« 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 聖痕のクェイサー #03「求めし者たち」 »

2010年1月24日 (日)

テガミバチ 第十六話「音楽家へのファンレター」

シルベット・スエードが気に入っているピアニストのマチルダ・レインの曲を耳にしたラグ・シーイング。
大ファンだというシルベット。
ニッチの聞き間違えが台本になってるよ……

今回のラグ・シーイングの仕事は紡績工場の社長ジョーイからマチルダ宛のファンレター。
やたらと軽い男で、何人も恋人がいるみたいだ。
秘書は呆れ気味ですが、この秘書も社長に惚れてるとかなんだろうか。
住所なども書かず、名前だけの手紙。
影ながら応援する一ファンに過ぎないからだというが、ニッチは彼が何故音楽を聴いていなかったのかと訊ねる。
ラグは仕事中だからだと思うも、ジョーイがそういう事を気にするタイプではないと思うことに。
ニッチは相変わらず素朴だからこそ鋭いところを指摘してきます。
実際には気を引くためにわざと名前を書いていないというところですね。

ファンレターがジョーイだと知って大喜びのマチルダ。
どこの誰かも判らない相手だが、ジョーイだけが自分の音楽を誰よりもよく判っているというマチルダは、スランプの時も彼の手紙に励まされたのだという。
「きっと繊細で、インテリジェンスに飛んだ人なんだろうなぁ」
ジョーイを思い浮かべたラグはめいっぱい否定してるし。
確かに繊細さとはほど遠いな。

シルベット・スエードが気に入っているピアニストのマチルダ・レインの曲を耳にしたラグ・シーイング。
大ファンだというシルベット。
ニッチの聞き間違えが台本になってるよ……

今回のラグ・シーイングの仕事は紡績工場の社長ジョーイからマチルダ宛のファンレター
やたらと軽い男で、何人も恋人がいるみたいだ。
秘書は呆れ気味ですが、この秘書も社長に惚れてるとかなんだろうか。
住所なども書かず、名前だけの手紙。
影ながら応援する一ファンに過ぎないからだというが、ニッチは彼が何故音楽を聴いていなかったのかと訊ねる。
ラグは仕事中だからだと思うも、ジョーイがそういう事を気にするタイプではないと思うことに。
ニッチは相変わらず素朴だからこそ鋭いところを指摘してきます。
実際には気を引くためにわざと名前を書いていないというところですね。

ファンレターがジョーイだと知って大喜びのマチルダ。
どこの誰かも判らない相手だが、ジョーイだけが自分の音楽を誰よりもよく判っているというマチルダは、スランプの時も彼の手紙に励まされたのだという。
「きっと繊細で、インテリジェンスに飛んだ人なんだろうなぁ」
ジョーイを思い浮かべたラグはめいっぱい否定してるし。
確かに繊細さとはほど遠いな。
お酒の匂いを漂わせてやってきたマネージャーのベルーシは、新曲の催促。
才能がないとけなすベルーシに腹を立てるマチルダ。
どうしてもジョーイに逢いたいと願うマチルダだが、仕事の規則で住所を教える事は出来ない。
そこでマチルダからジョーイに逢いたいという手紙を届けることに。
宛先に住所がないけど、ラグが知っているという事で特別に届けて貰えたのかな。

マチルダからの手紙を待っていたジョーイは予め準備していたマチルダ宛の手紙を差し出した。
自分で男前で金持ちだと判っているジョーイは、本当の自分を知って貰いたい思っていたのだという事ですが、どう考えてもマチルダの音楽を聴いてないので、他の誰かが手紙を書いているのは明白だ。

手紙にはデートへの誘いが書かれていた。
困ったな、と良いながら浮かれ気分のマチルダを不思議がるニッチは、まだまだ複雑な心は判らないようだ。
喜ぶマチルダだが、人見知りの激しいマチルダはラグたちも連れてくることに。

ベルーシとマチルダはマチルダが場末の安酒場で演奏していた時に、彼女の演奏をけなした事から始まる。
こんな酒場では誰も聞いてくれないというマチルダに、この酒場の人間が全てを振り向かせる演奏をしてみろと告げたベルーシ。
本気で引いたマチルダの演奏に、客達は心惹かれ、ベルーシはマチルダをユウサリ一のピアニストにしてやると約束した。
だが、長く連れ添っている間に、互いに遠慮が無くなって言い争いばかりになってしまった。
普段から一緒にいてしまうと、どうしても相手の悪いところとかが目についてしまうようになるのですね。特に仕事のパートナーであれば、当然批判する事も多いだろうし、何かと大変なようだ。
やってきたジョーイはラグの知ってるジョーイとはまるで別人のようで呆然。
「キャラ、変わってる……」
流石に女慣れしているので、相手に合わせて自分を演じる事が出来るようです。

ジョーイと付き合うようになり、マチルダは新曲も完成させた。
新曲のため宣伝の手紙を大量に作っていたベルーシ。
マチルダは公私ともに好調
ラグはジョーイが落とした手紙を偶然拾い、その筆跡がジョーイの手紙と一致する事に気付いてしまう。

実はジョーイとベルーシは幼馴染み。
マチルダに一目惚れしたジョーイは、直ぐにアタックせずに手紙を出すことになった。
マチルダの事を一番よく判っているベルーシが手紙を代筆していたのだ。
面と向かっては言えない事も、手紙では不思議と素直に書けた。
テガミだからというだけではなく、代筆だからこそ書けたのかもしれない。そこに素直な気持ちを書き綴っても、マチルダには自分が書いたのだとばれないから。
ジョーイは上手くいっている二人のために、このことをラグに黙っていて欲しいと頼む。
「誰かを幸せにするためなら、吐いても良い嘘もある」
嘘を吐くことになるというラグに、ベルーシは必要な嘘もあると告げる。
相手を思っているからこその言葉ですが、まだまだラグにはこうした大人な割り切った考えというのは理解出来ないようです。

ベルーシの下にジョーイにプロポーズされたと駆け込んできたマチルダ。
マチルダが慌てて駆け込んできたのは、本当はジョーイに止めて欲しと心の何処かで思っていたかったからなのか。
それにしても、デートしていれば音楽の話にもなることがあるだろうに、ジョーイはよくばれていないよな。そこは話術で上手く誤魔化しているのかな

このままで良いのかと悩むラグ。
ベルーシは新しい金の種を見つけたからと、マチルダのマネージャーを辞めて町を離れる決意をしてしまう。
二人の幸せを祝福しながらも、くっついた二人を見ている事は出来ないというわけだ。
ベルーシはラグに集荷の仕事として、マチルダ宛に彼女の最新作のレコードを届けるように告げる。
「オマエはマチルダのディンゴだ。
 ディンゴのくせににげるのか」

ニッチに何も言えないベルーシ。
相変わらず手厳しいニッチ。

レコードに差出人が書かれていないというラグは、確認すると言い出して心弾をレコードに撃ち込むことに。
ジョーイからマチルダに惚れた事を告白されたベルーシは、彼を止めようとしたものの、本気だと知って彼の手紙の代筆を引き受けるようになった。
「ジョーイ、一言だけ言っておく。
 あいつを泣かせるような真似をしたら、お前をぶっ飛ばす!」

ベルーシの言葉に笑みを零すジョーイ。
ん? ラグが再生出来るのは、そのものに宿ったココロ(記憶)だよな。レコードになんでジョーイが一目惚れした時の記憶から残ってるんだ? ベルーシが持っている間に彼が考えていた記憶が宿ってしまったのか?
ベルーシは慌てすぎで、マチルダに惚れているのが丸わかりですよ。

ベルーシの本当の気持ちを知ったマチルダは、会いに来たジョーイに手紙は自信が無くても自分の言葉で書く物だと告げてベルーシの下へと向かう。
去っていくマチルダの様子に笑うジョーイは、全てを察したという事か。

一番大切なものを見失っていた嘆くマチルダ。
すると、町を離れた筈のベルーシが何故か町に戻ってきた。
本人曰く「乗る馬車を間違えたから仕方なく」らしいが、本当は離れることが出来なかっただけではないのだろうか。

「私の事、ユウサリ一のピアニストにしてくれっていうのは嘘だったの?」
「いやぁ、それは……」
慌てるベルーシ。
「そうだな、
 俺はお前の相棒だもんな。
 相棒が逃げちゃダメだよな」

ベルーシに抱きつくマチルダ。
ジョーイは帰って演奏会の打ち合わせだと言いだし、いきなり仕事の話を始めた彼に、マチルダは今日ぐらいは甘い気分に酔わせて欲しいと頼むも却下される。
いきなり口喧嘩を始めた二人に目を丸くするラグ。
夫婦喧嘩は犬も食わぬという状態に見えるな。
相手の事を誰よりも理解しているからこそ、何の躊躇いもなく悪態もつけてしまうのでしょう。相手がその言葉も受け止めてくれるという思いがあるからこそできる関係。

「ほ~んと、手の焼ける連中だよな」
ジョーイは本当はわざとベルーシに代筆をさせていた。
彼の本心に気付いていたジョーイは、二人をくっつけるために今回の一件を起こしたのだ。
ただ、そうした中で彼自身も本気になってしまっていたのだが。
ジョーイはちゃらい雰囲気に反して意外と親友思いな奴だったみたいです。
「ラグ、今日はヤケ酒に付き合え!」
「ええっ!? ボクまだ未成年ですから!」
「ではニッチがゆくぞ!」
「ニッチも、いけません!!」
ニッチ……そもそもヤケ酒の意味判っていないだろう。
ニッチは酔っぱらうとどうなるのかちょっと怖い気もします。

オリジナルストーリーとしては第十二話「赤と緑のリボン」の次に良くできた話だったかな。
しかしジョーイの声を当てた桐本琢也って、安原義人に感じが似てるな。

次回 第十七話「テガミバチとディンゴ」

次回は総集編かと思っていたら、違うのか。
なんか、ダーウィンの話はもうやっていた気がしていたけど、まだだったのだね。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 聖痕のクェイサー #03「求めし者たち」 »

テガミバチ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ 第十六話「音楽家へのファンレター」:

» (アニメ感想) テガミバチ 第16話 「音楽家へのファンレター」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
テガミバチ 3 [DVD]クチコミを見る 人気ピアニスト、マチルダ・レインの熱烈なファン、ジョーイからのファンレターを届けたラグは、マチルダがジョーイからのテガミをいつも楽しみにしていることを知る。だがひょんなことからラグは、そのファンレターを書いているのが別人....... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 10時20分

« 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 聖痕のクェイサー #03「求めし者たち」 »