« 侍戦隊シンケンジャー 第三十三幕「猛牛大王(もうぎゅうだいおう)」 | トップページ | けんぷファー #01「Schicksal ~選ばれし者~」 »

2009年10月11日 (日)

仮面ライダーW(ダブル) 第6話「少女…A/嘘の代償」

倒したアノマロカリス・ドーパントはただの囮。
楠原みやび(川田希)は懲りずに楠原あすか(大村らら)を連れて土地売買の交渉に赴くつもりで、左翔太郎(桐山漣)の言葉にも耳を貸さない。

あすかが仮面ライダーが父親だと思ったのは、みやびが父親がいなくなって泣くあすかに父親から送ってきたという人形をくれたから。みやびはあすかにパパが顔に怪我をして仮面を被り、風都を守る仮面の騎士になったのだと教えた。
最初は娘を励ますためについた嘘だったのに、何時しか嘘に嘘を重ねてしまって、みやびは取り返しのつかない状態になってしまっているという感じか。

嘘と偶然があすかの心を救ったと知った翔太郎は、真実を言えなくなってしまうも、フィリップ(菅田将暉)は「ハーフボイルド」だと一蹴。
ハードボイルドなら、こんなところで人情に動かされてはいけないというシーンです。

死んだアノマロカリス・ドーパントは鷹村源蔵(伊藤孝明)の部下(えんじ則之)だったが、鷹村は警察に対しても知らぬ存ぜぬの一点張り。
部下の持っていたガイアメモリはガイアメモリを製造中に出来た実験品。売人がそんなものを売るはずがなく、鷹村がガイアメモリ製造に関係者である事を示していた。

彼らが住んでいて、買収しようとしている土地は、ガイアメモリの製造工場だった。
それで園咲パパはあそこを買収するのがよろしくないと宣っていたのですね。
園咲霧彦(君沢ユウキ)を連れた園咲冴子(生井亜実)は、鷹村に彼がミュージアムから引き取ったガイアメモリの最終調整をしているだけの下請け人であり、工場も彼もいくらでも代わりがあると説明する。
焦る鷹村は、霧彦に協力を要請して、彼に仮面ライダーを相手してほしいと頼む。
その言葉に一瞬反応する冴子はしかしそ知らぬそぶり。
ダブルの存在はまだ霧彦にも説明できるような事ではないという事のようだ。
当面は家族3人の秘密事項なんだな。
フィリップとダブルの存在はそれほどまでに重要な価値を秘めているという事なんでしょうが、ナスカにやられるという可能性も考えていないのか。ダブルの本来の力が引き出されていれば負けるはずがないと踏んでいるのか、負けても殺される事はないという考えなのか。まぁ、最悪は自分が割って入ればいいのかもしれないけど。

屋台で風都ラーメンを食べるウォッチャマン(なすび)とサンタちゃん(腹筋善之介)。
サンタちゃんはメンマ嫌い……華蝶仮面に殺されますよ。
メンマ美味しいのに。とはいえ、メンマとチャーシューでは割に合わない。華蝶仮面ならOKかもしれないけどさ。
てか、なるとでかっ!! どこでそのなると造ってるんですか……
今回ウォッチャマンから情報を手に入れたのは鳴海亜樹子(山本ひかる)。
ラーメン代だけって安い情報代だな、と思ったら大量のラーメン食べてました。

あすかに真実を話そうとしながらね、結局言えないへたれの翔太郎は、アノマロカリス・ドーパントに襲われてあすかを攫われる羽目に。ホントに役に立たないボディーガードだな。
仮面ライダーW サイクロン・ジョーカーに変身して、ドーパントを追いかけようとしたところに現れたナスカ・ドーパント。
ふと思ったが、みやびの造った人形は一番は龍騎っぽいのだけど、この世界だとダブルよりもナスカの方が似ているよね。先に見たら、こっちをパパと思っただろうか……

剣を使うナスカに対して、ダブルはヒート・メタルに変身して対抗。
そういや、今のライダーは剣を持っているフォームが無いので、今後新たなメモリを手に入れて剣を使うようになるのかな、最近の傾向だと。
正直最強フォームの必殺技は剣ではなく、キックにして欲しいのだけど。あの分裂キックではなく、もっと強そうなキックで……

フィリップはメモリドライブを、ナスカのコア部分を攻撃するように指示。
すると、翔太郎は接近した状態でヒート・トリガーに変身すると、トリガーマグナムの銃弾に熱属性を加えた高出力な銃撃でナスカを撃退する。
しかし銃を撃ったヒート側であるフィリップ大ダメージで気を失ったままに。
ひでぇ……せめて自分の手で撃ってくれ……

予想外のイカれた攻撃でやられた霧彦は、ダブルの行動に驚きが隠せない。
「馬鹿な!
 いや……馬鹿なのか?」
馬鹿だからこそだと笑う霧彦。
もちろん馬鹿です

鷹村でメールで呼び出されたみやびは、あすかを人質にされる。
二人を殺そうとアノマロカリス・ドーパントとなって襲いかかったところへ、駆けつけたダブルは、サイクロントリガーに変身して攻撃。
サイクロントリガーはバランスが悪いので精密射撃が出来ない限り、広い範囲での攻撃が可能……そんな状態のフォームで人質いるのに攻撃しないでー!!

あすかを人質とするアノマロカリスに、翔太郎はあすかに「パパを信じているよな」と語りかけると、ルナトリガーになって攻撃。
そういう台詞は攻撃する前に言ってください。てか、最初からルナトリガーになっていれば良かったような……ルナトリガー攻撃は精密射撃どころの問題ではなく、ホーミング攻撃ですよ。

追いつめられたアノマロカリスは巨大化。
亜樹子に無理矢理お酢を飲まされて目を覚ましていたフィリップがハードスプラッシャーを起動して出動。またも亜樹子が道連れです。
トリガー・マキシマムドライブ発動による必殺技【トリガーフルバースト】でアノマロカリスを撃破。
やはり巨大化とのバトルはCG頼みでちょっとガッカリ感漂う。
きっとアレだ、冬場には 魔化魍 ドーパントも巨大化は出来なくなるに違いない。制作費の関係で……

どうやらダブルの変身形態のうち、バランスが良いのはルナトリガー、ヒートメタル、サイクロンジョーカーの3パターンらしく、残りの6つは中継するための変身でしかないようだ。
だからマキシマムドライブが使えるのは、メインの3体だけなんだね。

冴子は父・園咲琉兵衛(寺田農)で失敗を詫びると鷹村の工場を破棄する事を伝える。
「だらしない……どいつも……こいつも」
苛立つ冴子。
どいつは鷹村として、こいつは霧彦の事でしょうかね。
こうやって霧彦は徐々に嫁さんの信頼を無くしていって追いつめられてしまうのでしょうか。妹よりも強かったのに、やはり噛ませ犬なのかな、霧彦くんは。
妹も実はあれで100%ではなかったというオチは充分にありそうだし。

ガイアメモリが破壊されて溺れた鷹村を引き上げたダブル。
立ち去ろうとするダブルに「行かないで」と呼び止めるあすかだが、みやびはパパが風都のみんなを守らないといけないから、と行かせてあげて欲しいと頼む。
そんな母の願いを聞き入れたあすかは、ダブルの前にやってくると頭を差し出す。
それは二人のいつものご挨拶。
何のことだか判らない翔太郎に、ちゃちな嘘を吐くからだと笑うフィリップは、調査中に手に入れた情報を使い、あすかの頭を優しく撫でて立ち去る。
なんだかんだでフィリップも甘い。というか家族というものに対しての思い入れでしょうか。
しかし、結局嘘のままにしてしまうのか。てっきりちゃんと真実を伝えるという展開がまっているのかと思ったのに。
時には必要な嘘もあるという事なのかもしれないけど、子供番組で嘘を肯定してしまうというのもどうかという感じもするよな。おっきなお友達が沢山見るとはいえ、あくまでも子供向け番組としては、嘘はいけないことなんだよ、と教える形で締めて欲しかった。

みやびが市会議員を引退した事で、第二風都タワーの計画も無期延期となった。
だがあの親子が別に何かを手に入れたと翔太郎は信じる。
ここまでやって、引退して計画頓挫って……ここまでに費やした時間と経費は……これだからお役所仕事は。後は鷹村の土地を買収すれば良かっただけなのだし、工場を破壊して本人もいなくなった土地を買収するなんて簡単だろうに、延期しなければならない理由は無いはずなのに。

鳴海探偵事務所ではフィリップが酢にハマっていた。
色々なお酢を試飲する翔太郎と亜樹子は、思わず吹き出す羽目に。
これは、フィリップの二人に対するささやかな復讐か?

次回 第7話「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」

タイトルはこの調子でアルファベットを全部使うつもりなんだな。この調子で全部使えば48話でちょうど良い感じか。
次回は『闇の仕置き人』なる存在の登場。
更にフィリップは検索できない「ヘブンズトルネード」という単語を知ることに。

劇場版ダブル&ディケイドの公式サイト:http://www.w-dcd.com/

園咲若菜のヒーリングプリンセス:http://windwave.jp/healing/index.php
若菜姫のラジオのネット配信が始まったよ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 侍戦隊シンケンジャー 第三十三幕「猛牛大王(もうぎゅうだいおう)」 | トップページ | けんぷファー #01「Schicksal ~選ばれし者~」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/46458049

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW(ダブル) 第6話「少女…A/嘘の代償」:

» 仮面ライダーW第6話「少女…A/嘘の代償」 [OPUS MAGNUM]
今回は第6話「少女…A/パパは仮面ライダー」。 ストーリーは仮面ライダーW第6話「少女…A/嘘の代償」で! はいはい、やっと見ることが出来ました、仮面ライダーW。 今回はちょっとせつない話しでしたね。 前回、依頼人の娘・楠原あすかにパパと呼ばれてしまったW。 パパと呼ばれて戸惑う左翔太郎…。 Wのことをパパと呼ぶ理由は、ママが、パパは困ったときには必ず助けに来てくれると約束したから…。 顔を隠している理由は顔が傷ついてしまったので仮面をかぶっている…ということでした。 お! ここで原作を知... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 20時49分

« 侍戦隊シンケンジャー 第三十三幕「猛牛大王(もうぎゅうだいおう)」 | トップページ | けんぷファー #01「Schicksal ~選ばれし者~」 »