« 真・恋姫†無双 第四席「張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと」 | トップページ | テガミバチ 第五話「行き止まりの町」 »

2009年10月31日 (土)

ささめきこと その四『4+1』

今頃になって、教室でキスをしていた二人が誰なのかと考え始めた風間汐。
村雨純夏は色々とダークです。
自分の赤い糸の相手を求める汐に、鳥追きよりが探してみるかと他のクラスの可愛い女の子達を教えられて、写メを捕る汐ですが、明らかに気持ち悪がられてます……
最後はクラスメイトの当麻みやこ。男子達に大人気ですが、明らかに蓮賀朋絵と二人きりの世界を構成しています。
男子はバカばかり。

純夏は二人がキスしていた相手だと気付いたようですが、汐は気付かない。
てか、クラスメイトなのに今頃になって気付いたのかと思いきや、普段は汐しか見ていないから周りに目がいっていないらしい。

純夏と汐のキスシーンを見ていたという朋絵の言葉に、脅迫だと感じた純夏は汐を傷つけるなら許さないと剣幕で二人の下に行くも、朋絵は同志を捜していただけでした。
女子による女子のための女子だけの部活『女子部』
やむを得ず共学校に入ってしまった、女の子好きな女の子のための部活。
アホです。

呆れる純夏は立ち去ろうとするも、みやこの脅迫と誘導で片思いなのがバレました。
汐は女子部にやたらとノリノリですが、純夏は女の子好きではないから女子部には入れないと考えた汐は女子部への参加を諦める。
部活をするなら純夏と一緒の方が良いという汐の言葉に舞い上がり、純夏は一緒に女子部に入って汐好みの女の子を捜そうとか言い出してしまってるし。この娘も所詮はおバカです。

朋絵から女子部へ勧誘されたきょりちゃんは即断で拒絶。しかも高笑い
さすがはきょりちゃんだな。

部活には5人が必要。
後一人をどうやって捜すか悩んだ純夏に巻き添えにされたのは朱宮正樹、改め山崎アケミ。
酷い話だ。
彼女に告白させて、反応を探ろうというムチャな作戦です。
告白させる相手は、きょりちゃんが紹介した女の子たちのようです。
正樹、意外と頑張ります。。
もちろん全滅ですけどね。

朋絵に声を掛けられた蒼井あずさは「破廉恥」だと口にしてダッシュで逃げた。

きょりちゃんって二四時間カレーパンを食べてないか?

正樹の噂がすっかり広まってしまって焦るも、もしも可愛い女の子を見つけて二人が相思相愛になったらと悩んだ結果、真面目に捜すのを止めてしまったものの、きょりちゃんから汐が純夏を捜して温室へ向かった事を知る。
温室の前にはアケミが……
汐に見つかったので、ここの生徒だと勘違いされる事になってしまうのですね。

アケミ、何故か部活に入る羽目になってます。
転校生だからって、女の子好きだと決まっている訳でもないのに、なんで入ることになってしまったのだろうか。

もちろん、女子部の届け出は先生に却下されました。
当然だ。

次回 その五『friends』

みやことあずさメインの話のようで、そろそろ女子部が創られるという事でしょうか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 真・恋姫†無双 第四席「張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと」 | トップページ | テガミバチ 第五話「行き止まりの町」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ささめきこと その四『4+1』:

» ささめきこと 第4話「4+1」感想 [荒川キャッチデイ]
「女子部を作らないか?」 これを聞いて、某SOS団や某ホスト部を思い出してしまいました。 [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 14時35分

« 真・恋姫†無双 第四席「張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと」 | トップページ | テガミバチ 第五話「行き止まりの町」 »