« テガミバチ 第三話「泣き虫少年、テガミ少女」 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第7話「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」 »

2009年10月18日 (日)

侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕「親心娘心(おやごころむすめごころ)」

訓練から戻った白石茉子(高梨臨)を待っていた父親の白石衛(富家規政)は、シンケンジャーを止めて一緒にハワイへ行こうと言い出した。
先代シンケンピンクは茉子の母親・白石響子(伊藤かずえ)で、彼は婿養子であり侍でもなんでもない。
それでもシンケンピンクという事を知っていたという事。つーか、先代はみんな子持ちで戦ってたんですね。

唐突の事に混乱する茉子に、親子は一緒に過ごした方が良いと主張する衛は、この話を最初に言い出したのが母親だと語る。

小学校に出現した外道衆。
一人の男の子がナナシ連中に隙間から連れ去られてしまう。
茉子は咄嗟に215番の隙間センサーを男の子のポケットに投げ入れる機転を利かす。
日下部彦馬(伊吹吾郎)から衛が帰ったと聞かされ、茉子の父親が来ていた事を知らなかった源太はKY発言連発で、谷千明(鈴木勝吾)に制止される始末。
相変わらず空気の読めない梅盛源太(相馬圭祐)。

筋殻アクマロ(声:堀川りょう)の今回の作戦は、人間の子供に賽の河原をつくらせるというもの。人間界にこの世ならぬものを作り出すことで、三途の川を繋げようという作戦。
“御大将”血祭ドウコク(声:西凛太朗)はアクマロが薄皮太夫(声:朴璐美)と腑破十臓(声:唐橋充)を抱きかかえている事を見抜いていました。
そういや、太夫は何故人間の姿にならないのか。同じはぐれ外道なら、彼女も人間の姿になれる筈なんだけど。

茉子の母親はドウコクを封印した戦いの後で、衛と一緒にハワイへ移住して、茉子は日本の祖母の下に残って侍修行を続けていたらしい。
どうやら母親の方がちょっと訳ありらしい。

センサーが発見されるも、衛が母親が本当に茉子の事を待っていると告げると、茉子に迷いが生じるものの、子供達を心配する親の姿を見て志葉丈瑠(松坂桃李)たちと一緒に向かうことに。

廃工場で攫われた子供達を見つけ出した茉子は、逃げ出した子供を庇って負傷。
アクマロの作戦は、用心棒(十臓&太夫)を連れてこなかったので失敗。

ナナシ連中と戦う仲間に加勢しようとする茉子を止めようとする衛に、茉子は同じ親なのに子供達を助けたいとは思わないのかと反発。衛は親だからこそ、自分の娘を安全なところに避難させてあげたいのだと語る。
母親も同じ気持ちだと告げられた茉子は、それならば何故幼い自分を置いていったのかと問いただす。
屋敷を去る両親を必死で追いかけた幼い茉子(中島まりな)を振り返る事すらしなかった両親。それは響子が戦いで心も体も傷ついて自分の事で精一杯となり、衛もまた侍になる運命を持つ茉子を手放そうとしない祖母を説得する事は出来なかった。
やはり先代シンケンジャーは殿パパ以外は全員生き残っていたのか。

茉子姐さん、生身での殺陣。
いくらアヤカシがいないとはいえ、最初から変身しましょうよ。
アクマロと一騎打ちをする茉子に、丈瑠はインロウマルを投げ渡して、スーパーシンケンピンクへ変身。
真・天空の舞でアクマロに大ダメージ。
アクマロもスーパーシンケンジャーが相手では敵わないらしい。

久しぶりに切神登場。
そして大ナナシ連中は何故か組み体操……体育祭のシーズンだからでしょうか。たぶんそうですね。
牛折神に乗ったシンケンオーに対抗して、大ナナシ連中は騎馬戦……空飛ぶナナシ連中を使った方がいいんじゃ。
大ノサカマタと切神は、ダイカイオーとモウギュウダイオーも加わった3体のロボットの必殺技で撃破。
切神、初登場時の強さは何処へ。

ハワイへ帰る父親を見送る茉子に、茉子の戦いぶりを響子に伝えたという衛。
響子も日本にやってきていました。
茉子をひとりぼっちにした事を詫びる響子は、しかし茉子の事を忘れた事は無かったと手を握りしめる。
茉子ママが伊藤かずえという事に、この時点まで実は気付いていなかった。
伊藤かずえの髪型は地毛なんでしょうか? なんかちょっと変な感じだな。

そんな訳で家族のお話第二弾でした。
意外と触れられていない源太とことはの家族についても、そのうちにネタが出てくるのかな。特にこの二人は源太は父親の夜逃げネタがあるし、ことはもお姉ちゃんネタがあるはずだからな。

次回 第三十五幕「十一折神全合体(じゅういちおりがみぜんがったい)」

次は流ノ介と歌舞伎の話。
そしてついに出たサムライハオー……ゴテゴテしててまともに動けそうにないです。まぁ、最終形態はいつもそうか。それにしても、サムライハオーがラストだと早すぎないかな。
もう一段階ぐらいある?

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« テガミバチ 第三話「泣き虫少年、テガミ少女」 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第7話「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/46517760

この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー 第三十四幕「親心娘心(おやごころむすめごころ)」:

« テガミバチ 第三話「泣き虫少年、テガミ少女」 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第7話「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」 »