« ベスト・キッド レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第47話「残されたU/フィリップからの依頼」 »

2010年8月15日 (日)

特攻野郎Aチーム THE MOVIE レビュー(ネタバレあり)

【ストーリー】

メキシコで敵の手に捕らえられた“ハンニバル”ことジョン・スミス大佐(リーアム・ニーソンは犬の餌にされかけるが窮地を脱出すると、自分の愛車のバンを取り戻して荒野を走っていたモヒカン頭のB.A.バラカス軍曹(クイントン・ジャクソン)と出会う。
共にレンジャー部隊だと知った二人は、麻薬組織に捕らえられた仲間である“フェイス”こと”テンプルトン・ペック中尉(ブラッドレイ・クーパー)の救出へと向かう。
麻薬組織のリーダーの妻に手を出して処刑され掛けていたフェイスを間一髪救出したハンニバルとB.A.の二人は、近くの病院へと駆け込む。
そこで彼らは頭がいかれているが凄腕のパイロットであるH・M・マードック大尉(シャールト・コプリ)を仲間に引き入れ、追跡していた麻薬組織を相手にヘリコプターでの逃走劇を繰り広げる。
武器を何も詰んでいない医療用のヘリでB.A.が空に投げ出されそうになりながら、上手くアメリカ領空へと誘い込んで空軍の力で撃墜する事に成功した。
「作戦は奇を以てよしとすべし!」
満足げに決め台詞を吐くハンニバル。
ここに命知らずの特殊部隊「Aチーム」ことアルファ部隊が誕生した。

8年後、Aチームは数々のミッションをこなして華々しい戦火を上げていた。
Aチームのリーダーのハンニバルは、Aチームが回収できなかった『USドル紙幣の原版』を持ったゲリラが、バグダッドから逃亡しようとしているという情報をモリソン将軍(ジェラルド・マクレイニー)から得る。
将軍はパイクという男の率いる傭兵たちに任務を任せようとするが、ハンニバルは素人集団には任せられないと自分たちが行うと反発する。

同じ頃、フェイスの下に元恋人のキャリサ・ソーサ大尉(ジェシカ・ビール)が訪れて、原版には関わらないようにと忠告する。

秘密裏にパイクたちの道具を盗み出動したAチームはゲリラを出し抜いて原版と偽札の詰まれたコンテナの回収に成功する。
だが、彼らを出迎えたモリソン将軍の乗るジープが彼らの目の前で爆破され、彼らの運んできたコンテナも爆破されてしまう。逃げるパイクたちの姿にだと気付いたハンニバルだが時既に遅し、彼らは軍法会議に掛けられると、階級剥奪の上、10年間の懲役処分を受けて監獄送りとなってしまう。

C.I.A.の捜査官リンチは、服役中のハンニバルの下に現れる。彼らが脱獄して汚名を返上するだろうと思っていた彼は、動きを見せなかった彼らに落胆を見せる。
だが、服役中にもかかわらず、ハンニバルはリンチ以上の情報収集でパイクたちの動きを察知していたのだ。
ハンニバルは時は来たと、リンチの手伝いを受けて仮死状態となって見せて脱走に成功する。

フェイスは監獄でも女性を色仕掛けで惑わして極上生活を送っていたが、ハンニバルが彼を強引に脱獄させる。護送中だったB.A.と、精神病院に収容されていたマードックも脱出させてAチームを復活させたハンニバルたちは汚名を返上するための戦いに乗り出す。
だが、B.A.だけは刑務所の収容中にマハトマ・ガンジーの本を読んで感銘を受け、人殺しをしないという誓いを立ててしまっていた。

ハンニバルたちと協力関係にあるリンチたちC.I.Aだが、ハンニバルたちを捕らえようとするソーサを邪魔に感じて彼女たちの殺害を検討する。
だがハンニバルは彼女の力を利用するため、殺させまいと手を打つ。

そんな状態で行われたドイツでの原版の奪回作戦
全ての原版が揃ったところへとビルの窓から突入したハンニバルは、パイクに協力している謎のアラブ人を捕らえると原版の奪取に成功する。
逃げようとするB.A.を一時は追いつめたパイクだったが、ソーサたちによって逮捕されてしまう。

ハンニバルはリンチに原版提供の見返りとして自分たちの潔白の証明を要求するが、リンチは彼らを殺害して原版のみを回収しようと企んでいた。
更にハンニバルたちは捕らえたアラブ人の正体が、死んだと思われていたモリソン将軍であった事を知る。
彼は最初からパイクやリンチと協力してAチームを罠へと陥れたのだ。
彼の証言があれば無実が証明できると考えたAチームだが、リンチたちの攻撃によってモリソン将軍は殺害されてしまう。

Aチームは自分たちを殺害したと信じ切っているリンチたちに対して、フェイスの考えた作戦で誘き出して罠に嵌める作戦を決行するのだった。

公式サイト:http://www.ateam-movie.jp/
・キャスト
“ハンニバル”ジョン・スミス大佐:リーアム・ニーソン(吹き替え:菅生隆之)
“フェイス”テンプルトン・ペック中尉:ブラッドレイ・クーパー(吹き替え:堀内賢雄)
“B.A.”B.A.バラカス軍曹:クイントン・ジャクソン(吹き替え:乃村健次)
“マードック”H・M・マードック大尉:シャールト・コプリー(吹き替え:多田野曜平)
リンチ:パトリック・ウィルソン
キャリサ・ソーサ大尉:ジェシカ・ビール(吹き替え:岡寛恵)
モリソン将軍:ジェラルド・マクレイニー(吹き替え:羽佐間道夫)

動画


 【感想】

アメリカでは1983年から、日本では1985年からテレビ放映されたドラマをリメイクした劇場版
当然、現代に合わせてベトナム戦争がイラク戦争へと代わり、バグダッドから始まる形となっているし、携帯電話なども多様されます。

14日に先行上映が行われていたので見てきました。字幕版は夜遅くの上映という事もあり、意外と見る人は少なかった。
正直、見るまでは旧作のイメージが強いのでダメかなと思っていたのだけど、思った以上に楽しめる出来映えとなっていました。

ハンニバルはお得意(?)の変装が無かったのが残念です。
終盤は作戦もフェイスが立てるので、影が薄くなりがちなのは残念。
むしろラストは肉体派になってるし。

フェイス役のブラッドレイは良い身体をしています。
マッチョ好きのアメリカ人でもあにマスクにあの肉体ならもてるよな。
今回の主役は当然4人なのですが、その中でもフェイスが一番の主役という感じだ。

B.A.は飛行機嫌いなのに無理矢理乗せられる場面での笑いのシーンだけでなく、不殺の誓いを立てた事による葛藤が見物。

マードックはもちろんいかれっぷりが健在。
彼の登場シーンや精神病院からの脱走シーンはかなり見物でした。

字幕版では日本版オリジナルで使用されていた「コング」や「クレイジー・モンキー」の呼び名は使用されませんでした。吹き替え版では使用されているのかは不明。

ちなみにエンディングクレジットの後にも、最後に少し映像があるので、スタッフロールになって席を立たないようにしましょう。
ま、それほど重要な映像ではなく、むしろTV版を知る人へのファンサービスという感じが強いけど。
逆に知らない人からすると、脱出した筈なのに何故!? と、思うかもしれないな。

非常にテンポも良く、アクションからラブロマンスまで満載となっている作品。
残念なのは意外性が少ない事か。
前フリがあるので、読めてしまうシーンが多いのだよね。
B.A.のモヒカンもそうだし。将軍なんかも死んだ事を明らかにせず、マードックの鉄仮面も出さないでおいたりしたらもっと驚きがあったのではないだろうか。

個人的評価:93点

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« ベスト・キッド レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第47話「残されたU/フィリップからの依頼」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特攻野郎Aチーム THE MOVIE レビュー(ネタバレあり):

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE [LOVE Cinemas 調布]
1980年代に大人気だった同名ドラマの映画版。元レンジャー部隊の4人“Aチーム”が常識外れの大暴れをする痛快アクションムービーだ。出演は『96時間』のリーアム・ニーソン、『ハングオーバー!』のブラッドリー・クーパー、『第9地区』のシャールト・コプリー、格闘家のクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンら。監督は『フォース・カインド』の製作を務めたジョー・カーナハン。... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 18時49分

» 助けを借りたいときは、いつでも言ってくれ。『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・物語の内容に触れています。1980年代、日本でも人気を博したテレビドラマ『特攻野郎Aチーム』を映画化。ハンニバルことスミス大佐を『96時間』でキレのあるアクションをみせたリーアム・ニーソン、部下の... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 20時53分

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE / THE A-TEAM [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 80年代大ヒットしたテレビシリーズの映画化{/kaminari/} 特攻野郎Aチーム。いわれなき罪でお尋ね者となってしまった米軍最強の特殊部隊の4人組のこと。 今月公開にあたって、試写にて鑑賞。 「チャーリーズエンジェル」のテレビ版は大好きでレンタルしてはよく観てたわたしでも、 こっちの男の子版は知らないけど日本で... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 21時31分

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE [★YUKAの気ままな有閑日記★]
久しぶりに映画館に行って来ました〜  ≪お詫び≫ 〜多忙な日々が続いた上に体調まで崩してしまい、暫くブログを放置していました。  TBやコメントを頂いた方へのお返事が遅れて申し訳ありませんでした。  必ず順にお返事致しますので、どうぞ宜しくお願いします。〜【story】ハンニバル(リーアム・ニーソン)率いる特殊部隊員で編成されたAチームの精鋭たちが、ある陰謀に巻き込まれて逮捕される。だが、ハンニバルは、部下のフェイス(ブラッドリー・クーパー)やマードック(シャールト・コプリー)、B.A(クイントン・... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 21時58分

» 特攻野郎Aチーム THE MOVIE [Akira's VOICE]
笑いと興奮いっぱいの大活劇!   [続きを読む]

受信: 2010年8月24日 (火) 12時15分

» 映画「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」 [FREE TIME]
映画「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 01時48分

» 映画「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」B級の吹っ切れた豪快な傑作 [soramove]
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」★★★☆ リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、クイントン“ランペイジ”ジャクソン、シャルト・コプリー、ジェシカ・ビール出演 ジョー・カーナハン 監督、118分 、2010年8月20日公開、2010,アメリカ,FOX (原題:THE A-TEAM)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「TVシリーズは見たことはないが、 予告がバカバカし... [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 09時30分

» 「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」懐かしもあり、新しくもあり…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[特攻野郎Aチーム THE MOVIE] ブログ村キーワード  『♪~チャ~ンチャチャチャ~ン♪チャチャ~ンチャ~ン♪ ベトナムで鳴らした俺たち特攻部隊は、濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った。しかし、地下でくすぶってるような俺たちじゃあない。筋さえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず、不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、俺たち特攻野郎Aチーム!俺たちは、道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する、頼りになる神出鬼没の“特攻野郎Aチーム!”助けを借りたい時は、いつでも言っ... [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 23時37分

» 「特攻野郎AチームTHE MOVIE」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 80年代に日本でも人気を博したテレビドラマ「特攻野郎Aチーム」を、リドリー&トニー・スコット兄弟製作、「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」のジョー・カーナハン監督... [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 21時29分

« ベスト・キッド レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第47話「残されたU/フィリップからの依頼」 »