« 刀語 第十話「誠刀・銓」 | トップページ | もっとTo LOVEる -とらぶる- 第3話「特恋薬♥/レンズ越しに見る君は…/愛しの君はシンデレラ♥」 »

2010年10月20日 (水)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第3話「3 BRIDGE×2」

キミを待つ。
キミのノックを待つ。
2人を隔てているのはドア一枚。
僕は靴を磨いて旅立ちの準備をしているから
傷まないパン、ポケットに詰め込んでいるから
キミの支度が調ったら、少し顔を上げて欲しい
今ボクは、キミを待つ……
キミのノックを、待つ

第122話「金星からのメッセージ」
部屋を交換したニノと市ノ宮行だが、毎夜ニノが寝ぼけて戻ってくるので元通りになりました。
しかしニノは部屋を交換している間に、リクの部屋が薫製にちょうど良いと気付いて、部屋で魚の薫製を作るようになってしまいました。おかげで部屋が生臭い。
燻製の作りやすい部屋ってどんなのだ。

部屋の隅に見慣れないカセットテープとデッキを発見したリク。
気になって思わず聞いてみたら金星人を名乗る男からのメッセージで、最後にニノの事とおぼしき「金星王女」について語られようとしましたが、そこにニノがやってきてしまいました。
珍しく怒ったニノは、ジャージを被ってデッキを持って飛び出していきました。
ニノにとってかなり大切なものだったようだ。
確かに、リクの部屋に移り住んだ時に他の物は置きっぱなしにしていたのに、わざわざ持って行った物だという事を考えると、ニノにとって一番大切なものだったのかもしれないな。

第123話「電柱の上で」
電柱によじ登って猫のような威嚇をするニノ。
追い掛けたリクたちのところに、村長・星・シスターも野次馬で集まってきました。
シスターはクッキーで釣るも、鳥を使って回収したり、よく判らない鳥たちに囲まれてたりと物凄い鳥使いと化している。

第124話「メッセージ」
マリアが加わった。
女心を判っていないと、ニノを口説き落とすメッセージをプレゼント。
自分をゴキブリ呼ばわりする台詞でした。
次に渡されたのは「にゃんにゃんメイド物語」という漫画。
マリアなんて信じるから……

第125話「言葉より重いもの」
自分の言葉で説得しようと、どんな事でも受け止めて見せると告げると、ようやく戦闘態勢を解いて降りてきたものの、何故か更に怒っている様子。
村長は、リクが考えるよりもずっと重い事だと告げて、唯一嫌がる星はシスターが抱えてみんな立ち去りました。
星以外の3人はニノの秘密やテープの内容を知っているのでしょうね。

残されたリクは一度は怖じ気づくも、ニノの壊れそうな表情を見て聞く事を決断。
ああ、なのに星が勝手にヒモソングを上書きしてしまっていました。
ニノのショックそうな顔と言ったら……この後星は登場しませんがどうなったんだろうか。

第126話「パジャマパーティー」
女の子の秘密を勝手に覗こうとしたと怒ったP子。
ニノ、P子、マリア、ステラでパジャマパーティをする事になりしまた。どう見ても昼間だけどな。
ニノは普段ジャージで眠っている筈なんだけど、P子が貸してあげたのだろうか。それとも着用していないだけで持っていたのか。

恋愛について語りだすP子たち。
P子は普通に乙女ですが、ステラだけはP子が村長の事を好きなのを知らないらしい。
ステラは最終的にシスターを掌にのせるほど巨大になりたいのか。もはや人ではないものですよ、あなた。
マリアの夢は100回ぐらい突き落としても這い上がってくる男が好み。ドSなので、どれだけ打たれても懲りないドM男じゃないとダメなのね。

やってきたリクが反省して、ニノの秘密を聞いた代わりに差し出したのは自分の秘密を録音したカセットテープでした。
P子はかなりお怒り。
そりゃあ、そんなものを渡されてどうしろと……

第127話「リクの秘密テープ」
まずは自分の事を知って貰いたいと思ったからでしたから、一応聞いてみる事になったものの、自慢に混ざって語られる恥ずかしい失敗談。
テストの裏に書いたサインとか、リレーのバトンを指に入れて抜けなくなったとか……
しかし本人は完璧な男のつもりなので、その程度の失敗はむしろ人らしくあるためにちょうどいいとか、対して気にしてません。
駄目だ駄目だ、まるでダメだ。とてもニノの失ったテープの代わりになんてなりませんよ。

第128話「心重ねて」
P子に追い出されたリクですが、ニノの辛そうな顔を見ると心が苦しくて帰る事が出来ないと、必死に抵抗。

怒っても哀しんでもいないのだと言うニノ。
テープの内容も全部記憶してしまっているニノだが、全てをリクに話してしまうと、彼が自分の下から去ってしまうかもしれないと怖がっていたからでした。
普段は金星人がどうのと言っているけど、そんなものよりも遥かに重たい内容の事なんでしょうか。
村長たちの結論は、まだリクに聞かせるのは早い、と判断しているようだし、かなり辛い内容なんだろうな。

ずっと一緒にいるという自分の言葉を信じてもらえていないのだと知ったリクは、ニノを強く抱きしめて謝る。

第129話「荒川一発芸予選」
シスターとアシスタントの黒子(ステラ)。
ダジャレ「ふとんが吹っ飛んだ」
布団を銃で吹き飛ばしましたが、マリアの毒舌の前に撃沈。

次回 第4話「4 BRIDGE×2」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 刀語 第十話「誠刀・銓」 | トップページ | もっとTo LOVEる -とらぶる- 第3話「特恋薬♥/レンズ越しに見る君は…/愛しの君はシンデレラ♥」 »

荒川アンダー ザ ブリッジ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/49798767

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川アンダー ザ ブリッジX2 第3話「3 BRIDGE×2」:

» 背中合わせの恋人たち [マイ・シークレット・ガーデン]
{/kaeru_love/}京都議定書! 不意打ちな、萌え{/heartss_pink/}{/heartss_pink/} 『荒川アンダー ザ ブリッジ*2』 3 BRIDGE×3 君を待つ 君のノックを待つ ふたりを隔てているのは ドア一枚 僕は靴を磨いて 旅立ちの準備をしているから 傷まないパン ポケットに詰め込んでいるから 君のしたくが整ったら すこし顔を上げてほしい 今 僕は 君を待つ 君のノックを 待つ・・ 第122話 金星からのメッセージ ニノさんとトレードした部屋を戻す事... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 11時20分

« 刀語 第十話「誠刀・銓」 | トップページ | もっとTo LOVEる -とらぶる- 第3話「特恋薬♥/レンズ越しに見る君は…/愛しの君はシンデレラ♥」 »