« 荒川アンダー ザ ブリッジ 1 BRIDGE「第1話~第9話」 | トップページ | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #12(最終回)「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」 »

2010年4月 7日 (水)

いちばんうしろの大魔王 ACT01「魔王が誕生しちゃった!」

雨の激しい夜、コ=ロ神教会の前に捨てられた一人の赤子。
主人公の子供の頃という事か。

オープニングテーマ
「REALOVE:REALIFE」歌:スフィア

コンスタン魔術学院高等部へ編入するためやってきた紗伊阿九斗は、荷物をばらまいてしまった老婆を助ける。荷物を持つ持たないで老婆と押し問答していると、老婆の孫・褌少女 服部絢子がひったくりと勘違いして跳び蹴りを叩き込んできた。
地上波の自主規制として、パンチラ(?)にはキャラクターのアイコンが入りました。あそこまで見せるのなら、もう一緒のような気もするけどね。
てゆーか、何故褌。

絢子は阿九斗が編入する魔術学院の生徒であったため、一緒にバスで学院へ向かうことに。
世界を変革するため、大司祭になろうと心に誓う阿九斗。
正しき良き人間になりたいと願う彼に、スハラ教を信仰する一族である絢子はそれが本当なら力を貸すと約束すると、友の誓いを立てる。
しかし道にゴミを捨てただけでもダメになるとか、どれだけ清廉潔白な職業だ。現実になれる人間なんて存在しているのだろうか。

阿九斗を出迎える教師の鳥井美津子。
健康状態を判定し、将来を予言するという八咫烏(ヤタガラス)に判定を受けた阿九斗だが、彼の将来の職業は『魔王』だと判断されてしまう。
100年前、魔獣を率いて世界に反乱を企てた魔王。
てゆーか、本当に職業じゃないだろうそれは。

落ち込んだ阿九斗を励ましつつ、教室へと案内した美津子。
阿九斗の担任でした。
既に学園中に魔王としての宇笹が広まってしまっており、クラスメイトも戦々恐々。
誤解を解こうとした自己紹介も逆効果。三輪寛だけが感銘を受けた様子です。
魔王候補という偏見があるので、何を言っても真っ当には受け入れてもらえないのですね。
カラスの職業診断はそれだけ絶対のものと信じられているという事でもあるのかな。

生徒会長のリリィ白石は暫く様子見。

寛によって絢子が指名されたクラス委員に推薦されてしまい、咄嗟に清掃委員に立候補するが、この学園では機密保持が必要になった時は人や物を破壊する委員だった。
すっかり誤解が高まり、絢子の怒りを買って決闘まで申し込まれてしまう。
説得も通じず、絢子の攻撃を受け止めた阿九斗だが、腕が肥大化して爆発を引き起こしてしまう。
無自覚ながら、魔王に相応しい魔力は内包しているという事の表れか。
爆発で服が破けた絢子ですが、あの姿からするとフンドシというだけでなく、ブラもしていないのでは……服が残っているのに、ブラが全壊という事はありえないだろうし。

阿九斗との関係を見つめ直そうとしていた絢子だが、謝るために部屋を訪れた阿九斗が夜這いのサインと知らずに、寛に教えられた合図を行ったせいでますます関係は拗れる。
逃げた阿九斗は林の中で天然少女・曽我けーなと出会う。
運命の人だと一方的に思いこんだけーなは絢子と対峙するも、あっさりと抜かれる。
強いのかと思ったら、全然ダメっ娘でした。ヒロインだけど、ただの天然娘か。

襲い掛かる絢子に対して咄嗟に手を伸ばした阿九斗の手からまたも膨大な魔力が放出されてまたも大爆発。
あの爆発でみんな生きているのが不思議だわ。けーなは服も破れていないし。
そこに監視委員を名乗るころねがやってくる。
次回予告からすると、この娘もちょっとおかしいのだな。

エンディングテーマ
「Everyday sunshine line!」歌:麻生夏子

この世界は剣と魔法の世界だけど、科学もある程度発達しているという設定なんだな。
世界設定についての説明は置いてけぼりで、とりあえず主役とヒロインの登場だけという感じの第1話。
次回ぐらいにはもう少し世界設定に関して説明があるのでしょうか。

次回 ACT02「おかしな監視委員」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 荒川アンダー ザ ブリッジ 1 BRIDGE「第1話~第9話」 | トップページ | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #12(最終回)「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちばんうしろの大魔王 ACT01「魔王が誕生しちゃった!」:

« 荒川アンダー ザ ブリッジ 1 BRIDGE「第1話~第9話」 | トップページ | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド #12(最終回)「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」 »