« 聖剣の刀鍛冶 #05「絆 -Together-」 | トップページ | KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #4「子守特務」 »

2009年11月 5日 (木)

うみねこのなく頃に 第18話「EpisodeⅢ-Ⅶ swindles」

1986年10月4日、六軒島にやってきた戦人は成長したエンジュ・ベアトリーチェと接触するも、当然気付かない。
気付いたらその方がビックリです。
ベルンカステル卿は本当の彼女はここにいない事を説明するが、元気だった兄たちの姿を見れただけ満足。
みんなの運命を変えた六軒島へと向かう。
第4ターンの開始ですが、ベルンカステルは相変わらず裏方なんだ。

表情の曇っているベアトリーチェ。
戦人が相当凹んでいるのではないかという彼女の心配を肯定するロノウェ。
膝を抱えて蹲っていると説明するロノウェだが、当の本人は煉獄の七姉妹ベルゼブブと朝食のクロワッサンを元気に奪い合い。
完全にからかわれてるし。

自分とベアトリーチェが敵同士で手を取り合うことは決してないと判ったという戦人は、二度とするなとベアトリーチェと約束を交わすと、新しいゲームを始める。
だが、新たなゲームの参加者としてやってきたのは縁寿。
戦人が本気で戦っていないから苛ついているという彼女は、本気で戦っているという彼をバッサリ。
しかし大好きな筈の兄貴に対しても態度が冷たいのは、育った環境で性格がこうなってしまったからなのか、自分の本心を悟られないためなのか。
魔女の敵であり、戦人を有利に導く助言をする縁寿は自らを「グレーテル」と名乗る。
めちゃめちゃ視線逸らしていますけど……
「戦人忘れないで。あなたの帰りを待っている人が必ずいる。
 だから、その人のためにも絶対に魔女を打ち倒さないといけないという事を忘れないで!」
自分の事なので、かなり切実です。

・縁寿の過去
母方の祖父の家に預けられていた縁寿は、戦人たちの死を報される。
結局、なんで縁寿は一人だけ祖父の家に預けられて連れて行ってもらえなかったのでしょう。生まれたての1998年に高校生という事は赤ん坊という年齢でもないようだけど。
唯一の生存者である絵羽に引き取られる事となった彼女だが、次期当主として厳しい躾が行われる。
厳しさは最愛の息子であった譲治が受け継ぐ筈だった家督を縁寿に奪われる事の憎しみの表れ。
息子の死を嘆いていますけど、息子を殺したのも絵羽なんだよな……
聖ルチーア学園に通う彼女は、同級生から陰湿な嫌がらせなどを受ける。
そんな彼女の心の拠り所は真里亞の残した日記
同級生の虐めはベタベタ過ぎ……もう少し芸を見せろ。縁寿は真里亞の日記なんて何処で手に入れたんだろうか。

レストランで桜座から誕生日を祝ってもらう真里亞。
桜座の手作りのライオンの人形『朔太郎』に喜ぶ。
聞き分けが良い間は桜座も優しい母親なんですね。
桜座は仕事と称して、真里亞を一人にして自身は男と旅館に宿泊。
真里亞は魔法で動く朔太郎と夕飯の買い出し。

魔法を知るという事は、今まで気づけなかった沢山の友達に気づけるという事だと語る真里亞は、縁寿にも魔女になる素質があると告げる。
日記に残された真里亞の魂の欠片を増幅させて、真里亞を蘇らせた。
孤独さ故に信じるという魔法の素養が強いという事なのかな。

1998年
防護ネットがある知っていたからビルから飛び降りたという縁寿に、やはり金蔵の娘だと感心する小此木鉄郎。
縁寿は六軒島事件の晩、絵羽が屋敷から2キロも離れた場所にたった一人でいたのが何故かと問いただす。
自分の推測として語る彼は、本来の次期当主である蔵臼ではなく、絵羽こそが当主に相応しいと考えた金蔵が、時期を見て絵羽に碑文の答えを密かに伝えるという茶番を演じたと語る。
当主だけが知る隠し館クアドリアンに絵羽を呼びつけ、事故の難を逃れたのだと語る。
絵羽が全員を殺したという縁寿の考えを家族を愛していた絵羽が、夫と息子も殺す事はないと考える。
実際にはどうなのか。やはり絵羽が夫と息子も殺したのか、それとももう一人の共犯者が彼らかを殺害したのか。

叔母の須磨寺霞が縁寿を引き取りたいとやってくる。
逃亡する彼を捕らえようとした男たちだが、小此木に縁寿の護衛を任されていた天草十三が助けに現れる。
縁寿に逃げられた霞は険しい表情を見せる。

1986年10月4日。
蔵臼に金蔵に会わせろと迫る絵羽。
時期当主だからこそ金蔵の世話を見続けてきた蔵臼と夏妃にもっと感謝すべきだという霧江と留弗夫は、いくつかの条件を提示する。
1.世話人責務はが金蔵の終生の世話する事
2.世話人がその監督責任を怠った場合、世話人は権利を放棄する事
 金蔵が自然死以外で死んだ場合には、当主跡継ぎの権利を失うと言うこと
失踪などは世話人の責務だと主張する霧江は、金蔵が死んだ場合には必ず検視を行って一般死である事を確認することを主張する。
霧江を始めとした兄弟達は皆、金蔵が既に亡くなっている可能性を示唆。

メタ戦人はそこで18人という人数に金蔵が含まれていないかもしれないという考えから、18人目は金蔵ではなく第3者であると考えて復唱要求
復唱要求にはもはや答える気のないベアトリーチェ。
不公平だという戦人に、それを受け入れていた戦人を「ぶったるんでいる」と切り捨てたグレーテルは、ゲームではなくくだらない時間潰しであると主張する。
まぁ、彼女の主張も最もか。そもそも赤き真実も魔女側の好意とも言えるべきものだからな。単に相手がそれを利用して戦人を追いつめていただけの話で。答えたくない事には答えなくとも構わないわけだろうし。
グレーテルの言葉に腹を立てたベアトリーチェは、戦人に魔法殺人を人間のトリックで説明する際に『青』で宣言可能とする。
『青』は魔女を否定する言葉である時にのみ通用し、魔女は初めて反論を必要とする。
点では面で戦うのだというグレーテルに、納得してやる気を出す戦人。
金蔵が死んでいたとしたら、今まで彼が見てきた金蔵は全部魔女の作り出した幻想という設定にするつもりなんだろうか……

金蔵を説得に向かった蔵臼と夏妃だが、「全然ダメだ」と弟たちに脅されてやってきた蔵臼を叱責すると、親族会議に顔を出して当主に関して重大な発表をする事を宣言する。
縁寿の全然ダメは爺さん譲りですか?
しかしあれだけガタイの良い男を片手で吊り上げるとか、この爺さんは普段からもの凄い筋トレでもしているのでしょうか。

NEXT 第20話「EpisodeⅣ-Ⅱ zugzwang」

次はいよいよ金蔵が長男夫婦と使用人以外の前に姿を現すことになるのか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 聖剣の刀鍛冶 #05「絆 -Together-」 | トップページ | KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #4「子守特務」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に 第18話「EpisodeⅢ-Ⅶ swindles」:

» うみねこのなく頃に EpisodeIV-I [アミューズエイド]
 [画像]  バトラ:このクロワッサンうめぇ〜! ベルゼブブ:ちょっと、勝手に食べないでよっ!  [画像] ベアトリーチェ:妾の分を残さないと、後でひどいんだからねっ! ロノウェ:心配なさらずとも、お嬢様の分はちゃんと用意しておりますよ  [画像] さくたろう:こんばんわ、ボクさくたろう マリア:さくたろうっていったら・・・・・  [画像] マリア:インドア派の文学少年? ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 6日 (金) 21時58分

« 聖剣の刀鍛冶 #05「絆 -Together-」 | トップページ | KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #4「子守特務」 »