« 天装戦隊ゴセイジャー epic5「マジカル・ハイド」 | トップページ | おまもりひまり 第10話「妖しき猫の思い」 »

2010年3月14日 (日)

仮面ライダーW(ダブル) 第26話「Pの遊技/亜樹子オン・ザ・ラン」

リコ(澤田萌音)に助けを求められたという鳴海亜樹子(山本ひかる)に、嘘を吐けと怒り心頭の堀之内慶應(四方堂亘)。
ダブルとアクセルの攻撃を受けたパペティアー・ドーパントは、ウェザー・ドーパントの作り出した霧で姿を消してしまいました。

ドーパント専門の医者であるという井坂深紅郎(壇臣幸)は、新しい治療法を試しているところだと、パペティアーの身体に興味を持っていました。
操っていた人形を失った堀之内に、深紅郎は園咲若菜(飛鳥凛)を操り人形にして、彼の愛を否定した人間に復讐しろと言い出した。
確かに、クレイドールは土人形ですが……

新しいカエル型ガジェット・フロッグポッドを完成させたフィリップ(菅田将暉)。
疑似ガイアメモリ<フロッグ>は、2人の人間の声と台詞を融合させて再生する事が出来るようですが、これが今後どのように活用できるのか……3.5テラバイトもメモリ容量があるらしい……無駄に大容量だな。
フロッグポッドを切っ掛けに、大阪に出てきたばかりの頃、リコと出会っていた事を思い出した亜樹子。

思い出の公園で再び姿を見せたリコに亜樹子に人形の声を聞いて欲しいとひたすら訴えかけてくる。
警察に行こうという亜樹子の声にも耳を貸そうとはしない。

深紅郎の思惑通り、若菜はパペティアー・ドーパントに操られてしまいました。
身体だけでなく、心を眠らせて意識まで操る力があるようだ。
本当はパペティアーの力を見ると言うよりドーパントになろうとしない若菜を変身させて、自分の実験結果を見るつもりなんだな。

照井竜(木ノ本嶺浩)からの呼び出しを受けた亜樹子と左翔太郎(桐山漣)。
竜は堀之内が妻を病気でなくして、娘と2人暮らしをしていた事、そして娘が一ヶ月前に交通事故で死亡している事を調べ上げていました。
娘の本当の名前は堀之内里香子であり、リコというのは人形の名前でした。

自分の前に現れたリコが人形だと気付いた亜樹子は人形の下に急ぐも、ちょうどゴミ回収車がやってきて、人形を乗せていってしまいました。
てか、ハザード付けっぱなしで走ってますよ……
たかが人形の気持ちを大切にしている亜樹子を理解できない竜ですが、翔太郎はそれが亜樹子という人間なのだと、ちゃんと理解を示してくれていました。
いつも喧嘩ばかりだけど、ちゃんと亜樹子の事は理解してくれていたのですね。

ちょうど通りかかったウォッチャマン(なすび)は、オークションで手に入れた風都くんバイシクルを奪われてしまいましたが、これは実際に販売しているタイアップ自転車なのかな……

娘への愛を否定した亜樹子を捜す堀之内に操られたクレイドール・ドーパントがフィリップに襲いかかってきた。
絶体絶命のピンチに現れたのは、アクセルのガンナーAでした。
竜が寄越したとは思えないので、これもファング同様にフィリップがピンチになったら助けに来るようにプログラムされていたという事なのだろうか。つまりはシュラウドがフィリップを守ろうとしているという事になり、彼女とフィリップの間には何か関係があるのか? フィリップの母親なのかな。
ガンナーAに粉砕されたクレイドールは、再生するとパペティアー・ドーパントの呪縛から解放されて、操られた事に気付きましたが、側にフィリップがいた事には気付かず立ち去ってしまいました。
もし気付いていたら結構焦っていたのではないかと思うけど。

深紅郎に復讐に向かった若菜を止めるために現れた園咲冴子(生井亜実)ですが、クレイドールの力の前に、タブー・ドーパントの力が弾き返されました。
深紅郎による仕業か、クレイドールの力がタブーを上回っているようです。

自分の娘への愛を小説にする事で永遠に残そうとした堀之内だが、その思いを貶して、あまつさえ娘を愛していないと酷評されたため、復讐をしていた。

パペティアー・ドーパントと戦うダブルとアクセルですが、アクセルが操られてしまうというピンチに陥る。そこでフロッグポッドを使い、堀之内の気を引いた隙に攻撃してアクセルたちを開放。そのままメモリブレイクに成功しました。
操るものがなければ、本体の戦闘力はまったく大したことがないようだ。

妻も娘も亡くし、もう誰も愛してくれる者はいないと哀しむ堀之内に、亜樹子はリコがいる。リコが堀之内の事を心配していたのだと告げる。

若菜の力はドライバーを改造して、直挿しと同じ状態にしていたらしい。
その事により感情が強く反映されるが、それは精神が壊れる可能性があるという事。
ドライバーを使う事で、幹部はガイアメモリに精神を浸食される事を防いでいたらしい。
深紅郎はドライバーがドーパントの進化を阻害していると考え、ドライバーに頼っている限り本当の強さを手に入れられないのだと囁く。

次回 第27話「Dが見ていた/透明マジカルレディ」

遂にウェザー・ドーパントとの対決が開始。
かなり強いようですから、当分は倒せなさそうだ。
またなんらかのパワーアップをして倒すというパターンかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 天装戦隊ゴセイジャー epic5「マジカル・ハイド」 | トップページ | おまもりひまり 第10話「妖しき猫の思い」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/47809310

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW(ダブル) 第26話「Pの遊技/亜樹子オン・ザ・ラン」:

» 今日の主役はカエルくん? 仮面ライダーW 第26話 [やっほっほ〜]
人形を操るパペティアー・ドーパントその正体を現した堀之内に亜樹子が詰め寄り罵声を浴びせる怒り心頭のパペティアー・ドーパントは井坂深紅郎の助けによりクレイドール・ドーパントを操り、亜樹子に迫るけど襲われたのはフィリップ君やぶ蛇です前回のホラー...... [続きを読む]

受信: 2010年3月15日 (月) 21時50分

» 仮面ライダーW第26話「Pの遊戯/亜樹子オン・ザ・ラン」 [OPUS MAGNUM]
今回は第26話「Pの遊戯/亜樹子オン・ザ・ラン」。 ストーリーは仮面ライダーW第26話「Pの遊戯/亜樹子オン・ザ・ラン」で! 前回はホラー調だったのですが、今回は切ない話でしたね。 最後はちょっとかわいそうでしたし…。 今回のメインは鳴海亜樹子のようでした。 いつもは感情的で攻撃的な鳴海亜樹子ですが、実は情熱的でまっすぐ突き進む性格のようです。 その事を一番理解しているのは左翔太郎のようです。 いつもは標的にされている左翔太郎ですが、実際は良く理解してくれているようです。 鳴海亜樹子につい... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 07時47分

« 天装戦隊ゴセイジャー epic5「マジカル・ハイド」 | トップページ | おまもりひまり 第10話「妖しき猫の思い」 »