« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 11(最終回) | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第12話(最終回)「7月12日 みつぼし×リコピン」 »

2010年4月 1日 (木)

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #11「アンダーワールド」

ミナを賭けたゲームと称した三支族の配下の襲撃を受ける鏑木アキラの前に、アルフォンソ・メディチ・ボルジアーニが姿を現す。
一方、ミナ・ツェペッシュに対しては、三支族により純潔審問が執り行われる。
ヴェラトゥースは次の審問までは後三カ年あった筈だと止めに入るも、ミナは彼らがそれをすることを判っていたと敢えて受け入れる。
自分達の権威を誇示するためだけの純潔審問。
傍から見ると、幼女の処女を確認して喜んでいるただの変態集団ではありますが……

かつて公主家に反乱を起こした三支族は他の支族を駆逐・吸収して、ツェペッシュ領内へと攻め入り、当主のルクレツィアを手に掛けた。しかし真祖の血を絶やさぬために、ミナだけが生かされた。
ヴァンパイアの女王も今では名ばかりのお飾りでしかないという事か。むろん、ヴェラたちや騎士団のように彼女に忠誠を誓う者たちも多いけど、絶対的な数では三支族傘下のヴァンパイアたちの方が数も力も上という事なんだな。
問題は三支族の単体単体とぶつかった時にはどうなのか、なのかもしれないが
最終的には、テロメアを倒して、彼らも倒す事で話が決着するのでしょうか。先の長い話なんでしょうけど。

真実を知った三枝由紀はアキラならきっと何とかしてくれると告げる。
無理だと否定しようとするミナに対して、アキラは一番姫様の事を思っているから、と訴える。
そんな由紀にミナは産まれたばかりの頃のアキラの出会った頃の話を語る。
アキラに感じた希望は、果たしてどうなるのか、というところなんですが。

陰謀も何もかもぶちこわしてみせるというアキラの考えはテロメアと同じで危険だと警告するアルフォンソ。
1年前、アキラはあるものを見た。それを思い出してしまえば、今と同じ態度ではいられないという。
それを見たがために、その部分だけ無意識に思い出すまいとしているのだろうか。

アキラはそれでも敵の刺客を退け、必ず生きて帰るから負けるなという伝言を託す。
アルフォンソはヴォルフガング・レーゲンドルフからテロメアの手のモノが今回の陰謀の中に、紛れ込んでいる事を伝え聞く。
三支族の刺客の中にいるのか、それとも美刃か……

アルフォンソの伝言に勇気を取り戻したミナは自分の全てをアキラに賭けると告げるが、イワノフはその中にミナも知らぬ『真祖の遺産』も含まれるのかと問い掛ける。それが何か判らないままに応じるミナ。
三人の様子からよほど大切なものだと判りながらも、知らない事を隠したのはそれを自分が知っているとしておいた方が良いと判断したのでしょう。アキラを信じる事にしたのだから、アキラが勝てば問題ないのだし。

襲撃者に対して戦うアキラは、何故か獣化出来ない。
アキラに変身女は生き延びる機会を与えると、1年前にヴォルフガング指揮下の秘密作戦でツェペッシュ公主家跡に潜り込んだ際に真祖の遺産の秘密に触れており、そこで何を見たのかと問い掛ける。
三支族もアキラが真祖の遺産について知っている事を掴んでいたのか、それとも変身女の独断か。彼女がテロメア配下なら関係あったのだろうが、たぶん違うのだろうな。
アキラに襲いかかる敵に、美刃(メイレン)が助けに現れる。
美刃と変身女により、一人が脱落。
刺客たちも自分の主の勝利のために戦っているのだから、邪魔なら他の刺客を抹殺するのは当然の事だろうな。むしろ今まで牽制しあっていなかった方が不思議なぐらい。

美刃はアキラたちと同じく内乱時代に滅ぼされた一族の末裔。
アキラが獣化出来ないのは、姫様に裏切られたのがショックだからだと語る。
美刃はヴァンパイアとは分かり合えない、本当に分かり合えるのは自分とだけだとアキラにキスをするが、アキラはそれでも姫様を護る事を選ぶ。
ここでミナとの仲を引き裂こうとしているところを見ると、やはり美刃がテロメアの一員なんだろう。教会での事件の時にミナの武器を叩き落したのは、彼女のドロップだったのだな。
美刃の一族は滅ぼされ、彼女だけが捕らわれの身になっていたというところを、ミナに助けてもらったのかな。
むしろ叛乱の時に三支族側についてツェペッシュ家に捕らえられていたのかもしれないが。
復讐のためにテロメアに入って、三支族かシュペッシュの抹殺を願っているのか。感じとしては三支族に恨みを抱いていて、ミナに対して叶わぬ恋慕の情を抱いているとかかもしれないな。

再び襲いかかる変身女は由紀の姿になり、アキラが何を見たのかと問い掛け続ける。
それでも語ろうとしないアキラに、ミナの姿となって話して楽になれと告げるも、アキラは怒りで獣化して変身女を食いちぎる。
これで残りは一人。
ミナを貶めた事で、アキラの怒りが頂点に達してしまったか。
美刃の精神的理由により獣化できなくなっている、という事も証明されたわけですか。
てっきり美刃が使った注射は彼の力を抑える薬のようなものかと思っていたが。

次回 第12話(最終回)「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 11(最終回) | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第12話(最終回)「7月12日 みつぼし×リコピン」 »

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/47969965

この記事へのトラックバック一覧です: ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #11「アンダーワールド」:

« のだめカンタービレ フィナーレ Leçon 11(最終回) | トップページ | ひだまりスケッチ×☆☆☆(ほしみっつ) 第12話(最終回)「7月12日 みつぼし×リコピン」 »