« 化物語 第拾肆話「つばさキャット 其ノ肆」 | トップページ | テガミバチ 第二十一話「記憶のポプリ」 »

2010年2月27日 (土)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ:大久保富彦 演出:大久保富彦

本部とのホットラインである電話の前でじっと佇む空深彼方は……トイレを我慢していた。

本営直通高度緊急非常事態用指令伝達回線保守確認任務に着くことになったカナタ。
失敗すれば小隊全員が懲罰を受け、内容次第では緊急出動が掛かる事もある、責任重大な任務と語るフィリシア・ハイデマン、和宮梨旺、墨埜谷暮羽。
一応は事実なんでしょうが、完全にからかわれてるよな。
要するに「電話番」だと寒凪乃絵留が教える。
一度もなったことのない「鳴らない電話」だが、いざという時に鳴らないのでは困るので、半年に一回だけ稼働確認をするというものでした。
喜び勇んで電話番に立候補したカナタ。
最大の問題は何時電話が鳴るかわからないという事。
普通なら交代でやるような任務ではないのかと思いますが。

フィリシアとクレハは本部へ配送を送るため出かけ、リオは料理をしようとしたがナオミがやってきた。
……まな板入りのサンドイッチって。それで食べられる物を作っているつもりかよ。もはや味覚音痴や料理下手という次元を越えてるよ。
サイダーを持ってきたナオミ。カナタはワイン密造の事を何時の間にか知ったらしい。
何故ばれたのか、それは機会があったらいずれ……そんな照れるような内容なのか。
TV放映中ではなく、DVD特典とかなになりそうな予感がヒシヒシと漂ってきます。

休戦会議が長引いているため、その話を聞きたいという名目で、リオにもギルドの集会に出席が要請された。本音は炎の乙女をやったリオと会いたいだけらしい。
おじさま達に大人気なのか。

喇叭が上手くなってきた褒美と、居眠り防止のため、トランペットの楽譜を暮れたリオ。
カナタはサイダーを飲みながら楽譜を見ていたのですが、その楽譜は元々イリアの持ち物だったらしい。姉から受け継いだものか。
予想通りというか、サイダーを飲み過ぎるカナタ。

雨が降ってきて慌てて洗濯物を取り込みに走る。
そこに司祭と共にやってきたミシオやセイヤにも洗濯物の取り込みを手伝ってもらう事になりました。
司祭がトレーズに戻るから挨拶に来たらしい。
司祭はカナタがリオから貰った楽譜のサインで、疑問を確信に変えたようだ。

初めて電話を使うため緊張しているカナタに、司祭は練習してはどうかと糸電話を作りました。懐かしいなぁ。
カナタとセイヤが電話の練習をしている間に、ミシオはシュコを追いかけ回し、電話線に引っかかったことで大騒ぎ。
電話は無事守ったものの、グラスは割れ、セイヤは顔面から壁にツッコンで、司祭は洗濯物にダイブ。女物の下着に沢山あるので、見ようによっては下着まみれの変態です。
そこにやってきたユミナに怒られて、子供達2人どころか司祭まで正座させられてます。

服が汚れたカナタのため、ユミナが偶然持っていた服をプレゼント……相変わらず微妙な趣味だな。セイヤはカナタの服に照れまくり。このツンドラ小僧め。
みんながいる間にトイレに行けばよかったものを、帰ってからトイレを思い出してしまったので、じっと耐えることになったようだ。
危うくバケツにするとか、色々と捨てることになるところでした。
同じ集会に参加したはずのユミナが戻って、リオがすぐ戻ってこないのが何故なのか? 親父たちに捕まっていたのか。

リオが戻ってきて、ようやくトイレに向かえたカナタでしたが、そんなタイミングで電話が鳴ってしまった。
そんな電話の相手は、リオの関係者。おそらくは親父ですね。「許していない」と言っている事から、母親が死ぬ時にも仕事を優先して駆けつけもしなかったとか、そんなところだろうか。
この国を救って欲しいという電話の主の真意は。
これが第1121部隊の初出動へと繋がるのでしょうか。しかしこんな部隊が出撃したからと言って戦況が変わるとは思えないので、リオの皇女としての存在が必要というところなんだろうな。それとタケミカヅチ機動がどう繋がるのかが、今後の見所か。

トイレの前でばったりとノエルと出会ってしまい、転んだカナタは、尿意の我慢が限界に来てしまったため、一歩も動けない。
ノエルはずっとトイレで寝ていたのか。
そんなカナタを帰還したフィリシアとクレハが無理矢理立たせようとして……
久しぶりに「らめぇ」を聞いたな。エロゲなどでは多用されているようですが……

次回 第九話「台風一過・虚像ト実像」
脚本:吉野弘幸 絵コンテ:青井小夜 演出:青井小夜 作画監督:野田康行
《砂漠の狼》クラウスにちなんで格好いい二つ名を考えました。
《謎のサウスポー》黒い下着のノエル
《砦の破壊王》デスメタルカナタ
《ツンデレスナイパー》クレハ
《お料理番長》リオ
《腹黒癒し系》フィリシア
台風が来て、クラウスが「時告げ砦」に滞在することになり、台風の中、行方不明になったセイヤを第1121部隊が捜すのようです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 化物語 第拾肆話「つばさキャット 其ノ肆」 | トップページ | テガミバチ 第二十一話「記憶のポプリ」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」:

» 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 第8話 観ました [「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋]
なに?この羞恥プレイ的なシュチュ? なるほど、電話番で電話の前から離れられないと言う任務中なのね。 それにしても膝頭をモゾモゾってそれなりにイヤラシイ・・・ それなりどころか、かなりエロイですね。 それはそうと、電話番と言うのはなかなか過激な任務ですね。 いつか買ってくるか判らないってのがまた・・・ 一応、年に二回ほどテスト送信があるらしいのですがそれを受け取るのが今回のカナタさんの任務。 そのとき、フェリシアさんはクレハをつれて書類を届けに駅まで出掛け、残ったのはリオとノエル。 でもノエルは倉庫... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 03時17分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第8話 [ニコパクブログ7号館]
第8話『電話番・緊急事態ヲ宣言ス』ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・カナタが緊急事態に陥る話。 [続きを読む]

受信: 2010年3月 3日 (水) 19時33分

« 化物語 第拾肆話「つばさキャット 其ノ肆」 | トップページ | テガミバチ 第二十一話「記憶のポプリ」 »