« 薄桜鬼~新選組奇譚~ 第九話「修羅の轍」 | トップページ | いちばんうしろの大魔王 ACT09「とんだお見合い騒動」 »

2010年6月 2日 (水)

荒川アンダー ザ ブリッジ 9 BRIDGE

授業を終えた市ノ宮行に、ステラはヒトデが食べられるかと問い掛ける。
シスターに食べさせたいのだというが、もちろん、そのヒトデは元・星……
そんなものを食べさせるつもりなのか……いや、こいらなら十分に有り得そうではあるが、少なくとも美味しくないと思います。

第70話「プレゼント」
リクとニノのキスシーンを見てからあのままの星改め、ヒトデ。
更にヒトデの顔が外れて芋になりました。
ブラジャーをシスターが買ってくれたので、お礼に料理を作りたいという事ですが、ブラジャーではなくプロテクターでした。
ブラジャーの目的が別の事になってるよ。

第71話「火種」
シスターの事が好きなステラに、マリアの事を伏せようとするリクですが、イモが喋ってしまいました。
ステラは全員の事を知らないので、マリア=聖母様と思い込んでいたのだね。
しかもイギリスにいた当時からそう思い込んでいたようだ。

第72話「MSB(マッドシツレンブラザーズ)」
真実を受けたショックを受けたステラは巨大化してマッチョになって、マリアを倒そうとする。
トランスフォームとか、色々と人外の生き物になってしまいました。
失恋という日本語はおかしいというステラの、相手がどう思おうと、好きだという気持ちが大切なのだというステラの言葉に、星も感動して慕いました。
ステラが作ったのはヒトデのソテー……
ヒトデのソテーは『ハンニバル』のパロなのかな。
星も晴れて舎弟の仲間入り

第73話「暴虐の王」
敵扱いして攻撃を受け、マリアの下に逃げてきたリクは事情を説明するものの、ステラの本性を知っていたマリアは寧ろ面白がっています。
シスターとニノを観客として呼んで準備万端です。

シスターをからかうため、リクを頼りにする素振りを見せたりしていたマリアですが、所詮リクでは時間稼ぎにもならないので、やむなくステラと対峙するも、シスターはマリアを止めない。
止めたら100回殺される、というのがその理由。
シスターが惚れるのだから、ただの毒舌美人ではないという事。

マリアはステラの攻撃を掻い潜ってあっさりと背後をとってみせる。
マリアとシスターの出逢いは戦場で、シスターがマリアに波平カットにされたからだという。
マリアは傭兵ではないようですが、本来の職業は口止めされました。
なんにせよ、シスターが本気で戦っても苦戦する相手である事は確かなようだから、ステラが勝てるはずも無い。

シスターのために強くなろうとしていたのに負けてしまって泣いていたステラですが、マリアはそんなマリアは弱くない、と慰めて「友達になりましょう」と語る。
それを否定しようとした星はステラの技の犠牲。
シスターから弱肉強食を刷り込まれているステラは、自分よりも強いマリアを姉貴分として認めたという事でしょう。

ステラはマリアにすっかり懐いて、最凶タッグの完成です。

第74話「本体」
Bパートは話が大きく変わります。
素顔の星は結構男前でモテるみたいです、性格のおかしさは変わりませんが。
そんな素顔の星がトレーラーに入るのを目撃したリクは、別人と勘違い。
が、中に星しかいなかったため、星の本体がマスクの方で、ファンシーな外見で青年を騙して食べてしまう寄生生物だとか言い出す始末。
リクもすっかりと荒川に毒されています。

第75話「一等星」
村長と違って、マスクが素顔だと主張するタイプではありませんでした。
マスクはただのポリシーで被っているだけ

元はプロのミュージシャンであり、3rdアルバムでオリコン3位をとった過去を持つという星ですが、リクは星の歌でそんなのは無理だとハッキリと否定。
しかし当時の彼は自分ではなく、作詞作曲の出来るプロデューサーに従っていた。
表向きは自分の曲という事にしていたものの、歌い歌を歌えないストレスの溜まっていた星は、河川敷で自分の作った演奏を続けていた。
そんな曲をじっと聴いていたのがニノだったようだ。
少なくとも、ニノはその当時から河川敷に住み着いていたのか。
ニノより村長の方が古くからいるのだろうが、ニノも結構古株なのかな。もしくはニノが住み着くので、村長たちも住み着いているのか。

当時はニノを無視していた星ですが、曲を認めてくれた上、当時は月のマスクを被っていた星に、月は空に輝いており、ピカピカの星だと言われて星のマスクに変わったらしい。

星は凄い奴かもしれない、と思ったリクは『いいとも』に出たことがあるか確認したものの、ジョンだのエルビスだの言い出したため、妄想かもしれないと考えを改めてしまいました。
どこまでが本気の話か微妙なところですが、ラスト以外は本当なのかな。

第76話「荒川一発芸予選」
ニノの番だけど眠っていたので、シスターがベッドごと運んできました。
てか、ニノは前にJr.と戦ってなかったか?
助けようとしたリクはバックブリーカーを掛けられた。シスターが眠っているニノにだけ仕込んだ合気道らしい……
つーか、バックブリーカーは合気道じゃないし。

次回 10 BRIDGE

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 薄桜鬼~新選組奇譚~ 第九話「修羅の轍」 | トップページ | いちばんうしろの大魔王 ACT09「とんだお見合い騒動」 »

荒川アンダー ザ ブリッジ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/48527216

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川アンダー ザ ブリッジ 9 BRIDGE:

« 薄桜鬼~新選組奇譚~ 第九話「修羅の轍」 | トップページ | いちばんうしろの大魔王 ACT09「とんだお見合い騒動」 »