« 祝福のカンパネラ 第12話(最終回)「祝福のカンパネラ」 | トップページ | セキレイ ~Pure Engagement~ 第十二羽「乱戯ノ塔」 »

2010年9月24日 (金)

オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終回)「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」

借金に苦しむ少女・火村マチ子が森野亮士を金持ちと勘違いしてものにしようと孤軍奮闘するお話。
マチ子は亮士たちのクラスメイトでした。

かなり強引なアタックをしたものの、結局は失敗。
まぁそもそも亮士は金持ちではないのだが。

幼い頃は普通の家庭だったものの、両親の離婚、父親の借金という状況で、マチ子のアルバイトで借金返済を続けていたものの、父親が返済金を持って失踪してしまったため、借金取りから追われる羽目になってしまいました。
最終的には亮士や林檎、御伽銀行の力で借金を揉み消して、おかし荘に下宿する事になったようですが、一体どうやって借金を無くしたんだろうか。何かあくどい事をしていたから、その秘密を握って会社そのものを潰してしまったとかかな。

話的にはエピローグとして涼子と亮士の関係がまた一歩縮まるという感じのものでした。

結局、羊飼士狼についてはあのまま投げっぱなしジャーマン

全体的に恋愛メインだったけど、恋愛面で揺らぐ場面があったわけでもないので安定した感じ。
脚本は原作が原因かは判らないが稚拙さが目立ってしまった。
士狼の策略もしょぼければ、それに引っかかる御伽銀行もたいがいという感じで。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 祝福のカンパネラ 第12話(最終回)「祝福のカンパネラ」 | トップページ | セキレイ ~Pure Engagement~ 第十二羽「乱戯ノ塔」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオカミさんと七人の仲間たち 第12話(最終回)「おおかみさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女」:

« 祝福のカンパネラ 第12話(最終回)「祝福のカンパネラ」 | トップページ | セキレイ ~Pure Engagement~ 第十二羽「乱戯ノ塔」 »