« うみねこのなく頃に 第18話「EpisodeⅢ-Ⅶ swindles」 | トップページ | DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 5「硝煙は流れ、命は流れ…」 »

2009年11月 6日 (金)

KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #4「子守特務」

アスクールとク・フィーユがイヴェール局長にいつものように出前を届けると、局長はESメンバーの特務としてディアという少女を預かって欲しいと告げる。
初の特務に浮かれるアスクール。
惑星連合のBIPの中にディアの名前は無く、母親を訪ねても母親はいないと告げる。
「この子」と呼ばれるたびにディアはこの子じゃないとか訂正する……

お腹の音が鳴ったディアのために、アスクールは食事を買い出し。
もう少しで8歳になるというディアに、ク・フィーユは自分と同い年だと語る。真剣な表情のク・フィーユは同い年の友達がいないから友達になって欲しいと頼む。
これはマジネタなのか、それともディアと仲良くなるための嘘なのか。判断が難しいところ。何か事業がありそうだな。
お昼ご飯を買ってきたアスクールは、ク・フィーユとディアがすっかり仲良しになっている事に嫉妬。

GTO本局を案内するク・フィーユ。
受付から事務局、警備隊の待機室、喫茶室……みんな真面目に働け。

飲み物を注文するアスクールとク・フィーユに怒るミ・ヌゥルーズだが、ディアの笑顔でイチコロ。

クッキーを食べていたディアは太陽の明るさに驚く。
広場ではしゃぎまわるディアは、空が小さいという。
空を見たことのないディアを外に連れ出そうとするアスクールと、イヴェール局長の指示を守ってGTOから出まいとするク・フィーユで意見が対立。

結果、ク・フィーユの出した結論はGTOの裏庭へと連れて行くこと。
遊び疲れて眠るアスクールとディア。
そこに二人組の女性が姿を現す。
能力者である相手に警戒心を高める二人。

獣ののような肉体に変化した女性リュビスをと戦うアスクールは、ク・フィーユにディアを連れて逃げるように告げる。
見習いである彼女たちが自分たちの部下を可愛がったという二人組。
第1話のテロリストの姉貴分だったようです。

ク・フィーユも連れて逃げろってのに、何でいつまでもじっとその場にいてるかな。
ク・フィーユの相手はエセ関西弁を使う氷の使い手サフィル。

二人の目的はディアなどではなく、狙いはアスクールとク・フィーユの二人。
ディアを巻き込まないため、逃げながら戦うク・フィーユ。

アスクールも瞬間移動で逃げるが、俊敏な相手にあっという間に追いつかれる。
短い距離しか移動できない上、逃げる先を目で探すという欠点を指摘されるアスクールは吹き飛ばされ、ディアの下に倒れるが、寝ぼけたディアにキスをされると、彼女の中に強い力が流れ込み、通常一人でしか移動できなかったはずがディアを抱えたまま瞬間移動出来る。
ニードルを瞬間移動で飛ばしてダメージを与える事に成功すると、ク・フィーユとディアを連れてその場から姿を消す。
リュビスとサフィルの二人は駆けつけた警備兵に一時撤退。
今回の二人は前作に比べると戦闘面での能力はまだまだ弱いな。前作の二人が強すぎるというのもあるかもしれないけど。

今日の事件について報告するアスクールとク・フィーユ。
今日一日愉しかったというディアの答えを聞いたイヴェール局長は、ディアが彼女たちと同じESメンバー見習いであるからと、二人と共にいさせて欲しいと申し出る。
ディアも見習いだったのか……能力は他の能力者の力を向上させる事などなんだろうか。
ディアにもっと沢山の事を経験させたいというク・フィーユは、もう友達だからとディアといる事を承諾。パワーアップしたアスクールはすっかり調子に乗っています。
このパワーアップは一時的なものなのか、それとも継続されるものなのか。

次回 #5「GOTTの亡霊」

いや、完全にその幽霊はアスクール……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« うみねこのなく頃に 第18話「EpisodeⅢ-Ⅶ swindles」 | トップページ | DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 5「硝煙は流れ、命は流れ…」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #4「子守特務」:

« うみねこのなく頃に 第18話「EpisodeⅢ-Ⅶ swindles」 | トップページ | DARKER THAN BLACK -流星の双子(ジェミニ)- episode 5「硝煙は流れ、命は流れ…」 »