« 屍鬼 第偽話 | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち 第6話「おおかみさんと赤ずきんちゃん、ついでに亮士くん」 »

2010年8月10日 (火)

祝福のカンパネラ 第6話「パーティーの夜」

世界の危機が迫っており、使命を受けるチェルシー・アーコット。
幸せになれるというお告げも受けていました。

高枝切鋏のメンテナンスと改修を行ったレスター・メイクラフトですが、ビーム発射装置などいらねぇ。余分な機能をつけてるんじゃねぇよ。

ファビウス・ベルリッティとカリーナ・ベルリッティによって騎士団の慰労会が開かれるという事で、クラン“Oasis”に騎士団に代わってアーティファクトの警護役が依頼されました。
ミネットとアニエス・ブーランジュはパーティに参加という事で、警護の担当はレスターとニック・ラジャックの二人だけ。
騎士の代役が二人だけって……いくらなんでもそれはないだろう。しかも一人はアイテム職人と、明らかに非戦闘系の職業の人ですし、どんなけ軽い任務なんだ。

そしてパーティ用にお着替えで無駄に下着のどアップとかも半裸姿とか。

騎士団にはロリコンが多いようです。
サルサ・トルティアとリトス・トルティアの“トルティアカンパニー”にはパーティ会場の警護の仕事が与えられていますが、中にいるのは騎士団がほとんどなのだから、いざという時のために武器さえ会場に置いておけばそれほど問題ないんじゃないのか……
まぁ、騒ぎが起きた時にも外で食い止められたらいいし、パーティに参加していたら酒も入っているから使い物になるとは限らないか。

晶石モンスター「グレートバイパーGX」が乱入してきてパーティ会場は混乱しましたが、貴族たちはともかくとして騎士も一緒に混乱してないか……
ミネットはガーネットにレスターを呼びに行くように頼みましたが、いや、彼は大聖堂の警護という重要な任務についてるのに離れるわけにはいかないだろう。

駆けつけたレスターがモンスターが光りに反応していると知って、晶石によるライトの強い光で誘き寄せてチェルシーとの連携で倒しました。
説明する暇がなくってね、てそれぐらいの余裕はあんたが最初に喋っていた時間を考えたら充分にあったと思うけどね……どう考えても一分一秒を争っていたタイミングにも見えないし。
チェルシーは酔っぱらっていたので、倒した後はそのままばたんきゅー。
レスターの言いつけを聞いてパーティを楽しんでいた忠実な僕でした。

次回 第7話「人形の森」

アニエスのお師匠様がいよいよ登場か。
つか、予告に出ていた男がそうなのか? もっと年齢が上なのかと思っていたけど。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 屍鬼 第偽話 | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち 第6話「おおかみさんと赤ずきんちゃん、ついでに亮士くん」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝福のカンパネラ 第6話「パーティーの夜」:

» 祝福のカンパネラ #6 8/8 [Specium Blog MkII]
 今回はチェルシーのお当番ですw。  さて、町に駐留している騎士団の慰労パーティが催されることになります。当然、チェルシーさんをはじめ、オアシスの女性陣は、全員参加w。レスターたち男性陣が、騎士団の代わりにアーティファクトの警護に当たることになります。  パーティといえば、ドレスアップ。そして、お着替えというサービスシーンw。定番ですねぇw。  慰労パーティ当日は、なかなか盛り上がっていました。特に、ドレスアップしたチェルシーに注目が集まります。まぁ、普段は、騎士団の制服を着ていま... [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 15時36分

« 屍鬼 第偽話 | トップページ | オオカミさんと七人の仲間たち 第6話「おおかみさんと赤ずきんちゃん、ついでに亮士くん」 »