの山に呆然とする一に、京子は冷蔵庫は女の園であり、続きは大人になってからだと意味不明な台詞を。
大人になってもこの謎は一生解けないけどね。

満腹になった一だが、遂に家探しを始める。
「八坂はじめが ヤサガシ ハジメタ」
相変わらずカヤに笑いのセンスはない。
慌てて追いかけた潤の姿に、京子は色々な表情を見せる潤を久しぶりだと感じる。
京子の言葉にあらしも満足げです。

あらしに次々とシュークリームを食べられてしまうカヤは、最後の一個を持って大騒ぎする潤と一のところへ。
あらしはもはや信用度0。まぁ、置いておけば確実に食べてるでしょうが。
ここでわさび入りシュークリームなどを密かに作って、あらしに一泡吹かせるとか考えないところが彼女の人の良さですね。

一から逃げるため、セーラー服を隠した潤はカヤとタイムトリップする。
まぁ、セーラー服を見つけたところで、おそらくは女装のための衣装とかしか思わないんでしょうけどね。
しかしシュークリームがドレスについてしまい、イチゴクリームがべっとり。
最後のシュークリームがダメになって泣くカヤ。そこに幼い頃の潤がやってきてしまい、慌てて下の時代へ戻ろうとする潤。
二人が消える直前にやってきてしまった幼い潤は、赤く染まったウエディングドレス姿の潤を目撃してお化けだと泣くことに。これがトラウマの原因ですね。
潤の姿とカヤの泣き声のダブルパンチで幼い時に目にしたのなら、そりゃあ怖くもなるよな。

一が探していたのはもちろんエロ本でしたが、京子が始末したことにしていたらしい。
中学生男子だと、その手の本は大抵持ってるかな。
でも最近は書店とかもうるさいし、DVDとかも買えないだろうから、むしろパソコンでエロ動画とかエロ写真をダウンロードしているかも?

方舟では、グラサンが注文した筈のホットサンドに代わり、アイロンが……
いや、だからせめて食べ物にしてくれ。
つーか、加奈子相手がグラサンだからってワザとしてないか?

Cパートでは今期から活動写真になったやよゐと加奈子の物語が開始。
やよゐの見たタイトルを忘れてしまった面白い活動写真の話。
闇夜に浮かぶ、神秘に導かれし物語。
純情な乙女達は……
黒き獣を従えた美しき戦士には決まった口癖がある。
「月に代わって!」
もう言わずもがなというメジャー作品ですな。
第1回なので、わかり易い奴を選択した?

次回 第5話「Romanticが止まらない」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 生徒会の一存 第4話「創作する生徒会」 | トップページ | 聖剣の刀鍛冶 #04「誓約 -Promise-」 »

夏のあらし!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/46608599

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のあらし!春夏冬中(あきないちゅう) 第4話「みずいろの雨」:

« 生徒会の一存 第4話「創作する生徒会」 | トップページ | 聖剣の刀鍛冶 #04「誓約 -Promise-」 »