« アマガミSS 第4話 森島はるか編 第四章 「レンアイ」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #006「暗がりに潜む者」 »

2010年8月 7日 (土)

世紀末オカルト学院 Episode.05 「夏のこずえ」

自分を見捨てた内田文明に怒る神代マヤは彼を見限って1人でノストラダムスの鍵を探す事にする。
その頃、成瀬こずえがいつもにも増してオカルトに嵌っていました。
マヤは何かあったのかと心配するも、実は何もないからこそ探しているのだという。
もっとも黒木亜美にしてみれば、彼女は充分色々なオカルト事件に巻き込まれているのですが。

オーパーツだとスプーンを持ってきたり、心霊写真を持ってきたり、神になると即神仏になろうとしたりと大騒ぎ。
オカルト好きが集まっているこの学園でもかなりおかしな人なんでしょうね。

文明は自分の携帯電話をマヤに持って行かれたため、№5の携帯電話を使用。
マヤからは激しく睨み付け続けられ、コンビ解消も言い渡されました。
ベタ惚れしている中川美風が学園でのパンのワゴン販売を頼んできて、それを安請け合いしたりと相変わらず。
川島千尋も文明にラブで、手作り弁当とか作ってきていますが想いは実らず、文明と美風の接近にヤキモチ全開です。
そのうちにヤンデレを発祥しそうだよね、彼女。

そうしたある日、授業で行われた臨死体験
こずえは自ら被験者となって臨死体験を経験するが、蘇生の直前に泡に巻き込まれてしまった。
目覚めたこずえは何故か眼鏡をしようしなければ、正確もお淑やかでオカルトなどまるで信じていないような別人。
そして臨死体験していた時に映されていたモニターには、もう1人のこずえがあの世で眼鏡を探していました。
こずえの中に入ったのは何なのか。そしてどうやってこずえを下に戻すのか、そして文明は信頼を取り戻す事が出来るのか、と次回へ続く感じです。

次回 Episode.06 「文明の道程」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« アマガミSS 第4話 森島はるか編 第四章 「レンアイ」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #006「暗がりに潜む者」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末オカルト学院 Episode.05 「夏のこずえ」:

« アマガミSS 第4話 森島はるか編 第四章 「レンアイ」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #006「暗がりに潜む者」 »