« ささめきこと その二『かわいいひとたち』 | トップページ | テガミバチ 第三話「泣き虫少年、テガミ少女」 »

2009年10月17日 (土)

真・恋姫†無双 第二席「劉備、桃花村を訪れるのこと」

原作通りに房中術の本を買ってる諸葛亮(朱里)。
巷では自称白馬将軍の公孫賛(白蓮)が宝剣を手に入れたという噂や、三姉妹の話で持ちきり。
公孫賛は相変わらず影が薄いな。

賊に襲われた筵売りの劉備(桃香)。
筵で顔を隠しても、パンツ見えてるから。
もちろん関羽(愛紗)と愉快な仲間達が駆けつけて、一撃粉砕
余計な事を言った趙雲 (星)だけが、愛紗に殴られて怪我してます。
天然の桃香。
山賊は前回のボスに似ていますが、単なるそっくりさんです。この世界では良くある顔なんです。

姓は劉、名は備、字は玄徳。それは前期シリーズで桃花村で義勇軍を旗揚げしたヘタレ ナンパ男が名乗った偽名と同じ。
彼女の名前を使って、立身出世を計ろうとした悪党である男は、茶店で見かけた桃香の宝剣に目を付けて、口八丁で彼女が中山靖王・劉勝の末裔である事を聞き出すと、人のいないところで宝剣を奪って崖から突き落としてしまったらしい。
その事を知った母親が、たびたび彼女を家の近くの川に投げ込んでいたので、このままでは身が持たないと、偽劉備の噂を聞いてやってきたらしい。

劉備の名を聞いて飛び込んできた黄忠(紫苑)。
偽劉備に対する怒りが黒すぎる。
再登場したら、確実に殺される……
公孫賛が手に入れた宝剣がそうではないか、という話に。
伯珪は劉備の学友というのは史実通りの設定です。

翌日、桃花村を出た桃香はいきなり昨日の山賊に襲われ、今度は上着を破られて胸丸出しに。
今度は桃香を人質にする山賊ですが、ここで登場は 変態 華蝶仮面
秘技影分身で目が回った華蝶仮面に、山賊がずっこけた隙に桃香を奪い取った。
人質がなければ、もちろん愛紗に一撃粉砕
原作ゲームでは確か愛紗たちは華蝶仮面の正体に気付いていませんが、アニメでは愛紗、鈴々、朱里の3人ともが気付いています。
桃香は華蝶仮面を格好いいとか、ベタ褒め。
すっかり気をよくした趙雲 (星)は、桃香を送り届けるために旅へ出ることに。

桃香の新しい服は愛紗の買ったばかりの替えの服なので、全体的なデザインは似たような感じです。

馬超(翠)、紫苑、璃々だけが村でお留守番
第1話が馬超の話だったのは、当分出番が無くなるからなのか……
星のとびきりの顔は画面に表せない……かなの作り笑い並ですか。

講談師の黒子のお姉さんは水鏡先生ですね。

エンディングテーマ『乙女繚乱☆ばとるPARTY』 歌:桃園ノ三姉妹{劉備、関羽、張飛(CV:後藤麻衣、黒河奈美、西沢広香)}

エンディングには桃香の絵も加わりました。

次回 第三席「公孫賛、袁紹と雌雄を決すのこと」

次は公孫賛vs袁紹。
ただしかなりくだらない争いになりそうです……
袁紹は結構好きです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ささめきこと その二『かわいいひとたち』 | トップページ | テガミバチ 第三話「泣き虫少年、テガミ少女」 »

真・恋姫†無双」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/46509255

この記事へのトラックバック一覧です: 真・恋姫†無双 第二席「劉備、桃花村を訪れるのこと」:

« ささめきこと その二『かわいいひとたち』 | トップページ | テガミバチ 第三話「泣き虫少年、テガミ少女」 »