« アマガミSS 第9話 中多紗江編 第一章 「コウハイ」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #011「悪魔の子」 »

2010年9月11日 (土)

世紀末オカルト学院 Episode.10「暖炉のあかり」

アバンでは岡本あかりが生前、離婚前の両親と共にクリスマスにサンタクロースが来る事を楽しみにしていた夕食の風景が……

内田文明はマヤがご機嫌斜めの理由が判らず、パートナーであるからもっと歩み寄ろうと言った舌の根も乾かない内から中川美風に鼻の下を伸ばしてぶん殴られ、手伝うと言っていた岡本健吾の説得に加わらずに美風とドライブ。
てか、いくら校内販売を任されているとはいえ、部外者が簡単に職員室とかに入ってくるのは良いのか……

あかりに自分を重ね合わせる神代マヤは健吾を説得しようとする。
健吾からあかりの話を聞き出そうと、放課後に彼の自宅であるアパートを訪ねたマヤたちは、夜暗くなるまで家の前で待ち続け、遂に健吾が根負け。
話を聞き出す事に成功。

円満だった家庭は、健吾の仕事の忙しさを理由に両親が夫婦げんかの末に離婚してしまう。
健吾に引き取られたあかりは、それども明るく健吾と接していたものの、健吾はそんなあかりに連れない態度をとり続け、サンタクロースを楽しみにしているあかりにも、存在しないと冷たくあしらう。
そしてクリスマスの夜、病院からの電話であかりが家の前でサンタクロースを待ち続けて死んでしまった事を報された。
話を聞いたマヤは、みんなであかりのためにクリスマスパーティを開く事を提案する。
クリスマスパーティを開くのに、父親に確認とかは取らないのだね。
しかし真夏のクリスマスパーティーか。

ドライブを終えた美風は、文明を夕飯に誘うも、張り込んでいた川島千尋が割り込んできて険悪な空気
耐えきれなくなった文明は、学長に呼ばれていると立ち去ろうとして、千尋からマヤの生家が取り壊される事を知る。
立ち去る文明を厳しい表情で見つめる美風。
これまでの天然系とは違う雰囲気で、ようやく美風が尻尾を出した感じか。

取り壊しの前に屋敷にやってきていたマヤは、様々な思い出を懐かしむ。しかし同時に、オカルトにのめり込んで自分たちを顧みなくなってしまった神代純一郎の事も思い出してしまう。
楽しさと辛さの混在する思い出の屋敷です。
マヤを捜しにきた文明に、マヤはクリスマスパーティの事を教え、ある頼み事。

サンタもやってくるという言葉に釣られたあかりと共に行われるクリスマスパーティ。
マヤと黒木亜美はマジックショー、スマイルはスパナお手玉、成瀬こずえはあかりとツイスターゲーム、JKはキーボード演奏。
こずえは怖すぎる……

サンタ役を頼まれていた文明ではなく、サンタクロースとして登場したのは健吾です。
健吾はあかりの大切なクリスマスのオモチャをプレゼントすると、あかりを抱きしめ、あかりの死んだ夜に行ってあげられなかった事を詫びる。
あかりはサンタクロースと父親に感謝して成仏する。
しかし夏場にこのサンタクロースの格好は暑いだろうな、とか思ってしまう私はダメダメだ。

文明とマヤは取り壊し中のマヤの生家へ。
屋敷でマヤは純一郎にサンタクロースに「おばけの学校」をお願いするという言っていた事を思い出した。
純一郎がオカルト学院を建設したものマヤの願いを叶えるためだったのだと気付いたマヤ、父の思いに気付いて涙する。
娘の願いを叶えるために、家庭を顧みなくなってしまって、娘と嫁から嫌われてしまうという本末転倒な結果になってしまったのですね。
そしてノストラダムスの鍵と、父親の仇を見つけ出す事を強く誓う。
そろそろお話も佳境という事で、ノストラダムスの鍵へ近づくのでしょうか。
ところで、マヤのブレスレットは何かあるのかな。アレがノストラダムスの鍵とか?

次回 Episode.11「マヤの死」

予告ソングが小林ゆう画伯による「蝋人形の館'99」
蝋人形の館をチョイスというだけでもビックリなのに、あえて99の方を選ぶか。
マヤが千尋に殺される? そして美風の方も文明に強く迫るようですが……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« アマガミSS 第9話 中多紗江編 第一章 「コウハイ」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #011「悪魔の子」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末オカルト学院 Episode.10「暖炉のあかり」:

« アマガミSS 第9話 中多紗江編 第一章 「コウハイ」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #011「悪魔の子」 »