« 侍戦隊シンケンジャー 第四十一幕「贈言葉(おくることば)」 | トップページ | けんぷファー #09「Hochsommer-恋の熱帯低気圧-」 »

2009年12月 6日 (日)

仮面ライダーW(ダブル) 第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」

園咲若菜(飛鳥凛)に必死に求婚するマスカレイドのガイアメモリを持つ社員。
お怒りの若菜姫はクレイドールのガイアメモリを使ってぶち殺す。
ベルトは後ろに付いているみたいです。

園咲若菜のヒーリングプリンセスでは相変わらずの怪人目撃情報の投稿。
左翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)の二人は相変わらず若菜姫にメロメロで、デビューソングの振り付けまでバッチリという異常なファンぶりです。

電話のコーナーに出た「ミスター・クエスチョン」を名乗るストーカーっぽい男に、好きな数字が7だと若菜が答えると、町にあった風車が突然壊れて「7」の形に。
流石の若菜もビックリです。

若菜姫を守るため、自ら事件に首を突っ込む。
記者やファンに事件について取り囲まれていた若菜。そこに姿を見せた佐伯素子(中丸シオン)は、若菜は事件について何も知らないが、自分は情報を教えられると告げる。
いかにも怪しい人出ました。若菜に対する嫉妬心から何か裏で糸を引いているというところか。ドーパント本人ではなく、焚き付けたか何かかな。

苛立ってマネージャーに八つ当たりする若菜の姿を動揺しながらも、若菜を守ろうとやってきた翔太郎だが、「目障り」呼ばわりされる。
若菜に対する幻想を打ち砕かれた翔太郎。
しかしフィリップは事件はドーパント絡みであり、まだ若菜を天使だと思いこんでいるので、仕事は継続。

事件に巻き込まれた若菜に、園咲冴子(生井亜実)はそろそろ彼女も芸能活動など止めさせてガイアメモリの流通の仕事を任せるべきだと、園咲琉兵衛(寺田農)に主張する。
ドーパントになって喧嘩を始める姉妹。
冴子曰く、「この娘は死なない」らしい。強いという意味だけではなく、そういう身体の持ち主という事か。
普通に屋敷の使用人もいる前で変身していますが、前にドーパント騒ぎがあった時には、使用人がドーパントに変身してみんな驚いてなかったか?
喧嘩を仲裁した琉兵衛も冴子に賛同。トラブルを解決しなければ、芸能界を引退して家の仕事を手伝えと諭す。
若菜は自分で解決みせると

刃野幹夫(なだぎ武)や真倉俊(中川真吾)も乗り出して捜査開始。
ついでに翔太郎もやむなく参加。
ミスター・クエスチョンは好きな色を問いかけると、答えない若菜に変わって「赤い色」が好きだろうからプレゼントすると言い出す。
話を聞いたフィリップは翔太郎に「ファン失格であり、本当のファンならば、3番目と4番目の答えも合わせてプレゼントするはずだ」と伝える。

サザンウィンランド アイランドパークに出現する事を当てて見せたフィリップ。
バイオレンス・ドーパントを発見するが、その圧倒的なパワーに大苦戦。

事件が騒ぎになり、ラジオを中止すべきとも声が上がる中、突然事務所に若菜がやってくると、僅かなヒントでドーパントの出現を予想したフィリップに話を聞くことに。
フィリップは大好きな若菜が来ているのに、何故か自ら姿を見せようとしていないのは、人前に出ないためなのか。
実はストーカーの答えは、若菜が雑誌に答えた内容から推測したもの。
感動した若菜は、フィリップにストーカーを捕まえて欲しいと約束。
フィリップは若菜に手を触られた途端に「何か」感じたようです。
若菜の本性を見ても、フィリップはますます若菜に惚れ込んでいます。やはりフィリップは園咲家と関わりのある存在なのでしょう。

若菜の助手として警護をすることになった翔太郎。
特別出張番組で向かったのは、風都まんじゅう……そこに再びミスター・クエスチョンからの電話。
好きな景色を問いかけるストーカーはいつでもその景色を見ていられるようにすると宣言。

若菜が好きな景色は自宅の部屋から見る風都タワー。
しかし2年前に風都第3ビルが建ったため、見えなくなってしまった。故に、バイオレンス・ドーパントは風都第3タワーの破壊に現れる。
しかもそこにはこれから取材する店も入っている。

風都第3ピルに向かった翔太郎は、間一髪バイオレンス・ドーパントを妨害。
ヒートメタルで善戦していたところに出現したクレイドール・ドーパントが攻撃。
邪魔なダブルと戦うクレイドール。フィリップはその中で何かを感じ取るが……
クレイドールは背後から襲いかかったバイオレスの攻撃を受けて粉々に粉砕されてしまい、眺めていた園咲霧彦(君沢ユウキ)も愕然。
霧彦も幹部である若菜がまさかあんな雑魚にやられるとは思っても見なかったのだろう。
クレイドール=粘土人形なので、どれほどバラバラになっても再びくっつく事が出来てしまうのでしょう。以前に霧彦と戦った時も、冴子ほど強くなかったのは、彼女の能力が破壊力ではなく死なないところにあるからなんですね。

次回 第13話「レディオでQ/生中継大パニック」

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 侍戦隊シンケンジャー 第四十一幕「贈言葉(おくることば)」 | トップページ | けんぷファー #09「Hochsommer-恋の熱帯低気圧-」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/46950508

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW(ダブル) 第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」:

» 仮面ライダーW第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」 [OPUS MAGNUM]
今回は第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」。 ストーリーは仮面ライダーW第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」で! 今回は園咲若菜がメインのストーリー。 風都のアイドルDJ若菜姫の本性を知ってしまう左翔太郎。 傲慢な性格の園咲若菜に落胆する左翔太郎を見てもそれを信じないフィリップ。 しかし、フィリップは新たな園咲若菜の秘密に気付いてしまう…。 園咲若菜は陰でのみ傲慢な態度をとって一般人の前ではその本性を絶対に見せないと思っていたのですが、意外と本性を出してきますね。 左翔太郎... [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 10時02分

« 侍戦隊シンケンジャー 第四十一幕「贈言葉(おくることば)」 | トップページ | けんぷファー #09「Hochsommer-恋の熱帯低気圧-」 »