« オオカミさんと七人の仲間たち 第7話「おおかみさん地蔵さんとダブルデートする」 | トップページ | アマガミSS 第5話 棚町薫編 第二章「トマドイ」』 »

2010年8月19日 (木)

セキレイ ~Pure Engagement~ 第七羽「遠イ物語」

№06焔の羽化により、羽化可能な全てのセキレイが羽化した。
焔は佐橋皆人のまだ御中広人を殺したいか、という問い掛けに「今はとりあえず殺す気はない」と応じ、意識を失う。
気絶した焔を結が連れ帰り、焔は丸二日に渡って眠り続けた。
そんな焔に付きっきりで看病していたという皆人。

雌雄すら葦牙のままになるという焔は、皆人にどうしたいかと問い掛けるも、皆人は「篝は篝、そのままで良い」と語る。
焔を心配する結、月海、草野の3人は部屋の前で待ち続けていました。

皆人を嗾けてセキレイの数を増やさせようとしている松に、月海は全て彼女の目論見通りになっていると語るが、松は皆人の葦牙としての能力は自分の想像以上だと笑う。
月海が松が何処まで鶺鴒計画について知っているのかと問いつめると、皆人もようやく葦牙として覚悟を決め、松に鶺鴒計画に関する全てを教えてもえるように頼む。
他のセキレイたちが葦牙である皆人を守るため、或いは彼の望みに応えるため戦うように、松は皆人が望む事で彼の望む情報を彼に差し出す。それが彼女のセキレイとしての立場なんだな。

話は20年ほど遡る。
日本近海に隆起した神座島(かみくらじま)に男女二人の学生が上陸した事により、鶺鴒計画が始まる。
島に眠っていた宇宙船を見つけた二人。
御中は宇宙船に残されていたオーバーテクノロジーを使用して会社を興した。
宇宙船で発見された108の生命体、すなわちセキレイ。
女性の方は誰なのか明らかになっていないけど、おそらくは佐橋高美なんでしょうね。

松の話を彼女が作った盗聴器を利用して今で浅間美哉と風花が聞いていたところへ、焔が起きてくる。
「盗み聞きって趣味悪いな」
「あら、それはただの人の秘密を喋るアヒルさんよ。
 そして私はただの下宿の若く美しい大家さん。
 うふふふふ」

般若を浮かべながら笑う美哉に、松も余計な事までは喋らないとフォローする焔。
本気で怖いです。
余計な事を喋ったら、セキレイたち諸共、出雲荘から追い出す気満々ですよ。

1体の成体と8体の胎児、99体の受精卵。
卵の状態では無かった9体がシングルナンバーと呼ばれるセキレイであり、既に卵から孵っていた九体は他のセキレイに比べて仕様がやんちゃになっている。
ただし必ずしも「やんちゃ=強い」という訳ではない。
原作ではむしろ10番以降の方が能力が安定しているため、本来の力が発揮出来るという説明がされていますね。
セキレイは調整者によって大きく代わるらしいが、月海にとって調整者はトラウマです。
結と草野の調整者は佐橋高美。
松は浅間建人。
月海は「婆」と怯える宮島という女性。
それ以外のシングルナンバーはもう1人の天才と呼ばれた健人によって調整が施されている。
№01であり、成体の状態であった美哉は正確にはセキレイとは異なる存在という事です。
彼女だけは羽化や葦牙と言ったしばりが無いのかもしれないな。
その辺の真実を知るのも焔ぐらいまでのようだ。
シングルナンバーのうち、№07だけが未だ正体不明なんですよね。まだ姿を現していないだけなのか、もういないのか。

M.B.I.誕生前に、御中の私有地となっていた神座島に国籍不明の軍隊による神座島侵攻が発生した。
この時、目覚めていたのは僅か5体のセキレイのみ。
この五羽こそがS計画を守護する第一期懲罰部隊
メンバーは№01を筆頭に、№02-05まで。
もちろん松や風花も第一期懲罰部隊。
この時、建人がこの5体に特別な調整を施した事により、後にシングルナンバーはヤバいという噂の原因となった。
この戦いこそが第二期の第一話の冒頭のシーンですね。
あまり今と雰囲気の変わらないセキレイたちですが、唯一美哉だけが今よりも剣呑な感じで御中を殺してあげると言った時の様子に似ている。

多国籍軍であった軍隊をあっさりと殲滅した第一期懲罰部隊。
建人はこの戦いで何の達成感も得る事が出来ず、御中は神々の世を復活させる鶺鴒計画を思いついた。
鶺鴒計画の前身であったS計画とはセキレイの保護と研究を目的としたものだったので、大きく方向転換した形。
この健人が何故死んだのかは明らかになってない謎の一つですが、御中が間接的に関わっているのは確かなんだろう。

第一期懲罰部隊でありながら松はとある理由から逃亡、風花は社長に失恋して傷心旅行→全国地酒巡り、陸奥は掴みづらい性格である日突然姿を消した。
「人それぞれ、セキレイそれぞれですね」
108羽もいるのだからと、鈿女の言葉を口にする結。
松は鈿女と戦う事になる可能性も示唆する。
松も当然ヒレのセキレイ=鈿女と知っているだろうから、戦いなるのは避けられないと知っているからこそ、今のうちに釘をさしておいたのだろう。

そして御中からメールが一斉送信され、勝ち星のないセキレイはゲーム参加意思がないものとして、機能停止とする事を宣言する。
終盤が近づいて、またもや原作と少し違った展開となってきました。

次回 第八羽「草ノ遊戯」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« オオカミさんと七人の仲間たち 第7話「おおかみさん地蔵さんとダブルデートする」 | トップページ | アマガミSS 第5話 棚町薫編 第二章「トマドイ」』 »

セキレイ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/49194317

この記事へのトラックバック一覧です: セキレイ ~Pure Engagement~ 第七羽「遠イ物語」:

« オオカミさんと七人の仲間たち 第7話「おおかみさん地蔵さんとダブルデートする」 | トップページ | アマガミSS 第5話 棚町薫編 第二章「トマドイ」』 »