« 迷い猫オーバーラン! 第11話「迷い猫、割れた」 | トップページ | 閃光のナイトレイド 第11話「闇の探索」 »

2010年6月19日 (土)

真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第十一席「張遼、関羽と相打つのこと」

張譲を鼠へと変えてしまった于吉は地下に眠るものの場所へと向かう。

周秦(明命)の働きによって董卓(月)を救出した賈駆(詠)と華雄。
匈奴との戦いで熱くなりすぎていた華雄は、気が付けば単騎となっており、囚われの身となってしまった。華雄の戦いぶりに感心した敵にもてなされたものの、隙を見て逃げ出した華雄は西涼を経由して并州へと向かうも、洛陽での月の暴政の噂を聞いて、物乞いの素振りをしながら様子を探っていたのだという。
月をよく知る身として、月の悪政というのは素直に信じられなかったので、探りを入れていたのか。
詠は相変わらずのツンデレちゃん

明命から董卓救出の報告を受けた孫策(雪蓮)と周瑜(冥琳)だが、いざ虎狼関へと到達してみると、門は固く閉ざされている。
中から現れたのは張遼(霞)。月が降伏を決めた事は承諾したものの、一合も打ち合わずに降伏というのは納得できないため、勝負を申し出る。
以前、曹操(華琳)に仕える前に戦った事のある許緒(季衣)は、三体一でも刃が立たなかった。彼女の性格ならば飛び出していきそうなものだが、夏侯惇(春蘭)にひとたび曹操軍に身を置いた上は、華琳の命無しで動くべきではないと教え込まれていたからでした。
春蘭を見直した華琳でしたが、案の定その春蘭は飛び出そうとしていたところを夏侯淵(秋蘭)に抑え込まれてました。
教えは立派ですが、本人はまったく実践できてませんから。
霞の挑発に飛び出そうとする張飛(鈴々)と、自分が行こうとする馬超(翠)。
そんな二人を止めて前に出たのは関羽(愛紗)。
呉軍だけが静かだったな。基本的に血気に逸りそうなのは孫尚香(小蓮)ぐらいだからかな。後は面白がった雪蓮が出るぐらいか。

自らの武勇のためだけに戦いを挑む霞に、恩人である呂布(恋)のために敵陣へと乗り込んで涙を陳宮(音々音)の流したに比べれば、彼女の斬撃は遙かに軽く心には響かないと告げる。
愛紗と霞の勝負は引き分けに終わるも、愛紗の言葉に霞は己の敗北を認めた。

反董卓連合の前へと進み出た月は、今回の一件は自分の不徳であると罰を受けるべく申し出る。そんな月の代わりに自分が罰を受けると進み出る詠だが、月は家臣の罪は主人の罪であると自分一人で受ける覚悟を見せる。

郭嘉(稟)が裁きを自分に任せて欲しいと名乗りでると、秋蘭が董卓の首を字山下と現れる。カラクリ董卓の首を前に、既に董卓は打ち取られており、本物の董卓はただの村娘だという事にしてしまう。
趙雲 (星)も口裏を合わせ、村娘のトントンであると主張する。
なおも食い下がろうとする月に、華琳は彼女をただの村娘として詠にその処遇を預けた。
月が当主らしいところを見せました。今後は詠と共にメイドとして桃花村で過ごしたりするのでしょうか。
華琳としても、殺すつもりなんて無かったのですから、妥当な処分ですね。この場に麗羽たちが居なかったのが救いですか。

関の外の劉備軍の天幕では、黄忠(紫苑)のムネムネに孟獲が甘え、翠、魏延(焔耶)、馬岱(蒲公英)、可進がお茶をしていた。そこにやってきたのは厳顔(桔梗)。彼女も袁紹(麗羽)の檄文を受けて駆けつけたものの、遠方の地からやってきたので今頃になってしまったという事。

全てが終わってから到着した麗羽と袁術(美羽)。まだ後始末が残っているものの、それらは全て華琳に一任するる事で話が決着する。
麗羽は月の顔を知らないから、殺したことになってるのだね。どうやら張譲も既に逃げたという事になっていたらしい。
華琳があっさり引き受けたのは、これによって朝廷での地位が確固たるものになるという考えがあっての事だろうか。た麗羽は野心家だけど、知力が低いのでそこまで頭が回っていないのでしょう。
が、そこに華佗がやってきて、今回の一件に太平妖術が関与している事を報せる。
于吉が張譲と手を組み、太平妖術の妖力を溜めるために悪政を強いていた事を知る。
于吉の目的は秦の始皇帝の遺産を復活させること。
晩年、猜疑心に捕らわれた始皇帝は決して裏切る事のない兵士を作ろうとした。土で作られた不死身の兵士。
呂蒙(亜莎)が読んだ徐福の書物によると兵馬妖と呼ばれる代物で、妖術使いの間では名の知れた存在だったが、100人の妖術師の力が必要とするため、誰も兵馬妖を復活させようとはしなかった。
その妖術を太平妖術で補おうという企みだった。

張譲は逃げ出したのだからもはや安心だと考える公孫賛(白蓮)たちだが、諸葛亮(朱里)は彼が于吉に用済みとして消されたのであれば、全ての準備は全て整っているのだと告げる。
そこに甘寧(思春)が正体不明の敵襲を報せに飛び込んできた。
危惧して矢先に現実となりました。
アレがあったのは洛陽の地下では無かったのですね。

張角(天和)・張宝(地和)・張梁(人和)の三人が行う予定だった祝勝会も中止
今回は敵が人間ではないので、張三姉妹の歌も通用しないので、出番は祝勝会までお預けか。

敵軍10万に対して、味方は3万。
敵軍の中には七星壇が備えられ兵士に太平妖術の妖力を供給している。
大軍に護られた于吉は、しかも強力な妖術使いであるため、普通の武具では傷を付けることも出来ないが、龍の爪と呼ばれるものがあれば或いは、と考える。
卵から孵った龍が雷と共に天に昇る時、一本の爪を落として剣となる。高貴なる血筋の者が剣を強き思いを持って振るうと、あらゆる邪悪を貫く事が出来るという。
実際に見たことがある者はいないという華佗にガッカリする桃香だが、一連の事件を知る愛紗たちはじっと桃香を見つめる。
本人だけが剣のエピソードについて気付いていないという始末ですが、どれだけ鈍いんだ。桃香が、勝利の鍵だ!
しかし決着をつけるには、桃香を于吉の下にまで送り届けないといけなくなったわけで、ハードルは上がったな。これが愛紗とかで討てるというなら、もう少し楽だっただろうに。

次回 第十二席「群雄、于吉を討たんとするのこと」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 迷い猫オーバーラン! 第11話「迷い猫、割れた」 | トップページ | 閃光のナイトレイド 第11話「闇の探索」 »

真・恋姫†無双」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/48671221

この記事へのトラックバック一覧です: 真・恋姫†無双~乙女大乱~ 第十一席「張遼、関羽と相打つのこと」:

» 真・恋姫†無双 ~乙女大乱~ 第11話「張遼、関羽と相打つのこと」 [カザミドリ♪]
帽子置き場にするくらいしか頭の使い道を知らない人w荀彧だれうまw [続きを読む]

受信: 2010年6月19日 (土) 23時57分

« 迷い猫オーバーラン! 第11話「迷い猫、割れた」 | トップページ | 閃光のナイトレイド 第11話「闇の探索」 »