« KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #6A「局長室の疑惑」#6B「SAY YOU!」 | トップページ | クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第7話「氷結!計算外の事態」 »

2009年11月20日 (金)

DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 7「風花に人形は唄う・・・」

FSB(ロシア連邦保安局)の調査の結果、秘密通路や隠し部屋などパブリチェンコ博士は様々な手を使い長男 紫苑・パヴリチェンコの存在を隠していた。更に戸籍まで2度も捜査。
彼の研究していた『MEネットワーク』と関係しているのかどうかも定かではない。その研究が実現されたらFSBの仕事がなくなってしまうという代物らしい。凄い情報共有か何かなのか。
DNA鑑定の結果、パブリチェンコ博士であると証明されたが、何故か記憶は1日分しか抽出出来なかった。
日本のエージェントからの送られた東京の写真に、パブリチェンコ博士とおぼしき人物の姿が写っていた。
いよいよ焦臭くなってきた事態。そして久しぶりにFSBも登場して、ようやくターニャたちも復活するようだ。

霧原未咲は外に出て友人の石崎香那美と連絡を取ろうかと悩むも、中止。
未咲の動きに気付いた鎮目弦馬は、彼女の電話が盗聴されていること、観測霊での見張りなどが付けられている事を説明。自分も上の考えを知りたいという弦馬は協力を提案する。
何処まで本心なのか判らないが、彼が重要な情報を知らされていないというのは確かなんだろうな。契約者である彼が興味だけで動くとも思えないですが。

三号機関の目をかいくぐり北海道を脱出するため、黒<ヘイ>は便利屋と呼ばれる存在を利用する事にする。
便利屋の理花子と合流した黒<ヘイ>たち。
ジュライによって検問を逃れるも、北海道を脱出するルートは当然全て抑えられている。

小林吾朗は茶室で老人・三船にイザナミを確保した事を伝える。
三鷹文書に書かれた刻限まで時間のないという老人。
「急がねばならぬようだね……月の出ぬうちに」
飲んだお茶は点てたお茶が単純に不味かったのか、それともそういうお茶を美味しいと漢がられないのか、どっちだったのだろうか。
あれだけ脂汗を流して、必死に飲みながら「結構なお点前で」も何もあったもんじゃないと思いますが。
この老人が三号機関のバックという事なんだな。
“月”とは何を現しているのか、そして三鷹文書とは何なのかが問題なのか。
三船は葉月水無の過去を知っているようで、彼女は何か名のある家の出なのかもしれないな。ただもう家族はいないと言っているので、三号機関に入って一族とは絶縁しているのでしょう。

便利屋が誰かと連絡を取っていたので、怪しいとは思っていたけど……
タトゥーショップでやくざのような変装をした監視の目をかいくぐるため黒<ヘイ>。
また凄いメイクだな。本来なら蘇芳の方がロシア人で目立つのだから、もっと変装が必要なのではないかと思うのだけど、ハーフだからそれほどでもないのか?

北海道は吹雪に覆われていた。
レプニーンとターニャは札幌での事件でBK201と蘇芳・パブリチェンコの存在を知る。
彼らを案内するのはロシア領事館の人間ではなく、国外担当のFSB。
彼らは新たな契約者イリア・ソコロフに蘇芳たちの行方を追わせていた。有能な契約者だが、レプーニンが嫌うほどに性格に問題有り。

ドールの密売人を殺害して、ドールの密売ルートから蘇芳たちの事を知ったイリア。
地元の女の子たちの殺害したような絵を描いたりして、かなり猟奇的

霊柩車に乗り、遺族のフリをする黒<ヘイ>と蘇芳。
ジュライは死人の役で、文句も何も言おうとしない。
「痛くないの?」
「……痛い」
ほっぺたを思い切り抓られても、訊ねられるまで答えようともしません。
銀<イン>以上に自分を主張しない子供だな。

道中、黒<ヘイ>たちの乗る車がパンクしてしまう。
理花子がドールの売買をするため、彼らの車がパンクするように仕掛けていた。
ジュライを乗せて去ってしまう理花子に、黒<ヘイ>は所詮ドールだと見捨てようとするが、蘇芳は大反対。
黒<ヘイ>は本当にジュライに冷たいな。執拗以上にドールである彼を邪険に扱おうとしている
トラックにジュライの観測霊を見つけると、一人でトラックに乗り込んで追いかけてしまう。ペーチャ=猫<マオ>が辛うじてくっついていくが……
今期は猫<マオ>も大変だな。

ジュライの心が見えなくて嫌がらせした蘇芳だが、やはり心細いから観測霊を送ってきたのだと感じた。
「残るんだよ、きっと……気持ちの欠片は。
 ドールだって……契約者だって……」

確かに、これまでも契約者たちも感情らしきものを僅かに見せるものたちはいたからな。銀<イン>もそーゆーところがあったし。
ジュライの観測霊を頼りにジュライ達のいる倉庫にやってきた蘇芳と猫<マオ>。
まずは猫<マオ>が偵察。その間に蘇芳は黒<ヘイ>の教えを反芻して、ジュライを奪回しようとする。
理花子はドールのバイヤーと連絡が取れずに苛立つ。
その相手はとっくに殺されてしまっているのだけど、電話に誰も出ないという事は警察もまだ彼が殺されている事に気付いていないのか。

蘇芳は猫<マオ>が気を引きつけているあいだに理花子にガラス片を突き刺して動けなくしてしまう。
猫<マオ>が止めなければ、死ぬかガラスが無くなるまで攻撃していたところだな。
自分でも気付かないほどに冷酷になっているっぽい。

イリアの能力は脳内麻薬のようなもの。
痛みもなくなり、眠くなっていき、呼吸が抑制されながら、理花子は意識を引き取る。
変に色気を出して、ジュライを売ろうとかしたからこんな目に。大人しく黒たちを仙台まで運ぶだけにしておけば、死なずに済んだだろうに。雉も鳴かねば撃たれまい。
脳活動を低下させる能力なのか。
男に直感的に危険を感じる蘇芳だが、敢えなく捕まってしまう。
ペーチャはまるで役に立たず、ジュライは抵抗すらしません。
「ボクに殺される奴は運が良い。
 夢見心地で死んでいくからね」

名付けて、北斗有情拳(違)。

蘇芳に夢を見なくなってどれぐらい経過するのかと問いかけるイリア。
契約者になるまで、酷い殺し方で沢山の女を殺してきたイリアは、契約者になるまでは夢に殺した女達が出てきたのだと語る。
「この鬼畜野郎!」
「畜生に言われたくないなぁ」
確かに畜生ですが……
だが、契約者になって合理的に考えるようになったため、無意味な殺人を犯さなくなったと語る。
追いついた黒<ヘイ>がワイヤーでイリアの首を締め付ける。
黒<ヘイ>はイリアの能力にやられそうになるも、ジュライが観測霊でフロントガラスを塞いだ事により助けられ、最後はあっさりと首を締め殺した。
身体能力も高そうだったけど、車の運転中だったのと、純粋な身体能力では黒<ヘイ>の方が上というのもあったのか。
黒<ヘイ>が駆けつけられたのは情報屋に連絡を取ったからという事ですが、情報屋というのはマダム・オレイユの事なのか、それとも別の普通の情報屋なのか。
おそらくは後者で、それで彼らの足取りがバレてしまうというところなのかな。

礼を述べようとする蘇芳を止める黒<ヘイ>。
「礼ならジュライに言え」
たんこぶが出来ていたジュライのたんこぶに、蘇芳が触れると今度は素直に「痛い」と言いました。
ジュライは痛いという事を学習した?
そのたんこぶはやはり車が止まった時にガラスにぶつけたのですかね。蘇芳はよく怪我一つしていないな。

紫苑・パヴリチェンコはパブリチェンコ博士に早く用意をしてくれるように要請する。
「ハンティングするなら、早く言って待ち伏せしなければ」
この二人もいよいよ行動開始。ハンティングというのは誰に対してなのか……

寝台特急に乗り込む黒<ヘイ>たちだが、その姿を見つめるレプニーンの姿が。
寝台特急がゴキブリ地獄に? でも、新幹線にそんなに大量なゴキがいるとも思えないのだけど。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #6A「局長室の疑惑」#6B「SAY YOU!」 | トップページ | クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第7話「氷結!計算外の事態」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/46807673

この記事へのトラックバック一覧です: DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 7「風花に人形は唄う・・・」:

« KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #6A「局長室の疑惑」#6B「SAY YOU!」 | トップページ | クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第7話「氷結!計算外の事態」 »