« 一騎当千 XTREME XECUTOR 第10話「裂かれた闇」 | トップページ | 迷い猫オーバーラン! 第11話「迷い猫、割れた」 »

2010年6月18日 (金)

デュラララ!! #23「千錯万綜」

ダラーズは消えるのだと宣言してサイトも閉鎖した竜ヶ峰帝人。
そして露西亜寿司に三ヶ島沙樹から一本の電話が入る。
「誰に駆けたら良いのか判らなかったので、そちらにかける事にしました」
「ん? どういう事だ」
「あの人が何を考えているのか、伝えたいと思って」
あの人というのは正臣の事か、或いは臨也の事か。
沙樹は自らの意思でたぶん臨也の事なんだろうな。臨也の呪縛から逃れようとしているのか。

同じ頃、今の状況をどう表現すれば良いのかとはしゃいでいた折原臨也だが、秘書を務める矢霧波江は一本の電話を掛けていた。
波江が電話を駆けている相手が誰なのか気になるところ。何か今回の一件の解決に大きく役立つのでしょうか。

遊馬崎ウォーカーたちは黄巾賊で法螺田が暴れ回っている事を話題にするが、渡草三郎は「あの法螺田」なのかと口にする。
これでようやく京平たちが法螺田がブルースクエアの残党である事を思い出す事になるようだけど、事実に気付いた彼らは何か行動するのだろうか。


帝人は全てを知ってダラーズを動かしていたのか、園原杏里は帝人と連んでいたのか、友人達を疑念の目で見てしまう自分自身が嫌になる紀田正臣は、何処へ向かえば良いのかが判らない。
仲間を信じ切れないは、信じたいのに信じられないでいるのか。

一方、何もせず部屋で横になっていた帝人の下に、セルティ・ストゥルルソンが訪れる。
ダラーズ解散の件でやってきたのだと考える帝人は、こうするのが一番ダラーズらしいのだ、これでまた無色透明に戻るのだ、一番大切なものが見付かり、これで良いのだと語る。だがセルティの目的はダラーズ解散についてではなかった。
杏里の事が好きか、正臣の事を大切な友人と考えているかと問い掛けるセルティ。

法螺田は正臣に電話を掛けてくると、帝人がダラーズのボスであった事実をどこかからか入手しており、正臣を黄巾賊の将軍の座から引き摺り下ろすと宣言する。帝人を襲撃し、正臣を処刑すると宣告。
まぁ、もちろんそんな情報を彼が独自で仕入れる事ができるわけがないので、そんな情報を流すのは臨也ぐらいしかいませんね。
黄巾賊のメンバーに電話を掛ける正臣だが、電話は悉く繋がらない。
電話が繋がらないというのは、電話を切って無視しているからではなく、電源を入れることが出来ない状況にあるという事なんだな。

法螺田に銃で撃たれた平和島静雄は、血まみれになりながらも自力で歩いて岸谷新羅の下を訪れる。その惨状で立って歩いている静雄に驚く新羅。
最初はただ転んでいただけだと思っていた静雄は、撃たれたと知ると新羅に傷を治させて、自分を撃った犯人と、それを命じたという正臣をぶっ殺すと息巻く。
案の定生きていた静雄ですが、静雄の怒りはどう収まるのか。しかしあの傷であるけるとか本当に人間か、この人は。
正臣の事については、セルティたちが誤解である事を説明すれば判ってくれるでしょうから、法螺田を殴り飛ばして収めるのかな。

セルティから事実を知らされてショックを受ける帝人に、セルティは人が悩んだり苦しんだりするのを楽しむ情報屋を知っていると告げる。ダラーズをどうするかは彼の好きにすれば良いが、解散したところで正臣や杏里との関係が変化する訳ではない。
杏里の下へ案内してから全部話すのかと思いきや、セルティの口から伝えるのか。
他の二人が何故打ち明けてくれなかったのかと悩む帝人に、セルティは帝人が自分の問題だと思って打ち明けなかったのと同じ事だと告げる。誰にも秘密はある。誰もが同じではないのだと告げるセルティ杏里が好きならば真実を伝えろと告げる。
自分が重大な秘密を抱えているのに、他の人間が全てを打ち明けてくれない事を責めるのはお門違い。そんな秘密も受け入れる事が大切になるのか。
だが、そこに新羅から電話が掛かってきて、静雄が撃たれてそれを正臣が命じたという話しを聞いた杏里が飛び出してしまった事を伝えてくる。
黄巾賊の子供たちに呼びかけて真実を知ろうとする杏里。
流石に正臣がやったとは杏里には信じられないから、真実を調べに飛び出したのだね。

正臣は帝人や杏里を疑う気持ちは消え失せ、二人が襲われないために駆け出す。
サイモン・ブレジネフが正臣に呼びかける。いつもの調子で戯けて対応する正臣だが、サイモンは目を見て彼が死ぬ覚悟をしているのを見破る。自分の街と違い、殺し合いなどする必要がないと告げる。しかし友のために止めることの出来ない正臣。
サイモンはどんな状況下で生きてきたのだろうか。ロシアの厳しい環境だけでなく、生活環境もかなり酷いところで育ったようだな。

秘密を抱えていた三人が、偶然のほんの少しの悪意で互いの秘密を知る事になり、面白くなってきたとはしゃぐ臨也だが、しきり役が器が小さくてもっと選ぶべきだったかと波江に笑いかける。
そんな波江はある臨也のスクラップからある記事を目にする。
法螺田がブルースクエアの残党だと波江も知ったのか。しかし臨也は本当に何で法螺田なんて小者をチョイスしたのだろう。他に良い適任が見あたらなかったのかな。

ダラーズ殲滅を宣言して仲間を煽る法螺田。
静雄を始末したと思いこんでいた彼は、門田京平たちを倒し、帝人を倒してしまえば、ダラーズは終わりで、自分たちこそ池袋最強だと告げる。
比賀は静雄を殺してしまったのはまずい、自分たちが警察に捕まえられるとびびるも、法螺田は自分自身を納得させるように語る。
だが、そこに正臣が姿を現す。
ブルースクエアも黄巾賊も、所詮は子供の作ったチーム。ヤクザや警察に介入されたらあっと言う間に潰れてしまうようなものなんだな。
静雄が死んだと勝手に思いこんでいる二人ですが、普通の人間が相手ならあれで殺せていたんでしょうね……

帝人を連れたセルティは正臣と杏里の居所をサイモンに尋ねる。
正臣が喧嘩をするつもりだというサイモンは、黄巾賊をまったく見かけないため、彼らのところへ向かっている筈だと告げる。
「助けてやってくれ」とセルティに頼むサイモン。
セルティは正臣に「どんな嫌な光景でも受け入れる覚悟はあるな」と確認すると、帝人を連れて走り出す。
サイモンもついていくのかと思いきや、サイモンは今回は傍観者なのか。
セルティはサイモンの台詞や、新羅の話から、状況をある程度飲み込んでいるのだな。
もちろん正臣が敵として襲ってくる可能性も考えているのでしょうが。

黄巾賊の集会に、正臣がよく知るメンバーの顔ぶれが減っていた。
法螺田は自分がトップに立つのに反対する面々を闇討ちしていたのだ。
法螺田の言葉から彼らがブルースクエアの残党だと知った正臣。青い布を外しただけで仲間になれたと笑う法螺田たちだが、全てを知った正臣は逆にすっきりした表情を見せる。
ただの一人の学生、紀田正臣として立つ。
かなりの数のブルースクエアが入り込んでいて、元々の黄巾賊メンバーは殆ど襲われていたのか。
しかし逆に自分の信じた仲間ではなく、ブルースクエアたちだった事で、正臣も吹っ切る事が出来たのだな。

殺される覚悟はもちろん、法螺田を殺すつもりでやってきた正臣に焦る法螺田は仲間たちに正臣を襲うように命じる。
次々と襲いかかってくるメンバーを撃退する正臣だが、後一歩のところで頭にもらった一撃で倒れてしまう。
そんな正臣を銃で撃ち殺そうとした法螺田だが、突然比賀が銃を叩き落とす。
正臣を殺すと母さんが哀しむ、母さんが側までやってきていると語る比賀。
実は彼も切り裂き魔の一人だったのだね。当然、罪歌の子供を宿したのは一人ではないだろう。普段自覚していないから、一番潜伏していて恐ろしい存在だよ。

そして鉄の扉が切り裂かれて杏里が姿を現す。
更にセルティに連れられた帝人も駆けつけた。
あの鉄の扉をバターのようにあっさりと切り裂いてみせた罪歌の真の威力。
彼らだけで法螺田たちを叩きのめすのか。
門田たちも駆けつけるのかな。もしくはこの場はセルティたちにぼこられた後で、街で京平たちに見付かる事になるのか。

デニスって誰だっけ?

次回 #24(最終回)「則天去私」

どうもあの状況はあっさりと解決されて、殆どは後日談となりそうな感じだ。
正臣がパソコンと向き合っているので、再びダラーズを復活させるのかな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 一騎当千 XTREME XECUTOR 第10話「裂かれた闇」 | トップページ | 迷い猫オーバーラン! 第11話「迷い猫、割れた」 »

デュラララ!!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/48658673

この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!! #23「千錯万綜」:

» デュラララ!! 第23話「千錯万綜」 [♪風の〜吹くまま〜気の向くまま〜♪]
ダラーズは消えるんです 銃という凶器の前に倒れる静雄。 しかし静雄は強い子、超強い子。 普通にたって歩き、新羅の家へ。 静雄は心臓や脳を狙わない限り銃では倒せないのかなぁ? 帝人の元を訪れるセルティ。 そして…正臣が黄巾賊のリーダーだと教えられる帝人....... [続きを読む]

受信: 2010年6月18日 (金) 07時41分

» デュラララ!! 第23話「千錯万綜」 [カザミドリ♪]
撃たれた静ちゃん、ピンピンしてましたねw何の心配もしてませんでしたが(ノ`) [続きを読む]

受信: 2010年6月19日 (土) 14時30分

» アニメ「デュラララ!!」大森貴弘(監督)×高木登(脚本)×横山朱子(プロデューサー)インタビュー [INTRO]
ファンタジーと現実が交錯した池袋を舞台にした青春群像アニメ『デュラララ!!』。今期アニメでも高い評価を得ている本作の監督を務めた大森貴弘氏、シリーズ構成で脚本の高木登氏、プロデューサーの横山朱子氏にお話をうかがった。 MBS・TBSにて放送中!!... [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 19時25分

» デュラララ!! 23話「千錯万綜」感想 [月の砂漠のあしあと]
デュラララ!!5(初回限定盤) [DVD]著者:TVアニメ≪CD付完全生産限販売元:アニプレックス発売日:2010-06-23クチコミを見る お互いの為に三人は走り、皆がそれを助けてくれる! このところドツボに嵌ってどっぴんしゃん♪な正臣も、自らを見失ったあの時へと迷いを振り切...... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 02時52分

« 一騎当千 XTREME XECUTOR 第10話「裂かれた闇」 | トップページ | 迷い猫オーバーラン! 第11話「迷い猫、割れた」 »