« 祝福のカンパネラ 第5話「Oasisの休日」 | トップページ | セキレイ ~Pure Engagement~ 第五羽「炎ノ鶺鴒」 »

2010年8月 5日 (木)

オオカミさんと七人の仲間たち 第5話「おおかみさん桃ちゃん先輩と鬼退治に行く」

御伽学園の創設者であり学園長の荒神洋燈。
この御伽花市を支配する荒神グループの代表でもある人でエロ爺
御伽学園は彼の直属組織です。

風紀委員にしてミス御伽学園準優勝の吉備津桃子。
バイセクシャルにして、彼女が手を出した相手は男女問わずにイチコロらしい。
大神涼子を狙っているので、涼子は苦手のようで、普段は赤井林檎がガードしているようです。
林檎はレズなのか?

この御伽学園は荒神グループにとって優秀な人材を各企業へと売り出す工場で、荒神グループの利益とグループの名声を高めるために存在する。
鬼ヶ島高校はそんな御伽学園の生徒に予め現実の闇の部分を見せておくために用意された必要悪でしかないとの事。つまりは彼らは御伽学園の生徒の踏み台の噛ませ犬でしかないという事で、本当に目に余るようなら学園長たちによってあっさりと潰されてしまう存在なのだろう。
そんな彼らの態度が生徒会長が替わってから目に余るものになってきたという事で、少しばかりお灸を据える必要が出てきたようです。゜

生徒会からも正式ルートで抗議を出す一方で、風紀委員である桃子が殴り込んで生徒達の不満を解消するつもりとの事。
学園長などの力を借りないのは、桐木リストたちの矜持からくるもののようだ。

桃子は犬塚・猿渡・雉野を おっぱい きびだんごを餌にして引き連れてきました。
おっぱい残念組みであるおおかみさんや赤井林檎には無理な誘惑方法です。
ついでに浦島太郎も勧誘されてましたが、いつもの如く竜宮乙姫に連れて行かれました。

まんまと罠に嵌っておおかみさんだけが孤立して生徒会室へ到着。
そこで待っていた生徒会長の正体は羊飼士狼という名の男性で、涼子とは昔からの知り合いみたいです。涼子は彼や彼の取り巻きにイジメられていた事があるのだろうか。様子からするとレイプされかけてるっぽい感じもあるけど。士狼の正体も知らずに付き合っていて、犯されかけたというところか? で、周りの女も士狼が遊びで付き合っていた事を知っていたとか。
中学時代の話なら林檎とかは知らないのかな。当時は知り合いではなかったとか。
しかしおおかみさんは林檎やモモちゃんと同じく中学からエスカレーターで進学したという事のようだが、そう考えると士狼も本来同じ中学に通っていたのではないのだろうか。
本来なら鬼ヶ島高校に通うようなタイプには見えないのだが。

うまくすっとぼけられたので、今回は厳重注意の警告という形でしか頭取たちも手が出せませんでした。
そんな訳で、まだまだ士狼の陰謀が続くようですが、目的は涼子を自分のモノにする事なのか、それはあくまでおまけで、本命は別にあるのか。
九尾艶弧という女性も彼と手を組んでいるようです。
クレジットでの名前は「艶弧」になってるが、「艶狐」ではないのかな。

姿を見ただけで身が竦むなど、かなりトラウマになっている様子。今回は駆けつけた亮士に名前を呼ばれて我に返ったようですが。
涼子が強くあろうとしているのも、彼や彼絡みの過去が関係しているのかな。

しかし浦島が乙姫に精気を吸われたらジェントルメンになるとかどんな設定だよ。
むしろ一生そのままの状態にしておいた方が世のため人のためなのでは。

次回 第6話「おおかみさんと赤ずきんちゃん、ついでに亮士くん」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 祝福のカンパネラ 第5話「Oasisの休日」 | トップページ | セキレイ ~Pure Engagement~ 第五羽「炎ノ鶺鴒」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオカミさんと七人の仲間たち 第5話「おおかみさん桃ちゃん先輩と鬼退治に行く」:

» オオカミさんと七人の仲間たち 第6話「おおかみさんと赤ずきんちゃん、ついでに亮士くん」 [よう来なさった!]
今回はナレーションよりもキャラクターのモノローグが目立っていたかな。状況説明からキャラクターの心情まで、あれほど諄く黒子チックなナレーションで語ってきたのに、今回は演じているキャラのモノローグ。徹底するならそこまでナレーションでやるべきなんじゃないのかな....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 01時07分

« 祝福のカンパネラ 第5話「Oasisの休日」 | トップページ | セキレイ ~Pure Engagement~ 第五羽「炎ノ鶺鴒」 »