« 一騎当千 XTREME XECUTOR 第01話 「濡れる闘士」 | トップページ | 迷い猫オーバーラン! 第2話「迷い猫、笑った」 »

2010年4月16日 (金)

デュラララ!! #14「物情騒然」

チャットの最中、甘楽@折原臨也は切り裂き魔が今し方出没した事を報せる。
セットン@セルティ・ストゥルルソンは現場を聞いて確認へと向かい、田中太郎@竜ヶ峰帝人は園原杏里ら連絡を取ったところ、現場を目撃したため警察にいると知って警察へ向かう。
切り裂き魔、その存在はやがて杏里とセルティの過去に大きく結びつくことになる。
臨也の情報はもの凄いリアルタイムだな。警察関係者からも情報を得ているのは確かなんだろうけど。

帰宅した岸谷新羅はセルティがシャワーを浴びていると思いこんで、風呂の扉を開くと、そこでシャワーを浴びていたのは父・岸谷森巌だった。
ガスマスクは着けたままで風呂に入ってます……顔とかどうやって洗っているんだよ。
セルティに迎えに来て貰った賃金を踏み倒そうとして、セルティに首を絞められて財布から金を奪い取られました。
セルティが新羅に惚れている事を指摘すると、セルティは照れてるし。
相変わらず反応が乙女です。なんかもの凄い勢いで黒い物質が流れ出て、部屋中に黒い霧が充満し出しているよ。それを全く気にも止めていない岸谷親子は凄いよな。
2人の関係を認められないという森巌は、セルティに自分が化け物だと呼ばれる存在だと自覚しているのかと訊ねるが、セルティはそんな事を気にも止めない。
“新羅は今のままの私が
 好きだと言ってくれている”

そんなセルティにあっさりと交際を認めた森巌は代わりに『義父』と呼べと要請するも、にべもなく却下。
もうすっかりラブラブな新羅とセルティ。
しかしこのおっさんをお義父さんとは死んでも呼びたくはないよね。その気持ちはよく判る。

森厳は思わず口が滑ってセルティの首を自分が盗んだ事を話してしまう。
誤魔化そうとドジっ娘セルティと呼んでからかうも、新羅に怒られて、自分が首を盗んで製薬会社に渡したと開き直った。
この親父……本当に口が滑ったのか、それともわざと喋ったのかが判断つかないな。
あの船でセルティと出会ったのは偶然だったのか、それとも意図的だったのか。意図的だったとしたら、新羅が見つけなくてもいずれ自分が声を掛けるつもりでいたのかな。それとも彼が見つけるように仕向けたのか。

逃亡した森厳を追跡したセルティは東池袋中央公園で一人佇んでいる帝人を見つけて声を掛ける。
切り裂き魔がダラーズだというネット上の噂を気に止めていた帝人。ダラーズは今、黄巾賊と緊張関係にあり、その関係に火を付けてしまうのではないかという心配があった。セルティは自分も切り裂き魔について調べる事を約束する。
セルティはまだ帝人がダラーズの創始者だという事までは知らないんだよな。彼はあの集会にいたから、少なくともダラーズの一員という事は気付いているんでしょうけど。

セルティから切り裂き魔について訊ねられた平和島静雄は、彼女が切り裂き魔に斬られた事があると知って、「殺す!」とすっかり頭に血が上ってしまった。
静雄はセルティに強い共感を持っているから、彼女を傷付けようとした相手は自分に刃向かった相手と同様に腹を立てるのか。静雄の中では、弟と同様に大切な存在として考えられているのだね。
セルティはそんな静雄をもっと情報を集めなければならない、と宥めて一度別れる事にする。
彼を絶対に連れて行けない場所へ行かなければならないからですね。

静雄と別行動したのは臨也から情報を得るためだった。
いけしゃあしゃあと「首は見つかった?」とか訊ねる辺りが神経図太いよな。
他のデュラハンが現れたら、その相手に心変わりしてしまうのではないかという臨也に、セルティは他のデュラハンを近づけないと乙女発言
ソファの上で膝を抱えるとか、こうした仕草が実に上手く描写されていると感心するよ。
臨也は人間らしくなっていくセルティに、彼女が首を取り戻した時にギャップが大きくなるかもしれない、と警告する。
実際、首を得た後、彼女がどうなるのかは誰にも判らない。臨也自身にもそこは判らないだろうしな。

首の事は今やどうでも良くなっているセルティ。
彼女が来るのを待っていたという臨也は、切り裂き魔が魑魅魍魎の世界だと語る。
「“罪歌”ってという一降りの刀を知っているかい?」
罪歌はかつて新宿に存在した妖刀なのだという。
その罪歌のハンドルを持つ謎の人物は、妖刀を所有しているという事なのか。
同じ人外の領域であるセルティにしかなんとか出来ないのかな。

罪歌は心を乗っ取る力を持つという。
被害者たちは犯人が赤い目をしていたと語り、切り裂き魔が現れた夜にはネットに罪歌というハンドルの人物が出現する。
人外である筈の罪歌だが、セルティはその存在を察知する事が出来なかった。
新羅はそれは罪歌が人間を支配しているからではないか推測する。
何故か罪歌について詳しい新羅は、明らかに何かを隠していた。
人間以外の存在なら、セルティは察知する事が出来るのか。少なくともその事実を知っているという事は、セルティは自分以外の化け物とも出会った事があるという事なのかな。それとも単純に事実として知っている事なのか。

矢霧波江が臨也の部屋に出勤してくると、そこでは彼女の行方を調査していた森厳が待ちかまえていた。
首を直ぐに取り戻すつもりがないという森厳。
会社の上層部はテレビに映ったセルティに興味を抱き、首よりも先に身体を研究すべき、という結論を出したのだという。
つまり会社側はセルティに何かちょっかいを仕掛けてくるつもりなんでしょうか。セルティの肉体は新羅が護ろうとするだろうから、そうなると親子間で対立する事になりそうだな。
どうやら矢霧製薬を乗っ取った会社は彼の所属する会社っぽい。首を奪うのが目的だったのだろうか。
やはり森厳はただの変なマッドサイエンティストというだけではなく、一枚も二枚も腹に隠した存在でした。

臨也はバルキリー=デュラハンという自説を実証するため、首を勢力間抗争に置いて独自に目覚めさせようとしていた。
そんな首はリビングの本棚の置くに堂々と隠されていた。
「さてと、一つアドバイスしておくと。
 もしもこの東京で擬似的な抗争を引き起こして、セルティ君の首、もしくは魂を刺激しようというのならば、他者の争いに彼女を巻き込むのではなく、彼女の身体を中心にとして周囲の方を……最悪に投げ込むのが良いのではないのかね」

「……そのつもりだよ。
 てか、俺が思ったよりも早く、事はそっちに転がりだしている」

黒い親父……そして静雄の予想よりも早く動き出しているのは、やはり帝人が関与していたからで、そう考えると彼が関与すると臨也の推測を上回る事態を引き起こしてしまうのだな。

学校に出てきた杏里に馴れ馴れしく近寄ってくる那須島隆志。
そこに姿を現した紀田正臣は、あまり心配すると贄川春菜のように転校してしまうと語る。
その名前を聞いた途端に激しく動揺する隆志。
実際には名前だけではなく、親しい間柄だったんだろうか。
少なくとも、隆志がその学生に手を出した結果、転校する事になったというのは事実なんだろうな。
贄川という事は、以前静雄に取材した記者の娘だよな。確か彼女がネットに書き込んでいるような雰囲気を見せていたから、彼女が罪歌なのか? それともあくまでもただの関係者なのか。

2人きりになった正臣は、帝人が告白していないだろうと指摘する。
「竜ヶ峰くんは良い友達だから……」
本気で惚れている帝人の事を見守るつもりの正臣。
正臣は戯けて自分は世界中の女の子を愛さなければならないと語る。
正臣が杏里に声を掛けているのはあくまでも2人を応援するためというところだろうか。女性好きというのは深く女性と関わらないためのポーズなのかな。

学校から帰宅する三人を見つめる赤い瞳の人物。
やがて別れる3人。
正臣は黄巾賊の姿を目にして、三ヶ島沙樹の病室を遂に訪れる。
彼女の病室にやってきたという事は、黄巾賊に関して何か結論を出したという事なのか。再び黄巾賊に戻るのか……

新羅はセルティに罪歌は森巌が一時期所有していたが、売り払った事実を教える。
「罪歌は、魂を切れる刀って言われている」
つまり、セルティの首と身体を切り離すために、罪歌を使用したのだという事。
首のことを忘れてようとしているセルティに話すまいと思っていたものの、黙っている事の出来なかった新羅。
セルティは一人になって考える事にする。
流石にセルティにとっても衝撃が大きい事実だったようだ。
切り裂き魔とセルティはただならぬ関係にあった事で、切り裂き魔はもはや完全に人ごとでは無くなってしまったのだね。臨也はその事実も掴んでいたという事か。一体どんな情報力をしているんだ、彼は。

――愛は混乱を生む。
――同じように、妖刀“罪歌”も一人の少女を愛そうとしていた。
――この現実の中に、自分の居場所を見つけられない少女……園原杏里。

薄暗い路地に一人佇んでいた杏里に、赤い目をした人物が忍び寄り、ナイフを振り上げる。
杏里後ろ後ろ!!
“罪歌”は杏里の心の闇に惹かれているのか。
杏里を助けた時に彼女に惹かれたのかな。

次回 #15「者一得」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 一騎当千 XTREME XECUTOR 第01話 「濡れる闘士」 | トップページ | 迷い猫オーバーラン! 第2話「迷い猫、笑った」 »

デュラララ!!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/48097937

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!! #14「物情騒然」:

» (アニメ感想) デュラララ!! 第14話 「物情騒然」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
デュラララ!! 4 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 斬り裂き魔に襲われた杏里達。その夜もチャットルームには罪歌と名乗る者が現れ、謎の言葉を書き込んでいく。「今日。斬た。斬るた。もっと、強い、愛、望む、望む、は、欲しい」。斬り裂き魔はダラーズの一味だとい...... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 13時32分

» デュラララ!! 第14話 「物情騒然」 の感想 [24/10次元に在るブログ]
デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー)茶鳥木 明代 by G-Tools パパンの武力介入、ハンパないっす^^;     -公式サイト- TVア... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 16時10分

» デュラララ!!第14話物情騒然 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
第14話「物情騒然(ぶつじょうそうぜん)」公式HPよりあらすじ斬り裂き魔に襲われた杏里達。その夜もチャットルームには罪歌と名乗る者が現れ、謎の言葉を書き込んでいく。「今日。... [続きを読む]

受信: 2010年4月17日 (土) 04時30分

» デュラララ! 第14話「物情騒然」 [せーにんの冒険記]
これも「ちょっとしたToLOVEる」… 迷い猫=美少女 デュラララ=中年オヤジ この差は何なんだ。 デュラララ!! (5)【完全生産限定版】 [DVD](... [続きを読む]

受信: 2010年4月17日 (土) 07時38分

« 一騎当千 XTREME XECUTOR 第01話 「濡れる闘士」 | トップページ | 迷い猫オーバーラン! 第2話「迷い猫、笑った」 »