« 屍鬼 第遺血話 | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち 第2話「うそつきおおかみさんと亮士くん」 »

2010年7月14日 (水)

祝福のカンパネラ 第2話「竜の世界」

世界一の人形師が作製したオートマタ・ミネットが起動するなり、レスター・メイクラフトをパパ呼ばわりですが、一番近くにいた人間だからという事。まるで擦り込みだな。
ミネットを作ったのはアニエス・ブーランジュのお師匠様である世界一の人形師ミゼ・アルトワーズという事。ミネットのような人間さながらのオートまたはこの世界でも殆ど見かける事のないような珍しいものでした。

ミネットはそのままクラン“Oasis”で身柄を預かる事になったらしい。

クランはクエストを行う冒険者の集まりの事らしいので、ここに所属するメインキャラはみんな冒険者だったんだね。
宿屋や料理店じゃなかったのだね。しかし冒険者にアイテム職人とか役に立つのか?
平和な世の中のようなので、魔王退治とかではなく、色々な仕事を受けてこなす役割らしい。
お手伝いや人捜しとか宝探しとか、色々なクエストをこなしていく事になるのでしょうか。

ファビウス・ベルリッティが屋敷の宝物庫にエールの塊である流星群が落ちた事で、宝物が晶石モンスターが誕生したのではないかというお話で、さっそくお仕事です。

別空間に繋がる扉から向かった先で竜の影と遭遇。
話を立ち聞きしていた“トルティアカンパニー”のサルサ・トルティアとリトス・トルティアもお宝の話を立ち聞きしてゴーレムを引き連れて参戦するも、あっさり退場。
今後もこんな賑やかしの役回りなんでしょうか。

竜の化身・ガーネットのアドバイスによってミネットの説得で竜の影は晶石に戻りました。ミネットの中に仕込まれていた宝石が特別な物だったご様子。色々と訳あり人形なのか。
元々の原因はガーネットにあったようですが。

その後はトルティア姉妹も加わって無意味に海水浴で水着シーンですが、静止画って……
ニック・ラジャックという最後のクランの1人も戻ってきました。

どういう話かと思うと、クエストという名のイベントをこなしていくお話なんだな。
その話の中で、各キャラクターに関わるお話が発生して、最後はミネットに関する話で何か重大な事件が起こるとかそんな感じの展開か。

次回 第3話「絆の杖」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 屍鬼 第遺血話 | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち 第2話「うそつきおおかみさんと亮士くん」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝福のカンパネラ 第2話「竜の世界」:

» 祝福のカンパネラ 第2話 竜の世界 [ゲーム漬け]
ミネットがレスターのベットに入り込んで寝ており、それを見たカリーナが動転、アニエスも混ざってくんずほぐれつと序盤から飛ばしている第2話。 今回はクランOasisのメンバーがクエストを受けて冒険をする話です。 カリーナの父である大公からのクエストで流星群が落ちた宝....... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 21時31分

« 屍鬼 第遺血話 | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち 第2話「うそつきおおかみさんと亮士くん」 »