« KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #5「GOTTの亡霊」 | トップページ | クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第6話「錯綜!変わりゆく予感」 »

2009年11月13日 (金)

DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 6「香りは甘く、心は苦く…」

ミチルの作ったケーキを食べるレバノンとノリオ。
やはりミチルの対価はケーキ作りなのか。そのためだけに『ノアの箱船』にやってきたのだね。
母親との再会に浮かれまくるノリオだが、ミチルは彼を「変わった息子」だと語る。
ミチルは「きっと傷つくから」と蘇芳・パブリチェンコには近づかないように忠告して立ち去るも、ノリオは忠告を無視して飛び出してしまう。
感情ではなく、客観的に母親だから息子の身を案じているのでしょうね。
レバノンの教育方針は「人生にはどうしたって、傷つくのを避けられない時がある」です。
なるほど、なかなかの明言だ。
しかし最近の作品はオカマが悉く優れた人物なんですけど……何故。

港の様子を探る黄<ホァン>と蘇芳・パブリチェンコ。
水無はあの距離を肉眼で蘇芳たちに気付いていますが、どんな視力をしているんだ。アフリカのマサイ人とかか!?

黒<ヘイ>は霧原未咲の罠に掛かり、別の方向に向かっており、罠に掛かった彼は鎮目弦馬と対決。
トラックの荷台を使い装甲番のように皮膚を硬化した弦馬に、能力を使わずに戦うしかない黒<ヘイ>。
弦馬はBK201が能力を使えない事を知っていて惚けているのか、それとも知らずに戦っているのか。
生きたまま捕獲しろという未咲に、弦馬は話を聞くつもりがないようだ。


イザナミとはハコの中に閉じこめられた裸の女性のドール。
対象が物ではなく、人間だと知って驚く黄<ホァン>だが、蘇芳は対象が人間だろうと気に止めない。
「大丈夫……鶴も撃てたんだから」
「鶴と人間とは」
「契約者だから撃てる」
『イザナギ』を見つけた葉月水無は蘇芳の下へボートで向かう。
イザナギだと思っているという事は、彼女はまだ蘇芳を紫苑だと思いこんでいるのだな。
ジュライはイザナミと出逢った事があった。北欧系で銀色の髪のドール。
やはり銀<イン>でしたね。
何故彼女の身柄が彼らの手元に渡る事になったのか。一体彼女が「何」を行い、「何故」黒と離れたのか。
やはりここが最大の謎か。

何故、銀<イン>がイザナミとして彼らの手にあるのか、戦闘担当の弦馬は興味がないので知らない。
「あれー、あれ契約者ぁ?」
「見ちゃダメ。知らんぷりして通り過ぎないと、おへそ取られるよ」
側を通り掛かった親子の車に乗り移って逃亡する黒<ヘイ>。
「ねぇ契約者上に乗ってるぅ?」
「し~、気付かないフリするの、つむじ取られるよ」
この母親は……
弦馬は自分の能力のために車を分解してしまったので、追跡出来ず。あくまでも皮膚の硬質化なので、車を追いかける事は出来ないのだな。

蘇芳は撃つように指示されたと、逃げずにイザナギを狙撃するが、間一髪駆けつけた黒<ヘイ>は銀<イン>を守るために狙撃を妨害すると、すぐさま合流ポイントを決めると水無を引きつけて逃走。
水中ではBK201の電撃は危険だと危惧する未咲だが、沢崎耀子はロシアでのデータを元に彼から契約者としての能力を喪失している事を確信していた。
この能力の喪失が恒久的なものなのか、それとも一時的なものなのかだよな。
そしてあの対契約者を受けると、全ての者が同じ結果になるのかも不明だ。特に黒の場合は契約者としての存在も特殊だったし。
そう言えば耀子の公式サイトでの初回は「純情可憐な巨乳」……純情可憐? もの凄くメンバーの中で一番腹黒そうなんですが。

連絡を待って落ち合う事になった蘇芳と黒<ヘイ>だが、蘇芳にミチルが襲いかかる。
蘇芳を見つけられずに落ち込んでいたノリオは、友人からミチルと蘇芳の戦いを報されて、嫁姑戦争だと駆けつける。
何処までお気楽なんだよ。
能力を使っての戦いなんて、そんな気楽な話の訳がないだろう。

ミチルは危害を加えるつもりはなく、自分と共に来いと誘いを掛ける。
黒<ヘイ>との想い出がよぎる蘇芳。
「来ないで……来ないで!」
ライフルを取り出した蘇芳だが、彼女の狙撃はミチルを外れて噴水を破壊する。
銀<イン>の観測霊が現れ、ミチルは突然能力を制御できなくなり、自らの能力で命を落としてしまう。
蘇芳の仕業だと思いこむノリオ。
蘇芳の能力の影響かとも思えるが、銀<イン>が何かをしでかしたのでしょうね。
「契約者は、人殺しても平気なのかぁ!!」
ノリオの言葉が心に突き刺さる蘇芳だが、警察のサイレンが近づき、姿を消す。
契約者というものを詳しく知らない彼は、二人が対峙していて母親が死んだので、蘇芳のせいだと思いこんでしまったのか。仕方ない事ではあるが。

マダム・オレイユと連絡を取る黒<ヘイ>は、全てを知っていながら黙っていたマダム・オレイユを信用できないとして契約を破棄する。
黒が連絡を取っていたのは彼女だったのか。という事は彼女は「組織」の残党なのか。
本当に彼女の本当の目的は何なのか。イザナミと呼ばれている銀<イン>。そしてそれを破壊しようとしたこと。紫苑がイザナギと呼ばれている事を考えると、流星核と無関係ではなさそうだけど。

何故、黒<ヘイ>が銀<イン>を殺さなかったのか。
「いわく付きだからか」と悩む蘇芳に、猫<マオ>は本人に聞けば良いと、合流してきた黒<ヘイ>を見上げる。
銀<イン>が何故イザナミと呼ばれて、彼らに欲されているのか判らない猫<マオ>たち。
「あの契約者が死んだ時いた……
 銀<イン>の……観測霊」

次の目的地は東京。
「黒<ヘイ>、おまえもしかして力を」
ペーチャはどこで黒が力を失った事に気付いたのだろう。
前から怪しんでいたのか、それとも今回の一件で気付いたのか。

対契約者兵器によってBK201の力を奪った三号機関は何者かという未咲に、耀子は自分を『味方』とは思わない方が良いと告げる。
ただ銀<イン>が彼らの手にある限り、BK201は必ず彼らの下に現れる。
東京へと向かう潜水艦を追いかける銀<イン>の観測霊。
味方ではないが、少なくとも両者の利害は一致しているという事なのですね。だから、彼を捕らえるまでは同じ組織に所属する仲間であるわけだ。全ての真実が判った時、どんな関係になるのかは判らないですが。

朽ち果てた日本家屋を隠れ家とした黒<ヘイ>たち。
「ノリオ、あの契約者の事“かあちゃん”って言ってた。
 ノリオ、ボクの事好きだって言ってた。
 でももう嫌いだよね、きっと」
ジュライの入れたお茶を啜る蘇芳。
「人を好きになるって……どういう事なんだろう」
自分を止めた黒<ヘイ>が、「蘇芳」と自分の名前を呼んだと少し嬉しそうに考える。
料理をする黒<ヘイ>は、蘇芳には向いていないから「もう撃つな」と命じると、買い物へ出かける。
「ボク、撃たないよ。
 その代わり、もうお酒飲まないで」

「交換条件か」
買いに行くのはお酒ではなく、不足している野菜でした。
黒がお酒を断って、これで後は髭を剃ってくれたら、元通りなのでしょうが。
二人の関係が今回の一件で一気に変化した。
黒は飲んだくれで無くなったのはいいが、蘇芳が撃たないという約束をした事で、今後に黒<ヘイ>を助けるために誰かを撃たなければならないという場面とか出てきそうだな。

母親の死に落ち込むノリオに、レバノンはミチルが契約者になった時から判っていた事だと語る。
「最後に会えたのだから、良かったじゃない」
「ちっとも……全然良かねぇよ!!」
「いいじゃない。
 誰しも一瞬触れ合って、通り過ぎて、またどっかですれ違う時があるかもしれない。
 それで……いいじゃない」
親父、ヅラ取りました。
部屋から出てくるノリオ。
「またすれ違うってなんだよ。
 俺は母ちゃんの事がショックなんだよぉ!
 母ちゃんの想い出なんて、写真が……一個も無かった。
 でも、これから先、きっとしょっちゅう思い出しちまう……
 あの娘こと、忘れられねぇんだ。
 思い出しちまうから、だから!!」
泣きじゃくりながら、レバノンの持ってきた母のケーキを掻き込むノリオ。
酷いことを言ってしまったものの、まだ蘇芳の事が好きで、だからこそ母親の蘇芳を思い出してしまい、その度に母親の死もセットで蘇ってしまうわけだ。
レバノンとノリオの出番は今回で最後ですね。

コンビニで買い物を終えた黒<ヘイ>と蘇芳。
その帰り、蘇芳は黒<ヘイ>に抱きつく銀<イン>の観測霊を目撃するが、能力を失った黒<ヘイ>には見えず、蘇芳はその事を語らず……
観測霊が現れた電信柱を蹴り飛ばす蘇芳。
完全なヤキモチ。
蘇芳は黒の事が好きになり始めているのですね。
あの状況で黒のジャンパーを指で摘んだりしたら完璧な状態だったのですが、まだそこまでは行っていないのか


空白の2年間を描く完全新作「黒の契約者 外伝」全4話制作決定!
第1話をDVD2巻に収録(以降、偶数巻に収録予定)

11月14日 午前2:25~、黒と銀を襲った過去がいよいよ明らかに!!
先行映像が公式ホームページにて公開です。
アップ当初はもの凄い込みそうだな。

11月14日、黒と銀を襲った過去がいよいよ明らかに!!
公式ホームページにて公開です。
                  

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #5「GOTTの亡霊」 | トップページ | クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第6話「錯綜!変わりゆく予感」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 6「香りは甘く、心は苦く…」:

« KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #5「GOTTの亡霊」 | トップページ | クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第6話「錯綜!変わりゆく予感」 »