« うみねこのなく頃に 第14話「EpisodeⅢ-Ⅲ positional play」 | トップページ | 咲-Saki- 第25局(最終回)「全国」 »

2009年10月 3日 (土)

大正野球娘。 第十二話(最終回)「土と埃にまみれます」

魔球に手を出さなくなった朝香中学野球部に小笠原晶子は打ち込まれていき、ついに逆転されてしまう。
そんな試合の様子を心配する合唱部の女子生徒達。
ストレートだけなら晶子の球は男子と比べればたいしたことのないボールだから、打ち込まれるのは仕方ないよね。

鈴川洋一郎は試合が気になりながらも、紀谷三郎から試合を見に行かないで良いのかと訊ねられると、勘当したのだと頑なに聞こうとしない。
鈴川八重はそんな頑固な夫の姿に溜息。
完全にただの意固地だよな。

どうやって球種を見分けているのか、アンナ・カートランドは尾張記子に見つけ出すように語る。
必死に探る記子だがなかなか見つけ出せない。
記子は試合中もスパイ大作戦です。

試合を気にする合唱部の生徒達は、みんなして大口先生に早退を申し出る。
ま、こんな状態で練習したところで、まるで身につかないだろうから正解でしょう。

試合はどんどん点差を引き離されていくが、桜見鏡子たちの必死の守りでアウトカウント重ねていく。
鏡子もちょっと活躍。合宿の成果が出たようです。
ジャンプしてボールをキャッチした宗谷雪は、落下の衝撃で腕を痛めてしまう。
審判は試合放棄を薦め、みんなは諦め掛けてしまうが、雪は続行出来ると決意を見せる。
男子と試合できるのはこれで最後かもしれない。幼い頃にやっていたが、成長するにつけて行えなくなった。
強い決意をみせる雪にやる気を取り戻す『櫻花會』。
相変わらず雪はこのチームで重要なポジションにいるよな。
実はチームのムードメーカーはこの娘という感じなのかな。

これで終わりかと思う高原伴睦たちだったが、岩崎荘介はついこの前までただの素人だった晶子たちが今の実力になるのにどれほど練習したのか考えれば、骨が折れても続ける筈だと語る。
一番『櫻花會』を評価しているのはこの人ということのようだ。
実際、今のこの子達の実力はたぶんそこらの中学が相手なら確実に勝てるからな。

本気で相手する事こそが礼儀と、全力で挑む岩崎。
菊坂胡蝶がバントで出塁すると、雪が痛めた腕で打って出塁する。
更に球速の増した岩崎のボールに手が出ない月映巴に、月映静は窮屈な打ち方は彼女らしくないと指摘して、ホームランを狙うように告げる。
乃枝は必死にホームラン狙いを禁止するも、巴は『こてつ』で見事岩崎のボールをホームランに。
相変わらずこの娘だけは女子離れしている身体能力だ。ホームランにしても何処まで飛ばす気なんだ。朝香中でもそんなに飛ばしている奴はいないだろう。

偵察を続けていた記子が、朝香中が球種を見極めている方法を見抜いてきた。
魔球を投げる時は、グラブが僅かに開く癖があった晶子。
晶子は直ぐに修正しようとするが、乃枝はむしろこの癖を逆に利用する。
ばれているなら、修正はもちろんだけど、利用するのは当然の選択ですね。

魔球と思わせての直球で、三振にされる高原。
やっぱこーゆーところで餌食になるのは彼なんだね。
最後のバッターである4番の柳を迎えると、小梅は必ずとってみせるからと揺れる魔球での勝負を提案。
揺れる魔球で見事に三振をとってみせた。
小梅がナックルを取れるようになればこのチームの戦力は格段に上がるんだけど、ナックルを捕るのはかなり難しいから仕方ないか。

最終回、岩崎の速球に苦戦する小梅に、駆けつけた洋一郎がそんなやわな娘に育てた覚えはないとはっばをかける。
親父は応援も素直じゃないな。
父の応援を受けた小梅は見事、出塁。
迎えるバッターは晶子。2アウトで晶子の次は乃枝たち下位打線で敬遠策もあるが、岩崎は敢えて勝負を挑む。
ここで正面から挑むことが、晶子に対する礼儀というところなんだろう。
バッティングでは乃枝と鏡子は完全に使えないだろうからな。

晶子のヒットに、小梅は絶対に同点にしようとホームへと走る。一瞬早くホームへとたどり着くも、ベースをタッチできずに戻る小梅。
クロスプレーの結果、小梅の手は僅かに届かず負けてしまう。
これ、あと少し小梅の背が高かったら、最初のスライディングでセーフになってたところだね。

アウトになってしまって後悔する小梅だが、誰でも小梅のように走っただろうし、全力出した結果だと誰も小梅を責めない。

試合が終わり、晶子に声をかけてきた岩崎は、みんなの前で頭を下げて失礼な事を言ったと詫びる。
気にしていないという晶子だが、巴がずっと気にしていたくせにと余計な事を。
空気の読めない巴さん。小梅に惚れる相手は空気読めない人ばかりですか。

お嬢さんと呼ぶ三郎に「小梅さん」と呼ばせる小梅。
二人は手を繋いで帰路につく。
高原との約束はどうしたんだろう。当然、無効にするのだとは思うが。

負けたものの、悔いなく無事に試合を終えてのラストでした。
しかし今後、彼女たちはどうするつもりなのか。発起人である晶子は岩崎との確執も無くなったので、野球を続ける必要もなくなったし、妥当朝香中という目標も残ってはいるものの、有形無実という形になるだろう。
とはいえ、これでもう野球を終了というのもなんとも。原作では一応野球を続けてるのかな。
最後に勝てなかったのは、妥当なところでしょうね。ここで勝ってしまっては、序盤に彼女たちを舐めていたとはいえ、これまで真剣に野球の練習を続けてきた朝香中の子たちの立場もないし。

大正の世界観に関するこだわりのようなものは各所に見られたこの作品。
野球の方もやはりご都合主義的なところはあるものの、ちゃんと考えて創られている感じはありましたね。
キャラクター紹介や序盤にあったように、着物やセーラー服で野球するというのは結構好きだったのだけど、やはり本格的にやるなら、ユニフォームになったのは仕方ないところですね。

そういや、晶子は母親にばれて閉じこめられていたところを抜け出して来たわけですが、これから大変なのではないのか。野球を止めるというのなら解決するのかもしれないが。
説得するとなったら、岩崎も一緒に説得してくれるのかな。

話としてはもう一工夫が欲しかったところか。
キャラクターは良いキャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターについて深く描くところまで出来なかったのは1クールで朝香中との試合まで終わらせなければならないので仕方ないところ。
原作ではどうなっているのだろうか。
2期があるなら、もう少し他のキャラクターたちのエピソードなども描写してほしいところだ。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« うみねこのなく頃に 第14話「EpisodeⅢ-Ⅲ positional play」 | トップページ | 咲-Saki- 第25局(最終回)「全国」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大正野球娘。 第十二話(最終回)「土と埃にまみれます」:

« うみねこのなく頃に 第14話「EpisodeⅢ-Ⅲ positional play」 | トップページ | 咲-Saki- 第25局(最終回)「全国」 »