« インセプション レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #010「夕暮れ」 »

2010年9月 4日 (土)

世紀末オカルト学院 Episode.09「雪のあかり」

神代マヤに中川美風から頼まれたアイスクリームの校内販売の許可をもらいに来た内田文明は、マヤの机の上にあるある資料を眼にする。
もう誰も住んでいないマヤの実家が取り壊されるという事。

川島千尋の降霊術の授業で難しいと言われる霊の実体化を行う事になり、空気の読めない成瀬こずえの提案で死亡した学長の神代純一郎の霊を呼び寄せる事になりました。
しかし現れたのは岡本あかりという小学校1年の少女。
学長が現れなかったのは、千尋が本気で学長の霊を下ろすつもりは無かったからだろうか。彼女が陰謀の裏にいる以上は、学長の霊に現れてもらっては困るはずだし。
雪だけを残してマヤの前から姿を消したあかりは何故かスマイルに懐いてしまいました。
JKにはあかりの姿が見えないという事で、見える人と見えない人がいるようだ。

美風にデレデレの文明にマヤはちょっとご機嫌斜め。

おうちに帰りたいと泣きじゃくるあかりのため、彼女の家を探す事にしたマヤたち。
あかりの言葉からJKが真田邸近くの小学校だと気付き、そこから自宅を見つけ出したもの、自宅にたどり着いた途端、あかりは家の前に蹲ってしまう。
更に強い吹雪を起こし、ポルターガイストを発生させてしまった。
なんとか助けようとするマヤの前から消えてしまうあかり。
マヤはどうしてもあかりに自分自身を重ね合わせてしまうようだ。彼女の旧家が取りつぶされるタイミングだった事が余計に影響しているのかな。

マヤたちはアパートの大家から、あかりの素性を教えられる。
両親が離婚して父親に引き取られたあかりだったが、明るく振る舞い、回りに甘える事もなく暮らしていた。
しかしクリスマスの日、あかりは家の前にずっと蹲ったまま凍死してしまったのだという。

何故あかりが家に入らずにいたのか、事情を知るために引っ越しし、職も変えていたあかりの父・岡本健吾を訊ねたマヤたちだが、健吾は話を信じようとはせずに追い返そうとする。
そんな健吾に「あかりちゃんを助けなくて良いのか!」と強く食い下がるマヤに、健吾はあかりは自分のせいで死んだのだと口にする。
あかりの中の人は水瀬いのりという新人のようですが、キャスト欄にわざわざ(新人)てつける必要があるのか……

次回 Episode.10「暖炉のあかり」

あかりが何を待っているのかが明らかに。
そして文明を巡る美風vs千尋のバトルも勃発!

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« インセプション レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #010「夕暮れ」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末オカルト学院 Episode.09「雪のあかり」:

« インセプション レビュー(ネタバレあり) | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #010「夕暮れ」 »