« 仮面ライダーW(ダブル) 第28話「Dが見ていた/決死のツインマキシマム」 | トップページ | はなまる幼稚園 じゅうに(おしまい)「はなまるなクリスマス/はなまるな気持ち」 »

2010年3月30日 (火)

おまもりひまり 最終回(第12話)「猫と優人と乙女の純情」

タマを前に闇に身を堕とした緋鞠。
鏑木兵吾は高見の見物を決める。
一挙手一挙動が小者にしか見えない鏑木……

振動を感じた神宮寺くえすは緋鞠が一人で戦いへ言っていることに気付く。
しかし場合によっては、個別に襲撃されていても最初のうちは気付かなかったかもしれないな、こいつら……

戦いの場に駆けつけた天河優人たちが変わってしまった緋鞠の姿にビックリしていたところに、酒呑童子が現れて緋鞠が優人を守るためにあの姿になったと嘲笑う。
緋鞠の姿を見ただけで気絶するなど、相変わらずリズリット・L・チェルシーは何のためについてきているのか。
緋鞠が護り刀としての盟約のためにあの状態になったと思い込んでいる酒呑童子に、九崎凛子が昔からの契約だけでなったわけがないと反発。
乙女舐めんな! と、ヒロイン代表として啖呵を切った。

緋鞠を捕らえて食らいつき、完全体へと戻った九尾の狐。
諦めるな! と呼びかけた優人の声に反応したかのように反撃を開始、タマを打ち倒した。
白面九尾の狐……あれだけご大層に完全体が、とか言っていたのにその力を振るう間すらなかったよ。
不完全体で全員を圧倒していたのに、完全体になってたかが化け猫ごときに負けるとは、九尾の狐と玉藻の名が泣くよ。

「バカな!」
愕然とする酒呑童子。
判りやすい小者の台詞です。
ところで、酒呑童子はタマを復活させた後にどうやって自分も完全復活しようとしていたのだろう。タマの妖力で復活するつもりだったのだろうか。

自分の言葉が届いた。緋鞠の意識が残っていたんだ、と迂闊に近づいて攻撃されるバカ殿。
そんなの簡単に予測つくことだろうにくえすも止めようよ。
緋鞠は敵味方関係なく攻撃。
酒呑童子は自分の代わりに人間を滅ぼしてくれるとご満悦。
鏑木はビックリして酒呑童子に止めるように指示するも、あっさり裏切れる小者ぶり……

緋鞠に攻撃を受けて倒れる仲間たち。
気絶したらパンツが見えるのは仕様です
明夏羽と沙砂はやってくるまで存在を忘れていました。
優人は鬼斬り役として立ち向かうが、緋鞠との思い出に彼女を討つこと出来ずに抱きしめる。
あっさりと元に戻りました。

怒り心頭で本当の姿を露わにする酒呑童子。
誰かを護りたいという思いが光渡しの力を覚醒させた。
優人に力を宿した刀を受け取った緋鞠は何故か服まで変化しました。
完全覚醒していない酒呑童子はあっさりと敗北。
ラスボス二体が弱かった、あまりにも弱かった……

鬼斬り役としての力に覚醒した優人に、護り刀のしての役割を終えた自分は必要ないと去ろうとする緋鞠ですが、くえすに言われて光渡しの力を使おうとしたものの発動しない。
てゆーか、護り刀って別に天河の当主が光渡しの力に目覚めるまで護る存在ではないのではないのか。過去には暴走した猫を退治したりもしているのだし。
使い魔のような存在なんだから、力に目覚めていようと関係ないんじゃ。光渡しの力があっても、無限に使えるわけではない以上、護衛は必要だろう。

一時的なものだったのか、それとも緋鞠の言うように彼女と離れたくないという想いが力を抑え込んでいるのか、それは不明。
くえすは使えない事を判った上で、力を使わせようとしたのだろうけど。

町でのバトルによって町が大変な事になっていたので、生徒たちに連絡を取っていた如月冴は、柾木泰三といいんちょを連れて、連絡のつかない優人の様子を見にきて、家に大勢の女の子がいたので騒ぎになってのドタバタエンド

エンディングは引っ越してきたばかりの優人の幼い頃から、今まで。
鏑木は何普通の顔してくえすのところに戻ってるのやら。
あの年齢で両親が死んで施設に引き取られなかったり、遠縁の親戚の所などへも行かず、一人暮らしを始めたというのはかなり異常だよね。


**総括**
至って普通のエロ要素を盛り込んだ萌えアニメ。
バトル面はさほど盛り上がるでもなく、女の子キャラに萌えなければ価値は殆どないかな。
作画面はよかったので、絵とキャラが好みなら楽しめたのではないかと思う。

山場として、静水久、くえす、タマでそれぞれ存在していたものの、どれも中途半端に失速してしまった感じが否めない。
何かが物足りないと感じるのは、主人公に魅力が欠けていたからだろうか。

レビューでも何度か書いたけど主人公の生活費が何処から出ているのか、本気で気になります。両親が残した莫大な遺産とか、死亡保険が大量にあって、それらを食い潰しているのだろうか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 仮面ライダーW(ダブル) 第28話「Dが見ていた/決死のツインマキシマム」 | トップページ | はなまる幼稚園 じゅうに(おしまい)「はなまるなクリスマス/はなまるな気持ち」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまもりひまり 最終回(第12話)「猫と優人と乙女の純情」:

« 仮面ライダーW(ダブル) 第28話「Dが見ていた/決死のツインマキシマム」 | トップページ | はなまる幼稚園 じゅうに(おしまい)「はなまるなクリスマス/はなまるな気持ち」 »