« 神のみぞ知るセカイ FLAG 1.0「世界はアイで動いてる」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #015「きる・ざ・きんぐ」 »

2010年10月 9日 (土)

おとめ妖怪ざくろ 第一話「いざ、妖々と」

オープニングテーマ
「MOON SIGNAL」歌:スフィア(寿 美菜子、高垣彩陽、戸松 遥、豊崎愛生)


妖人(=妖怪)にまつわる事件を取り締まることを目的に人間と妖人の代表者で『妖人省』が設立されることになった。
人間側からは陸軍少尉の総角景(あげまき けい)、芳野葛利劔(よしのかずら りけん)、花桐丸竜(はなきり がんりゅう)の3人。
妖人側からはネコ耳のついた半妖の少女たち、西王母桃(ざくろ)、薄蛍(すすきほたる)、雪洞(ぼんぼり)、鬼灯(ほおずき)
参加を楽しんでいる双子の雪洞と鬼灯ですが、西王母桃は猛反対。

景は少将の子息という事もあってみんなの前では虚勢を張っているものの、妖人をかなりびびっています。
景が妖人を怖がっているのわ知っているのは利劔だけのようです。最終的には隠し通せる筈もないのでみんなに知れてしまうわけですけど。
オープニングの様子からしてざくろと景、蛍と利劔が恋仲になるようです。
しかし景は無類の妖人恐怖症で、ざくろは景に惚れるも、妖人が怖いと知って百年の恋も冷めました。

蛍は最初こそ利劔を大きな男の人として怖がっていたものの、利劔の方が歩み寄る形で良い雰囲気に。
丸竜と雪洞と鬼灯は鬼灯たちがからかって楽しんでいる感じでしょうか。

親睦会を兼ねたお花見で人々からは遠巻きに怖がられているざくろたち。
そこに現れた雷獣から桐と桜を護って見せた景ですが、腰が抜けて動けなくなるというダメっぷり。
良いところを見せるも後一歩届かない感じで、こんな感じが続くのかな。

豆蔵、桜、桐の3体の妖人は体内に4人の少女の刀を宿しているようです。宿している間は桜や梅の枝の形になっていて、ざくろたちが持って刀に戻すみたいだ。
雷獣と戦うざくろの刀の一撃で、暴れていた雷獣は大人しくなりました。
戦う時はこんな感じで毎回歌を歌うのだろうか。
ただ、今のところ戦っているのはざくろだけなので、他の4人もそのうちに刀を持って戦うようになるのかな。

本来は大人しい筈の雷獣が暴れた原因は現在のところ不明。
何らかの敵がいるのだろうね。オープニングやエンディングで仮面を付けた男と、彼と共にいる女性たちなんだろう。

エンディングテーマ1
「初戀は柘榴色」
歌:西王母桃(CV.中原麻衣) 語り:総角 景(CV.櫻井孝宏)

エンディングは3組分があるようです。

「二人静」
歌:薄蛍(CV.花澤香菜)&芳野葛利劔(CV.日野聡)
「純情マスカレイド」
歌:雪洞(CV.豊崎愛生)・鬼灯(CV.堀江由衣)&花桐丸竜(CV.梶裕貴)

次回 第二話「あか、煌々と 」

そこそこ面白そうですが、今後はレビューなしです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい

こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします

|

« 神のみぞ知るセカイ FLAG 1.0「世界はアイで動いてる」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #015「きる・ざ・きんぐ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとめ妖怪ざくろ 第一話「いざ、妖々と」:

« 神のみぞ知るセカイ FLAG 1.0「世界はアイで動いてる」 | トップページ | 伝説の勇者の伝説 #015「きる・ざ・きんぐ」 »