« 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第十二席(最終回)「群雄、于吉を討たんとするのこと」 | トップページ | けいおん!! #12「夏フェス!」 »

2010年6月26日 (土)

閃光のナイトレイド 第12話「夜襲」

予想通り、桜井機関は最初から高千穂勲と協力関係にありました。
軍が本気で追跡してしまえば勲は見付かる。だから専門の捜索機関という立場を得る事で、勲を影ながらバックアップすると同時に、彼を補佐するための能力者を見つけ出すという役目もあった。
結果的に勲に与したのは4人の内で井波葛1人なのですが。
次の目的地は桜井信一郎も次の目的地は知らない。
ただ桜井が更にそれすら利用している二重スパイという可能性も捨てきれません。

勲たちが姿を消して三ヶ月。
愛新覚羅溥儀による満州国皇帝の即位式を迎えることとなり、祖先の陵墓を訪れた。三好葵たちは可能性を求めて見張るも、空振り。
桜井たちも葵たちの前から姿を消したまま。葵は確信が無かったものの、彼らの向かう先々に勲が姿を見せる事を葵は不審に思っていたという事。
相変わらず無駄に勘が鋭いです。
風蘭と再会を果たした葵。
風蘭に苑樹雪菜が恋人かと訊ねられたら、雪菜と鍵谷棗に全力で否定されてしまいました。
まぁ、彼には思い人がいるのでいいのでしょうが、そこまで強く否定しなくても。

新型爆弾の信管の位置が重要だが未だに決まらないという市ノ瀬。
リットン調査団が目的した爆発は勲の能力による幻影でした。
やはり幻影だったというオチです。本物は未だに未完成でした。

満州建設には風水の思想がもたらされて、預言者のための水場が用意されているという事で、勲たちはそこを利用するつもりでした。預言者はその能力を発揮するのに水場が必要なのか。
新月の夜は預言者である遊佐静音の能力が鋭くなる時だという事。

そしていよいよ郊祭式典当日。
大同広場に集まった満州の高官。欧州各国の要人たちも勲たちから要望で姿を見せてました。
預言者が地下の祭壇へと向かった頃、広場の電気が落とされ、勲の部隊に包囲されてしまいました。
欧米への反逆を訴えかける勲の声明文。

その勲から彼の目的を聞かされた葛は驚いていた。
何処かの国で開発が進められている新型爆弾。やがて各国がそれを保持し、互いに牽制し合う危うい平和が築かれることになる。
勲はその犠牲となるのを日本ではなく、この中国にしようと考えているのですね。結果は同じ未来だけど、その被害に遭うのがどこかになるのか、という事ですか。

新月であるため、棗が視る事が出来るのは地下に空洞があった事ぐらいだが、雪菜は静音の感じとる。
どうでも良いが、隠れているのに葵は声でけぇよ。
静音の力に呼応して水が光り輝く。

静音の下へ向かおうとする葵たちは、まずは棗が囮となり、次に葵。雪菜が1人で向かうことになった。葵だけが行くのかと思いきや、雪菜1人になりました。
残った2人は見張りの兵士を能力もなしで片づけるも、棗の前には久世、葵の前には葛が立ちはだかる。
戦闘に秀でた能力を持たない棗が果たしてどうやって久世と戦うのか。むしろ能力がないからこそ上手く勝利するれことが出来るのか。
新型爆弾を上海に投下すると宣言する勲の声明に驚く葵と棗。
大同広場にいる人間たちを生き証人とするための行動だったのか。静音の予言で新型爆弾が完成しなければ全てが失敗に終わるのでしょうが。

次回 第13話(最終回)「せめて、希望のかけらを」

物語は大団円へと向かう。
と、書いてる時点で上海に原爆投下がされないと約束されたものか。
ただ史実通りに日本には結局原爆投下がされる未来が待っているのでしょう。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第十二席(最終回)「群雄、于吉を討たんとするのこと」 | トップページ | けいおん!! #12「夏フェス!」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閃光のナイトレイド 第12話「夜襲」:

« 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第十二席(最終回)「群雄、于吉を討たんとするのこと」 | トップページ | けいおん!! #12「夏フェス!」 »