« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

仮面ライダーW(ダブル) 第37話「来訪者X/約束の橋」

集客のため、自分のブログも兼ね備えたサイトを立ち上げようと張り切っている鳴海亜樹子(山本ひかる)。ハードボイルドじゃないと拒否する左翔太郎(桐山漣)の意見など耳を傾けません。
探偵がネットに顔出ししてどうするんだよ。捜査に支障をきたすよ。
アップするなら、代表者である所長だけにしておけ。

10年前に別れた家族の捜索依頼にやってきた山城諭(中西良太)。
フィリップ(菅田将暉)の事を知っているようだが、人違いだと誤魔化しました。
あからさまに怪しいし。

2人きりとなってしまった園咲家だが、園咲琉兵衛(寺田農)はミュージアムが最終段階に入っており、今は感傷に浸っている場合ではないと切り捨てる。
園咲若菜(飛鳥凛)に支援組織である財団Xからの人が派遣されてくる事を告げる。

ミュージアムの追撃を受ける園咲冴子(生井亜実)は披露による者か、雑魚如きに追いつめられています。

続きを読む "仮面ライダーW(ダブル) 第37話「来訪者X/約束の橋」"

| | トラックバック (2)

2010年5月30日 (日)

天装戦隊ゴセイジャー epic16「ダイナミックアラタ」

遂に宇宙虐滅軍団“ウォースター”を倒したと浮かれる護星天使はお祝いパーティ。
事情を知らない天知秀一郎(山田ルイ53世(髭男爵))だけはよく判らないまま参加しているものの、天知望(中村咲哉)に『素晴らしき星空の会』がある筈と追い出されました。
それはアレですか、怪人と戦う仮面ライダーを自分たちで作ろうとしている組織のお仲間か何かで?

みんなが浮かれる中で、一人だけ気の浮かない様子のアラタ(千葉雄大)。
マスターヘッド(声:沢木郁也)もデータス(声:宮田幸季)を通じてお祝いのメッセージを贈ってくれました。
もう見習いを取ってもいいのではないか、というエリ(さとう里香)ですが、天の塔が直ったらねと軽くスルーされてこれからもがんばるようにと言われています。
勝って兜の緒を締めよ、という事ですね。

オープニングに前回のドレイクたちを倒したシーンやハイパーゴセイグレイトが追加されました。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic16「ダイナミックアラタ」"

| | トラックバック (0)

聖痕のクェイサー #21「水の聖堂」

水の聖堂を見つけ出すため、学園の湖へと潜るアレクサンドル=ニコラエビッチ=ヘル。

ゲオルグ・タナーとその兄フリードリヒ・タナー。双頭の紋章屋(クレストメーカー)の異名を持つ彼らアンシャン・レジームと、仮初めの同盟を結ぶ汪震。
残るメンバーは所用で別行動。
ガスマスクを着用しているミルクはジータ・フリギアノスと町の見物をしていますが、当然のように悪目立ちしている。
そんな2人を監視しているのは仙道六実と藤臣弼。
基本的にアデプトって目立たないようするとかいう発想が無い奴らばかりだよな。
敵に見つかっても返り討ちに出来るという自信の表れなのかも知れないが、見つからない方が活動は楽に出来ると思うのだけどな。

織部まふゆに時は満ち足りと呼びかける声。
暗闇から伸びた触手がまふゆを捕らえる。
よりによって触手か……遂に触手まで登場してしまったという感じです。
まふゆの全てを叶えるというその存在に反応する剣のマリアのサーキット。
何も見つけられなかったサーシャは、まふゆの異変を感じ取って駆けつけるが、まふゆは何故かボートの上で半裸。
端から見たら、自慰をしていたようにしか見えませんよね、それ。

続きを読む "聖痕のクェイサー #21「水の聖堂」"

| | トラックバック (0)

Angel Beats! EPISODE.09「In Your Memory」

複数の攻撃的意識を持つコピーを一度に吸収してしまったため意識を失った天使こと橘奏。
自分のせいだと感じるゆりに、音無結弦は彼女は戦線のリーダーとして最高の仕事をした、誰にも予測できなかった事だと慰める。

これまで無い事態だという高松に、ゆりは必ず目を覚ますと否定するも、目覚めた時の天使がどの天使なのか、という椎名の疑問には誰も応えられない。
日向は目を覚まさないのは、沢山の意識によって混乱しているからではないのかと考える。
いずれにしろ、元のままで目覚める確率の方が遙かに低い。

対策として竹山をAngel Playerのマニュアル翻訳が出来る仲間と共に天使エリアへと送り込んでいる。
TKと松下は保健室前で2人の監視役。
TKは英語がまるで出来ないらしい……相変わらず一切が不明の人物です。
直井文人はデータを全て消して、ログインパスワードを変えようとしている、というゆりの作戦に気付いた上で、全ての能力を封じるのは一時凌ぎでしかないことを指摘。
ゆりもその事は十分に承知しており、いずれそれらもとっぱされてまた能力を作られてしまう。
「後は天命を待つだけね。
 果たして、神は誰に味方するのかしら」

実際には奏は1でなく、2ですよね。彼女が分身したから元に戻ったのだし。まぁ、数の対比ではあまり変わりないかもしれないけど。

続きを読む "Angel Beats! EPISODE.09「In Your Memory」"

| | トラックバック (0)

けいおん!! #8「進路!」

「うさぎとかめ」を歌いなが亀を弄っていた幼稚園児の頃の平沢唯は、散歩に行くと幼なじみの真鍋和に引っ張られた。
2人の関係は昔からまるで変わっていませんよ。

それから歳月は流れ、高校3年。
進路調査票で進学先を悩んでいた唯に、和はみんなもう出してしまっているとビックリ。
頭も良くないから、と言う唯に「このままじゃ、本当にニートになってしまう」と溜息をついた和。
ニートな唯の姿は容易に想像が付くから怖いよね。
家でゴロゴロしてても、憂が甲斐甲斐しく面倒見てくれていそうだし。
しかし進学先って、唯の学力で大学に行くことは出来るのだろうか?

面倒になってニートでいいやとか言い出し、和に止められると和と同じ進学先を選ぼうとする。
和と同じところが良いからだという理由ですが、和と同じのは和が合わせてくれない限りは学力的に絶対無理だろう。

続きを読む "けいおん!! #8「進路!」"

| | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

閃光のナイトレイド 第8話「凍土の国で」

昭和六年九月十八日。
関東軍の謀略によって満鉄線が破壊され、関東軍はこれを中国軍の仕業として軍事行動に出る。
満州事変が始まり、半年で関東軍は満州の主要地域を制圧。
昭和七年五月。
満州国の建国宣言が行われた。
この新造国に国としての建前を作るために、関東軍によって執政に祭り上げられたのは清朝最後の皇帝・愛新覚羅傅儀であった。
満州を独立国として認めるかどうかを議論した国際連盟各国は、多国籍軍によるリットン調査団を送り込んだ。
その傅儀は預言者との対面を望んでいた。
傅儀はかなり波乱に満ちた人生を送った人物。皇帝になったり、追放されたり、日本に保護されたり、満州の皇帝になったものの傀儡とされ、ソ連に捕らえられて……最終的には戦犯とされたり、一市民になったり。
ラストエンペラーは有名な映画ですね。

誘拐されたリットン調査団
ヴィクター・ブルワー=リットンを攫ったは高千穂勲は、彼に自分たちの開発した強力な新型爆弾を見せつける。彼の母国の首相に爆弾の事を伝えて、植民地を開放するようにと要求する。
開放された植民地をまとめ上げて、一つの巨大な国を作り上げようという構想なのか。
前回の会談でまだ手段がないと言っていたけど、既に水面下ではこれだけのものを作り出していたのですね。

続きを読む "閃光のナイトレイド 第8話「凍土の国で」"

| | トラックバック (0)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第八席「孟獲、たくさん捕らわれ、たくさん放たれるのこと」

常夏の南蛮へと足を踏み入れた劉備(桃香)、張飛(鈴々)、諸葛亮(朱里)、馬岱(蒲公英)、魏延(焔耶)の一行。
桃香は寒い場所があるのを忘れそうだと語る。
その頃、泰山を上る趙雲 (星)と馬超(翠)は、雪の吹雪く寒さに耐えていた。
「ここは泰山山頂。
 実は私たち、遭難、しそうなんです」

「やめろ! 余計寒くなるだろう!!」
相変わらず真顔で何を言っているのやら。

南蛮王・孟獲は寝ぼけてペットの南蛮象の尻尾を噛んでしまうが、眠っていたので自覚がない。
抗議する象に、あくまで噛んでいないと主張する孟獲はイヤなら出て行けと命じてしまい、ぱよぱよは泣きながら飛び出してしまう。
孟獲、動物の言葉が判るのか。
ミケ・トラ・シャムが食料を調達してきたが、話を聞いた三人は以前に自分たちも噛まれた事がある事を話すと、孟獲はみんなでぱよぱよ捜索へと出向くことになった。
南蛮族には真名がありません。
ミケ・トラ・シャムは三人だけでなくて、いっぱいいるのですが三人しか姿を現しませんでしたね。

続きを読む "真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第八席「孟獲、たくさん捕らわれ、たくさん放たれるのこと」"

| | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン! 第8話「迷い猫、抜いた」

梅ノ森財閥プレゼンツ第1回スーパーブロックス選手権
目から雷が走るとか咲-Saki-か……

積み重ねられたブロックを崩さぬように一つ引き抜き、抜いたスーパーブロックスをまた上へと重ねていく。そうしてブロックを崩した人間が負けとなるというルール。
どこからどう見てもジェンガです。親番とか言っても、単に一番最初に誰が抜くかという問題だけですね。
敗者は足下に穴が空いて落下するという仕組み。
しかもブロックには恥ずかしいお題が書かれており、それを実行しなくても負けと見なされる。
芹沢文乃はいきなり赤ちゃんプレイ

幸谷大吾郎が一番に脱落。
実は梅ノ森千世は菊池家康とグルになって、メイドたちから安全で良い命令しかないブロックの位置を把握していました。
しかしなかなかリタイアしないみんな。
都築乙女に至ってはどれを引いても崩れる筈なのに、崩さないという能力を発揮。この人が引くことで、崩れなくなっているんじゃないのか。
が、大きな胸がブロックに当たって崩してしまうという事態。
「勝ったのに、勝った気がしない、これ如何に」
試合に勝って勝負に負けた気分の千世と芹沢文乃。
文乃はまだある方だと思いますよ、千世に比べたら。

続きを読む "迷い猫オーバーラン! 第8話「迷い猫、抜いた」"

| | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

デュラララ!! #20「黄天當立」

声を掛けてきた紀田正臣と共に「露西亜寿司」に入った門田京平たちは、彼から話を聞く。
京平たちをダラーズの一員として、黄巾賊の将軍として話をする正臣。
ダラーズも被害者であるという京平の主張に対して、ダラーズは決して一枚岩ではなく、その中に切り裂き魔を行っている一味がいるかもしれないと指摘する。ダラーズには黄巾賊に支援を持たないが、ブルースクエアならば話は変わる。
ダラーズのトップを教えて欲しいという正臣に、遊馬崎ウォーカーは虚構と現実を一緒にするなと語り、ブルースクエアなど存在していなかったと告げる。
顔はいつものように笑顔だが、内心は怒りを讃えているウォーカーの言葉を引き継ぐように、狩沢絵理華も彼の言葉を肯定する。ダラーズを疑う事に怒る者たちもいるのだと告げ、三ヶ島沙樹を救えなかった彼が救った京平に対してナニも言えないと指摘する。
静かに怒るタイプのゆまっち絵理華。キレると怖いタイプなんだな。このグループは結構強いのか。
ウォーカーは先にリンチを受けたのはブルースクエアの方であると語る。
確かにブルースクエアの襲撃手段に問題があったが、当時にそれに反抗したダラーズの手段も決して綺麗な戦い方では無かったのであろう。沙樹は結局そうした彼らの手段に対して受けた反抗の極端な現れ方だったという事。正臣はそれを自分たちだけが被害者のように思いこんでしまっているのですね。

続きを読む "デュラララ!! #20「黄天當立」"

| | トラックバック (1)

2010年5月27日 (木)

刀語 第五話「賊刀・鎧」

尾張幕府の否定姫(ひていひめ)は左右田右衛門左衛門から、尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督《奇策士》とがめが四季崎記紀が作った完成形変体刀十二本のうち4本を蒐集したとの報告を受ける。
彼らは日本最強の剣士・錆白兵を倒した事で、名をあげようと言う剣客から次々と狙われ続けていた。
白兵を日本一に据えたのは否定姫だという事。
とがめが調子に乗っていると笑う否定姫に、報告した右衛門左衛門は彼女の連れている虚刀流の鑢七花が、未だ傷一つ身体に受けておらず、侮りがたいと語る。
そんなとがめと七花が次に向かったのは薩摩。そこで待ち受けるは最強の防御を誇る賊刀・鎧。
否定姫は防御対防御、どうなるのかとほくそ笑む。
否定姫はとがめの正体を知っているという感じかな。
最終的には右衛門左衛門との対決が待っているのでしょう。

薩摩に到着したとがめたちは、早々に濁音港で行われている賭博闘技場で賊刀・鎧の所持者である校倉必(あぜくら かなら)の戦いを目の当たりにする。
西洋甲冑を模した日本刀であり、最強の防御力をもつ鎧。
それを所持している鎧海賊団の船長である必は、その強さ故に闘技場で絶大の人気を誇っていた。
日本式ではないのは、防御として隙間を作らないようにするためか。太い剣を叩き折るほどの強固な作りとなっているようだ。

続きを読む "刀語 第五話「賊刀・鎧」"

| | トラックバック (2)

一騎当千 XTREME XECUTOR 第7話「沈黙の涙」

野犬の群れに囲まれた劉備玄徳たち。
野犬と戦い、劉備たちを逃がそうとする趙雲子龍に、自分が戦うと主張する劉備だが、諸葛亮孔明は玄徳が戦えばみんなが哀しむと止める。
孟優は借りを返すために自分が同行して野犬を操る木鹿大王を説得すると申し出る。
龍を制御しきれていない劉備ではまともに戦うのは無理だろう
みんなだけを戦わせたくないのなら、本ばかり読んでないでもう少し武術も身につけておけばいいものを。

趙雲が孟優を信じて独り残り戦う。
献帝の力に操られる野犬に苦戦していた趙雲の下に、馬謖幼常が援軍として駆けつける。
馬謖久しぶりに登場。郭嘉奉孝を殺したのってアニメでもこの娘なんだっけ……原作では死んでないので、曹操が言っていたようにアニメでも実は死んでなかったりするのかな。

玄徳を連れて森を逃げる孔明と黄忠漢升、そして孟優の前に現れる献帝の幻は、玄徳の首を取るように命じる。
献帝はどんどん人間離れしている技を披露していくな。
闘士の名に誓った孟優を信じようとする玄徳に、献帝は1800年前の玄徳の下に多くの人間が集ったものの何も残せなかった、最後に勝ったのが誰か思い出せと笑う。
その言葉で孔明は献帝の正体に気付いたようです。

続きを読む "一騎当千 XTREME XECUTOR 第7話「沈黙の涙」"

| | トラックバック (1)

いちばんうしろの大魔王 ACT08「あの子にご執心?」

紗伊阿九斗は遺産の封印を解いて死ぬはずでは無かったのかと問い掛ける照屋栄子に、大和望一郎は成長している阿九斗が運命を変え、彼とは別の者が封印を解いた事で生き延びたのだと語る。
首に掛けるロケットから映り出された映像には、かつて阿九斗が女の子にあげた、そして曽我けーなが持っている者と同じ髪飾りを付けた女性が浮かび上がる。
時は長く、そろそろ魔王と決着をつけた方がいいのではないかと独り語ちる。
望一郎は100年前から生き続けているとか? 倒された魔王はそれでも消滅はせず、輪廻をするのか。お互いにそういう特殊な存在なのかもしれないな。
けーなを巡った因縁も持ち合わせているのかもしれないが。

泣きやまない少女のために、自分がもらったお金を全て使って高価な髪飾りを上げた阿九斗は、自分は自分で稼ぐから構わないのだと孤児院を後にした。
偉く幼い頃から独立していたんだな。あの年から今までは各地で働いていたのだろうか。

続きを読む "いちばんうしろの大魔王 ACT08「あの子にご執心?」"

| | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

荒川アンダー ザ ブリッジ 8 BRIDGE

一度だけ市ノ宮行の授業参観へとやってきた市ノ宮積。父のようになりたいという作文を書いたリクだったが、積は帰りの車の中で自分がどのような人間なのか判るはずもなく、そんな漠然とした目標はダメだと書き直すように命じる。
しかしリクは夢を描きたかったわけではない。だから、初めて小さな反抗をした。
当時はその理由も判らず、感情的に書き直したくないと感じていただけなんだろう。それが荒川で過ごすようになって、ようやく見つめなおす事が出来たようだ。

第62話「ウソ」
荒川に住み着いているリクの下にやってきた秘書の高井照正と島崎に、リクは荒川を利用したビジネスをしているという大嘘を吐いた。そのウソを信じ込ませるため、見た目はギリギリ一般的なシスター、マリア、シロの三人に部下のフリをしてもらうことにする。
見た目は確かに荒川ではまともな面々ですが、中身的には外見がおかしい人より変な人たちですよ。
マリアを使うならP子の方が良いのでは無いのだろうか。見た目は幼いけど、免許を取るとか言っていたから18歳にはなってるんだし、問題ないだろう。

最高級のスーツで手を打とうとするリクだが、マリアはそんなものでは納得出来ないとリクに地面に頭がめり込むほどの土下座をさせる。
基本的に金よりもドS精神を満足させられる方がいいのだね。

高井たちに現場を目撃されるも、契約の取り方を教えていたという事にしました。
無理やりだというか、無理があるだろう、それ。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジ 8 BRIDGE"

| | トラックバック (0)

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

江戸時代。
世を騒がせる妖術使いに対して、役人はこの世の怪奇は全て解明できるという蘭学者に妖術を見破るように依頼する。
妖術使いが犯行を予告している見世物小屋は、御忍びでお世継ぎが見に行っているので、何としても犯行を止めなければならない。

当日、見世物小屋で水芸を披露していたところで、妖術使いが出現して小屋に日を放つ。
炎に包まれ、小屋にいた者たちは大混乱。
水芸を披露していた女性は水で火を消そうとするも適わず。
その時、「火を以て火を制する」という母の声が聞こえるが、その意味を理解出来ないまま、火は彼女に迫り……

舞台裏にいた山田は目を覚ました。
自称天才マジシャンとしての仕事だが相変わらず人気なく、他のマジシャン(山上兄弟)に差を見せ付けられてしまう。
雇い主(河本準一)から万練村で行われる“カミハエーリ”という霊能力者を募集している事を告げられ、霊能力者のフリをして参加するように薦められる。

続きを読む "劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (6)

2010年5月25日 (火)

薄桜鬼~新選組奇譚~ 第八話「あさきゆめみし」

最近の土方歳三は口うるさいとくだを巻く永倉新八が斉藤一、原田左之助と酒を飲んでいるところに千姫が声を掛けてくる。
雪村千鶴の事を問い掛けるが、千鶴は最近少し元気が無かった。

父の事で悩む千鶴は、お千に呼び出される。
茶店でお千と会話を楽しむ千鶴だが、実は左之助が千鶴を元気づけるためにお千に楽しい話をしてあげて欲しいと頼んだらしい。
普段野郎ばかりと会話していた事もあり、久しぶりの女の子との会話で少し元気になった。

酒を飲み歩いて門限を破った左之助、藤堂平助、新八に厳しく当たる土方。
自分たちに厳しく当たる土方に不満をぶちまけた左之助に、土方は新しく入った隊士たちから古株を優遇しているという目で見られるのをためであったが、厳しくしすぎたと頭を下げる。
土方の本音を知った左之助は土方と和解する。
古株だからこそ、馴れ合いは無いのだという事を見せ付けるため、他よりも厳しく当たるというのはままある事ですね。
まして永倉たちは兵卒ではなく、組長なのだから尚更だろう。
ちなみに永倉は数少ない維新後の生き残り組み。

続きを読む "薄桜鬼~新選組奇譚~ 第八話「あさきゆめみし」"

| | トラックバック (0)

WORKING!! 8品目「井波、はじめて?のお・で・か・け!」

店の前の水道工事で、水道管が壊れてしまったため、ファミリーレストラン『Wagnaria-ワグナリア-』は一日臨時休業となった。
誰もいないのでやり放題だという山田葵に、佐藤潤は屋根裏から一歩も出るなと厳命。
白藤杏子は店の食い物は全て自分の物だから手を付けるなと命じる。
杏子も店のものを食べすぎだけどな。
こんな状態でよくこのお店の経営は持ってるよな。

落ち込む山田に、種島ぽぷらは一緒に温泉へ行こうと声を掛ける。
轟八千代は杏子のお世話をするからと拒否しようとするが、温泉饅頭を食べたい杏子も同行する事になった。
杏子の行動原理は常に食材なのか。
男性恐怖症の井波まひるも小鳥遊宗太のおかげで少し慣れてきた筈という事で一緒に行くことに。
今日は3回しか殴っていない、というまひるにぽぷらたちはいつの間にか3回も殴っていた事にビックリですが、実は4回だったというオチ。始めの頃は1日に何回殴っていたのでしょうか。これも姉達に殴られつづけていた成果か。
宗太は猛反対するが、まひるは売り言葉に買い言葉で絶対に行くと言い出してしまう。
温泉街にまひるとかまさに猛獣を解き放つようなものですよ。

続きを読む "WORKING!! 8品目「井波、はじめて?のお・で・か・け!」"

| | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

化物語 「第六巻 / つばさキャット(下)」 発売日再変更のご案内

6月9日発売予定だった第六巻「つばさキャット(下)」の発売が7月28日へ延期となりました。
理由はもちろん制作の送れ。

いや、6月9日発売予定なのに、未だに第十五話「つばさキャット 其ノ伍」が配信されないので、うすうす気付いてはいたのですけどね。

第十五話の配信は6月中旬予定です。

続きを読む "化物語 「第六巻 / つばさキャット(下)」 発売日再変更のご案内"

| | トラックバック (0)

仮面ライダーW(ダブル) 第36話「Rの怪物/全てを振り切れ」

島本凪(和川未優)のコネクタが思ったほど進化していない事に驚く井坂深紅郎(壇臣幸)。
エクストリウムの登場に撤収しました。

照井竜(木ノ本嶺浩)はシュラウド(声:幸田直子)から全てを振り切る事が出来るというアクセルのガイアメモリを受け取る。
、と変身するトライアル。
間に黄色を入れる必要性はあったのだろうか……これ、オモチャはどうするんだ? 黄色も出すのか?
武装解除で防御を捨ててスピードに特化という感じか。
最近の平成ライダーは、武装をパージしてパワーアップという展開が多いな。

前回は嘘つき呼ばわりしていましたが、まだ竜が自分を守ってくれてるとまだ信じていた凪。

トライアルはパワーを捨ててスピードを重視しているトライアルだが、まだ完全に使いこなせない。
とにかく素早く敵の懐へと潜り込んで数で勝負するのがトライアルの戦闘スタイルのようです。
オフロードのコースを10秒以内で1周する事が出来れば、トライアルのマキシマムドライヴも使いこなせるというシュラウド。
判るような判らない特訓だな。トライアルのパワーを制御するという意味なのかもしれないが。

続きを読む "仮面ライダーW(ダブル) 第36話「Rの怪物/全てを振り切れ」"

| | トラックバック (0)

天装戦隊ゴセイジャー epic15「カウントダウン!地球(ほし)の命」

腹心を次々と倒されたモンス・ドレイク(声:飯塚昭三)は、本来の姿となって地球の殲滅に自ら乗り出す。
付き従うとか言ってるブレドランが嘘くせぇ……

友達のサッカーの応援に向かっていた天知望(中村咲哉)だが、ドレイクの地球滅亡を告げる宣言にそれどころでは無くなってしまう。
ドレイクの下へ向かうゴセイジャーだが、同じ頃、天知秀一郎(山田ルイ53世(髭男爵))が地球に接近するUFOを発見していた。
そういや、この博士はゴセイジャーの事とか何も知らなかったんだね。

護星天使を軽く一蹴したドレイクだが、彼らに絶望を味合わせるため、わざと殺さずにおいた。
殺せる時に殺しておかないから、後でやられる事になるのです。

敗れたゴセイジャーたちは一度家へ戻って傷の手当てる
天知博士がUFOの存在を教えようとするも、ハイド(小野健斗)が見つけたネットの酸素がなくなるという地球の変貌について盛り上がってしまいスルー。
酷いわ……

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic15「カウントダウン!地球(ほし)の命」"

| | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

聖痕のクェイサー #20「ハリボテ皇女」

アデプトに捕らえられてしまった山辺燈からのビデオレターを受け取った織部まふゆとアレクサンドル=ニコラエビッチ=ヘル。
そしてアトス、アデプト、金剛衆が揃い、後はヒロインの登場を待つだけだと笑うフリードリヒ・タナーは、アナスタシアエッグを前に最終章の支度を始めようとしていた。
何故か判らないが、金剛衆も必要な手駒なのか。

鳳榊一郎の残した資料を調べるサーシャ。
眼鏡なんて掛けるんだ。
燈を助けるため、剣のマリアのサーキットを使って自分も戦おう考えるまふゆの考えを否定するサーシャ。
他の人間が狙うような物体を簡単に操れるようになるわけがないよな。
ただ、ユーリとかなら剣のマリアのサーキットを使える方が便利だと考えて、そのための対策とかしてもおかしく無さそうなんだが。

時は満ちたと感じる及川麗。
どうやらこの人もただの先生では無かったご様子。

続きを読む "聖痕のクェイサー #20「ハリボテ皇女」"

| | トラックバック (1)

Angel Beats! EPISODE.08「Dancer in the Dark」

炊き出しを終えた死んだ世界戦線(SSS)の前に現れた傷ついたゆり。
彼女を傷付けたのは、それまで音無結弦たちと共にいた橘奏と同じ姿をした天使。しかし防衛を主としていた奏と違い、新たな天使は積極的な攻撃を仕掛けてくる。
戦線の包囲攻撃も通用しない天使に、奏が単身で挑んで撃退するも、彼女もまた深手を負ってしまう。
天使に対抗できるのは同じ能力を持つ天使だけか。

かつて天使の部屋へと潜入した際に、ゆりが目にした見たことのないスキルのデータ。
その一つ『harmonics』という分身能力があった。
直井文人は普段攻撃的ではない奏の分身でありながら、もう一人が攻撃的な精神を持っているのは、この能力を発動させたのが奏がみんなを助けるために攻撃的な意識を持っていた時だからと推測する。
やはりあの時の残像ではなく、分身していたのか。
それっぽくは見えていたが、速さを強調するための残像かと思ってたよ。
攻撃的な理由はそんな理由なんだな。

続きを読む "Angel Beats! EPISODE.08「Dancer in the Dark」"

| | トラックバック (1)

けいおん!! #7「お茶会!」

生徒会室の整理をしていた真鍋和は、部屋の中で『秋山澪ファンクラブ』の№0001会員証を発見する。
そういや、あったな、ファンクラブとか。
あのライブの時以来、名前出てないから忘れてたけど。

何故か誰かの視線をずっと感じていた秋山澪。
田井中律は山中さわ子ではないかと冗談めいて言うが、さわちゃんは自分なら見るだけですまさないと笑いだす。
ああ、脱がせて色々と着せ替えさせられそうだ。
平沢唯はトンちゃんを怖がっているから、張り付いていたのだとか言い出す。
どんな怪奇現象ですか。
琴吹紬が澪の髪の毛に焼きそばパン20%OFFのシールがついている事に気付きました。
それに放課後まで気付いていなかった澪や他のみんなも凄いよ。

ファンクラブの娘たちがそれに気付いて他の子たちにも教えていたので、みんなが注目していたという事。そんなものを髪に付けて気付かないところが、澪らしいと思っているらしい。
唯は気付いていたけど、わざと付けているものだと思いこんでいたらしい。
何処の世界にそんなのをわざと付けてる女の子がいるんだ。他のクラスメイトも気付かなかったのか、それとも軽音部の一員だから放置されてしまったのか。
ファンクラブはみんなもなくなったものだと思いこんでいたらしいが、下級生まで加わっているようだ。

続きを読む "けいおん!! #7「お茶会!」"

| | トラックバック (2)

2010年5月22日 (土)

閃光のナイトレイド 特別編「預言」

1931年3月。神戸港から出向した船の中で出会った三好葵、井波葛、苑樹雪菜、鍵谷棗。
互いに同じ桜井機関に雇われた能力者と知らず、全ては仕組まれた出逢いの中で事件を解決し、大きな運命が待ち受ける魔都上海へとやってきた。

この部分はDVDorBlu-rayにのみ収録される内容らしい。

中国へと進出した大日本帝国陸軍の中で、歴史上葬られた極秘の舞台の活躍を描いたお話。

・井波葛 士族から高級軍人へと続く家系に生まれた合気道の達人で、見える範囲に対するテレポート能力者。その能力故に道を絶たれた彼にとって、能力は疎ましきもの。
・苑樹雪菜 人の心や物体の残留思念を読むサイコメトリング。行方不明となった兄を捜すために、桜井機関へと身を投じた。
・鍵谷棗 寒村の貧しい村に生まれ、幼き日から苑樹家に仕えていた。雪菜を守るために同行している。望遠、透視、暗視などの特殊視力。
・三好葵 破天荒な性格で、欧州留学の経験を持ち、自由な思考を持つ。物体を手に触れず動かすサイコキネシス。趣味のバイオリンは下手だが、そのバイオリンを教えてくれた恋人を失っている。

続きを読む "閃光のナイトレイド 特別編「預言」"

| | トラックバック (1)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第七席「黄蓋、策を用いて味方を欺くのこと」

江東丸を求めて孫家の収める江東の地へと辿り着いた関羽(愛紗)を出迎える孫権(蓮華)。
軽く存在を無視された孫尚香(小蓮)はすねるも、蓮華に褒められると直ぐにご機嫌になりました。相変わらず単純です。

黄蓋(祭)を紹介され、いよいよ孫策(雪蓮)と対面かと思いきや、雪蓮は周瑜(冥琳)と口喧嘩の真っ最中でした。
蓮華が窘めてなんとか面会するも、表面上は笑顔だが明らかに険悪なままの2人。
1人だけ空気読めてない子がいますけど。

孫家に伝わる江東丸はそれほど珍重の代物というわけではないものの、どこにあるのか判らなくなっていたので、呂蒙(亜莎)が捜索中です。
周秦(明命)が関羽のお世話役。

泰山に到着した趙雲 (星)と馬超(翠)。
ぼやきつつ、諸葛亮(朱里)が持たせた縄を取り出す。
「孔明の縄か!」
そのままだよ……ダジャレはいいから。

続きを読む "真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第七席「黄蓋、策を用いて味方を欺くのこと」"

| | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

迷い猫オーバーラン! 第7話「迷い猫、乗った」

機械国の魔の手から地球を守り続けるために、ブレイブ星からやってきたヒーロー。

オープニングテーマ
「GO! グランブレイバー!」歌:福山芳樹

勇者超人 グランブレイバー #26「覚醒の光」

全く違うアニメのように始まりました。

続きを読む "迷い猫オーバーラン! 第7話「迷い猫、乗った」"

| | トラックバック (0)

閃光のナイトレイド 第7話「事変」

東京のラジオ局で有識者によって交わされる満州に関しての対談。
日本が満州に引いた鉄道。

次第に反日の気運が高まっていた。
現地の鉄道関係者や移り住んだ日本人
これに対して、関東軍は満州への進軍を本格的に協議するようになる。

そんな中で、日露戦争の英雄・建川美次少将が奉天領事館へとやってくる。
立川が自分たちの後押しに来てくれたのだと期待する兵士たちだが、彼は上官から暴走する者達を止めるように指示されていた。

雨の中、建川の乗る車に一人の少女が歩み寄った。
「貴方は、いずれ理想と立場の板挟みになる」
彼次第で歴史が大きく代わるという言葉を残した女だが、話を聞いた将校たちもまた彼女に会っていた事を告白する。

続きを読む "閃光のナイトレイド 第7話「事変」"

| | トラックバック (0)

デュラララ!! #19「蒼天已死」

紀田正臣が黄巾賊のリーダー・将軍だと知ってしまった園原杏里は彼女を追い掛ける黄巾賊から必死に逃げた。
何故、正臣が、自分の見た真実に混乱する杏里。
ヘタに逃げるよりも、ただ偶然迷い込んだと正臣の前に出た方が安全だっただろうにな。そういう冷静な判断も出来なかったんだろうな。

予想していたよりも早くに退院の出来た杏里の下にやってきた竜ヶ峰帝人と正臣。
2人は杏里の退院について喜ぶが、正臣は三ヶ島沙樹の事は帝人たちには教えない。
そんな正臣の様子の異変を敏感に感じ取る杏里。
切り裂き魔に襲われて入院したと知った時から感じる正臣の態度に対する違和感。
やはりこの辺は杏里が寄生虫としてきたが故に感じる敏感さか。
帝人は鈍すぎるというか、親友なんだから、少しは正臣の態度に不審を覚えようよ

続きを読む "デュラララ!! #19「蒼天已死」"

| | トラックバック (5)

2010年5月20日 (木)

一騎当千 XTREME XECUTOR 第6話「群がる牙」

劉備玄徳を人質に取られ、孟優との勝負に応じる趙雲子龍。
あれ…、前回そんな終わり方したっけ。

南蛮高校の手を逃れた馬超孟起と許褚仲康は2人きりで南蛮高校を発見し、捕らえられている関羽雲長と張飛益徳を目撃し、必ず助ける事を誓う。
あれだけ敵視していたばっちんはすっかり許褚と仲良しになってるよ。まぁ、だからと言って曹操に対する恨みが消えたわけではないだろうから、その辺をどう処理するのか。実は韓遂文約を襲ったのは司馬懿仲達の手の者だったとか、曹操とタイマン勝負をして踏ん切りつけるとか……

南陽学院には楽就と陸遜伯言の2人が南蛮から周瑜公瑾と呂蒙子明を人質とされ、献帝への忠誠を誓うよう降伏勧告が送られていた。
陸遜たちは伯符が仲謀の下へ向かっている事を知らないのか。呉栄は知っているだろうから、聞けば判ると思うのだが。
しかしよくよく考えると、公瑾って良く人質になってるイメージがあるな。立ち位置が伯符に助けられるお姫様の役回りだからか。

続きを読む "一騎当千 XTREME XECUTOR 第6話「群がる牙」"

| | トラックバック (1)

2010年5月19日 (水)

いちばんうしろの大魔王 ACT07「伝説の勇者現る!」

三輪ヒロシは入学時の適性検査で将来の職業として「勇者」を告げられていた。
本気に捕らえなかった鳥井美津子や、偶然休んでいた事により人々に知られる事は無かった。
そこがヒロシと阿九斗の明暗か。阿九斗は生徒達の前で宣言されてしまったから、大騒ぎになってしまったのだし。しかもよりによって魔王の方が一般生徒に広がったから、余計に大変な事になってしまったのだね。
やはり勇者=ヒロシなんだな。

何者かに撃たれてしまったころねは、けーなに対する想いを紗伊阿九斗に確認する。
自分が任務に失敗したのだと感じたころねは、阿九斗に別れの言葉を残して姿を消す。
「さよなら」と言ったころねが異様に作画に力入ってた。
正気に戻ったけーなは、ころねが色仕掛けを命じられていた事、失敗すれば監視役を解任されるだろうという江藤不二子の伝言を思い出した。
残念ながら全てが後の祭りでした。

阿九斗の下を訪れたヒロシの妹・ユキコは、ヒロシが勇者だという事を確認しようとするが、自分が魔王である事を否定したいばかりに、阿九斗はヒロシが勇者であるという彼女やヒロシの望みまで否定してしまい、服部絢子に怒られる。
ヒロシがどう考えているのかも聞かず、勝手に勇者になりたくないと思ってるとか、さすがに勇み足。

続きを読む "いちばんうしろの大魔王 ACT07「伝説の勇者現る!」"

| | トラックバック (1)

荒川アンダー ザ ブリッジ 7 BRIDGE

第52話「端の下の教師」
河川敷中に学校を始める事を伝えた市ノ宮行だが、学校への参加者はニノと鉄人兄弟のみ。
しかも起立・礼などの常識すら全うに知らない状態。
ニノもかなり常識が怪しい。ま、常識のある奴はこんな変人ばかりの河川敷には住みつかないよな。

そこにやってきた星と村長だが、授業に加わるつもりはない。
村長には色々と思い知らせないといけない、というリクは強引に授業を受けさせようとするが逃亡。
基本的に勉強というものが大嫌いなんだろうな。
新曲「学級崩壊」の作曲にきたという星は、ニノが授業とライブが重なっても授業を選択すると即答されて、泣きながら走り去った。
星、これ以上ないくらいに完敗です。

第53話「興味」
興味のない授業なら受ける気がしないはずだというニノ。
ニノがリクの授業に毎回受けるつもりなのは、彼女が恋人であるリクに興味があるから。
通常の学校はどちらかというと半分以上が義務と将来のためで、興味は半分あるかどうか怪しいところ。
しかし強制力の無いものなら、当然、興味の湧く方法を見つけるのが大切。
学校や塾などであっても、やはり上手い授業というのは、如何にして生徒の好奇心をあおる事が出来るかというところも大きいからね。やらされているのと、進んでやるのでは効率が明らかに違うし。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジ 7 BRIDGE"

| | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

薄桜鬼~新選組奇譚~ 第七話「桎梏の運命(さだめ)」

鬼の一族を名乗る風間千景は、雪村千鶴を自分たちと同じ女鬼だと呼び、強引に連れ去ろうとするも、原田左之助、斉藤一、土方歳三が助けに駆けつける。
なんでタイミング良くこの三人がやって来たんだろう。千鶴に伝令を頼んで、別に帰りが遅かったわけでもないし、騒ぎが起きていたわけでもないのに。実は山崎にこっそり見張らせていたとか?

斉藤一vs天霧九寿
原田左之助vs不知火匡
土方歳三vs風間千景
相手側の方が余裕あるので、やはり鬼の一族として身体能力が高いからなのですね。
最終的にはこの3人もあの薬で鬼の力を身につけるようになるわけかな。

三人が戦う間に山崎烝が千鶴を屯所へと連れ帰らせようとするが、他の隊士も駆けつけ、風間たちは今回は確認だけに止めて撤収する。

鬼の一族を自称し、同朋と呼んだ風間の言葉に動揺していた千鶴だが、沖田が屯所で血を吐いていた場面を目撃してしまう。
沖田は順調に死亡ルート辿っていますが、彼も変若水(おちみず)で新撰組入りするのだろうか。しかし病気にまで効果があるのかどうか。

続きを読む "薄桜鬼~新選組奇譚~ 第七話「桎梏の運命(さだめ)」"

| | トラックバック (1)

WORKING!! 7品目「久しぶりの音尾と、新しいバイト=山田(!?)」

マネージャーの音尾兵吾が久しぶりに戻ってくるという白藤杏子だが、音尾よりも彼の持ってくるおみやげのお菓子が楽しみの杏子。
小鳥遊宗太がお菓子ではないかもしれない、という「ふざけたことを言うとぶっ飛ばすぞ」とまで怒るも、そこに戻ってきた音尾はお菓子を持たずに一人の少女を連れていた。
もはや杏子にとって音尾=お菓子の人なんだな。もはやお菓子を持って帰ってこない音尾は存在価値すら否定されそうだ

音尾が連れてきた山田葵。
火事で家が無くなったなどの葵の説明を信じ切っている音尾だが、明らかに嘘っぽくて、宗太は家出でもして行くところがないから音尾を頼っているのではないかと疑うと、あからさまに動揺している。
しかも山田も偽名のようだ。
杏子は音尾が事前に吹き込んでいた通り、お菓子で買収されました。

葵の面倒を見ることになった宗太ですが、やたらと物を壊すは、缶の開け方すら知らないは、と大変。
しかも音尾の娘になりたいとか言い出している。
店に住み込んでいる山田がキッチンに大量の納豆が入っていた事で、佐藤潤は葵を呼び寄せて片づけるように告げる。
更に相馬博臣が勝手にキッチンのガス台など使っているとばらしたので、更に怒りを買う羽目に。
役に立たないだけでなく、仕事の邪魔ですらあるのか。店にとって負担以外の何物でもないな。
しかもさらりと店に住み込んでるとか言ってるし。

続きを読む "WORKING!! 7品目「久しぶりの音尾と、新しいバイト=山田(!?)」"

| | トラックバック (1)

2010年5月16日 (日)

仮面ライダーW(ダブル) 第35話「Rの怪物/やがて怪物という名の雨」

妹の照井春子(笠原美香)との思い出の動物園にやってきていた照井竜(木ノ本嶺浩)。
シスコンな竜ですが、どうやら妹の方もかなりのブラコンだったようです。
禁断の関係になる前に亡くなったのですね。

そこで目撃した島本凪(和川未優)がガイアメモリの使用者だと気付いた竜ですが、痴漢呼ばわりしたため、他の客に取り囲まれて動けなくなりました。
しかも左翔太郎(桐山漣)と鳴海亜樹子(山本ひかる)まで現れたので、更に騒ぎは大きくなってしまった。
市民の皆様の協力のおかげで、無事容疑者に逃げられてしまいました。
しかし現実では、たぶん悲鳴をあげても回りの客はほとんどが無関心か、見て見ぬふりをするのでしょうね。

近所の子供たちに鳥のお姉さんを元気にして下さいという依頼で動物園にやってきた翔太郎たち。
野鳥の解説をしていた凪が子供達を遠ざけるようになったからでした。
翔太郎たちは先ほどの女性が凪という事に気付かなかったらしい。

続きを読む "仮面ライダーW(ダブル) 第35話「Rの怪物/やがて怪物という名の雨」"

| | トラックバック (0)

天装戦隊ゴセイジャー epic14「最強タッグ誕生!」

食材を全て作って大量のシチューを作ってしまったモネ(にわみきほ)は、それを批判するハイド(小野健斗)と喧嘩。
仲裁に入ったエリ(さとう里香)やアグリ(浜尾京介)ですが、2人の諍いは収まらず。
データス(声:宮田幸季)が宇宙虐滅軍団“ウォースター”の出現を報せたので、そのまま出撃となりました。

モンス・ドレイク(声:飯塚昭三)に召還されてやってきた衛星のターゲイト(声:稲田徹)。
流星のデレプタ(声:小山力也)が倒され、彗星のブレドラン(声:飛田展男)も苦戦していると知って、自分が彼らに代わる存在になろうと早速乗り出してきた。
異次元への扉を開いて町を飲み込むターゲイト。

ハイドとモネまでも飲み込まれてしまいました。
アグリも傷を負ってしまったため、アラタ(千葉雄大)はエリと一時撤退。
妹を助けようと流行るアグリですが、アラタに地球を護るのがゴセイジャーの役割だと諭されました。
こーゆー時はなんとかなる、じゃないんだね、この人たち。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic14「最強タッグ誕生!」"

| | トラックバック (0)

聖痕のクェイサー #19「秘密の花園」

転校生としてやってきた藤臣弼と仙道六実。
アレクサンドル=ニコラエビッチ=ヘルは弼と戦い、織部まふゆは剣のマリアの正体を探ろうとする六実に迫られる。

弼は磁力の使い手。
金剛衆だった弼で、異教の徒がこの地で悪さとやらをしないように見張るためにやってきたとの事。
剣のマリアの発動を感知したため、自分たちで保管しようとやってきたらしい。

2人の戦いを見ていた新田ことフリードリヒ・タナーは、剣のマリアがまふゆの下にあった事を確信。
どうやら遠視の能力を持っているらしい。

剣のマリアのサーキットが身体に刻まれていたまふゆ。
まふゆには指一本触れさせないというサーシャ。
六実はとりあえずサーキットの持ち主の特定だけが目的だったようだ。
サーキットの存在にショックを受けるまふゆは攫われた山辺燈の心配をする。

続きを読む "聖痕のクェイサー #19「秘密の花園」"

| | トラックバック (2)

Angel Beats! EPISODE.07「Alive」

いつもの様に本部として使用している校長室で好き勝手に過ごしている死んだ世界戦線(SSS)の中心メンバー達。
高松は眼鏡持ち過ぎだろう。
椎名は犬の人形に満面の笑みだったくせに、大山に語りかけられた途端、真面目な表情に代わってるし。

前回の一件で直井文人も加わりました。
ドSモードで催眠術を使って日向にお仕置きをしていますが、音無にはすっかり懐いたようだ。

ゆりは音無と直井だけを教員棟3階の空き部屋へと呼び出して、直井に音無の記憶を取り戻すように命じました。
記憶は取り戻したいものの、記憶が戻れば今の生活が終わるのではないかという不安を抱える音無。
忘れたままなのは、単に死んだ時に頭を打ったとかだけではなく、意図的に思い出すまいとしているところがあるのかもしれない。

妹である音無初音の病室へとお見舞いにいった音無。
頭が良くないという音無は学校へも行っていない。
人との付き合いも嫌っていた音無だが、初音は学校を楽しみとしていた。

続きを読む "Angel Beats! EPISODE.07「Alive」"

| | トラックバック (0)

けいおん!! #6「梅雨!」

平沢憂が起こしに来ると、平沢唯はギー太と一緒に寝ていました。
どうやら練習したまま寝ると、こうなるらしい。
良く壊れないな。

梅雨の雨の中、ギー太だけは濡れないようにと登校していた唯は、犬や車によってずぶ濡れ。
ギー太だけは守ったようですが、全身水浸し
普通はビニールを被せるとか、濡れないように袋に入れたりすると思うのだが、唯は考えつかなかったようだ。

琴吹紬はどうも雨の日は髪の毛のセットが上手く行かないようだ。くせっ毛の宿命ですね。
ギー太を大切にする唯に、クラスメイトは彼氏みたいだと。
ちょっと美人系のクラスメイトです。
秋山澪には案の定、ビニールを被せれば良いのに、と言われています。

続きを読む "けいおん!! #6「梅雨!」"

| | トラックバック (1)

2010年5月15日 (土)

閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

上海在住の日本人哲学者、三木の邸に書生として潜り込んだ三好葵。
桜井機関の目的は彼に接触を図った右翼の大物と目される老人と、彼が集める各国の独立運動家の中に含まれるという苑樹雪菜の兄・高千穂勲。

調査に当たっていた葵は勲に見つけられて、気絶させられて仲間との連絡が途絶えてしまえてしまった。
ただし殺されたわけではなく、仲間に連絡が取れないように集会までの間眠らされていただけのようだ。

井波葛の様子から勲絡みの事を調査している事に気付いた苑樹雪菜と鍵谷棗も合流。
集会が行われているという場所へと向かうも、勲の部下の久世がまたも立ちはだかる。
葛には回数の能力制限もありました。
久世には制限がないかと思われたが、移動距離が制限されていて、同じ距離にしかテレポート出来ないようでした。しかしそれでも回数制限が無い分、使い勝手は良いようだ。

続きを読む "閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」"

| | トラックバック (0)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第六席「魏延、命を狙われるのこと」

団子の事で揉める馬岱(蒲公英)と魏延(焔耶)の2人。
相変わらずソリは合わないままです。

新キャラはアニメオリジナルの兀突骨(ごつとつこつ)。焔耶になにやら恨みを持つ人物のようです。
三国志演義に登場する南蛮の鳥戈国の国王であり、孟獲と共に戦う人物の1人です。

趙雲 (星)は秘伝の味特製メンマを手に入れて大喜びだが、馬超(翠)はたかがメンマ扱いして延々とめんまについての蘊蓄を語られる羽目に。
最近、このコンビはメンマネタしかやってないよね。

劉備(桃香)たちが川を渡っていた所に突然、巨大な流木が流れてくるも、焔耶が間一髪これを防ぐ。
流木の次は崖からの落石。
足を挫いた桃香を背負うのは、一番チビッコながら一番の怪力である張飛(鈴々)の役割か。焔耶が自分がやるとか言わなかったのは、興奮しすぎて耐えられないからだろうか。
鈴々は無自覚に桃香が太ってる事を遠回しに言ってるし。

続きを読む "真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第六席「魏延、命を狙われるのこと」"

| | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」

梅ノ森千世の提示した迷い猫同好会の活動は 土日を利用した観光地ツアーやら、各地への遊びにいくことを提案するも、ストレイキャッツの事があるので却下。
都築乙女の広く意見を求めたらいいという提案で学校で活動内容を求めるも、そもそも迷い猫同好会の存在すら知らないので情報など集まる筈もない。

そこでプロモーションビデオを作成する事になった。
有名監督に頼もうとした千世だが、みんなで作らないと同好会とは言えないと却下され、菊池家康が監督に立候補。
カメラが幸谷大吾郎。
都築巧は助監督。
曲は千世と芹沢文乃。
滑り出しは順調だったが、意見の食い違いで喧嘩。

続きを読む "迷い猫オーバーラン! 第6話「迷い猫、困った」"

| | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

デュラララ!! #18「死生有命」

三ヶ島沙樹は見舞いにやってきた紀田正臣に、彼の友達である園原杏里が入院している事を口にする。
杏里と竜ヶ峰帝人と三角関係だと戯ける正臣に、沙樹はどれだけ他の女性を好きになっても最後は自分のところへ戻ってくると笑う。
「だって、臨也さんがそう言ってたもん」
それは正臣が最も聞きたくない言葉。
沙樹はすっかり臨也依存症ですね。
自分で考えるのではなく、臨也が言うからとか最早洗脳レベルではないのか。最終的にはこの娘に自分で判断するようにさせないといけないのだろうな。
正臣にとって腹立たしいのはそれだけでなく、指摘が事実であるという事もなんだろうな。

全てを見通す自分が神様のようなさっかくにおちいてだと笑う臨也。
3つの対立する組織がより密接な関係となるところまで構築している臨也。
「蜜月が濃ければ濃いほど、それが崩れた時、高く高く燃え上がるんだよ」
笑う臨也は、彼の駒となっている3人以外がどのように動くのかと楽しみにする。
門田京平たち、岸谷新羅、サイモン・ブレジネフ……
平和島静雄をトランプのキングに例え、セルティ・ストゥルルソンはクィーンに……
ジョーカーは果たして誰なのか。ジョーカーは臨也の支配を受けないような人物になりそうだが。そういや、今回の一件に北駒周次郎は関わってくるのだろうか。
組織の力関係ではダラーズ切り裂き魔黄巾賊というところかな。
ダラーズには何といっても静雄・セルティ・サイモンという池袋でもトップクラスの面々がいるからな。この3人で1グループ分の働きはしそう。問題は他の組織よりも一つの目標に向かって満進する組織ではないという事か。
対して切り裂き魔はどこにでもいて、杏里の意思一つで完璧に統率が取られる、恐怖を知らない集団。しかもどんどん増殖可能。
普通の組織である黄巾賊は異色の二つに比べれば弱いが、他の2つよりも好戦的だし自分達の意思で動いているという強みがあるか。

続きを読む "デュラララ!! #18「死生有命」"

| | トラックバック (1)

2010年5月13日 (木)

一騎当千 XTREME XECUTOR 第5話「魂の絆」

大闘士大会へと向かっていた馬超孟起たちは典韋が率いる南蛮勢の襲撃を受ける。
予想通りに次々と倒れる南関東連合。
典韋はすっかり人格の変わっている感じがあるので、司馬懿仲達を求める心の隙を突かれて催眠術にでも掛かっているのかもしれないな。
馬超はあっさり捕まって人質となってしまうも、関羽雲長は自分たちの真の仲間となる人物か、闘士の誇りがあるかを試させてもらうと自ら脱出させる。
馬超、まさかの人質。いくら転んだとはいえ、雑魚にあっさり捕まるとは。

なんとか敵の手を逃れた馬超だが、飛来した矢から彼女を守るため、彼女を庇って傷つき海に落ちてしまい、張飛益徳が関羽を追って海へと飛び込む。
捕らえられた一同。
くだらない言い争いをする馬超と曹仁子孝は許褚仲康に窘められる。
呂蒙子明だけは典韋の正体に気付いていたが、誰かに話す事はない。
周瑜公瑾は献帝の正体を気にかける。

続きを読む "一騎当千 XTREME XECUTOR 第5話「魂の絆」"

| | トラックバック (0)

いちばんうしろの大魔王 ACT06「臨海学校へ行こう!」

お偉方がころねに下した命令は紗伊阿九斗の誘惑。失敗した場合には、相応の責任を取らされるとの事。
廃棄処分とかいう考えはないのか。
しかし誘惑させるなら、ちゃんと人間の女を使った方がいいんじゃないのか。

その阿九斗は臨海学校にやってきていました。
本来なら臨海学校へは行けないと鳥井美津子に言われていたが、その日にころねが責任を取るので臨海学校へ行ける事となり、その日からおかしいころね。
アバンでネタバレしているので、視聴者にはころねのおかしい理由は明白なんですが。
変に迫ったかと思うと妹キャラやらメイドキャラやら、色々と迫るころねから逃げまどった阿九斗。
しかしどれだけ阿九斗をマニアックな人間と思っているのだろうか、このロボ子は。

臨海学校の当日になってもその様子は変わらず。
服部絢子も巻き込んでドタバタ。ポロリもあるよ。
ころねの態度を不審に感じる阿九斗と絢子。
絢子は何時の間にやらすっかり阿九斗と仲良くなってるのな。
絢子は曽我けーなの事は名前で呼ぶのに、自分の事は名前で呼んでいない事を気にしていました。
けーなの事はやはり幼い頃の事が関係あるのか。未だに明確に彼女が幼い頃の女性かどうかはなっていないのですが、確率は高いのですね。

続きを読む "いちばんうしろの大魔王 ACT06「臨海学校へ行こう!」"

| | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

荒川アンダー ザ ブリッジ 6 BRIDGE

第43話「ああ!!素晴らしい音楽」
ニノを賭けた星とリクの音楽バトル
何故星のあの曲でみんなが盛り上がれるのか謎だ。

第44話「ラストソング」
リクとの勝負に負けた星は壊れて『負け犬の遠吠え』というヒモソングを歌い出すも、何故か大盛り上がりでニノもお気に入り。
半年に渡って河川敷で流行ることになりました。
河川敷の住人のセンスは謎。

第45話「魚心あれば水心あり」
仕事を探すリク。市ノ宮積の教えはなかなかに立派です。
そこにスク水姿のニノが鉄人兄弟を連れてやってきた。
鉄人兄弟はリクをヒモ兄さん呼ばわり。
2人に泳ぎを教えるつもりらしいが、実戦で教えたのは長時間の潜水と魚の手づかみ。
無茶すぎるわ。普通の奴にはとても真似できねぇから。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジ 6 BRIDGE"

| | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

薄桜鬼~新選組奇譚~ 第六話「鬼の命脈」

薬の副作用で雪村千鶴を襲った山南敬助だが、千鶴の声で辛うじて自我を取り戻すものの、このままでは千鶴を殺してしまうと自分を殺すように命じる。
必死に抵抗する千鶴に自らを殺害しようとした山南。
駆けつけた土方歳三たちがなんとか山南を取り押さえると、他の隊士に事が漏れないよう幹部陣で手配。
沖田総司だけが山南に付き添う事に。
生きるか、死ぬか、壊れるか、一晩の勝負となった。
町へ飛び出すなどの展開になってしまうのかと思いきや、普通に気絶した。
とりあえず、鬼になった人物は心臓を刺せば死ぬのな。
それ以外では殆ど死ぬ事がないのだろうか。

意識を失っていた千鶴が起きたところで事情を訊ねた土方。
山南が説明した薬の話を全て肯定した土方は、幹部しか知らない事実を知ってしまった千鶴を、状況次第で手にかける事を告げるも、今はそのままでいる事に。
山南を実の兄のような存在だと語る土方は、彼の精神が打ち勝つ事を願う。
もうちょっと山南がらみで沖田が立ち回るのかと思いきや、結局殆ど何もしていませんね。

続きを読む "薄桜鬼~新選組奇譚~ 第六話「鬼の命脈」"

| | トラックバック (0)

WORKING!! 6品目「宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達」

今は亡き父が撮った小鳥遊宗太4歳の頃の思い出のビデオを鑑賞する小鳥遊一枝・小鳥遊泉・小鳥遊梢・小鳥遊なずなの4人。
女性の多い家族だが、出戻りの一枝に連戦連敗の梢、引き篭もりの泉(本人)、小学生のなずな、と、恋愛小説家である泉の参考に出来る人はいない。
宗太は唯一の男の子として大切に育てられた割に、幼い頃は女装させられていたのね。
幾らぐらいになってから女装をやめたのだろう。周りの子に言われたのだろうという気がするから、小学生ぐらいかな。

女性が多い職場であるワグナリア。
3/14という事で、佐藤潤は休みの相馬博臣の分も合わせて轟八千代にホワイトデーのプレゼント。
白藤杏子へののろけをまた延々と聞かされてますが……
バレンタインデーでも上げたけど、ホワイトデーでもプレゼントするのだね。ようは何でもいいんじゃないのか。

続きを読む "WORKING!! 6品目「宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達」"

| | トラックバック (1)

2010年5月10日 (月)

仮面ライダーW(ダブル) 第34話「Yの悲劇/あにいもうと」

不破夕子の偽名を使っていた須藤雪絵(平田薫)は、園咲霧彦(君沢ユウキ)の妹。
名前の由来は「Who are you」という単純なものでした。
そんな気はしていたけどな。

ミュージアムの幹部となる目的と嘯いている雪絵でしたが、左翔太郎(桐山漣)だけは納得出来てません。

雪絵はガイアメモリの毒素をイエスタデイの刻印として体外に排出することで、ガイアメモリによる浸食を防いでいる事気付いた井坂深紅郎(壇臣幸)。彼にも想像の付かなかった手法のようです。
園咲冴子(生井亜実)には雪絵のような優秀な人材が必要だと諭していますが、何処まで本気で言っているのやら。
最近少し気になるのか、園咲若菜(飛鳥凛)が以前のような情緒不安定さを無くしている事でしょうか。
クレイドールのガイアメモリを使用していないからなのか、それともパパンが何か対策を施したのか。それとも若菜がメモリの毒素に対して免疫を持ってきたからなのか。

雪絵が不動産屋を襲ったのは、幼い頃の思い出のある幼稚園を守るためでした。

続きを読む "仮面ライダーW(ダブル) 第34話「Yの悲劇/あにいもうと」"

| | トラックバック (2)

天装戦隊ゴセイジャー epic13「走れ!ミスティックランナー」

ゴセイジャーを倒すため、変わり種のパワードダーク(声:松本保典)を使った作戦を実行させる彗星のブレドラン(声:飛田展男)。
モンス・ドレイク(声:飯塚昭三)はいきなりブレドランたちに攻撃とか酷い……
パワードダークはカミキリムシか。

パワードダークにパワーシードを使ってより強い同種の技を返されるゴセイジャー。
唯一通用したのは雷の力を使ったアラタ(千葉雄大)の『コンプレッサンダー』でしたが、同じスカイック族の護星天使であるエリ(さとう里香)は苦手なので使えないらしい。
ばたばたしている間にパワードダークに逃げられてしまったゴセイジャー。

次こそは倒すため、エリがアラタと共に修行をする事になりました。
つーか、この人達は敵が弱点を克服してくるとかいう事は一切考えないんだな……
「ぶわー」だの「ぶおー」だの擬音で説明するアラタでしたが、それは幼いエリ(粟生睦未)が幼いアラタ(秋山悠介)に天装術を教えていた時に使っていた説明方法でした。
天装術で大切なものは、好きな物をいっぱい作る事だと教えたエリ。
アラタがエリにパフェを食べさせたり、自分の好きな場所へと案内していたのは、全てエリに好きな物を与えるため。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic13「走れ!ミスティックランナー」"

| | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

聖痕のクェイサー #18「ウロボロスの罠」

黄金のクェイサーに身体を乗っ取られた山辺燈。
護るべき者の存在を知り、鳳榊一郎との戦いに勝利したアレクサンドル=ニコラエビッチ=ヘルだが、織部まふゆの想いに応えて意識を取り戻した燈はフールによって連れ去られてしまった。

変化を感じ取った高野山では藤臣弼と仙道六実の2人が出立するが、そこにバチカンからの連絡が入る。
そして動き出す各陣営。
アデプトとアトス以外にも、サルイ・スーの生神女を狙う組織は多数あるのだね。

燈の事を気にかけながらも気丈に振る舞うまふゆに、ユーリ=野田はせめてもの救いは燈に黄金のクェイサーが宿っている以上、彼女に危害が加えられる心配はない、という事だと話す。
サーシャはまふゆに、燈は自分が必ず救い出すと誓う。

まふゆのクラスにやってきた転校生2人は、高野山から派遣されてきたいつぞやの変態とツッコミ担当です。
新任として担任についた新田先生はめいっぱいフールと共にいた奴だね。
エンディングでの名前はフリードリヒ・タナーになってますから、そちらが本名らしい。
何時の間に教師として潜り込んでいたのやら。サーシャが覚えていないのは、実は記憶が操作されているなどあるのかな。

続きを読む "聖痕のクェイサー #18「ウロボロスの罠」"

| | トラックバック (2)

Angel Beats! EPISODE.06「Family Affair」

天使を生徒会長の座から引き摺り降ろした死んだ世界戦線(SSS)だったが、新たに生徒会長代理となった生徒会副会長の直井文人により、一晩反省室に閉じこめられる羽目になった。
相手は一般生徒だから彼らに手出しすることも出来ない。
しかしなんで一般生徒には手出し出来ないのだろうか。もし一般生徒を傷付けたりしたらどうなるというのだろうか。NPCは現実の人間同様に死んでしまうのかな。
反省室で高松は何故か上半身裸になってる。ナルシー要素がドンドン強くなってるね。でもエンディングではまた服を着る状態に戻ってるけど。

ひとまず、ゆりの指示で一般生徒にあまり迷惑をかけない程度に好き勝手に授業を受けることになったSSS。
お菓子を食べるだけでドキドキしている大山に比べて、ひさ子、TK、松下、藤巻などは堂々と麻雀打ってます。

続きを読む "Angel Beats! EPISODE.06「Family Affair」"

| | トラックバック (0)

けいおん!! #5「お留守番!」

平沢唯たち3年生が修学旅行へ向かい、残った2年生のお話。
唯はデジカメを机の上に忘れていったようだ。

唯からちょくちょく憂や中野梓にメールが入っていますが、鈴木純にも先輩から後輩の事を頼むというメールが。
純は軽音部が缶蹴りしているイメージなどを想像していますが、流石にそこまでお馬鹿な集団じゃない。

唯の忘れたお弁当箱を取りに3年生の教室にやってきた憂、梓、純の3人。
純は澪にちょっと憧れてるっぽい。
唯の席に座って喜ぶ憂に、唯がいなくても平気なのかと純が問い掛けた事で、ようやく今日唯が戻ってこない事に気付いた憂は涙目
梓と純が平沢家に遊びに行くことでフォローしていますが、本当に平沢家の両親はどうしているのだろうか。

軽音部は活動出来ないので、純のジャズ研に行くことになった2人ですが、ジャズ研はブラバンにも負けない大所帯の部活でした。その割に、ギターの後輩が2人来たきりで、その後誰もやってきていない不思議さ。
梓がジャズ研の1年生にギターを教える事に。
指のストレッチは唯が最初の頃にやっていた奴で、それに付き合っていた憂も出来ますが、純は出来ないんだ……

続きを読む "けいおん!! #5「お留守番!」"

| | トラックバック (1)

2010年5月 8日 (土)

武士道シックスティーン レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

中学の剣道の試合で磯山香織は甲本早苗に敗北を記してしまい、彼女にリベンジするため、彼女の通う中高一環の東松学園高等部に編入してくる。
剣道部に所属した香織は部員の中に、早苗を見つけ出す。
両親の離婚で西荻と苗字の変わっていた早苗だが、剣道に全てを捧げている香織と違って楽しくやりたいと考える少女だった。しかも香織に勝った事をすっかり忘れていた。

幼い頃から剣道一筋で生きてきて、愛読書は宮本武蔵の『五輪書』という香織は、ストイックで自他共に対して厳しい。
その無愛想さなどからいつも一人きりで、部活もインターハイで優勝する事を第一優先に先輩だろうと構わずに厳しくするため孤立していた。

みんなが疎遠にする中、早苗だけは香織をカッコいいと憧れるが、以前に早苗に負けていた香織は早苗に敵愾心を燃やし、本気で勝負をするように挑み続ける。

母親を早くに亡くした香織は、兄の磯山和晴(石黒英雄)と共に父親の磯山憲介(小木茂光)に厳しく剣道を叩き込まれて育っていた。だがその兄の和晴は早苗の姉・西荻緑子(波瑠)の恋人であり、現在では高校剣道チャンピオンとして注目を浴びている岡巧(賀来賢人)に敗れて、あっさりと剣道を止めてしまっていた。

続きを読む "武士道シックスティーン レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (3)

閃光のナイトレイド 第5話「夏の陰画」

三好葵に料理の写真の撮り直しを要求していた風蘭。
店の方は写真のおかげで繁盛しているとの事。
そこにやってきた井波葛は、葵が撮影したパーティの写真について問う。共同租界の理事をやっているホルストシュタインというドイツ人で撮影した写真らしいが、葛は気に掛かることがあるらしい。

葛の足には、子供の頃に友人と遊んでいて割れた竹を踏んづけてしまったためについた古傷がありました。その友人が写真に写っていたという事だ。

男性の名前は上海亜星商事 西尾拓。
しかし肝心の彼は一週間前から無断欠勤が続いていて、自宅にも戻っていない状態らしい。正式な社員でも無かったため、会社の方でも彼のことは詳しく判っていませんでした。

西尾の事を調査する葛を追い掛けていたホルストシュタイン家で使えていた愛玲。
その愛玲が男たちに絡まれている場面に遭遇してしまい、成り行きで助けることになったものの、逆に捕らえられてしまいました。
咄嗟に適当な名前を口にするなど、ある程度手慣れている感じがありますね。ただの一般人に出来る事ではない。

続きを読む "閃光のナイトレイド 第5話「夏の陰画」"

| | トラックバック (0)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第五席「孫尚香、努めを果たさんとするのこと」

袁術(美羽)の治める町にやってきた関羽(愛紗)は道でばったり孫尚香(小蓮)と遭遇。
小蓮は張飛(鈴々)と乳比べするつもりだったので残念がっていますが、はさみ具合はどっちも無理だな。

また家出かと思いきや、今回は任務で来ていました。
小蓮が絡まれていると勘違いした周秦(明命)がいきなり襲いかかってきて、愛紗も敵だと勘違いしてバトルになるも、小蓮が戦いを制止。
に、しても陸遜(穏)も顔見知りなんだから止めろよ。

勘違いした事を落ち込んでいた明命ですが、お猫様を発見して目を輝かせる。
やはり明命はお猫様がないといけないですね。
孫家と袁家の国境にある山の所有権で揉めていた両者だが、孫堅と袁家の先代との間での約定が出てきたので、書き付けを持って交渉にやってきたらしい。でも水面下で周瑜(冥琳)と張勲(七乃)で話が進んでいるので、お馬鹿2人にやらせても大丈夫らしい。
が、美羽は面会しようとせずに半月もずるずると引き延ばされてしまっているとの事。
穏がついてきているとはいえ、強く出れないという事なんですね。
原作と違い、孫家は袁家の支配下ではなく、対等な立場のようです。

続きを読む "真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第五席「孫尚香、努めを果たさんとするのこと」"

| | トラックバック (2)

2010年5月 7日 (金)

いばらの王-King of Thorn- レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

ビルから飛び降りた少女ローラ・オーエンはメドゥーサと呼ばれる石化病に掛かっていた。
世界的に広がりを見せ、致死率100%のメドゥーサに何の対策も見つけられない。
製薬会社ヴィナスゲート社はこの奇病に対して、治療法が見つかるまでの間のコールドスリープ計画を提案する。
古城を改造したコールドスリープ施設に収容できるのは抽選で選ばれた160人のみ。

その中にカスミ・イシキの姿があった。
両親を同じ病気で亡くした彼女は、双子の姉 シズク・イシキに付き添われて施設へとやってきたが、シズクを残して自分だけが眠りにつく事に抵抗を覚える。

一方、某国ではウォルター・ヒューイットの調査によりメドゥーサがヴィナスゲート社による細菌テロであると判断し、コールドスリープ施設への襲撃を決断する。

続きを読む "いばらの王-King of Thorn- レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (0)

文学少女 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

井上心葉は偶然にも天野遠子が本を食べるという秘密の現場を目撃してしまい、自称“文学少女”の遠子に無理やり文学部へと入部させられる。
それからは、心葉は放課後のたびに部室で遠子のために「おやつ」として物語を描いていた。
遠子は物語を読むのではなく、文字通り食べるのだ。

そんなある日、遠子は校庭に設置したラブレター代筆のBOXに手紙が入っていたと心葉を呼び出す。過去に1度しか入っていた事のないそこに入っていたのは、奇妙な落書きのような動物の絵。
心葉はただの悪戯だと考えるが、遠子はそれが宮沢賢治の小説に出てくる怪物だと気付く。
宮沢賢治の小説を読んだ事のない心葉だが、何かが心に引っかかり、過呼吸状態となる。更にそんな彼の耳に、小説家『井上ミウ』が自殺したという噂を話し合う女子生徒たちの会話が耳に飛び込んでくる。

続きを読む "文学少女 レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (0)

迷い猫オーバーラン! 第5話「迷い猫、泣いた」

霧谷希のケーキのおかげで客の入りが上々のストレイキャッツ。
都築巧や芹沢文乃は大忙しだが、幸谷大吾郎は何か忘れている気がしていた。

メイドと共に部室で巧たちを待っていた梅ノ森千世。
「遅ーい!! 大・激・怒!!!」
イッパツマンだっけ?
つーか、なんで日曜日に非公認のサークル活動に参加しないといけないのやら。

巧たちは忙しさもあってサークル活動をすっかり忘れていた。
毎日ストレイキャッツで働かないといけない巧たちはサークル活動に殆ど参加できない。
活動内容もサークル名も決まってませんでした。
同人活動を始めようとか言い出すも、そもそもその技術がある奴もいない始末。
一人取り残された千世はしょんぼり。

竹馬園夏帆にそそのかされて、有名パティシエを雇ったライバル店『パティスリー梅ノ森』をオープンした千世。
店が潰れて、自分の店で高待遇で雇ってやれば巧たちも自分と過ごす時間が作れる、という発想のようですが、彼らの店に対する思いというものは一切考えが及んでいないお子様思想

続きを読む "迷い猫オーバーラン! 第5話「迷い猫、泣いた」"

| | トラックバック (0)

デュラララ!! #17「有為転変」

それは偽り……
それは真実……

南池袋公演で罪歌の子供たちに操られた人間を次々とぶちのめしていく平和島静雄を見つめるセルティ・ストゥルルソン。
「強い……いや、怖い……
 いや、格好いい。
 こいつ、強い強いとは想っていたけど、ここまでとは」

出鱈目なほどの強さで暴れ回る静雄だが、罪歌の子供たちが突然何かに反応する。
本当に出鱈目な強さです。
セルティは静雄に自分の影で作り出した特製手袋を与えてその場を離れる。
そもそもセルティの鎌にはどんな効果があるのかハッキリ描写されてないんだよね。
人を斬りつけても相手は殺さず、意識だけ失わせているっぽいのだが。

罪歌の大元となる一降りの刀を手にした園原杏里に驚く贄川春菜は、彼女が自分を襲った相手であり、親も殺害したのかと問い掛ける。
杏里の持つ罪歌は戦い方も教えてくれるらしい。
杏里は春菜に他の罪歌の子供たちを止めるように春菜に頼む。
杏里が罪歌に操られているのであれば、杏里の言う事も聞くが、そうでなければ杏里の命令にも従うことがないという事。
春菜が自分の意識を持っているから、杏里でも彼女に操られている罪歌はコントロールできないのだな。という事は、自力であの状況から脱出してきたのか。

続きを読む "デュラララ!! #17「有為転変」"

| | トラックバック (6)

2010年5月 6日 (木)

一騎当千 XTREME XECUTOR 第4話「招く悪魔」

朝一番に家を飛び出しながら、山手線の電車の中で昼まで眠っていて大闘士大会に参加できなかった孫策伯符を笑い飛ばす呉栄。
呉栄もやっと登場。
伯符は大闘士大会で呂蒙子明とコンビで優勝して、そのまま歌って踊れるアイドルデビューするという野望を持っていたらしい。
相変わらず頭のネジが一本緩んでるな。

伯符の代わりに大会へ参加することになった周瑜公瑾は呉栄から報告を受ける。
舟では献帝の存在を訝しがりながらも、狂犬姉妹が参加するだろうと南関東連合は借りを返すと息巻く。
許昌学院からは特Aランク許褚仲康とBランク曹仁子孝が代表として参加。
成都学園からは関羽雲長と張飛益徳が参加。
伯符を応援するため、こっそりと舟に潜り込んでいた馬超孟起。
伯符がいない事を知ってショックを受けるが、伯符をバカにする南関東連合に怒り心頭になり勝負しようとするも、船酔いでぐったり。
しかしここで馬超がキレていなければ、呂蒙が暴れていたところだろう。
おバカっぷりも師匠にそっくりな馬超。まぁ、真似たわけではなく、元々同類だったわけですけど。

続きを読む "一騎当千 XTREME XECUTOR 第4話「招く悪魔」"

| | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

いちばんうしろの大魔王 ACT05「地下迷宮にご用心」

地下迷宮にやってきた紗伊阿九斗と愉快な仲間達は、まず大和望一郎の墓標へ向かう事へ。
しかしこの望一郎というのは死んでるのか? 不二子の兄を殺した人物なら、生きているような気がするのだけど。

学校へ戻ってきた服部絢子は阿九斗が留守と知り、曽我けーなから彼がころねと三輪寛、照屋栄子と共に迷宮へ出かけた事を知る。
けーなは珍しく阿九斗について行ってなかったのだね。出かけた事は知っているのに、なんで今回だけついて行ってなかったんだろうか。
しかしこの学校の生徒は他人の部屋に不法侵入しすぎだよ。

地下迷宮に入った阿九斗たちには、遺跡に潜む何かが竜巻を巻き起こして迫るも、江藤不二子から貰った銃でこれを退け、大和望一郎の墓標の墓標を発見、そこにあったのは不二子とその兄が幼い頃に使っていた音声を登録できる人形。
女の子のような悲鳴が上がっているので、やはり生徒会の面々だね。
不二子の兄が残した物のようだが、やはり兄には記憶がない。
一部始終を見ていた不二子を、またもや透明になって忍び込んでいたけーなが、強引に地下迷宮へと誘い出すことになった。
あの後、そのまま眠らずに不二子に部屋に来たのか。普通に部屋を訪れる事は出来ないのか。

続きを読む "いちばんうしろの大魔王 ACT05「地下迷宮にご用心」"

| | トラックバック (0)

荒川アンダー ザ ブリッジ 5 BRIDGE

オープニングがおそらく今回限りと思われるものの、マリア仕様に変わった。
『タイトルなんて自分で考えなさいな』 歌:マリア(CV:沢城みゆき)
歌詞が酷すぎる……

第33話「気持ちは隠せない」
マリアの毒舌に大量の出血をして倒れたシスター。
心配する市ノ宮行を余所に、マリアはそんなシスターに鞭打つように「いっそ私の前から消滅してしまえばいいのに」などの追い打ちを続ける。
シスターが台車を運んでいたのは、自分自身をリクに運ばせるためだったのか。
拷問に耐えられるようにどんな時でも表情は変わらないような訓練していたらしい。
そしてシスターはマリアの事が好きだというのをリクに見抜かれてしまいました。
穴があったら入りたいから、手榴弾で穴を作るという豪快さ。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジ 5 BRIDGE"

| | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

薄桜鬼~新選組奇譚~ 第五話「相克せし刃」

尊皇攘夷派である伊東甲子太郎の入隊について反対する山南敬助だが、気に止めない局長・近藤勇により伊東の入隊を受け入れる形とする新選組。
山南の様子がおかしい事に気付いているのは土方歳三のみ。

禁門の変の傷痕が残る京都の町で見回りをする斉藤一に同行する雪村千鶴は、父親についての情報を集めるも今日も空振り。
斉藤は落ち込む千鶴を少し気遣っています。

新隊員の募集のため、江戸へと向かうことになった藤堂平助は、千鶴の屋敷の場所を聞いて、江戸で雪村綱道についての情報を集めることに。

夕食の席に山南は同席しない。食事が辛いと言い出した斉藤は水洗いに行き、他の面々も同行。途中までの味付けは沖田総司がしたという事だが、彼も水洗いに行ったという事は、最終的な味付けは千鶴がしたという事か。関東の人間である千鶴の味付けは、関西の面々にはあわなかったという事かもしれないな。

続きを読む "薄桜鬼~新選組奇譚~ 第五話「相克せし刃」"

| | トラックバック (0)

WORKING!! 5品目「ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア」

ファミリーレストラン『Wagnaria-ワグナリア-』で働く女性たちは、身長に応じて危険度が高いという持論を語る小鳥遊宗太は、他の人に比べて自分はまともだと主張するも、端から見ている限りはそんな事はない。
子供用メニューのおまけのクマの人形を必死に欲しがったりしてるし。

白藤杏子の我が儘を喜んで引き受けている轟八千代の姿を目にすると、彼女の事が好きな佐藤潤は近くにいる種島ぽぷらを弄り倒すという負の連鎖。
ぽぷらは宗太に助けを求めるも、いつもは助けてくれるのに助けてくれない。
「先輩、俺……からかわれている先輩も、いたく可愛い事に気付きました」
「裏切り者~!!」
そんな訳で八千代に助けを求めたぽぷら。
「弱いものイジメはダメよ」
刀を抜こうとする八千代。
そんな理由で抜刀するなよ。
「何か日頃、よっぼとイライラする事でもあるの?」
「ねぇよ」
佐藤、静かに激怒。
原因は君だし。自覚症状がないって怖いね。

続きを読む "WORKING!! 5品目「ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア」"

| | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

仮面ライダーW(ダブル) 第33話「Yの悲劇/きのうを探す女」

昨日から「きのう」が見つからないので探して欲しい、という意味不明な依頼を持ち込んだ不破夕子(平田薫)。
「きのう」というのは猫でした。
普通ならただの猫探しなんて受けない左翔太郎(桐山漣)ですが、美人が相手だから引き受けてます。
夕子は「困ったことがあったら鳴海探偵事務所に」と、誰かから教えられていたようです。
平田薫と言えば、マジレンジャーで魁が片思いしていた山崎由佳をやっていた娘だね。
そして実写版マリア様がみてるで水野蓉子をやる予定。
演技が上手くなったね……

一方、西山英輔(永瀬尚希)の家を訪ねた照井竜(木ノ本嶺浩)とその部下の刃野幹夫(なだぎ武)と真倉俊(中川真吾)は、先日事故を起こした野田健一(西村信宏)と平林武史(板垣隆弘)が彼の会社の社員であり、奇妙な痣があった事を話す。
西山は突然奇妙な雄叫びを上げながら飛び降りようとするところを、間一髪竜が助けるが、そんな西山の身体にもやはり同じような痣があった。

続きを読む "仮面ライダーW(ダブル) 第33話「Yの悲劇/きのうを探す女」"

| | トラックバック (0)

天装戦隊ゴセイジャー epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」

自分の派遣した部下がやられたモンス・ドレイクはすっかりご立腹で、過去に幾つものの星を滅ぼしたという流星のデレプタ(声:小山力也)と力を会わせた作戦を発動。

ゴセイジャーはというと、すっかり調子に乗っている様子で、アラタ(千葉雄大)も今ならデレプタを倒せるんじゃないかと考えるようになってます。
完全に図に乗ってるよ。

彗星のブレドラン(声:飛田展男)によると、元々デレプタは下っ端に過ぎなかったのが、モンス・ドレイクと勝負して彼に認められた事で幹部に昇格したようだ。
そんな過去を回想し出したら、死亡フラグ立ってしまいますよ。

姿をみせたデレプタとドレイクに手も足も出なかったゴセイジャーは、マスターヘッド(声:沢木郁也)に助けられたものの、これから本気を出すところだったとか、倒せた気がするとか図に乗った台詞を吐くものの、変身すら出来なくなってました。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic12「ミラクル・ゴセイヘッダー大集合」"

| | トラックバック (0)

聖痕のクェイサー #17「炎の福音(ゴスペル)」

山辺燈の肉体で復活を果たした黄金のクェイサー。
「ふははっ! 至高のおっぱいだ!!」
そんな真面目な顔で言われても……
地上波の映像では映ってませんが、自分で自分の胸を吸ったという事だよね。胸の大きな燈だから出来る技なんですね。
同じクェイサーであるカーチャは貧乳だから、女性でも自分で補充できないわけだ。
しかしクェイサーは女なら誰からでも母乳を出す事出来るんだな。どういう仕組みなんだろう。

黄金のクェイサーの単純な罠に掛かって捕らえられる間抜けな織部まふゆ。
鳳榊一郎は彼らが予言書に従い予言の戦士とするため、何も知らないアデプトの使徒を使い、サーシャを鍛え上げていた事を語る。
サルイ・スーに到達するには、予言の書に書かれた全てが揃わないといけないのか。
サーシャに傷を付けた時の事を考えると、随分気の長い計画を実行していたのだな。それとも、他にも何人か同じようにしたけど、その中で育ったのがサーシャだけだったのか。

続きを読む "聖痕のクェイサー #17「炎の福音(ゴスペル)」"

| | トラックバック (1)

2010年5月 2日 (日)

Angel Beats! EPISODE.05「Favorite Flavor」

テスト期間に近いため、天使の猛攻が始まる。
ゆりはそれを逆手に取って、天使のテストの成績を下げて生徒会長としての威厳を失墜させようという策略に出た。

今回は選抜メンバーで行動。
高松、日向、大山、竹山、音無。
選考基準は見た目が普通な人たち……なるほど。
座席はくじ引きという事で、かなり運頼みの作戦ですが、当たりを引いのは竹山。
答案用紙の回収タイミングで日向が騒ぎを起こして、天使の答案用紙を偽の答案とすり替えるという作戦でした。
天使の本名が判らない事に気付いた死んだ世界戦線。

偶然にも音無は天使に名前を聞かれたため、逆に天使の名前を聞くことが出来、橘奏と判りました。
ゆりは知ってたらしい。忘れていたという事だが、本当は覚えていたけど知らないフリをしていたのではないのだろうか。
音無はテストをすらすら解けていたので、死ぬ前はかなり頭が良かったという事なのか。

続きを読む "Angel Beats! EPISODE.05「Favorite Flavor」"

| | トラックバック (2)

けいおん!! #4「修学旅行!」

朝から荷物のチェックを行う平沢憂。
「今日から修学旅行です。
 お姉ちゃんの」

ギリギリまで寝ている姉の平沢唯を起こす憂。
甲斐甲斐しすぎるわ。
髪の毛を解いていて唯にそっくりな外見にさせていたのがポイントですね。

主学旅行の班は4人一組という事で、真鍋和は別の班になり、軽音部メンバーとなりました。
憂と田井中律の面倒を一人でみないといけない澪は大変です。
琴吹紬は助けにならないし。

京都に着いたら関西弁で喋らないといけないゲーム。
移動経路は
京都駅 → 金閣寺 → 北野天満宮

京都駅での点呼はお約束通りに唯がいない、という事はなく、寝てました。
金閣寺はやはりあの位置から見るのが定番やね。本当はみんなもっと柵の所に寄って記念写真撮ってるんやけど。もちろん金で出来てるんやなくて、金箔を貼ってるんやけどな。
お抹茶は代々どこでも500~600円。

続きを読む "けいおん!! #4「修学旅行!」"

| | トラックバック (2)

2010年5月 1日 (土)

閃光のナイトレイド 第4話「カメラと包子(パオズ)と野良猫」

風蘭の中華料理店の前に出来た日本料理の店。
店が蝋で出来た食品模型を展示したことで、客足が取られることとなり、風蘭は三好葵と井波葛に店の料理の写真を撮るように依頼してきた。
乗り気ではない葛だが、やる気満々の葵。

何から何まで馬が合わずに反発する2人は、互いの思いのままに写真を撮る。

仕事を終えた帰りに立ち寄ったオープンカフェで食事をする事になった2人は口論を始めるが、ふと油断した隙に葵がフィルムを入れていたポーチが忽然と消えてしまい、大慌て。
しかもフィルムは風蘭の店の料理の写真だけではなく、片平中佐の家族旅行の写真まで入っており、撮り直しできるものではなかった。
慌てた2人はフィルムを探し求めることになる。
つか、2人は写真の機材をどうした? 撮影に使ったカメラもレフ板も持っていないのだけど。貰った料理やフィルムを持ち歩いているという事は、まだ帰宅していない筈だし。

続きを読む "閃光のナイトレイド 第4話「カメラと包子(パオズ)と野良猫」"

| | トラックバック (0)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第四席「魏延、一目惚れするのこと」

蜀を抜けて南蛮へと向かう劉備(桃香)、張飛(鈴々)、諸葛亮(朱里)、馬岱(蒲公英)の4人。
朱里の仕入れた情報によると、洛陽では董卓(月)による圧政が続いているとの事だが、月の事を見知る鈴々にはどうしても信じられない。月は知らない朱里も、呂布(恋)の飼い主である事を考えると、納得しがたいものがあるものの、今は確かめる事も出来ない。
反董卓連合が出来そうな展開になっていますが、原作と違って既に月たちと知り合いだから、どういう話にするのか。
彼女たちに対する誤解を暴くために張譲たちと戦う事になるのかな。

そんな時、前から走ってきた魏延(焔耶)が蒲公英とぶつかり、蒲公英の持っていた団子が地面に落ちてしまう。起こった蒲公英は走り去る焔耶を追い掛けて勝負を挑む。
手強い焔耶に苦戦した蒲公英だが、そこに鈴々が助けに入った。
「世を乱す悪党め!
 冥土に逝った馬岱の仇、獲らせてもらうのだ!!」

死んでねぇ!!!

ちびっ子と侮った焔耶だが、その強さに舌を巻く。
鈴々の強さは焔耶では相手にならないレベルですからね。最強のちびっ子です。
2人の戦いを止めたのは、焔耶を追い掛けていた太守の厳顔(桔梗)だった。
焔耶の師匠である桔梗が禁じているにもかかわらず直ぐに喧嘩をしてしまい、焔耶は桔梗から逃げ回っていたのだ。
紫苑と双璧を成すオッパイエロお化け登場。
史実のイメージでは老人でしかないこの2人は、一番年上ながら妙齢の女性です。

続きを読む "真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第四席「魏延、一目惚れするのこと」"

| | トラックバック (1)

迷い猫オーバーラン! 第4話「迷い猫、脱いだ」

サークル活動の一環として梅ノ森千世のよって呼び出された都築巧たちは、菊池家康の「お嬢様に見えない」という言葉に切れた千世に、「梅ノ森財閥の実力を見せてやる」と温泉へと強引に拉致された。
女風呂を除こうとした家康に巻き込まれ、3人の男性陣は吹き飛ばされる。

やたらの芹沢文乃や千世の胸を揉みたがる霧谷希は、鳴子叶絵の影響ではなく、家康が巧に貸していたエロ同人誌で胸を揉んだら大きくなるという知識を得たかららしい。

そんな6人の様子を窺う謎の人物。

家康と幸谷大吾郎とはぐれた巧。
全裸で吹き飛ばされた3人の事を、女性陣はまるで気に止めていません。
完全予約制となっているこの温泉には、他の客は見あたらないが、竹馬園夏帆という財閥令嬢だけがいました。

温泉卓球は何の迫力も無い……無表情でまったく同じコースに変えし続ける千世と文乃は怖いわ。

続きを読む "迷い猫オーバーラン! 第4話「迷い猫、脱いだ」"

| | トラックバック (1)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »