« デュラララ!! #09「依依恋恋」 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第8話「5月13日~14日 ゆのクラブ/9月26日~27日 やっぱりナスが好き」 »

2010年3月 5日 (金)

KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #21「蘇る記憶」

ク・フィーユを救い出すためエルデメテオールへと潜入したアスクールとディア。
アスクールをアホ毛呼ばわりするク・フィーユは彼女の事など知らないと拒絶する。
ク・フィーユが騙されているだけだと訴えかけるアスクールだが、ク・フィーユは髪飾りに操作されてアスクールを拒絶する。
ク・フィーユだけに留まらず、ガクトエルさんも喜び勇んで飛んできました。

そんな時、街がワープを開始する。
ミストラルはワープ時に弾き飛ばされてしまいました。
ガクトエルは自分とアスクールが結ばれる場所、時間の凍り付いた空間へ向かうのだと語る。
ク・フィーユにアスクールを捕らえさせようとしたガクトエル。
あそこで何をするつもりなのか。
自分とアスクールの力で惑星の破壊を止めようとでもいうのか? それとも凍結を解除して爆発させようというつもりなのか。

アスクールは瞬間移動でディアと共に逃れようとするが、サフィルとリュビスが街に特殊な偏向フィールドを張って逃亡を阻止する。
トーチとシェイド、リトゥーシャとパウークもやってくる。
シャドーワーカー勢ぞろいで、いきなり大ピンチです。他のESメンバーも当分現れそうにないし、この二人では勝てないよな。
そういや、結局一般人は何処行ったの?

ク・フィーユに時を止められてしまったアスクールにキスをしようとするガクトエルだが、ディアの力で助けられると、ク・フィーユを連れて一時的に逃れる。
実妹にキスを迫る変態兄……まぁ、一時期そんな変態が主人公なアニメばかりやってたけどなぁ。
しかしなんでアスクールはディアとキスをしないのだろう。この状況なら、ディアとキスしてアスクール自身のパワーを上げる方がいいのじゃないのか?

自分たちの事を思い出して欲しいと願うアスクール。
ク・フィーユは本当の妹が自分ではなくアスクールだという事に薄々勘付いていました。
まぁ、あのやり取りを見て気付かない方がどうかしているよな。今でこそおバカキャラになってるけど、元々は賢いはずなんだし。

アスクールを追跡してきたガクトエルはアスクールが真の自分を忘れていると、自分と口付けをして全てを思い出せと迫るも、アスクールはあくまでも拒絶して再び逃亡。
どれだけキスに拘るんだ。キス以外に手段はないのか?
ガクトエルは力が強すぎてク・フィーユのような時間の止め方が出来ないのか。上手く制御出来ないから、周囲の空間すべてを止める事しか出来ないかな。

ク・フィーユの共鳴でアスクールの居場所を探り当てたシャドウワーカー。
リトゥーシャとパウークの力で拘束されるアスクールだが、それでも尚ク・フィーユへと訴え掛け続け、その思いの強さにリトゥーシャたちは戸惑う。
リトゥーシャたちにすれば何故そこまでという感じなんだろうが、パートナーに対する思いの強いトーチには良く判るのだろうか。
てゆーか、アスクールも自分の力を使えば良くないか? 短距離テレポートとか、例のカッターとかを使えば良い様な気もするが。

惑星アズランティアの時間の凍り付いた空間に現れたエルデメテオールにより、監視衛星が破壊された事をイヴェール局長とゾマは感知。
こちらもそろそろ行動開始でしょうか。

全てを失って空っぽになった者には、与えられるものだけが全てだと語るガクトエル。
とどつまり、それを実践しているのがシャドーワーカーたちですね。何もかも失ったところに、自分が手を差し伸べてやる事で彼のために尽くす事が全てだと思い込ませたという事でしょう。
アスクールに記憶を取り戻させるため、口付けを交わす。
それにしてもアスクールも何度も何度も同じ手で時間止められすぎ。

蘇る記憶。
母に連れられて街を歩く幼いアスクール。
誇り高き薔薇を持つローゼンブルグ一族は、人々のノーブルズに対する反乱に対して屈しようとはしなかった。
町の人々に訴えかけ続ける祖父。
命を長らえさせるためにアスクールは実験対象として、両親によって街から送り出された。
一族は自分達の権威が奪われるよりも死を選択したという事ですか。
両親はせめてアスクールだけでも助けようとしたわけですが、よりによってその相手が能力開発実験の対象だったとは。

能力開発実験の施設で、リーゼロッテは先に送り込まれた兄・アルフリードと再会する。
死んだと思っていた兄との再会に喜ぶリーゼロッテだが、アルフリードは彼女が実験に耐えられる筈がないと、自分の手で殺してしまおうとする。
リーゼロッテの口付けを受けたアルフリードにより、力が爆発して施設は崩壊する。
ガクトエルは何で先に実験施設に送られていたんだろうか。この様子からすると、結構前から送られていたようですが、祖父の意思で能力を身に付けさせるために強制的に送り込まれたのかな。少なくとも両親はこの施設の事を知っていて、アスクールに死んだと伝えていたのだから、家族によって送り込まれたのは間違いないだろう。

リーゼロッテは崩壊する瓦礫から無意識にワープして、脱出カプセルへと逃れた。
リーゼロッテが死んだと思いこんだアルフリードは、自らの力に覚醒し、復讐のために行動を開始した。
もしかして、ガクトエルはアスクールが死んだと思いこんでいたから、惑星を爆発させて銀河系を滅ぼそうとしていたのか?
一方、脱出カプセルで飛ばされたリーゼロッテは別の惑星へと送り込まれた。
アスクールがおバカになったのは、きっとこの時に頭を打ったからに違いない。「ぽきゅ~ん」とか言ってるし。
しかしこの記憶を見る限り、記憶を取り戻したからと言って、必ずしもガクトエルの下に戻ってくれるとは限らないような気がするんですが……単に慕っていた兄というレベルで、自分の尊敬していた先輩達を殺害した男、というのと天秤を掛けた場合には、兄への思いが勝つとは限らないよね。妹萌は、本当の兄妹だと判れば、自分を選択してくれるとかいう妄執に駆られているのかな。

アスクールに口付けをして記憶に続いてGクラスの能力を蘇らせようとするガクトエルだが、ク・フィーユは無意識にガクトエルを妨害してしまう。そんなク・フィーユを用済みとして処理するように命じるガクトエル。
今まで妹として扱っていた彼女をあっさりと始末しようとする彼に戸惑うリトゥーシャたちだが、サフィルとシェイドはガクトエルの命令に従い、ク・フィーユを殺害しようとする。
攻撃しているのはやはりガクトエル依存度の高い二人だけ
相棒に対する思いの強いトーチは当然加わらず、リトゥーシャにしてみれば今のク・フィーユに対する処理はそのまま彼女へ反映される事だろうからな。明日はわが身という状態だよな。リュビスは少し前まで仲間として仲良くしていた相手を、用済みという理由だけで殺す事に戸惑いがあるのでしょうね。
ク・フィーユを守ろうとするアスクールは、記憶を取り戻させるためにク・フィーユに口付けを交わす。
邪魔をするため時を止めるガクトエルだが、アスクールは自らの力でガクトエルの力を退ける。
アスクールのパワーアップに伴い、パートナーであるク・フィーユも彼女に触発されてパワーアップしていく事になるのでしょうか。

そしてク・フィーユはようやく自分自身を取り戻す。
Gクラスの能力に目覚めたアスクールたちがシャドーワーカーとどのぐらい戦えるのか。

相変わらず人気は低迷ながらもいい感じになってきたお話ですが、今回はやたらとキスシーンだらけだったな。
キスが世界を救う勢いですよ。

次回 #22「流れ始める時間」

リュビスとサフィルがちゃんとコンビになってるのは、ク・フィーユが記憶を取り戻した事で、ちゃんと敵として戦えるからかな。
いよいよあの2人が復活!? それとも他のESメンバーが駆けつけるのか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« デュラララ!! #09「依依恋恋」 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第8話「5月13日~14日 ゆのクラブ/9月26日~27日 やっぱりナスが好き」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #21「蘇る記憶」:

« デュラララ!! #09「依依恋恋」 | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第8話「5月13日~14日 ゆのクラブ/9月26日~27日 やっぱりナスが好き」 »