« ひだまりスケッチ×365 特別編(後編)「6月6日 赤い糸/6月7日 イミシン」 | トップページ | ささめきこと その四『4+1』 »

2009年10月31日 (土)

真・恋姫†無双 第四席「張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと」

路上で手品の大道芸を披露する張角(地和)、張宝(地和)、張梁(人和)の張三姉妹、だがまったくお金は集まらず本番として演奏と歌を披露。するも、お客達はみんな立ち去ってしまう羽目に。
大道芸の地和の台詞は元ネタが中の人に関係するらしいが、よく知らない。
落ち込む3人の前に現れたのは于吉は、妖術使いであり張宝が手品ではなく妖術を使った事を見抜く。
3人に幻術を見せた于吉は太平要術を張宝にあげて、夢を掴めと告げる。
いよいよ暗躍を始めた于吉。今期は彼らがラスボスとしてバトルする事になるのかな。
前作はなんだかんだで関羽たちとまともに戦える相手とは勝負する事が無かったし。

「黄昏よりも深きもの、血の流れより熱きもの、時の流れに埋もれし……」
張宝の呪文はスレ○ヤーズ……ドラグスレイブでも放つつもりですか。
なんでも出来る太平要術を使ってやったのがマイクの作成でした……
衣装は妖術ではなく手作り。
力の無駄遣いをしているとしか思えない気もしますが。

明らかにオタクとしか思えない客が集まってますけど……
音楽は妖術による演奏で、3人ボーカル制に変更したようです。
初日は大成功。
張梁はろくに妖術の修行もしていない張宝に、あれだけの妖術が使えた事にビックリです。
太平要術を手に入れた事で、正史の流れに乗っ取ったので力が強まったのでしょうか。

そこから各地へアイドル巡業する張三姉妹は、どんどん法被を着ている固定ファンかが増えて言ってます。
最初にスカートが短すぎるとか言ってた張角が普通にお客さんにパンツ見せてる……
ファンクラブが黄巾党となるようです。
そして、遂に幻想で見たアイドルの衣装を着て、ライブハウス?でコンサートをするところまで成長。

道中に張三姉妹の張り紙を発見した劉備(桃香)。
桃香以外は張三姉妹の存在をまるで知りませんでしたが、熱狂的に語る桃香に関羽(愛紗)も根負けして見に行くことになりました。
コンサート会場は武道館?
物販というよりも縁日……わざわざ飴をエロく舐めさせるアニメです。
実は飴はサイリウム代わりだったらしい。
しかし飴が光るとは考えにくいので、これも妖術によるものなのかな。
ちなみに私はサイリウムなど持ってません。
証明からスピーカーまで全てが妖術で片づけられている。

突然喧嘩を始めた客に空気の悪くなる開場だけど、張飛(鈴々)の一喝で落ち着くことに。
しかし今後の事を考えた張三姉妹は対策を練らなければならないと頭を悩ます。
が、その話はまた今後かな? ま、だからといって賊になる事はないのでしょう。
基本的に、このアニメは原作や三國志のように、戦争する話じゃないですし。

次回 第五席「郭嘉と程昱、曹操に仕えんとするのこと」

次は程昱(風)、郭嘉(稟)、曹操(華琳)、華佗。郭嘉と程昱はまだ曹操に仕えていません。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ひだまりスケッチ×365 特別編(後編)「6月6日 赤い糸/6月7日 イミシン」 | トップページ | ささめきこと その四『4+1』 »

真・恋姫†無双」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/46630852

この記事へのトラックバック一覧です: 真・恋姫†無双 第四席「張三姉妹、太平要術を手に入れるのこと」:

« ひだまりスケッチ×365 特別編(後編)「6月6日 赤い糸/6月7日 イミシン」 | トップページ | ささめきこと その四『4+1』 »