« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 3 | トップページ | デュラララ!! #05「羊頭狗肉」 »

2010年2月 4日 (木)

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #04「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」

お忍びで屋敷を抜け出したミナ・ツェペッシュがいたのは何故かジジ・クララ・あんなという子供達と縄跳び……
しかも不器用で10回の壁がなかなか破れないみたいです。

アキラもそろそろミナの裸やら入浴シーンに出くわしても狼狽しなくなってきているようです。
狼男であるアキラは鼻が良いので、遮光ジェルの匂いが嫌いらしい。

ヴァンパイア・バンドの利権を嗅ぎ付けたジュノー・デルマイユ侯爵がやってきて、鏑木アキラやヴェラトゥースたち側近を退け、自分が姫様の警護を担当すると主張。

ヴェラトゥースが忠誠を誓うのは、姫様が全てだから。
アキラは自分がミナの従者に相応しいかどうかは判らないが、約束したから。
ミナを襲ったのは同じ吸血鬼だが、本来はあり得ないこと。
彼女の死は種の滅亡を意味している。
それにも関わらず襲った理由が不明なのか。ただあの時のヴァンパイアは殺そうとしたのではなく、自分達の主の下へ連れて行こうとしていた事を考えると、ミナの命を狙っている訳ではないのだろう。そう考えると爆弾騒ぎは阻止されるのが判っていてやったことなのか。

デルマイユのつれてきた手下の一人が爆弾爆弾を盗んで行方を眩ましてしまった事が発覚し、自らの失態も詫びる事もないデルマイユに変わって捜索を行うヴェラとアキラ。
こんな側近ではなく、もっと下っ端の人間を動因できないのか。それとも事が事だけに、あまり公にはされていない事態だったのだろうか。それでもデルマイユの方も手下は配備していたのかもしれないな。
一応荷物チェックとかはしていたみたいだし。

ミナによる記者会見
ミナは記者の大部分が吸血鬼である事を信じていない事を指摘、彼らの知りたいのは異国の小娘がどうやって東京零号埋立地を手に入れようとしたのか。
政府に認めさせたのは。不況の日本経済が上昇しているのは、ミナが傘下の企業を送り込んだからであり、零号埋立地も彼女の指示で建設されたもの。
政府には零号埋立地の所有を認めなければ、これらの企業を撤退させるという脅しを掛けただけ。
利益があるからこそわざわざ日本に企業を進出させたのであり、バンドの存在を認めないのであれば日本に傘下の企業を進出させておく必要もない、という理論は民主主義的に間違ってはいない。
あの学校もそういう目的の一つで建てられたもののわけだ。
ヴァンパイアの王国の設立というのは、日本の中に独立自治権を認めさせた『租界』を作り出すこと。この租界=バンドの中では日本の法よりもミナたちの法が優先される訳です。

アキラは報道陣の中に遮光ジェルを使っている者がいた事に気付いて、ヴァンパイアが紛れ込んでいると指摘。
爆弾を腹の中に隠したCNNのキャスターのニコル・エデルマンは直前までは人間でありながら、ヴァンパイアになった者。
様子を見る限りは自分から望んでヴァンパイアとなったようですが、何故なんだろうか。彼女の行動理由が判らないままだ
ヴェラはニコルを殺して出現した爆弾をアキラに解体させようとするも、記憶のないアキラには解体できない。
そこでヴォルフの指示でエレベーターから地下へと投げ捨てました。
地下は何か特殊な状態らしい。雰囲気からすると、地下にも町が作られているっぽいな。さながらセントラ●ドグマ
敵の本格的な襲撃が発生すると、地上の町は地下へと降下するのですね!!

ヴァンパイアを信じていなかったマスコミの人間も目の前で灰になったニコルの姿に、ヴァンパイアを信じざる得なくなってしまったようだ。

今回の失態によりデルマイユはアキラたちに指図が出来なくなる。
デルマイユは利権にしか目がない小者であるから、ミナはこうした事を全て見極めていたらしい。今回の一件がなくても、彼ではいずれ失態を犯してそれをヴェラたちがフォローすると踏んでいたのだろう。

アバンでミナが遊んでいた子供たちは人間ではなく“牙なし”と呼ばれる、自ら牙を抜いて血を吸う事を拒んだヴァンパイア。人間だけでなく、同種のヴァンパイアからも迫害された。
牙って一度抜いたら二度と生えてこないものなんだろうか? でもそれだと
バンドが設立される事で彼らは迫害される事がなくなる。
しかしミナがバンドを設立した本当の目的は別に存在しているらしい。

次回 第5話「シャドウ オブ ヴァンパイア」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 3 | トップページ | デュラララ!! #05「羊頭狗肉」 »

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/47477915

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #04「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」:

« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 3 | トップページ | デュラララ!! #05「羊頭狗肉」 »