« 侍戦隊シンケンジャー 第四十三幕「最後一太刀(さいごのひとたち)」 | トップページ | けんぷファー #11「Wählen~歓喜の歌~」 »

2009年12月20日 (日)

仮面ライダーW(ダブル) 第15話「Fの残光/強盗ライダー」

突然、ボクサーの真似事で減量を始めていたフィリップ(菅田将暉)。
園咲若菜(飛鳥凛)のヒーリングプリンセスでボクサーの減量の話が出て、若菜姫が感動していたので、検索した結果らしい。
《知識の暴走特急》だと呆れる左翔太郎(桐山漣)は、水を持ってきて躓いた鳴海亜樹子(山本ひかる)に頭から水をぶちまけられたりと大騒ぎ。
今時あんな減量をする奴が存在しているのだろうか……力石ぐらいなんではないのか。
そんな中で、フィリップは恐竜の姿をしたガジェットを目撃し、「あいつ」が現れたのではないかと激しく動揺するが、そのガジェットは直ぐに姿を消してしまい、必死に気のせいだったのだと自分を言い聞かせることに。
劇場版で出てきたガジェットなのか。まだ見ていないので判らないのですが、時期的にそうですね。

風都都市銀行窓口勤務の麻生冬美(森下悠里)の依頼は、「仮面ライダーを探して欲しい」というもの。
あまりにも簡単な依頼に喜ぶ亜樹子と翔太郎だが、彼女は「仮面ライダーはこの町の敵、憎むべき犯罪者」だと言いだしてビックリする。
一昨日、仮面を被ったライダーが銀行を襲撃したのだという。
「あのクソ野郎」
ボソリと呟く
……なるほど、実はその襲撃犯とグルだったのに、裏切られたというオチですか。

銀行襲撃に続いて、現金輸送車を襲撃した謎の仮面ライダー。
刃野幹夫(なだぎ武)は翔太郎たちが仮面ライダーだと知っているのかどうなのかと思っていたが、やはり知らなかったらしい。仮面ライダーの知り合いという設定だったのか。
絶対に犯人を捕まえると息巻く翔太郎。

すっかりフィリップに思いを寄せる乙女な若菜は園咲琉兵衛(寺田農)とのチェスにもまるで身が入っていません。
琉兵衛の問いかけに自分たちが『地球に選ばれた家族』だと答える園咲冴子(生井亜実)。
長女である冴子は若菜のように気ままに生きていくわけにはいかない。ガイアメモリの開発・製造を継続していると報告する冴子に、琉兵衛は新しいメモリもそろそろ増やしたいと告げる。
ガイアメモリってダブルは次々と新しいメモリと戦ってるけど、彼らが流通させているのは種類がずっと増えていないのですね。
冴子も冴子で立場的に色々と大変そうだ。
しかし良く考えると、ここの家は母親はどうなっているのだろうか。とっくに死んでいるのか? そもそも本当に血の繋がった家族なのかどうかも怪しいところがあるけど。

偽仮面ライダーを発見した翔太郎。
減量ごっこで倒れているフィリップの身体の調子を聞くも、元々ライダーになっても身体を使わないので関係有りません。
現金輸送車を襲った偽仮面ライダー。
「さあ! 俺の名前を当ててみな」
まるでジャギです……
あの仮面ライダーを、どう見たらダブルと思いこむのやら……ダブルって名前は有名になってるけど、姿はあまり広まってない?
バイクでチェイスしている間に、トリガーで撃った方が早いんじゃ……

偽ライダーのドーパントには逃げられるも、ドーパントが落とした金属の欠片を拾う。

ロッククライミングを行う冬美のところに経過報告に現れた亜樹子。
あんな易々と登るって、化け物ですか。
亜樹子は冬美の言葉遣いが気になって銀行員ではない事を調べあげていたらしい。
銀行員と言葉遣いは必ずしも一致しないと思うのだけど。銀行員でも地の言葉遣いが悪い奴はいるだろうに。

自分たちにも偽仮面ライダーを捕まえなければならないという翔太郎に、冬美は『ツインローズ』というワイドショーで評判になったコンビの怪盗の片割れが自分であり、相棒が倉田剣児(西興一郎)。予告状を出した上で血を流さずに盗むのが二人のスタイルだったというのに、冬美は銀行を襲撃したライダーが剣児だと気付いた。彼をどうしても止めたかったのだという。
指名手配班の依頼など受けられないという亜樹子だが、翔太郎は依頼の報酬として二人で自首することを要求する。
犯罪者だろうと、町の人間は救う、というのが彼のスタンスですから仕方ないよな。

町が付けてくれた「仮面ライダー」という名前に愛着のある翔太郎は、名前を怪我されるのが気に入らないらしい。
「地球(ほし)の本棚」とで検索結果の末、金属片がロッカーキーの一部だと判明。
亜樹子が妙なところで役に立ちました。

翔太郎は冬美に連絡して、剣児の逮捕に向かうも、フィリップは彼が仮面ライダーを名乗って暴れていた理由を判明させて対策を練るべきと主張するが、耳を貸さない。

園咲家の長女夫婦はすっかり冷戦状態で、互いに相手に秘密で何かをしているようです。
園咲霧彦(君沢ユウキ)の方は、必死に汚名を挽回しようとしているだけなんでしょうが。
ま、ここで剣児と冴子が繋がっているのだろうという事は想像だに難しくありませんね。

剣児をなんとか説得しようとする冬美の言葉にも、もはやガイアメモリでの暴走を止められない剣児は、ガイアメモリを捨てるくらいなら人間を止める方を選択。
『ガイアメモリ止めますか?
 それとも人間止めますか?』

アームズ・ドーパントに変身した剣児の前で、ダブルに変身する翔太郎……冬美の目の前なのにいいのか。

両手を剣や銃に次々と武装変換出来るアームズ・ドーパントに苦戦を強いられるダブル。
さながらライダーマンのパワーアップバージョンですね。ダブルは一度に一つの武器しか使えないので、対抗が難しい。
ヒートトリガー→ヒートジョーカーのコンボでアームズを押すダブルだが、そこに剣児に冴子から連絡が入り「遊んでないで本気を出しなさい」と命令が下る。
つーか、なんで今時携帯電話じゃなくてトランシーバーなんだ……

わらわらと現れた組織の部下であるマスカレイドに、ようやく罠だと気付いたフィリップ。
初めて構成員が登場しました。ちょっと方向転換? それとも劇場版に使ったので、再利用しているのだろうか。
プレイトもわざと落としたもの。
亜樹子たちを人質にされた翔太郎は、変身を解くと見せかけてルナジョーカーで助けようとするが、読んでいた剣児に妨害されてしまいました。こいつの知恵で出来るとは思えないので、冴子が読んでいたのでしょう。
彼らの目的は最初からフィリップを捕らえること。
冴子にとってダブルがどうのとか、ガイアメモリがどうのというよりも、フィリップという存在そのものが大切という事なのか。

フィリップに逃げるように告げた翔太郎。
逃げ出したフィリップの下に現れた冴子。
「どうしよう。ボクはどうすればいいんだろう」
「私に着いてくればいいのよ」
「誰だ、あなたは……
 まさか、今回の事件の首謀者!」
全てはフィリップをもう一度手に入れるために仕組んだことだと語る冴子。
「さあ、いらっしゃい……来人(らいと)」
「来人!?」
「あなたの名前よ……
 一緒にうちに帰りましょう」
来人というのが彼の本名なのか。フィリップというのは記憶の無い彼のために、翔太郎たちが名付けてあげたものなのかな。詳しくは映画で明らかになったのだろう。
フィリップは冴子にとっても弟という事でしょうが、彼女はフィリップを使って何をするつもりだったのでしょうか。どうやら父親にも黙って何かしているっぽいのだけど。

次回 第15話「Fの残光/強盗ライダー」

来人を運命の子と呼ぶ冴子。
おそらく映画で出たのであろう、ダブルの第七のガイアメモリ“ファング”を使ったファングジョーカーが登場。
この先にまだメモリは増えるんだろうな。

劇場版ダブル&ディケイドの公式サイト
園咲若菜のヒーリングプリンセス

桐山漣公式ブログ
菅田将暉公式ブログ
山本ひかる公式ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 侍戦隊シンケンジャー 第四十三幕「最後一太刀(さいごのひとたち)」 | トップページ | けんぷファー #11「Wählen~歓喜の歌~」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/47072229

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW(ダブル) 第15話「Fの残光/強盗ライダー」:

» 仮面ライダーW 第15話 [SISTER'S SHIP]
なんでいきなり減量に走る? やっぱフィリポの頭の中は良くわかんない。 今回のお題は「偽仮面ライダー」なのね? う〜ん・・・同じなのは被り物&バイク乗り・・・って事だけじゃ? と思ったんだけど、画像知らなきゃそう思っちゃうのかもね。 とりあえず今回のド....... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 23時46分

« 侍戦隊シンケンジャー 第四十三幕「最後一太刀(さいごのひとたち)」 | トップページ | けんぷファー #11「Wählen~歓喜の歌~」 »