« デュラララ!! #08「南柯之夢」 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第7話「5月3日~4日 7等分の日」 »

2010年2月26日 (金)

KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #20「ほんとうの私」

リトゥーシャが扉に書いたク・フィーユの落書きに、ガクトエルも書き足してもらおうと考えたク・フィーユだが、リトゥーシャはパウークと病院へ出かけるところでした。
「リトゥーシャ、何処か悪いの!?」
「さあねぇ」
「頭とか!?」
ああ、おばかキャラになってアスクールのがうつったか。無自覚にアスクールの台詞を覚えていたのかな。

祖母のお見舞いに行くと告げたリトゥーシャに、ク・フィーユは自分もついて行くと言い出した。
当然、町に初めて出るク・フィーユは町の様子に記憶などない。
一応、ずっとここに住んでいたという事になっているので、違和感を覚える羽目になっていますが。

病院では以前にリトゥーシャに花を差し出した少女が無事に退院できることになったと喜んで話しかけてくる。
パウークはリトゥーシャに輸血で命を助けられた事あったという事で、彼が過剰にリトゥーシャに惚れ込んでいるのはそれが原因っぽい。
シャドウワーカーは誰かに助けられて、その相手に心酔しているって奴ばかりか。
ク・フィーユが「新しい妹姫様」だという少女の言葉に疑問を持つク・フィーユ。
一般人もク・フィーユが新しい妹役に就任した事を知っていたのか。
少女はリトゥーシャが妹姫じゃなくても好きだと語る。
リトゥーシャはク・フィーユと交代で妹姫の任が解かれていたのだね。
しかしガクトエルは必ず一人、妹役を設けるとかどんなに妹萌えなんだよ。

医者達はリトゥーシャがやってくると、妹姫を記憶喪失のク・フィーユが継いだと残念がる。
みんなペラペラとよく喋るなぁ。今回はク・フィーユがいないと思っていたのでしょうが。
リトゥーシャが妹ではなく、シャドウワーカーだというク・フィーユは、彼女が妹だったらと考えるが、突然頭痛が起きてリトゥーシャは妹などではないと言い出す。
ガクトエルがプレゼントとかしたものだからそんな感じだろうとは思っていたが。案の定、どうやらあの髪飾りで記憶をコントロールされているようだ。
シェイドの念波受信機みたいになっているのだろうか。

我慢の限界を超えて自分がガクトエルの妹ではないと言い出したリトゥーシャだが、ク・フィーユも妹などではなくGTOのESメンバーだった事を口にしてしまう。
まぁ何も知らないでのうのうとあんな事を言われれば、お子様のリトゥーシャでは我慢できないよな。サフィルやシェイドでもかなり我慢している感じなのだし。
ドリル巻きでチョココロネ……縦ロールなのは、お姫様は縦ロールという信念でやっていたらしい。妹1号のツインドライブの秘密が遂に明らかになった。

祖母と同じ妹姫として、ク・フィーユを見守るという約束を守れなかったと泣きじゃくるリトゥーシャ。
自分が本当の妹でもなく、パートナーでもないと知ったク・フィーユはアスクールとディアの事を思い出すが、無理に記憶を呼び覚まそうとしたため、頭痛が起きて倒れ駆ける。駆けつけたトーチとシェイドはク・フィーユを連れて何処かへ立ち去ってしまう。
二人はテレポートは出来ないはずだから、姿を消しただけなんだよな。今までもストーカーよろしく、ずっと着いてきていたわけだ。

ディア、アスクール、ガクトエルの現れる夢を見たク・フィーユは、目覚めると再び思い出し駆けていたパートナーの存在を忘れていた。
また記憶操作完了ですが、あくまで能力による一時的な記憶の植え付けでしかないので、ちょっとしたキッカケで破れてしまうのだな。
ま、所詮はアスクールを手に入れるまでの事に過ぎないから、その程度で構わないのだろう。

朝、起床したアスクールはク・フィーユとの共鳴を感じ取る。
ク・フィーユがお見舞いに行っている頃の事でしょうか? でもそれだと随分と遅い起床という事になるが……
ク・フィーユを迎えに行くと喜んでク・フィーユの荷物を大量に纏めたディア。
魔法のステッキの他に何が入っているのでしょう……コスプレ衣装一式とか?
アスクールはミ・ヌゥルーズたちに挨拶してから、ク・フィーユの下へ向かう事にしたアスクールは、イヴェール局長とゾマと顔を合わせる。
もう彼女を止めないというイヴェールは、ク・フィーユを2人に任せて自分たちはESメンバーとして活動して、時空凍結した空間の対策に向かう事に。
トゥイードゥルディとトゥイードゥルダム、アンオウとエイオウにも連絡を行う事を告げて姿を消す2人。
二人は一緒に戦ってくれないのか。
時空凍結は最終的にアスクールとク・フィーユだけでは、エクレールとリュミエールと均衡をとるには力不足だから、ディアも加わって3人でなんとかするというパターンかなぁ。もしくはディアのキスでパワーアップするのか。

喫茶室へと向かった、ク・フィーユを迎えに行くことを語る。
ちゃんと戻ってくるように告げるミ・ヌゥルーズたちに見送られて、ク・フィーユの下へ向かうアスクールとディア。
どうもミ・ヌゥルーズはうすうすアスクールたちの仕事を事を感づいているようだ。
ク・フィーユの共鳴を感じて、ミストラルで彼女の下へ向かうアスクールたち。
ところで、前々から疑問なんだがミヌさんって結局、完全な女なんだろうか。それともニューハーフ? 胸なんて技術でどうにでもなるしなぁ。

接近したミストラルに対して、接近するならば排除すると警告をしてくる警護艦隊。
いや、撃墜したら君たちガクトエルに殺されるし。
それにしても相変わらずESメンバーの船はハイスペックで、艦隊を相手に一機で戦えてるよ。
ミストラルに護衛艦隊を任せ、アスクールとディアは瓦礫に混ざってティフォンに乗って「どんぶり」へ接近するが、警備システムの襲撃を受けてテレポートで潜入した2人。
ティフォンはミストラルへと帰還する。
魔法のステッキが記憶を呼び覚ます鍵になるかと思いきや、置いてきてしまったみたいだ。

幼い頃の記憶から、以前にここへ来たことがあると感じるアスクール。
アスクールは鐘の音で葬儀の記憶や、兄との想い出が徐々に蘇ってくる。
町の住人は時刻になり、所定の場所へと移動。
共鳴を感じたク・フィーユが現れて攻撃を仕掛けてくる。
ク・フィーユvsアスクール再び、かと思いきや、更にガクトエルも姿を現し、リーゼロッテと呼びかけてくる。
「私はリーゼなんとかじゃない!
 ク・フィーユのパートナーのアスクール!!」

中ボス(シャドウワーカー)の出番がなく、いきなりラスボス登場。
シャドウワーカーは後から駆けつける他のESメンバーがお相手してくれるのかな。

Aパートはク・フィーユの、Bパートはアスクールの、本当の自分を取り戻し始めるという話だったのか。

次回 #21「蘇る記憶」

アスクールとク・フィーユ両方の記憶が蘇るというところか。
亡くなっているのはアスクールの両親か、それとも祖父母か……
その後、何故実験体にされる事になったのかも判るのだろう。それと共にガクトエルが銀河を消滅させようとした理由も明らかになるかな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« デュラララ!! #08「南柯之夢」 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第7話「5月3日~4日 7等分の日」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #20「ほんとうの私」:

» キディ・ガーランド 第20話「ほんとうの私」 [せーにんの冒険記]
妹姫=シスタープリンセス ああなるほど… キディ・ガーランド キャラクターソング3(2010/02/24)タマ(若本規夫) ディア(高橋夢波)ディア(高橋夢波... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 12時53分

» キディ・ガーランド #20 『ほんとうの私』 [ゼロから]
リトゥーシャ、何処か悪いの。頭とか。by ク・フィーユアスクールの台詞を言うク・フィーユ。いつも意地悪のリトゥーシャに対して反撃ですね。 [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 21時53分

» 感想 キディ・ガーランド(第二十話) 調子に乗ってたら盛りだくさんに [エウレカ]
第二十話を観させていただきました。 エルデメテオール リトゥーシャは人気があるなー でもお婆様の前では本音も言うんだね。100倍縦ロール。 病室にクフィーユが。看護師さんビックリ顔。 涙のクフィーユ。 あの頭に巻いてんの怪しい。 アスクールとディアはクフィーユを助けに。 イヴェールミュミュミューン(局長)達は何故いつも床下にいくのだろう? ウインク ミヌさんの親心。 ミストラルとティフォンも一緒。 エルデメテオールに突入。 {/m_0055/}{/m_00... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 23時22分

» 『キディ・ガーランド』 第20話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
今回はリトゥーシャのおばぁちゃんのお見舞いにク・フィーユが付いていくお話。 ク・フィーユの過去の記憶がツギハギだらけであることに、リトゥーシャたちも困惑する。おまけに、ク・フィーユのしらない話題も色々と出てきてク・フィーユが困惑する。そこで話題になっていたのはガクトエルの妹君のこと。 辛い思いをするのはリトゥーシャ。 なので、ついつい、ク・フィーユに真実を言ってしまう。 こんなところから綻びるとは意外でした。 それをク・フィーユが信じるかどうかは… 記憶を戻そうとするとク・フィーユの髪飾りが光り、そ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 21時06分

« デュラララ!! #08「南柯之夢」 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第7話「5月3日~4日 7等分の日」 »