« 仮面ライダーW(ダブル) 第29話「悪夢なH/眠り姫のユウウツ」 | トップページ | 2010年第1クールアニメ評価 »

2010年4月 5日 (月)

最強武将伝 三国演義 第1話「桃園の誓い」

珍しく本格的な三国志アニメ。
と、思ったら日中合作アニメだったので納得。
日本では横山三国志以外では、鋼鉄三国志みたいな腐女子向けか、恋姫†無双や一騎当千のようなものばかりだからな。

物語はタイトル通りに正史ではなく、三国志演義をアニメにしています。

貂蝉(ちょうせん)を囲っていた役人が黄巾党から逃げ、その際に貂蝉を途中で見捨ててしまったところから始まる。
道に倒れていた貂蝉は王允によって助けられ、彼の娘となった。

一方、義勇軍の募集を見て溜息を吐いていた草鞋売りの青年・劉備は張飛と出会う。
劉備を気に入った張飛に誘われ、2人で酒を酌み交わそうとしていたところで、義勇軍に入ろうとしていた関羽もやってきて3人で酒を共にする事に。

声優は役者ばかりですが、それほど大根というほどでもないかな。
口パクがあっていないのは、元々中国人の口に合わせているからでしょう。
まぁ、中にはちょっと聞きいているのが辛いキャストもいますけどね……

張飛は自らの持つ桃園で関羽・劉備と義兄弟の杯を交わす。
この桃園を商人に売り払って、雌雄一対の剣、青龍偃月刀、蛇矛を手に入れました。

張角・張宝共に妖術は使用しませんでした。

張角・張宝を倒した劉備たちですが、与えられたのは平原の県令の役職のみ。
金を要求する督郵に従わない劉備に対して、汚職の冤罪を押しつけようとした督郵ですが、話を聞いた張飛に縛り上げられて鞭で打たれてしまいました。
劉備は不満を持つ弟たちと共に県令の職を辞して旅立っていきました。
ちなみに、正史ではここで鞭を打つのは張飛ではなく、劉備本人だというのは有名は話。正史の劉備は演義よりももっと武勇があり、短気なところもある人なんですよね。

次回 第2話「漢王室の風雲」

しかしなんで小喬がクローズアップされているのだろう。
レッドクリフでもヒロインになっていたし、中国では人気の女性なんだろうか。

ともあれ、今後のレビューは特になしの方向で。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 仮面ライダーW(ダブル) 第29話「悪夢なH/眠り姫のユウウツ」 | トップページ | 2010年第1クールアニメ評価 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最強武将伝 三国演義 第1話「桃園の誓い」:

« 仮面ライダーW(ダブル) 第29話「悪夢なH/眠り姫のユウウツ」 | トップページ | 2010年第1クールアニメ評価 »