« 屍鬼 第悼話 | トップページ | バイオハザードⅣ アフターライフ レビュー(ネタバレあり) »

2010年9月15日 (水)

祝福のカンパネラ 第11話「それぞれの思い」

ミリアム・ローランドに自分のコアを移植する事を選択したミネットは、きっとミリアムは怒るだろうから、自分がやりたいからするのだと伝えるようにアバディーン・ローランドに伝える。

ミネットを捜すレスター・メイクラフトは、カリーナ・ベルリッティの魔法でミネットを捜索し、ミネットの下へと向かわせる。
てか、そんな簡単に見付かるなら、みんなで手分けする必要なんてなかったんじゃ……
させまいとするアヴリルにはカリーナが対応。
これだけ派手に戦っている中で、他のみんなは何してたんだろう。

サルサ・トルティアとリトス・トルティアがみんなに結果報告を伝えに戻ってきました。
この二人だけはどんなに緊張した空気でもお笑い担当なんだな。

レスターはアバディーンと対決。
戦闘用アーティファクトを身につけているアバディーン。
レスターはミネットに良く自分で考えて決めたと褒める。
アバディーンとアヴリルも苦しんでおり、二人も救いに来たというレスター。

自分も我が儘を言うというレスターは、ミリアムにも我が儘を言って良いのだと諭して、ミリアムのみんなと一緒にいたいという本心を引き出す。
そして起きてきたミリアムもミネットの気持ちに感謝しつつも、自分の我が儘としてみんなと一緒に生きていたいと語る。

アヴリルはミネットを姉さんと呼んでいるという事は、彼女もアーティファクトなのか?
アバディーンが猫をアーティファクトにしたとかなんだろうか。

和解したものの、ガーネットが現れてそれどころではないとみんなを呼びに来た。
トルティア姉妹の報告で、エールの逆流と晶石モンスターの大量発生が知らされました。

ガーネットによると天蓋の水車が起こしている異常という事。
このエールの異常を直せばミリアムの異常も収まるかも知れないし、修復手段が見付かるかもという事でみんなで向かう事にしました。
こんな結論に今更辿り着くか……普通に考えたら、エールの異常を納めれば治る筈とすぐに考えつくよな。

次回 第12話「祝福のカンパネラ」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 屍鬼 第悼話 | トップページ | バイオハザードⅣ アフターライフ レビュー(ネタバレあり) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝福のカンパネラ 第11話「それぞれの思い」:

« 屍鬼 第悼話 | トップページ | バイオハザードⅣ アフターライフ レビュー(ネタバレあり) »