« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 6 | トップページ | デュラララ!! #08「南柯之夢」 »

2010年2月25日 (木)

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #07「イノセント ブラッド」

三枝由紀も聞かずに開けられた扉。
そこでは東雲ななみが多くのヴァンパイアと共に立っていた。
「誰か……助けて……学校が……ボクの……友達が」
命からがら逃げてきた一人の少年。そんな少年の前に現れたミナ・ツェペッシュは、少年を優しく抱きかかえる。
姫様たちは既に学校側のヴァンパイアの動きや、アキラたちの動きも察知していたという事か。

クライマックスという事もあり、今回はオープニングなしです。

屋敷で大量の武器を手にした鏑木アキラの前に、アルフォンソ・メディチ・ボルジアーニという公爵が現れる。
溝口首相の子供の誘拐を提案したのは彼であり、姫様を責めるのは筋違いだというアルフォンソは、アキラが姫様の護衛を投げ出し、今度は守るべき友を投げ出したと告げる。
アキラにすれば仲間のためにと思ってとった行動なんでしょうが、結局は彼が離れた事でみんながピンチになってしまっているわけですからね。
アキラがみんなの前でも正体を現す覚悟を決めていれば、武器も必要なかったのでしょうし。

ヴォルフガング・レーゲンドルフは任務に失敗したアキラを殺す事を検討しながら、結局彼を生きながらえさせる事を選択した。それはミナにとってアキラという存在の大きさ故。
その事を後悔させるなと告げる。
相変わらず親子という感じのしない二人。
アキラは何かの任務に失敗して記憶喪失になっていたのか。

次々とヴァンパイアの犠牲となる生徒達。そしてついにシスター・ローラまでも。
ちゃんと描写されてないように思えるが、久世遼平も犠牲になっているのだろうか?
最後となった由紀に、ななみが襲いかかる。
由紀を下僕としてアキラと戦わせようと考えるジャン・マレイ・デルマイユ。
アキラの名を叫ぶ由紀の下に、ミナが姿を現した。
何であんな半裸状態になってるんでしょう……
しかしこの姫様はなんでわざわざ御自ら出てくるかな。部下に始末させれば良いものを、わざわざ出てきたのはケジメを付けたかったからなのか。

大量に出現し、世界中で痕跡を残すようになったヴァンパイア。人間との対立を防ぐため、ヴァンパイア・バンドを設立してヴァンパイアが統率された存在である事を世界中に知らしめた。
一部の暴走する連中に対する対抗策として、止むを得ずバンドを成立させる事になったのですね。

ジャンは「テロメア」と呼ばれる組織に所属する存在。
父とすら相容れない彼は、姫を迎えて世界を支配せんとするが、姫はそんな彼らの考えを良しとはしない。
羽虫と彼を嘲るミナに、巨大に蝙蝠人間の姿となったジャンだが、ミナに近しい血を持つ彼はミナの言葉に逆らえない。
ジャンを始末しようとしたミナは、飛んできたドロップに剣を叩き押され、ジャンに捕らえられる。そんなミナを殺そうとやってきた副会長・西条祟。
案の定、彼は裏切り者でした。そもそも、武器を用意させるなら、みんなが集まる前にさせておくべきところを、わざわざ集まってからアキラに武器を取りに行かせるとか怪しい限りだったからね。
ミナを始末しようとした彼を、駆けつけたアキラが殴り飛ばす。
テロメアには人間の信奉者も存在し、彼はそんな人間だった。
予想通りに彼は裏切り者だったわけですが、ミナを殺そうとしたのはやはりヴァンパイアを憎んでいたのか? でもヴァンパイアが支配する世界を作ろうとしている組織の信奉者だったという事になるから、単にミナが仲間になる気がないから邪魔者として殺そうとしただけなのか。

ヴェラトゥースたちは襲われた生徒にワクチンを投与してヴァンパイア化を防ぐ。血を吸われても直ぐにワクチンを投与すればヴァンパイア化する事を止められるのですね。
ヴァンパイア化はウィルス感染か何かなのか?

ミナを信じ切る事の出来なかったアキラは、けじめを付けるための決着を付ける。
アキラと元の関係に戻りたかったミナだが、戻れるはずなどないと判っていた。
顕身して大人の女性の姿となったミナに、アキラも由紀の前で狼男の姿へと顕身する。
ミナも女王という割りに弱いと思っていたが、顕身すれば戦えるのですね。それでも圧倒的というほど強いわけではないのか。
死力を尽くして戦う2人。
ミナはアキラの成長を喜びながらも、何も変わらない自分を残し、回りは全て変わってしまう事を嘆く。
ただミナを守るというアキラの誓いだけを取り戻したかったミナ。
2人の戦いは、雷により決着する。崩壊した十字架からミナを守って身体を貫かれたアキラは、もう二度と忘れずにミナの元にいる事を誓う。
拳で語り合う姫様と騎士ってどんな関係だ……
由紀はこれにて完全に失恋ですね。果たしてこの二人の関係がどうなるのか、は次回へというところか。

国会では法案が成立。
そしてアキラは正式に人狼騎士団の一員となり、ミナはヴァンパイア・バンド建国を宣言する。
美刃(メイレン)もそれを見ていますが、あの時ミナを邪魔したのは美刃でしょうから、彼女もテロメアの一員なのでは?

今回はやたらと絵が止まってたなぁ……聖痕のクェイサーより動いてなかったよ。
演出もあるのだろうが、基本的には間に合わなかったんだろうなぁ。
残り5話、無事に完了させる事が出来るのか。
No More 富士山!!

次回 「特別編~Special Edition」
ああ……制作が間に合わないので、急遽総集編を入れたのですね。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 6 | トップページ | デュラララ!! #08「南柯之夢」 »

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/47661395

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #07「イノセント ブラッド」:

» ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第7話「イノセント ブラッド」 [カザミドリ♪]
「ヴァンパイアバンドの建国を宣言する!」アキラもミナの真意を知り、正式にミナの騎士となりこの先は迷いなくミナを愛し、守り続けて行くのでしょうね・・・って、何この打ち切りEND...... [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 20時54分

» ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第7話 [ニコパクブログ7号館]
第7話『イノセント ブラッド』ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第1巻 [Blu-ray]今回は・・・良い最終回でした。 [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 02時17分

« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 6 | トップページ | デュラララ!! #08「南柯之夢」 »