« 仮面ライダーW(ダブル) 第38話「来訪者X/約束の橋」 | トップページ | 薄桜鬼~新選組奇譚~ 第十話「絆のゆくえ」 »

2010年6月 8日 (火)

WORKING!! 10品目「疑惑の真相…、なずな働く。」

井波父襲来、ことりちゃん誕生という騒ぎがあった前回。
今回はアバンでさらりと店長の白藤杏子が出張だと宣言して、チーフの轟八千代が激しくショックを受けています。
杏子さんも一応、店長として働いてはいるらしい。

伊波まひるの父親からワグナリアのスタッフ宛に、分厚い謝罪文が届けられていました。
肝心のまひるはというと、小鳥遊宗太に惚れてしまい、彼を殴らないようになるべく離れていました。寝ても覚めても宗太の事を考えて、しかし近づくと殴りたくなってしまう。結局は嫌いだった最初の頃と変わってません。
始めから好きだったのでは、と考え込むまひるは危うく店を破壊しそうな勢いで、種島ぽぷらも焦りまくり。
この店、裏側はかなりボロボロだよね。修繕費が物凄いかかってそう。後、食費。
そんなまひるに、宗太は男嫌いが直るまで「付き合う」などと台詞を吐くので、まひるはますます大変な状態です。
まひるもまひるで色々と過剰反応しすぎですよ。

杏子がいないのでやはり八千代は元気がない。
仕事が休みの山田葵は客としてやってきているものの、客としていても迷惑な存在。

相馬博臣は何時の間にか撮っていたことりちゃんの写真を佐藤潤に見せていました。
ぽぷらが欲しがっていたので持ってきたと知って、強く言えない宗太。
全部まひるの男性恐怖症のせいだという宗太は、まひるに男性恐怖症を治すため、自分ともっと仲良くなって、最終目標は自分と手を繋いでどっかに行くとか言い出す。
「それはもしかしてデート!?」
嬉しさのあまりにボコられました。
「今ボコったのはね、照れ隠し
……そんな恥かしそうに語られても、宗太は既に虫の息だから。
惚れられてむしろ殴られる量が増えてないか?

元気のない八千代に、相馬はいつも通りに働いていればあっという間だと語り、それでもダメなら佐藤に尽くせと余計なアドバイスをする。
佐藤に尽くそうとする八千代は、自分の事を八千代と呼んで欲しいと頼み、佐藤の事は潤くんって呼ぶとか言い出す始末。
佐藤、むせまくりだ。色々と大変だな。
潤くんと呼ばれるのはあからさまな嘘で回避しました。あの嘘を信じる八千代はピュアというか天然というか…

バイトが終わって一緒に帰宅する宗太とまひる。
手はつなげないので、例のマジックハンドで疑似体験ですが、端から見ると完全に変な人たちです。しかもその現場を塾帰りの小鳥遊なずなに目撃されてました。
ここからなずなの誤解が始まる。

佐藤に名前で呼ぶように要求していた八千代ですが、杏子が帰ってきた途端に嬉しそうなので、佐藤はちょっと不機嫌。
そんな杏子はなずなを連れてきて、面倒をみてあげて欲しいと頼む。
もちろん、まひるのことを確認するため、杏子をおかしで買収していました。
どうやって杏子の弱点を知り得たのか。宗太から聞いていたのだろうか。いずれにしても、なずな、恐ろしい子!!
ただし小学生なのでバイト扱いではありません。
でも小学生だけどぽぷらよりもちっちゃくないよ!
山田よりも遙かに役立っています。

なずなの前では殴るまいとしていたまひるですが、早速殴り飛ばしている様子を目撃される。
大人には色々な性質の人がいると説明する宗太に、兄がマゾだと思いこんでしまうなずなは、まひるに確認するも、脳内変換で「お兄ちゃん(殴られるのが)好きなのですか」と間を飛ばしてしまったため、肯定してしまい、ますます大変な事態に。
結局、なずなの誤解は解けず、宗太はマゾキャラと思い込まれたままですよ……

次回 11品目「あの頃の二人、八千代と佐藤。と、ようこそ小鳥遊家へ」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 仮面ライダーW(ダブル) 第38話「来訪者X/約束の橋」 | トップページ | 薄桜鬼~新選組奇譚~ 第十話「絆のゆくえ」 »

WORKING!!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/48578240

この記事へのトラックバック一覧です: WORKING!! 10品目「疑惑の真相…、なずな働く。」:

« 仮面ライダーW(ダブル) 第38話「来訪者X/約束の橋」 | トップページ | 薄桜鬼~新選組奇譚~ 第十話「絆のゆくえ」 »