« 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) #11「真実 -Truth-」 | トップページ | KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #10「生きていた、2人」 »

2009年12月17日 (木)

うみねこのなく頃に 第25話「Episode IV-VII forced move」

川畑船長の船で六軒島へとやってきた縁寿と天草十三。
六軒島は表向き1つしか船着き場がない事になっているが、実はもう一つ隠れた船着き場が存在しているという。それを知っているのは金蔵や使用人達と、船の関係者のみ。
この二つの船着き場が事件のトリックと何か関係しているのだろうか?
30年前の1986年までは九羽鳥庵にベアトリーチェが住んでいたと思われるが、物資の輸送が無くなった事からその時にベアトリーチェは死んだものと思われる。
桜座のせいで死んでしまった時ですね。

花束を手に一人で島を進む縁寿は、何かを捜すための旅をするに至り、命を無駄にしないため崖から降りるという危険を冒さない。
右代宮家最後の一人であり、マリアージュ・ソルシエール最後の一人である縁寿は、ささやかな幸せが自分たちの回りには沢山存在し、魔法とは愛があって初めて見ることが出来るのだと確信する。
真里亞の日記に綴られた魔法は、最初は心優しい内容だったが、次第に内容は暗いモノへの変質していく。クラスで虐められていた真里亞は、クラスメイトを傷付ける魔法などを書きつづる。それは自分が真里亞を傷付けたからなのだと感じた縁寿は、真里亞を白き魔女に戻すために六軒島へとやってきた。
白き魔女は魔法で幸せにして、黒き魔女は魔法で人を傷付けるのか。
ベアトリーチェも、昔は白き魔女だったとかいうオチなんでしょうか?

縁寿に前にやってきた須磨寺霞と部下たち。
取り囲まれても憎まれ口を叩く縁寿が霧江にそっくりだと腹を立てる霞は、部下達に縁寿に暴行を加えさせる。霧江が右代宮家に嫁いだ事で、本来継ぐ予定の無かった霞が須磨寺家の家督を継ぐ事となってしまい、自由奔放な生活から一転して厳しい毎日を送ることになった。
好きな男とは別れさせられ、霧江が結婚する筈だった相手と無理矢理結婚する事になった霞。対して霧江は資産家である右代宮家に嫁いだ事で、須磨寺家は安泰となったのでお咎め無し。
まぁそもそもが家督継がないで良いとかお気楽に暮らしていたのだから、姉が背負っていた重圧を背負うことになっただけで、かなり逆恨みにもほどがあるわけですが。

自分と霞の人生が似ていると感じる縁寿は、絵羽も右代宮家の重圧に耐えてきた辛い人生だったのだと感じるようになる。それは桜座も同じ。
みんなが何かしらのストレスを背負い、そのストレスを別の誰かで晴らす。負のスパイラル。
しかし真里亞はその鬱憤を誰かに向けるのではなく、魔法で解消した。
それが初期の頃の魔法なのですね。悪い部分を幸せで包む魔法か。

六軒島殺人事件の後、世間は絵羽を犯人であるかのように扱った。
もし彼女の側に白い魔法を使う者がいれば、絵羽の人生は変わっていたかもしれない。縁寿はそれが自分の役割だったのではないかと悩むが、そんな縁寿の前にエヴァ・ベアトリーチェが姿を見せる。
実際に絵羽が犯人だったのだし、仕方ないのではないのか。今更実は犯人じゃなかったとかいうオチなのか?

霞とシンクロして姿をみせるエヴァ・ベアトリーチェは、霞に真里亞の日記を馬鹿にさせ、遂には日記を破り捨ててしまう。
優しい魔法を見せてみせろと蔑むエヴァ・ベアトリーチェ。
縁寿はエヴァ・ベアトリーチェと霞に対して魔法を見せると宣言し、煉獄の七姉妹を召還する。
銃を向ける霞の部下に、自分に撃てばそこで人生が終わると警告するが、部下は構わずに発砲。途端、撃ったはずの男が胸から血を吹き出して倒れる。
これはどんな技を使ってるのだろうか? 実際に魔法が無かった場合の手法がさっぱり不明です。実は撃つ前に天草が狙撃しているとか。

マリアージュ・ソルシエールを守るために覚悟を決めた縁寿。
彼女を取り囲む男たちが一斉に発砲すると、男たちの銃弾は縁寿に届かず、逆に煉獄の七姉妹によって殺害される。
魔法を認めまいと否定し続ける霞もまた命を落とし、残されたのは黒き魔女のみ。
この死体の山をどう処理するのかが一番気になるところなんですけど。

絵羽の姿となったエヴァ・ベアトリーチェは、現実の人間となって縁寿に銃を向けるが、銃はマモンの力で暴発して絵羽の黒き魔法は敗れ去る。

縁寿が旅路の果てに全ての魔法を理解したと告げるベルンカステル卿。
マリアージュ・ソルシエールの産み出した魔法世界を継承した最後の魔女である縁寿にしか、ベアトリーチェの世界は切り裂けないというベルンカステル卿。
ラムダデルタ卿によって、1998年の縁寿は1986年の家族を救っても今の自分は救われないと言われてラムダデルタを疑った。
肯定するベルンカステルに、しかし縁寿は彼女が家族の取り戻し方を教えてくれたのだと語る。
えっと、結局一連の出来事は全部、縁寿の脳内補完? それとも六軒島での出来事の後に戻ってから、またビルの屋上にやってきたのだろうか。その場合、霞たちが死んでしまっているので騒ぎになりそうなんだけど。

NEXT 第26話(最終回)「EpisodeⅣ-Ⅷ sacrifice」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) #11「真実 -Truth-」 | トップページ | KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #10「生きていた、2人」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に 第25話「Episode IV-VII forced move」:

« 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) #11「真実 -Truth-」 | トップページ | KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #10「生きていた、2人」 »