« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」 | トップページ | 聖痕のクェイサー #08「双面のアトミス(前編)」 »

2010年2月28日 (日)

テガミバチ 第二十一話「記憶のポプリ」

長距離配達が続いてお疲れのザジ。
コナー・クルフはDr.サンダーランドJr.が新しく解説したという『癒しの部屋』へ言ってみてはどうかと提案し、ラグ・シーイングも賛同。しかしザジは解剖されるのでは、と恐怖感に煽られて反対。
むしろラグやコナーはよく平気で向かうよな……たぶんそんな噂を聞いたら誰も近づかないと思うのだが。

ザジを無理矢理連れてラグとコナーがやってきた癒しの部屋は、マナ・ジョーンズという女性が運営している良い香りのする部屋だった。
アロマでのリラックスルームだったようで、いきなり爆睡したザジとニッチ。単純というかなんというか……

ラグの名前を聞いたマナは、彼の事をゴーシュ・スエードから聞いたと語る。
ゴーシュとDr.サンダーランドJrのおかげで今の自分があるという。
そんなワケで久しぶりにゴーシュ登場です。
最近は回想シーンにすら出てこなくなっていたからな。

花を運んでもらうのを手伝ってくれたゴーシュを研究室に招いたマナは、植物の研究をしているが自分の研究がまだ認められていないものだと語る。
サンダーランドJr.が自分の研究を認めてくれていないため、その鼻をあかせてやりたいというマナ。
憎まれ口を叩いていますが、彼がわざわざ部屋に足を運んでいる時点で、サンダーランドJr.がマナの事を過剰に気に掛けているのは明白だよな。

徹夜で研究を続けているため睡眠不足の状態が続いているマナは、うたた寝してしまい、ぼや騒ぎを起こし、顔に薬品を浴びてしまう。
そんな危険な劇薬をあんな棚の上に置いてはいけませんよ。

翌日騒ぎを聞いて駆けつけたたゴーシュはアリア・リンクにマナの様態を訊ねるが何故か言い淀む。彼女に変わってラルゴ・ロイドが命に別状はないが、視力を失うかもしれない事を告げる。
視力を失うというのは研究者としてはかなり致命的な痛手だな。

マナが服務規程に違反していたという諮問委員会は、それが研究者ならば当然の事だというサンダーランドJr.の意見を取り入れず、何ら成果が上がっていない彼女の解雇を宣言する。だが、その解雇は彼らが決めたものではなく、マナから申し出のあったものだと知り、サンダーランドJr.はマナの病室へ向かう。
委員長サミュエルは珍しくムキになっていたサンダーランドJrの様子に面白いと笑い、彼女を説得できるかと興味をそそられる。
視力を失った事で研究者としてのやる気まで失ってしまったのですね。まぁ、確かに普通に考えれば視力がないのであれば、研究など続けるのは無理だろうからな。

マナの病室に乗り込んだサンダーランドJr.は役に立たないのであれば自分の実験台になれと迫り、医師に追い出されてしまう。
なんつー無茶苦茶な……反発心からやる気を出させようとか思ったのかもしれないが、ムチャにもほどがある。不器用というレベルじゃないよ。

ゴーシュはサンダーランドJr.が実績の無かったマナを採用した事を知り、彼が本当はマナの事を買っていたのだと気付く。マナには天性の優れた嗅覚と、研究者として大切な強い好奇心を兼ね備えていた。
部屋に落ちていたある花を見つけたサンダーランドJr.は、一晩がかりである物を探す。
ぶちぶち文句を言いながら探すところが彼らしいというか。

翌朝、ゴーシュにマナへのテガミを託した。
シルベットは博士の姿にビビリまくり。ホラー映画じゃないんだから。

ゴーシュの運んできたテガミを拒絶したマナだが、ゴーシュはせめて封を解くようにと告げる。中に入っていたのは希少価値の高いレエンシードの草花
それは彼女が面接の時に持ってきていた物だった。
何のキャリアもなく面接を受けに来たマナに対して、あまり好意的ではなかった面接官達。
そレエンシードの草花を持ってきたマナは、ストレスを癒す効果があると考えており、故郷の人々はこの花のアロマで癒すことが出来た。だが、サンダーランドJr.はそこに医学的根拠は存在していないと切り捨てる。
「君にそれを解明する能力があるのか?」
「可能性を持っているのは、一握りの人間だけじゃないと思います」
「口だけ、何とでも言える」
「だったら試して下さい。私にチャンスを下さい!
 どれだけ苦しくても、必ずやり遂げてみせます!!」

強い表情で告げたマナ。
挑発する事で、マナのやる気を窺ったという事かな。ここで意気消沈してしまうような人間であれば、その程度と興味を無くすところなんだろうし。
マナはそんな博士の期待に応えた人物であり、その後も努力を続けてきていたから認めていたのでしょう。

博士がその時の事を覚えていたのだと事を知って泣くマナ。
「博士は言っていました。
 君にはまだ、嗅覚という素晴らしい才能がある。
 マナ・ジョーンズ、君は確かに視力を失った。
 でも、心の目で、見直すべき人がいるんじゃないですか?」

まずは博士の事をちゃんと見て欲しいという事ですね。

委員会によりマナに対する処分が正式に下ろうとしていた。
委員会にやってきて、もう一度働かせて欲しいというマナに、サンダーランドJr.も彼女にもう一度チャンスを与えて欲しいと申し出る。
彼女のやる気に免じて、火災事故は不問とされるも、これから何か成果を上げる事が出来るのか委員達は問いかける。
サミュエルは成果の上がらない人間を雇うことは出来ないと委員達の気持ちを代弁し、研究者として残りたければマナに投資価値があるという証明のため、1週間で何かの成果を出せと命じる。
与えられたチャンスを物に出来るかどうか、そこが彼女にとっての分岐点。
果たしてどんな方法で研究結果を出すのか。

次回 第二十二話「夢つなぐノート」

珍しく1話で終わりませんでした。ゴーシュが何かの花を取りに行くのかな。
そして次回は続きと同時に、遂にリバース編に突入……本当にどう終わらせるのだろう。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」 | トップページ | 聖痕のクェイサー #08「双面のアトミス(前編)」 »

テガミバチ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テガミバチ 第二十一話「記憶のポプリ」:

« ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」 | トップページ | 聖痕のクェイサー #08「双面のアトミス(前編)」 »