« 聖痕のクェイサー #18「ウロボロスの罠」 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第34話「Yの悲劇/あにいもうと」 »

2010年5月10日 (月)

天装戦隊ゴセイジャー epic13「走れ!ミスティックランナー」

ゴセイジャーを倒すため、変わり種のパワードダーク(声:松本保典)を使った作戦を実行させる彗星のブレドラン(声:飛田展男)。
モンス・ドレイク(声:飯塚昭三)はいきなりブレドランたちに攻撃とか酷い……
パワードダークはカミキリムシか。

パワードダークにパワーシードを使ってより強い同種の技を返されるゴセイジャー。
唯一通用したのは雷の力を使ったアラタ(千葉雄大)の『コンプレッサンダー』でしたが、同じスカイック族の護星天使であるエリ(さとう里香)は苦手なので使えないらしい。
ばたばたしている間にパワードダークに逃げられてしまったゴセイジャー。

次こそは倒すため、エリがアラタと共に修行をする事になりました。
つーか、この人達は敵が弱点を克服してくるとかいう事は一切考えないんだな……
「ぶわー」だの「ぶおー」だの擬音で説明するアラタでしたが、それは幼いエリ(粟生睦未)が幼いアラタ(秋山悠介)に天装術を教えていた時に使っていた説明方法でした。
天装術で大切なものは、好きな物をいっぱい作る事だと教えたエリ。
アラタがエリにパフェを食べさせたり、自分の好きな場所へと案内していたのは、全てエリに好きな物を与えるため。

『コンプレッサンダー』を成功させたエリでしたが、案の定雷の実を手に入れたパワードダークにやられる羽目に。
パワードダークはブレドランが改造した実の力で、天装術と同じ力を使う事が出来るらしい。
一人でダメなら二人で、とアラタとエリの二人で『コンプレッサンダー』を使うと、パワードダークも二つの実を同時に。
二人でダメならもっと気合いでという相変わらずの精神論
そこは二人でダメなら、みんなでじゃないんだ……

みんなで同時攻撃したらどうなのかと思っていたのだが、同時攻撃でも複数の実を食べる事で対応は可能なんだろうが、それでもここはみんなで力を合わせてという方が良くないか?

追いつめたものの、ブレドランも攻撃に加わって大苦戦。
それでも諦めないスカイック族に反応して、新たなカード『ミスティックブラザー』が誕生。
ミスティックブラザーはダチョウと卵のコンビ。卵をボール代わりにする酷いダチョウです。一見2体コンビのようですが、卵がそれぞれ別物としてカウントされているので、このブラザーもちゃんと3体です。
しかしブレドランを一撃で吹き飛ばすなかなかの強者。

巨大戦でも合体しなくても、ミスティックブラザーだけで倒せたような気もしますが、きっとゴセイジャーに気を使ったのね。
ミスティックゴセイグレートとなりました。肩にくっついてぐるぐる回る仕様。
卵を蹴っていたからまたサッカータイプかと思ったら違ったみたいだ。

次回 epic14「最強タッグ誕生!」

そろそろ敵にも新しい幹部が登場する頃の筈ですが、次回はまだハイドとモネのお話。
これだけキャラ話をやっているのに、キャラがあまり立っていないのはどうしてなんだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 聖痕のクェイサー #18「ウロボロスの罠」 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第34話「Yの悲劇/あにいもうと」 »

スーパーヒーロータイム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/48320372

この記事へのトラックバック一覧です: 天装戦隊ゴセイジャー epic13「走れ!ミスティックランナー」:

« 聖痕のクェイサー #18「ウロボロスの罠」 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第34話「Yの悲劇/あにいもうと」 »