« アイアンマン2 レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 祝福のカンパネラ 第1話「流星群の夜」 »

2010年7月 6日 (火)

生徒会役員共 #1「桜の木の下で/毎回続くのこの感じ!?/とりあえず脱いでみようか」

週刊少年マガジンに連載中の四コマ漫画のアニメ化。
個人的には今期期待作。
お色気シーンは殆ど無いですが、エロネタは満載です。

オープニングテーマ
「大和撫子エデュケイション」 歌:トリプルブッキング

昨年まで女子校で本年から共学となった桜才学園に、家から近いという理由で入学した津田タカトシは、学園の入り口で服装検査をしていた生徒会長・天草シノと知り合う。
真面目な発言の中にエロトークを交えて来るシノ。更にIQ180のチビッコ帰国子女の会計・萩村スズと、美人で巨乳でエロネタ発言の多い書記・七条アリアとも知り合い、瞬く間に生徒会役員として副会長に任命されてしまった。
生徒会役員って生徒会長の一存で決めてしまっていいものなのか……

チビッコなスズはかなりの確率が画面から見切れて頭だけしか出ていません。
2年生のシノは人望があり面倒見も良いが、変人でエロトークもたびたび飛び出す。
同じく2年生のアリアに至ってはトークの大半がエロネタ発言という危険児。
タカトシと同じ1年生のスズは直ぐにおネムになるなどお子様だが、お子様扱いすると攻撃してきます。

シノに学園を案内してもらったタカトシですが、優先的に案内されるのがどう考えてもエロい目的に使用されるような場所ばかりです。
3年P組とかそんなに子供がいたのは第1次ベビーブームぐらいではないだろうか。
同じ理屈でいけば高校よりも小学校の方が更にやばいですよね。4-Pとか5-Pとか……

目安箱を作って投書を募集する事にした生徒会。
先生のヅラ疑惑などどうでも良いネタも沢山ある中、「会長に手を出したら穴ブチ抜きます」というタカトシ宛としか思えない脅迫状も……

副会長の仕事は生徒会長の補佐ですが、シノはかなりの完璧超人ですのであまりやる事がない。
今後のタカトシの仕事は主にシノとアリアに対するツッコミ役。その内、ツッコミ相手がどんどん増えていくのだけど。
基本、ボケばかりだから。

意外と厳しい桜才学園の校則。
なんでも締め付けるのは逆効果というスズの意見を採用した結果。恋愛は禁止ですが、オナ○ーは許可って、そんなものは最初から禁止されてませんし、校則に乗せられません。

チビッコスズは自動販売機でジュース買うのも一苦労。て、更に身長縮んでる?
タカノリが椅子に座っても立ってるスズより大きいです。

新聞部・畑ランコによる生徒会のインタビュー。
マイペースでシノやアリアのエロボケにも平然と応対して、二人のエロネタにも被せてきます。

原作よりも絵はアニメ的になって見やすくなったかな。

エンディングテーマ
「蒼い春」 歌:angela

この作品でangelaが歌うとか思いもしなかったよ。

次回 #2「時に君はSかMか?/ならば君のその力を試させてもらおう/きらきらと輝くこいつはお主のなんだ?」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« アイアンマン2 レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 祝福のカンパネラ 第1話「流星群の夜」 »

生徒会役員共」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/48813980

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒会役員共 #1「桜の木の下で/毎回続くのこの感じ!?/とりあえず脱いでみようか」:

« アイアンマン2 レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 祝福のカンパネラ 第1話「流星群の夜」 »