« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

仮面ライダーオーズ/OOO 第12話「ウナギと世界と重力コンボ」

オーズの力があれば世界を護れると吹聴する後藤慎太郎(君嶋麻耶)に、火野映司(渡部秀)はオーズの力を渡してもいいとあっさり受け入れるも、アンク(声:三浦涼介)によってオーズに変身できるのは封印を解いた映司だけである事が判明しました。
ただ、この言葉が真実なのかどうか。もし映司が死んでしまったらどうなるのか、なども不明。

ウヴァ(声:山田悠介)に襲われ掛けた泉比奈(高田里穂)は消化器で逃れる事に成功。

勝手にヤミーを倒そうとした後藤慎太郎(君嶋麻耶)に里中エリカ(有末麻祐子)は勝手な振る舞いをする彼を問題視。
鴻上光生(宇梶剛士)は新しい後藤の誕生だと言いつつ、怒り心頭で謹慎処分としてしまいました。

すっかり有名人になった筑波敬介(阿部進之介)でしたが、もっと有名になりたいという欲望に支配されていました。映司の前にやってくると、映司が体験した内戦の話を自分のネタにさせて欲しいと懇願する。バンコクにこもっているだけで何もできない、と自分を馬鹿にした人間たちを有名になって見返したいのだという。

続きを読む "仮面ライダーオーズ/OOO 第12話「ウナギと世界と重力コンボ」"

| | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

天装戦隊ゴセイジャー epic41「爆発!仲間の絆」

前回サイボーグのブレドRUN(声:飛田展男)に助けられたエージェントのメタルA(アリス)(声:井上麻里奈)ですが、「仲間を助けただけ」という言葉にちょっとときめいてる?
そんなブレドRUNの記憶を10サイのロボゴーグ(声:小杉十郎太)は何故かわざわざUSBに保管しています。なんのためにそんな事を。

失敗作だと放置されていったニュートラルのアインIと仲良くなったエリ(さとう里香)は「コロ」と命名して仲間として扱うようになったものの、実は体内に爆弾が仕込まれていて、ゴセイジャーに潜伏させて遠隔操作で爆発させる作戦でした。
爆弾の威力は半径300mにあるもの全てを吹き飛ばす強力な爆弾。確かに強力なんだけど、微妙に中途半端じゃない? 半径1kmとかの方が

爆弾を除去する事にしたゴセイジャーでしたが、あの壁は低すぎるだろう
半径300mを吹き飛ばす爆弾で、あの壁では簡単に吹き飛んでしまうと思うよ。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic41「爆発!仲間の絆」"

| | トラックバック (0)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第9話「そんなミズノの初恋」

ツナシ・タクトとシンドウ・スガタは前回のぶつかり合いですっかり仲良し。
お風呂を一緒に入る中です……
タクトは姿からシンドウ流古武術の稽古を受ける事になりました。

新キャラ・ミズノ。
彼女が前回副部長を見て「その手があったか」と言ったのは、バス通学でバスの屋根に上るという手段を思いついたからだったのか。
なんたる自由人か。というか、無賃乗車だよね。
ああ、でもなんか発展途上国とかだと、たまに屋根の上にも乗ってる人とかいるよね。
カァすけと名付けた鴉の子供を助けるために男子トイレにも入ってくるような天然さんは、動物と話ができたりする不思議ちゃんで通称「魔女っ子」ミズノ
双子の姉のマリノは天才スポーツ少女の人気者。

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第9話「そんなミズノの初恋」"

| | トラックバック (1)

侵略!イカ娘 第8話「病気じゃなイカ?/新能力じゃなイカ?/ささなイカ?」

●病気じゃなイカ?
かき氷の製造時に自分の触手を一緒に削ってしまったり、全然食べていないのに食事を終えたりして様子のおかしいイカ娘。
人間と同じ生活をしていた為、夏バテになったと見立てたれもんの一同に、そんな筈がないと否定するイカ娘でしたが、ついには体調を崩して倒れてしまった。
イカ娘に夏バテ対策を施すのだが一向に回復の兆しが見えず、寧ろ状況は悪化。
高熱で完全に寝込んでしまったイカ娘から相沢栄子が聞いた病名ゲソニンムル・ゴボング病という、人間界には存在しない謎の奇病だった。
その病気にかかるとエビがいつもより食べたくなるが、食べてしまうと病気は悪化する。食べれば食べるほどに食べたくなってしまう発作を起こすという厄介極まりない病気でした。
海老が食べたいと我が儘放題のイカ娘。断じて満足スルメイカ!? 新しい台詞パターンまで構築しましたよ。

海老を食べて死んだ方がマシだというイカ娘は、広告を本物と思うほどの錯覚振り。
栄子が取った策は毒を以て毒を制する……海老コスプレの長月早苗召還!
早苗に抱きつくとはよほどの重傷。

続きを読む "侵略!イカ娘 第8話「病気じゃなイカ?/新能力じゃなイカ?/ささなイカ?」"

| | トラックバック (1)

テガミバチ REVERSE 第9話「ひとりぼっちの200年」

摩訶の子であるニッチたち姉妹を湖に捨てたブルー・ノーツ・ブルースの町長ハリ・トーノフの先祖たちは、泉に捨てた真実を隠して偽りの史実を伝え続けていた。
「愚かな人よ、気が変わった。
 今度は私の気まぐれだ……
 人……消えてなくなれ」

ニッチの姉は町長を殺害しようとするが、町長を助けたラグをニッチはラグの相棒(ディンゴ)として姉の前に立ちはだかる。
「ラグのしごとは“テガミ”の“こころ”をはこぶ。
 ニッチはラグをまもる!
 なにがあってもそれはかわらない!!」

ニッチが人間の下僕に成り下がったと見なした姉は、ニッチを殺害しようとする。
「弱い……弱い……ひ弱!
黄金の髪を自在に変化させ、圧倒的な力の差でニッチを傷付ける。
「今度は別れが言えるな。
 さようなら……私の妹」

トドメを刺そうとしたその時、ニッチ姉の胸をラグの赤針が貫き、ラグとニッチの出逢ってからの記憶が伝わる。
成長の度合いはそのまま力の差ですが、ニッチは剣にしかできないのに対して、お姉さんはありとあらゆる武器に変化。大きさもかなり巨大な武器にする事が可能みたいだ。
ニッチもいつかこのサイズになる時が来るのでしょうか?

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第9話「ひとりぼっちの200年」"

| | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

伝説の勇者の伝説 #021「ローランドの闇」

ローランドが「全ての式を解く者」を手に入れているという情報を得たガスターク。レファル・エディアに、リーグルワーズ・ペンテストはスパイであるキファ・ノールズから問いただす事を提案。
頼んでもないのにキファを勝手に勧誘したのはレファルなんだけどな。
この娘はなんかスパイ容疑で拷問に掛けられてばかりなんだな。

ローランド帝国に戻ってきたライナ・リュートとフェリス・エリスはシオンに会いに行くも、沢山の仕事を押しつけられました。

ミルク・カラードも目を覚ましたものの、「忌破り」追撃部隊のみんなが何かを隠していると感じて、真実を聞こうと自分に辛く当たったガラード公爵の下へ向かうも、そこは既に廃墟と化していました。
この国では貴族は軍事訓練された身よりのない子供を買い取り、自分たちの功績を得るために軍務に付かせるというのが一般的な習わしで、ミルクもそうして買い取られた存在だったようだ。ミルクたちが幼い頃にいた施設がそういう施設なのだろう。
ミルクを買い取った両親は粛正の対象だったようだ。
ルーク・スタッカートたちが彼女を国から遠ざけようとしていたのは、その事を知っていたからでもあるようだ。
ミルクはこの国にナニが起こっているのか、事実を問い掛ける。

続きを読む "伝説の勇者の伝説 #021「ローランドの闇」"

| | トラックバック (0)

神のみぞ知るセカイ FLAG 8.0「Coupling with with with with」

脚本には原作の若木民喜先生が参戦。

●第一話「冥府よりの脅威?」
桂木桂馬のママ・桂木麻里のシャワーシーンからのスタートです。
入浴中の桂馬ママに忍び寄る怪物……
お風呂を覗いているのを見つけて、全裸で窓を開けるというのはどうかと思いますよ……アレが本当に覗き魔なら完全に丸見えだし。

●第二話「デビル・クッキング」
Aパートはエルシィのターン
料理が得意と自称するエリュシア・デ・ルート・イーマが神にーさまのため自慢の手料理でお弁当を作りましたが、ナニやら触手の生えている生物で、人間の食べるものではありません……
ちひろのアドバイスで苺のショートケーキを作りましたが、何故か材料は地獄から取り寄せです。
エルシィのダミー人形は、一般人にはエルシィに見えるらしい。桂馬にはバレているのは、彼が相棒(バディ)だからかな。
卵からドラゴンが生まれたりして大騒ぎで、結局完成したケーキも何処かへ消失してしまうというオチ。
桂馬ママのお風呂を覗いた怪物の正体は、エルシィが生まれさせた地獄の怪物でした。

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 8.0「Coupling with with with with」"

| | トラックバック (0)

アマガミSS 第20話 桜井梨穂子編 最終章 「サヨナラ」

新学期。
桜井梨穂子のダイエットの調子はどうかというと、お正月の誘惑に負けて減るどころか増えてました。相変わらず意志の弱さは天下一品で、ダイエット失敗者の典型的例の一つか。
橘純一との関係も、初詣以来まったく進展無しで伊藤香苗に呆れられていますが、こちらはそれほど急がなくてもいいと思うようになったようです。と、いいつつも絵馬には純一との関係の進展を願っていたわけですけどね。

夕月琉璃子と飛羽愛歌は公園で森島はるかと、どちらが動物をうまく扱えるか(?)という勝負をしていたようですが、惨敗。
はるか先輩の犬の扱いは神がかっていますキラキラ
愛歌はトンボを集める才能があるのか?
勝負に勝ったらはるかを入部させるつもりだったようですが、三年生なので何の意味もないよね。ま、はるか先輩は人気者なので、彼女が入部する事で釣られて入部してくる奴らがいるかもしれないけど。


梨穂子は三年生の卒業にちょっぴりしんみり。
二年生が天然の梨穂子しかいないので、不安が残るためまだ部長の引き継ぎをしていなかったらしい。
相変わらず純一に勧誘を掛けてきたうえに、入部したら即部長に据えるつもりのようだ。
とりあえず、部員は2人いればなんとか存続可能らしい。
香苗は部員に引き込めないのか?

続きを読む "アマガミSS 第20話 桜井梨穂子編 最終章 「サヨナラ」"

| | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

百花繚乱 サムライガールズ 第捌話「忠の奴隷」

徳川千と真田幸村は服部半蔵・後藤又兵衛・直江兼続を呼び寄せて、柳生宗朗と契りを交わして剣姫(マスターサムライ)となるように命じる。
兼続はかなりおまけというか、呼ばれたのかたまたまいただけなのかが判らない。
1週間後に仏蘭西から帰還する生徒会長・徳川慶彦が本気で千姫たちを殺害しようとしている以上、戦うには力が必要。マスターサムライとならないのならば、安全のために柳生道場から去るように命じる。
パワハラだと騒ぐ兼続はべーたさんと半蔵に騒音扱いされてます。
又兵衛と半蔵はキスの練習などをするも、半蔵はどうしても出来ない。

千姫は幸村にもしキスをしてマスターサムライとなる事の出来ない、資格を有していない者ならば本当に追い出すのかどうするのか、と悩む。
幸村は自分たちが資格を有していた事を疑問に感じる。
20年以上も誕生しなかったマスターサムライに立て続けに変化した。
それは宗朗は相手の資格の生むに関係なく、強制的にマスターサムライへと変化させる事が出来るのではないかというのが幸村の持論。
20年間マスターサムライは生まれていないという事ですが、慶彦によってシャルル・ド・ダルタニアンは剣姫(マスターサムライ)化しているのでは? 千姫たちはその事を知らないのかな。仏蘭西でマスターサムライにしたのか? そうなると、慶彦も儀式の場を必要としないという事なのか。
慶彦も資格を持つ相手をマスターサムライに出来て、その力は宗朗より上らしいが。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第捌話「忠の奴隷」"

| | トラックバック (1)

2010年11月24日 (水)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第8話「大きくなぁ-れ♪/ワンダフルライフ/気分はトランス」もっとTo LOVEる -とらぶる- 第8話「大きくなぁ-れ♪/ワンダフルライフ/気分はトランス」

●Aパート「大きくなぁ-れ♪」
お腹の肉が気になる籾岡里紗は沢田未央と一緒に、ララ・サタリン・デビルークにダイエットの秘訣を聞くも、ララは太らない体質だったので参考になりません。
母親もだったという事ですが、ララの場合はどう考えても消費カロリーが尋常ではないからっぽい気がするんだけどね。
結城リトはやはりララのように胸の大きな女性が好みなのかと思う西連寺春菜ですが、リトは女性は外見よりも中身だと否定。
春菜もそれほど胸が小さいわけではないと思うのだけど、周りが大きい人が多いから気になるんだろうか。
パンツを見せている里紗を注意する古手川唯も大概エロい躰です。

一連の話を村雨静に話していた春菜は、胸の事でモモ・ベリア・デビルークにブラが必要ないとからかわれたナナ・アスタ・デビルークと遭遇。
ナナとモモは胸のサイズにかなり開きがあるのだね。
ナナの発言によって、胸を大きくするオッパイ作戦の開始。
結城美柑が不参加です。しかしやはり無い乳の美柑としては気になったものの、悲鳴を聞いて不参加にして良かったと思っただろう。
エロい事にならない筈がないし。

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第8話「大きくなぁ-れ♪/ワンダフルライフ/気分はトランス」もっとTo LOVEる -とらぶる- 第8話「大きくなぁ-れ♪/ワンダフルライフ/気分はトランス」"

| | トラックバック (0)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第8話「8 BRIDGE×2」

大人になれば手に届かないものにも届くようになると思っていたが、大人になると伏し目がちに歩いてしまう。
そんな彼を掴んでくれる手……

第157話「新入生はアマゾネス」
すっかり荒川に馴染んだリクルートこと市ノ宮行の青空教室
リクや鉄人兄弟がいつものように授業を受けていますが、鉄人兄弟は星にいらない事を吹き込まれています。
そんな青空教室に現れたのはアマゾネスと天狗3人衆。
アマゾネスにメールで告白してきましたが、びびるリクはニノという恋人がいるからと断りました。
乙女なんだか凶悪なんだか……
リクはまずアマゾネスがメアドを知っている事を疑問に思うべきだよ。

第158話「愛は歌に乗って」
そんなこんなですっかり青空教室にいつくようになったアマゾネス。
リクは天狗3人衆に催眠をかけられました。
催眠に気付いていない星とP子はリクのアマゾネスに対する代わりようにドン引き。
催眠をかけられているリク視点のアマゾネスとかを一度見てみたかったな……

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第8話「8 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE ―ケース;アービン― レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
街では『バトリング』と呼ばれる人型ロボット兵器・AT(アーマードトルーパー)同士を戦わせて勝敗を競う裏賭博が流行していた。
この日、『バトリング』の主催者である興行師イシュルーナがマッチメイクで送り出したペイガンは、圧倒的な強さで次々と敵を葬っていく。ペイガンはイシュルーナの指示も無視して、動けなくなった男さえも殺してしまう。
そんな凶悪なペイガンの前に立ちはだかった一騎のATを駆る“ザ・ダーク”は、凄腕ファイターでありペイガンを手玉にとって翻弄する。圧倒的とも思える実力を発揮してペイガンを追い詰めたザ・ダークだが、過去のトラウマが蘇った彼の銃口はペイガンのATから外れる。
わざと攻撃しなかったと感じたペイガンは怒りに震えて反撃し、ザ・ダークのATの片腕を破壊。ザ・ダークは敗北して撤収していく。

ザ・ダークの正体はATの整備工場を営む青年・アービン・レスターであった。
彼はエージェントでありかつての戦友・シラフの手引きで負け役を引き受けていたのだ。
アービンの高度なAT操縦技術に目を付けたイシュルーナは、シラフに代わって自分がアービンのエージェントになると名乗り出る。高額な報酬を約束するも、アービンは金は欲しいが負け役で十分であると彼女の申し出を断ってしまう。
しつこい食いさがっていたイシュルーナだが、そこにペイガンが現れる。
『バトリング』は戦場であり、「戦場は勝った者が生き、敗者は死あるのみ」という信念を持つペイガンだが、アービンは『バトリング』は戦場ではないと彼の考えを否定する。

続きを読む "装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE ―ケース;アービン― レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (0)

薄桜鬼~碧血録~ 第十九話「天道の刃」

負傷した土方歳三に代わって新選組を率いて会津へと入った斉藤一は、会津藩主・松平容保と謁見する。
容保は会津では最後まで戦い抜く決意を語り、斉藤に柾木たち30名の部下を任せるが、洋装に左刺し刀である斉藤に反発を覚える。
そんな彼らに持論を明確にする斉藤。
身なりが大切な時も確かにあるわけですが、今の状況はそうした事に拘っている状況ではないという事。

そんな訳で会津戦争です。

白河口の戦いでも斉藤の言葉に従おうとしなかった柾木たちだが、斉藤が身を挺して生きて戦い容保を護ることこそが忠孝であり武士の道であると、獅子奮迅の働きを見せて彼らの心を動かした。
彼らもまた新政府軍と戦う前に近藤勇と同じ。
大鳥圭介は融通の利かない会津藩士を愚直だと呆れるも、斉藤はその愚直さこそが彼らが信じるに値する証であると言い切る。
斉藤の活躍に武士の魂は形あらずと、彼を慕う柾木たちは洋装を取り入れて、斉藤に従うようになってくれました。
移り変わる戦いを目にしていないため、昔ながらの戦い方や精神論でなんとかなると信じて疑わず、結果的に時代に取り残されてしまった。
斉藤は少し前までの自分たちの姿だからこそ、彼らに真っ向から向き合ってくれたのだろう。そして容保は彼らの古い考えに危惧を覚えていたからこそ、斉藤たち新選組なら変えてくれるかもしれないと斉藤に預けたのかもしれない。

猪苗代で土方が雪村千鶴と共に新選組に合流を果たすも、間もなく二本松も陥落する。

続きを読む "薄桜鬼~碧血録~ 第十九話「天道の刃」"

| | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話「いつだって流星のように」

眠りから目覚めて以来態度が冷たくなってしまったシンドウ・スガタ。
ツナシ・タクトとアゲマキ・ワコもどこか態度がギクシャク

スカーレットキスはスガタの勧誘に失敗しながらも、何処か余裕。
どうやら自分が彼にキスした事は黙っているようだ。
しかし頭取やプロフェッサー・グリーンは既にその事を見抜いていました。

サカナちゃんはヘッドの下を去ってしまいました。いつも大切なところで大事なものを見失ってしまうヘッド。
バスにはワコ、サカナちゃん、ケイト、謎の少女という状態。
公式サイトにも出ていない謎の少女はもう一人の巫女というところかな。
そうだとすると、この面子で残り一人が何故ケイトなのか。彼女が巫女という可能性もありそうだな。ワコと妙に仲が良いし。
大きな鳥かごに捕らわれながら、その事が嬉しかったサカナちゃん。
お互いに好きあっていたのに上手くいかなかったという彼女は、島を出てやり直すことにしました。

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話「いつだって流星のように」"

| | トラックバック (4)

仮面ライダーオーズ/OOO 第11話「旅人とアゲハ蝶と有名人」

火野映司(渡部秀)の飛ばされたパンツを顔面キャッチしたのは、バンコクで世話になったという世界放浪旅語録の筑波敬介(阿部進之介)。
白石知世子(甲斐まり恵)は知っていたようですが、マイナーなのも抑えているという何げに辛辣。
今日の多国籍料理店『クスクシエ』はタイフェアです。
世界放浪の旅を終えた筑波は、自分の旅を本にするのだという。

ガメル(声:松本博之)はメズール(声:ゆかな)のためにメダルが落ちてないかと探していましたが、女子高生メズール(未来穂香)は落ちているメダルなどいらないからオーズから奪い返せと諭しました。
てか、そこにある自販機を破壊すればセルメダルは沢山手に入りますよ……

映司と泉比奈(高田里穂)に出版社へ案内してもらった筑波ですが、旅ブログ人気№1の澤田幸太郎(杉崎真宏)ぐらいの文章力がないと無理だと拒否られて落ち込みつつも、マイペンライ、「これしきのことで諦めない」と前向きな姿勢。
しかし一人きりになった途端、怒り心頭。
そんな彼の欲望にウヴァ(声:山田悠介)が目をつけてヤミーを創り出しました。
久しぶりのウヴァヤミー。
どうすれば有名になれるかというウヴァの問い掛けに、澤田ぐらいの文章力がついてラジオに出れたらと答える筑波。

続きを読む "仮面ライダーオーズ/OOO 第11話「旅人とアゲハ蝶と有名人」"

| | トラックバック (2)

天装戦隊ゴセイジャー epic40「ストロング・アラタ」

タイマーのバクトフージER(声:坂口候一)との戦いにサイボーグのブレドRUN(声:飛田展男)が介入したせいで、姿の消えたアラタ(千葉雄大)。
過去の世界にタイムスリップしていますが、そうと知らない護星天使たちはショック。
けど、天知望(中村咲哉)に励まされて、頑張ることに。

エリ(さとう里香)による特製エリ丼や、アグリ(浜尾京介)のランディック野菜ジュースで元気になろうとしていたものの、アラタの事を思い出してしまった。
が、データス(声:宮田幸季)はアラタが過去の何処かにいる事を知りました。

そのアラタは過去の護星天使たちを説得して、天の塔を守ろうとするも信じて貰えず1人で戦うことに。
そんなアラタの前に、同じく過去に跳ばされていたバクトフージERが立ちはだかりバトル。
苦戦するアラタですが、望と会ってアラタの人となりの一片に触れた護星天使が助けに駆けつけた。
モネはこの頃、髪の毛が今よりも短い感じというか、ウェーブが今よりも強かったのか。

バクトフージERとアラタが過去に跳んだ事に気付いた10サイのロボゴーグ(声:小杉十郎太)は、自ら確認のためにエージェントのメタルA(アリス)(声:井上麻里奈)とサイボーグのブレドRUNを引き連れて出陣。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic40「ストロング・アラタ」"

| | トラックバック (0)

侵略!イカ娘 第7話「狙われなイカ?/研究しなイカ?/働かなイカ?」

●狙われなイカ?
海の家『れもん』でアルバイトをするサーファーの齋藤渚。店の人はいい人たちばかり、1人を除いて……
イカの人が怖い渚ですが、今日はイカ娘もお休みでのびのび仕事が出来ました。
そんな渚を歓迎パーティだと自宅へ招いた相沢栄子ですが、家にはイカ娘がいました。パーティの準備を手伝っていたらしい。
イカ娘に脅かされて、何か家の人たちに悪さをするつもりだと思いこんだ渚は、相沢家にお泊まり。
相変わらず就寝時間の早い家族です。店の準備で朝が早いからかな。
イカ娘はもう栄子の部屋で寝るようになってるのね。しかしイカ娘が怖い渚をなんで同じ部屋に寝かせているのか……イカの人を見張るため、自分で言い出したのかな。
AM2時になって起き出したイカ娘は、栄子が起きないのを確認するとゲームを始めました。
あまりゲームをやると栄子に怒られるから、こっそりやってるんだろうね。しかも渚にバラされてるし。

イカ娘が自分ばかり構うのは、唯一怖がる人間だから危険視されているのだと思いこんで、怖がらないフリをしました。
そんな渚の反応にショックを受けたイカ娘を、栄子がみんなに受け入れられる侵略者がいても良いはずだと慰めてくれました。
渚と友好関係になろうとしたイカ娘ですが、やっぱり怖いと握手できずに海へと逃亡。
「私はどうすればいいんでゲソ?」
せっかく歩み寄ったのに、差し出した手が取られなかったイカ娘は微妙な気分だな。喜びも悲しみも出来やしない。

続きを読む "侵略!イカ娘 第7話「狙われなイカ?/研究しなイカ?/働かなイカ?」"

| | トラックバック (2)

テガミバチ REVERSE 第8話「ブルー・ノーツ・ブルース」

人に穢れた心が生まれるまで人と摩訶(マカ)は,ブルー・ノーツ・ブルースで共存していた。人は摩訶を神聖な生き物として崇め、摩訶は人々を守り続けてきていた。
ブルー・ノーツ・ブルースで200年前に生まれたというニッチだけど、ラグ・シーイングが確認するとハッキリとしない。

ラグはブルー・ノーツ・ブルースの村で人々から話を聞く事にするも、ニッチはラグに自分の事は話さない方が良いと告げた。
辺境の村までやってきたBEEのラグを歓迎する村人たち。
村人の話ではゴーシュは洞窟へと入っていったという。話を聞いたラグは洞窟へ向かおうとするが、村長は洞窟は聖なる場所だとラグを止める。
摩訶を神聖な生物としているのならば、そこへの立ち入りが禁じられるのも当然のこと。ラグもそれを問答無用で押し切るほどの強硬さは持ってません。

200年ほど前、ブルー・ノーツ・ブルースは饑饉となり、大勢の者達が死んでしまった。
子を宿らせていたセリカという妊婦は、摩訶の住み処にあるという聖なる泉の水を飲めば1000年生きられるという伝説を信じ、洞窟へと入っていった。
そして洞窟から戻ってきたセリカは、直ぐに死んでしまったが、彼女が産み落とした双子は金色の髪に海色の瞳、獣の爪を持っていた。
その子供達はある日忽然と姿を消してしまったのだという。
ニッチが自分の正体を隠そうとしていたのは、本能的に自分が彼らに良く思われていない事を憶えていたからなのですね。
赤ん坊が忽然と姿を消すという下りがあまりにも不自然ではあるのですが、その件についてはBパートであきらかとなります。

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第8話「ブルー・ノーツ・ブルース」"

| | トラックバック (1)

2010年11月20日 (土)

伝説の勇者の伝説 #020「絶望に埋め尽くされない心」

ミルク・カラードを人質にしてルーク・スタッカートに、ライナ・リュートの暗殺を指示してきたミラン・フロワードですが、ルークはミランをも追いつめる実力の持ち主。
彼の使う忘却の欠片(ルール・フラグメント)はライナが回収し忘れたもので、無限に伸びて絶対に切れる事のない糸を放つ伸ばすものでした。
ミランはライナがシオン・アスタールの側にいるべき人物なのか、と語ってうまくルークを焚き付けたようです。
戦いの中、窮地に生きる事を諦め欠けたライナは、ルークを尾行していたフェリスに助けられました。
追い掛けてきていたという事は、今までの戦いもずっと見ていたのか?

ライナがルークに構っている間に、リル・オルラが魔眼の持ち主達を襲撃。
ラフラがみんなを庇って死んでしまい、暴走したブエカも複写眼(アルファ・スティグマ)の結晶を抜き取られて死んでしまいました。
リルは二つ目の結晶と言っているけど、一つめはラフラのものなのか? でもラフラは抜き取られる前に死んでいるから、他の子供のものなのかな。
ティーア・ルミブルが殺されないのは、やはり殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)は暴走が無いから結晶化して抜き出す事が出来ないからなのか。
ティーアは回りが仲間の子供たちだから回復出来ていないけど、ライナと力を合わせれば彼の魔法を喰えるんじゃないのか……

続きを読む "伝説の勇者の伝説 #020「絶望に埋め尽くされない心」"

| | トラックバック (1)

神のみぞ知るセカイ FLAG 7.0「Shinig Star」

2年前、デビューを目前に控えた中川かのんたちシトロン3人組は、雪の中、1万人が入るというホールの前までやってきて期待に胸を膨らませる。
かのんは怖じ気づくも、らいむはデビューしたら直ぐだと自信満々だった。
事務所側はらいむを売り出すために、他の二人をあてがっていたけど、当の3人はとても仲が良かったわけだ。

チケットも完売したかのんの初単独ライブだが、失敗してしまえば誰も自分を見てくれなくなるというもう1人の自分の声に怯え、遂に姿を消してしまう。
スタッフが必死で捜索するも見付からず、桂木桂馬とエリュシア・デ・ルート・イーマも手掛かりが見付からない。
エルシィは親衛隊の老人にしとろんのDVDを見せて貰おうとしたりしてましたが、駆け魂センサーの存在を忘れていました。
しとろんのDVDがヒントになるかと思いきや、まったくそんな事もなく。
挙げ句にセンサーの存在を忘れていたという、なんたる時間の無駄遣いか。

自分を見つけ出してくれて、透明になってしまう事を恐れている気持ちまでも見抜いていた桂馬に、ずっと側にいて欲しいと思ったかのんですが、桂馬はこれを拒否。
桂馬を捜していたかのんは桂馬のすぐ側にいました。
「キミは、キミ自身の力で輝ける!!」
自分では無理だというかのんに、もう既にやってきたと教える。

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 7.0「Shinig Star」"

| | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

アマガミSS 第19話 桜井梨穂子編 第三章 「ヒキツギ」

創設祭も終わり、七咲逢は塚原響から水泳部秘伝のおでんのレシピを引き継ぎました。
しかし水泳部がお互いのおでんの味を褒めあっている光景は微妙だなぁ。

桜井梨穂子たち茶道部は橘純一を呼んで野点
先輩達は順調に純一を茶道部に引き込もうとしていますね。
毎年春には新入生歓迎会を兼ねて野点をやっているらしいが、去年は雨で中止になってしまったらしい。
日程を変更して実施とかはダメだったのかな? 見る限り、野点は部室の一部である庭でやっているのだから、日程を変える事に問題はなさそうなのに。それに雨天は部室でお茶会をやれば良かったのでは。

25日に美也、中多紗江、七咲逢でクリスマスパーティをしていました。

梨穂子は純一をファミレスに誘って、この前話していたお礼を初詣を一緒に行って欲しいとお願いです。
ダイエットしているので、純一がケーキを頼むのを水だけで我慢しようとしていましたが、結局純一のケーキを貰って食べている始末。
やはり梨穂子はどう頑張ってもダイエットは無理。

続きを読む "アマガミSS 第19話 桜井梨穂子編 第三章 「ヒキツギ」"

| | トラックバック (0)

刀語 第十一話「毒刀・鍍」

数百年前。
戦乱の時代にあり、剣の鍛練をしていた鑢一根に剣の才能がないと語ったのは、完成形変体刀を作り上げ、完了形変体刀を作ろうとしていた刀鍛冶・四季崎記紀でした。
ただ剣の道を究めんとしていた彼に、記紀は彼の努力に花を咲かせてやろうと告げる。
「もっとも、しっかりとした根っこになれるかどうかはお前次第だがな……鑢一根」
名前も名乗っていないのに知っているという事は、最初から彼を目当てにして彼の前に現れていたという事なんだろう。この時点で既に完了系変体刀は人間であるという事が決まっていたのかな。

十ヶ月で十本の完成形変体刀を揃えた尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめは、そろそろこの旅も終りだと感じるようになっていました。
自分の頭脳によるものだと満足げなとがめですが、鑢七花はほとんど力業だと結構辛辣。思った通りの事を口にするだけになんとも。

左右田右衛門左衛門からの報告でとがめの正体を知った否定姫は、とがめとの複雑な関係を思いながらも、「こんな形」で彼女と決着をつけなければならない事に複雑な思いに駆られる。

続きを読む "刀語 第十一話「毒刀・鍍」"

| | トラックバック (0)

百花繚乱 サムライガールズ 第漆話「大日本を覆う影」

直江兼続は犬小屋を拠点にして宗朗たちの動向を監視すると宣言……徳川千や真田幸村からは下っ端呼ばわりされ、柳生十兵衛には捨て駒とまで言われてしまってます。
いと憐れなり。
憐れみから受け入れて貰うことになりました。
十兵衛には完全に犬扱いされてる上に、「ぐつぐつさん」と命名されました。名前短くもなってないし。
服部半蔵は姫様の身を案じて受け入れに一人反対するも、千姫は自分の身は護ってみせると自信満々。
マスターサムライになった事で生半可な敵に負けるとは思えないのでしょう。ましては相手はおバカキャラだし。

別荘のサーバーから手に入れたデータは大半が破損してしまったものの、なんとか復元できたものの中に入っていたデータを解析した真田幸村。ご禁制の福音書の一文と思わしき音声データがありました。
十兵衛が目覚める切っ掛けとなった、宗朗を主だと告げた声のようです。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第漆話「大日本を覆う影」"

| | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第7話「闇の診療所/敵対心/おかしな春菜ちゃん」

●Aパート「闇の診療所」
結城リトが珍しく図書室で調べものをしていたら、金色の闇が熱を出して倒れてしまったので、御門涼子に看て貰おうとするも生憎と休み。
リトは倒れる前のヤミには間接的に頭が悪いって言われてますね。
ララ・サタリン・デビルークと一緒に御門先生の家にまで行って看て貰うことになりましたが、それほど重い病気ではなかったようだ。
ララがいるのにリトに服を脱がせる手伝いをさせたのは判っていてからかったんだろうね。リトはララがいる事実に気づけよという感じですが。
リトが必死に運んでくれたことでヤミの中のリト株があがったのも束の間、着替え中に戻ってきたので台無しです。
御門先生は自宅の診察室で大暴れされたので大変だったんだろうな。

●Bパート「敵対心」
ルンが特撮V番組「爆熱少女 マジカルキョーコ」に出演するお話。
主題歌を歌う事になったらしいのに、あてられた配役は悪の幹部なのか。
自分に厳しく霧崎恭子に甘い監督に、ルンは腹を立てていたものの、恭子がルンに好意を持っていた事で和解。
しかも恭子は地球人とフレイム星人のハーフという事で、炎が使えるらしい。
宇宙人の存在が公になっていないので、恭子の炎は手品という事になってるって……宇宙人ってまだ公の存在じゃなかったの!?
ギド・ルシオン・デビルークが派手にやってきたりしていているし、ルンが男に代わるのは公然のように扱われているから、てっきりこの世界ではもう宇宙人の存在って世間一般に認知されているものなんだとばかり思ってたよ。

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第7話「闇の診療所/敵対心/おかしな春菜ちゃん」"

| | トラックバック (0)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第7話「7 BRIDGE×2」

今回は時間がないので簡単に。

第151話「橋の下の健康診断」
村長とシロがどちらが健康かで啀み合いになって、荒川で健康診断をすることになりました。
ナレーション、さらりと村長とシロが近しい年齢だとかカミングアウトしてしまってますよ。自称620歳なのに。
リクの会社から健康診断の器具を持ち出して、高井照正と島崎が診断です。

第152話「島崎大暴走」
島崎、もうニノの秘密の事はどうでもいいのか、シロに夢中です。
意外とピュアなようで、うまく話が出来なかったので、告白しようと企んだ結果がシロ再検査というもので、端から見たら重病人のようでシロ大ショック。
島崎はいつになったらシロが妻子持ちだと気付くのだろうな。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第7話「7 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

薄桜鬼~碧血録~ 第十八話「輝ける暁光」

新政府軍に投降した近藤勇は処刑されて斬首された。
沖田総司は会津へと走り近藤を死なせた事を土方歳三に食って掛かる。
千鶴は沖田に全ての事情を説明し、沖田もおおよそは判っていたのだろう、新選組を護れるのは土方しかいないと理解しつつも、兄とも慕った近藤を死なせてしまった土方を心が許す事が出来ずに去っていきました。
史実では沖田は近藤の死については知らない可能性の方が高いのですが、こっちの沖田は会津にまでやってきちゃったので途中で知ってしまったようだ。

斉藤一は土方は傷の癒えないまま指揮を執ろうとしている事から、勝負をして今の土方では戦えない事を判らせ、隊長であるからこそ生き延びなければならない事を諭しました。
最後には斉藤の得意技『左片手一本突き』が披露されました。
しかし藤堂平助はすっかり影が薄くなってるな。
山南と一悶着あるのかと思いきや、ないままにすっかり脇役になってる。
彼らはこのまま蝦夷にまで同行していくのかな。

上野寛永寺に立て籠もった彰義隊に新政府軍が攻撃を仕掛けた。
原田左之助は寛永寺での戦後に羅刹が来る事を見越して彰義隊に加わり、不知火匡と合流。
不知火は羅刹対策に銀の弾丸まで用意してました。
大勢の羅刹を相手にたった2人で大立ち回りをする原田と不知火。
羅刹を指揮していた雪村綱道のみの残したところで不知火の弾丸が尽きてしまい、綱道は火薬玉で不知火を葬ろうとするも、間一髪原田の槍が綱道に突き刺さり、綱道は自らの爆弾により爆死爆弾というオチ。

続きを読む "薄桜鬼~碧血録~ 第十八話「輝ける暁光」"

| | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」

アゲマキ・ワコを助けるため王のサイバディ・ザメクとアポリポワゼして、王の柱の力を使ってしまったため、昏睡状態となってしまったシンドウ・スガタ。
翌日、ワコはスガタの目覚めを祈って禊ぎのために休み、タクトだけが登校しています。

王の柱の存在は当然みんなの知るところであり、綺羅星十字団にも衝撃が走る。
宇宙最強の存在であるザメクが敵に回ってしまえば驚異となる。
イヴローニュたちがタクトとワコをくっつけようとしたのも、ワコとスガタの間を裂いて自分たちの側に引き込むためだったのだろうからな。
彼らにはスガタが昏睡状態なのか、死んでいるのかも不明。
ヘッドは今回は第3隊『ブーゲンビリア』の失態であるからと、彼女たちにスガタの安否確認を命令。
ニチ・ケイトはオンディーヌに責任を取って戦うように命じました。
元々余所者であるタクトを倒したくて仕方ないオンディーヌにとっては喜ばしきこと。

仲良し3人組だったけど、本当は2人と1人だったのではないのかと悩むタクトは、自分の無力さを実感する。
エンドウ・サリナはタクトに彼にはきっと何かしてやれる事がある筈。そばにいてやる事だけでも力になると励まし、戸惑うタクトの背中を押してくれました。
「行けよ、銀河美少年」

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第7話「遠い世界」"

| | トラックバック (4)

仮面ライダーオーズ/OOO 第10話「拳と実験と超バイク」

鴻上生体研究所が設立10周年を迎え、鴻上光生(宇梶剛士)は大はしゃぎ。
メダルの力を誰に集約するかで、メダルシステムを開発した天才博士・真木清人(神尾佑)と鴻上は意見の食い違い。
オーズこそその器に相応しいと考える鴻上に対して、真木はグリードも含め、新たなメダルシステムで人間が使う事も視野に入れています。
鴻上がなぜここまでオーズに固執しているのかは謎。
真木は新たなカンドロイドも完成させていました。
鴻上は物事の誕生を祝うのに対して、真木は終焉こそが祝うべきものと考えているので、いずれこの2人は対立する対立する事になりそうだ。彼がメダルを集約する相手に選ぶのはもしかするとカザリなのかな。
そんな真木が観察を続けるのは所員であり、爆弾の実験を行っている爆弾魔・只野通(坂本真)。

一気に4枚ものコアメダルを失ったメズール(声:ゆかな)は大ダメージで、ガメル(声:松本博之)は自分のメダルを上げると言うも、当然他のグリードのコアメダルでは力になる筈もない。
ウヴァ(声:山田悠介)はオーズの他にも、自分たちの下から消えたカザリ(声:橋本汰斗)にも怒りを覚えてます。

続きを読む "仮面ライダーオーズ/OOO 第10話「拳と実験と超バイク」"

| | トラックバック (3)

天装戦隊ゴセイジャー epic39「エピック・ゼロ」

エージェントのメタルA(アリス)(声:井上麻里奈)見つけてきた素材を使って産み出された新たな敵。

天知望(中村咲哉)は未来の履歴書を書くという宿題で、将来なりたい事が沢山あって悩んでいますが、公務員だけ浮いてるなぁ……なんでそこだけ現実的なんだ。
護星天使たちも色々と夢があったようですが、彼らの夢は護星天使になることじゃなかったのか……
ハイド(小野健斗)やモネ(にわみきほ)によると、護星界に生まれた人間全てが護星天使になるわけではなく、マスターヘッド(声:沢木郁也)が適正を見て選出するらしく、この5人+グリーンはその素質を見込まれて送り出されたらしい。
アラタ(千葉雄大)やエリ(さとう里香)は幼い頃から護星天使になるために天装術の勉強していなかった?

カップル(村上めぐみ)(浅野有貴)の吹き飛ばされた帽子を護星パワーで川に落ちないようにしたいしていたアラタですが、ゴセイパワーを無闇に使ってはいけないとかエリに怒られてます。

タイマーのバクトフージER(声:坂口候一)の持つ能力は『タイムリバース』
時間を10秒巻き戻す力。
しかし世界の時間を全て巻き戻すのではなく、特定の事象に対してのみ時間を巻き戻す能力のようで、回りは時間を巻き戻された事も理解出来るようです。
それでもゴセイナイト(声:小西克幸)が取り押さえている間に倒してしまおうとするも、前回倒した筈のメタルAがチュパカブラの武レドラン(声:飛田展男)改め、サイボーグのブレドRUN(声:飛田展男)を引き連れて登場。
ブレドRUNは10サイのロボゴーグ(声:小杉十郎太)によって、記憶はメタルAのデータが引き継がれているものの、護星天使に対する恨みのみが残されています。
記憶が消されている事に驚いている護星天使ですが、別に記憶が残っていようがどうしようが関係ないんじゃないのか? どっちにしても敵である事に代わりはないのだし。
流星のデレプタ(声:小山力也)とかなら、まだプライドも高くて自分に誇りを持っていた相手だから、記憶が消されて犬にされている事にショックを受けても仕方ないだろうが。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic39「エピック・ゼロ」"

| | トラックバック (1)

侵略!イカ娘 第6話「ヒーローショーじゃなイカ?/勉強しなイカ?/恋じゃなイカ?」

●ヒーローショーじゃなイカ?
イカ娘が偶然通りかかった浜辺には大勢の子供たちが集まっていた。
その中にいた相沢たけるはヒーローショーが行われている事を教えてくれるが、戦闘員の黒タイツ軍団や、お面をつけただけの能面ライダーというヒーローにイカ娘は大笑い。
しかし怪人のボスとしてイカ魔人が現れたものだから大変。
イカ娘がイカ魔人を応援し出したせいで、子供達までイカ魔人の応援を始めてしまい、中の人たちはどうしていいものか焦り出してしまいました。
よりによってイカ魔人なんてチョイスしてくるから。しかも人間が海を汚すから倒すという、イカ娘と同じコンセプトだし。
子供達がイカ魔人を応援しているのに、そのイカ魔人を倒してしまったら大変な事になるからね。
俺ならもう一つ怪人を用意して、能面ライダーとイカ魔人が一時休戦して共闘するというストーリーに切り替えるけど。ま、怪人キグルミはイカ魔人しかないらしいので急造で作るしかないでしょうけど。

スタッフで対策を検討中に、イカ娘がイカ魔人のキグルミを盗み出してステージに上ってしまったので大変。
イカ娘改めイカ魔人は能面ライダーを倒そうとしましたが、そこに現れたのは能面ライダー・般若
中の人はどう見ても……何処で騒ぎを聞きつけて駆けつけたのか。そもそもあの衣装とかはどうやって準備したのかなど謎がいっばいです。
能面ライダーをサポートする般若の身体能力が尋常ではなく、イカ魔人は動きを封じられて負けてしまいました。

続きを読む "侵略!イカ娘 第6話「ヒーローショーじゃなイカ?/勉強しなイカ?/恋じゃなイカ?」"

| | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE 第7話「Film noir」

ノワールらしき人をヘラジカアタマのあるブルー・ノーツ・ブルースで見かけたという情報を手に入れたラルゴ・ロイドは、物に込められた“こころ”を見る心弾を持つというラグ・シーイングを派遣する。
Dr.サンダーランドJr.はブルー・ノーツ・ブルースには摩訶(マカ)の目撃情報があると告げるも、ニッチは知らないと応えて、サンダーランドJr.は激しくショックを受けて落ち込む。
そもそもニッチがまともに地名などを覚えているわけもないので、地名を言ってニッチが知っていると答えてくれるのを期待する方が間違いなのだと思います。
サンダーランドJr.の登場は久しぶりな気がするね。

ラグがブルー・ノーツ・ブルースに行くと聞いたコナー・クルフとザジ。ザジは北への配達のある自分が向かうと告げるも、ラグは頑なに固辞する。
ノワールの心を取り戻すというラグだが、未だ手紙弾を完成できていない。
あれこれと書きたい事が多いので手紙弾の中に書くテガミに纏められないのですね。
ノワールをぶっ倒す強気に語るザジだが、ラグはノワールの中にはゴーシュの心が残っていると信じていた。
証拠など何もなく、ただゴーシュを信じたいという思いから。その気持ちはアリア・リンクやラルゴも同じなのだろう。ゴーシュが簡単に記憶を失う筈がないという思いから来ているのですね。

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第7話「Film noir」"

| | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

実写映画 マリア様がみてる レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

スカートのプリーツは乱さないように、白いセーラーカラーは翻らせないように、ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。もちろん、遅刻ギリギリで走り去るなどといった、はしたない生徒など存在しない。
純粋培養されたお嬢様たちの集うこの私立リリアン女学園に通う福沢祐巳(未来穂香)は、極平凡な少女。

リリアン女学園には姉妹(スール)という上級生が下級生を個人的に指導するシステムが存在していた。
祐巳のクラスメイトであるみゆきに姉(スール)が出来た事を喜ぶ祐巳だが、彼女には姉となる人物がいなかった。
祐巳には憧れの先輩がいた。
学校中の憧れであり、姉にしたい先輩として人気の高い小笠原祥子(波瑠)である。

ある朝、いつものように登校した祐巳は憧れの祥子に呼び止められると、タイが曲がっていると直接直してもらう。
そんな場面に偶然出くわして写真に納めたクラスメイトで写真部に所属する武嶋蔦子(広瀬アリス)は、写真を祐巳にあげる代わりに、学園祭で写真部のパネルとして飾らせる事、そして祥子からも許可をもらうことの2つを条件として提示する。
写真欲しさに蔦子と共に祥子の許可をもらうことにした祐巳たちは、薔薇さまと呼ばれる生徒会役員たちが集う生徒会室、通称『薔薇の館』へと足を運ぶ。
祥子は現・紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)こと水野蓉子(平田薫)の妹(プティ・スール)、紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)でもあるのだ。
薔薇の館に入る事に緊張していた祐巳と蔦子だが、そこにクラスメイトであり、白薔薇さま(ロサ・ギガンティア)こと佐藤聖(滝沢カレン)の妹(プティ・スール)である白薔薇のつぼみ(ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトン)こと藤堂志摩子(高田里穂)に声を掛けられる。祥子に用事があると伝えて取り持って貰うことにした2人は、薔薇の館へと足を踏み入れた。

続きを読む "実写映画 マリア様がみてる レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (2)

伝説の勇者の伝説 #019「行方知れずの恩知らず」

ガスターク王レファル・エディアはリーグルワーズ・ペンテストから、各地で魔眼保持者たちが集結して反ガスターク勢力を結成している報告を受けました。
その話をキファ・ノールズが立ち聞き。宝石そのものが魔眼だった事までは気づかなかったようですが。
ガスタークは魔眼保持者を殺して、その魔眼を宝石として抜き取っているのだから、保持者たちがガスタークに敵対するのも当然の事だろう。

シオン・アスタールとフェリス・エリスの下を去り、ティーアと共にローランド帝国から去ってしまったライナ・リュート。
フェリスは1人の寂しさを感じながら、ライナ捜しの旅に出て、シオンは貴族たちに複写眼(アルファ・スティグマ)保持者のライナを戦力として飼っていたと嘯きつつも、孤独に苛まれる。
ティーアは魔眼を『神の目』と呼び、自分たち魔眼保持者が人間より優れた上位者であるとライナに語る。それが彼自身の考えなのか、誰かから教えられた考えなのかは不明のまま。

カルネ・カイウェルはライナに関する調査報告書をクラウ・クロムに提出。
ライナが盗賊たちに拾われ、アルファ・スティグマの力を使った事で軍に捕らえられて、厳しい特訓を受けた末に『ローランド最強の魔術師』の称号を手にれるほどの存在となったものの、まともに任務を遂行しようとしなかったため、王立特殊学院に入れられた事が判明。
クラウはライナが酷い目にあい続けたため、感情を殺すようになって、何もかも面倒くさがるようになっている、という事実に勘付いているものの、「化け物」だからとあくまで一線を引いてしまって理解を示そうする気はないようだ。
基本的にこの世界の住人たちは、魔眼の保持者というだけで忌み嫌い、その人物の人間性までは知ろうという気がまるでないのだな。人間とは違う化け物だという考えが頭にあって、化け物とは分かり合えるはずがないという決めつけがあるのか。

続きを読む "伝説の勇者の伝説 #019「行方知れずの恩知らず」"

| | トラックバック (0)

神のみぞ知るセカイ FLAG 7.0「ワタシ平凡?」

歌を聴いてくれない桂木桂馬の反応に、突然消失してしまったかに思えたアイドルでクラスメイトの中川かのんに驚くエリュシア・デ・ルート・イーマですが、実際には完全に消えたのではなく透明になっていました。
桂馬は「聞いていた」とか言うものの、あれだけめいっぱい寝ていて信じてくれる筈がありません。
ともあれ、桂馬はかのん攻略のために、かのんの悩みを探る事になりました。
『「悩み」はボクらの
 キラカード
 命かけても
 手にいれな!!』

ま、駆け魂は心の隙間に入り込むのだから、悩みを知ってその悩みを消す事が最大の攻略方法ですしね。

エルシィはかのんについて調べに向かったテレビ局で親衛隊の皆さんとお友達になったようですが、かのんのファンクラブのメンバーは老若男女が揃い踏みです。
かのんが『しとろん』のメンバーだったけど、元々リーダーを売り出すためのユニットだったのに、かのんの方が売れてしまいユニットは解散。他の2人は辞めてしまい、かのんは当時の歌を歌っていないという情報を仕入れる事が出来ました。

桂馬は以前にCDを返した時に、メールアドレスを挟んでいたようで、かのんからメールを受け取るようになりましたが、かなりどうでも良い感じの内容でそこら中に呼び出されて疲労困憊です。
影の薄かったかのんは昔から存在を忘れられがちだったようで、かのんにとって気にしてもらえないという事が一番応えるようだ。

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 7.0「ワタシ平凡?」"

| | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

アマガミSS 第18話 桜井梨穂子編 第二章 「テツダイ」

橘純一・梅原正吉・桜井梨穂子・伊藤香苗の4人でスケートへやってきましたが、梨穂子だけが全く滑れず、香苗は梨穂子の面倒を純一に任せましたが、転びそうになった梨穂子を支えようとして胸を揉んでしまったり、転んだ梨穂子のパンツを見たりラッキースケベを発動。
てか、梨穂子は身体柔らかいな。
この前家でストレッチしていた時はあんなに固かったのに、180度開脚してましたよ。
鶴屋さ 香苗は梨穂子と純一をくっつけようと企み中。
梨穂子の胸は幼いころの純一の魔法通りにまんま肉まんになってるようです。

梨穂子は茶道部の申請書を絢辻 詞に申請しましたが、たかが申請書1枚作るのに綾辻さんを疲れさせるとか、梨穂子の天然はすげーよ。
純一は茶道部部長の夕月琉璃子と副部長の飛羽愛歌とお知り合いになりました。
梨穂子から話を聞いていたので、2人は純一の事を知っていたらしい。
純一は創設祭に向けて茶道部の準備を手伝う事にまでなってる。
三年生の2人は梨穂子1人だと茶道部が来年潰れてしまうので、純一を部員に迎えるつもりのようです。
しかし2年生である純一を入部させるというのは本当に一時しのぎの対策だよね。つか、部員二人で存続可能なの? 今も3人しかいないようではあるけど。

続きを読む "アマガミSS 第18話 桜井梨穂子編 第二章 「テツダイ」"

| | トラックバック (1)

2010年11月11日 (木)

百花繚乱 サムライガールズ 第陸話「襲い来る、海の怪物」

坂神さくら、藤堂蛍子、小栗舞、失踪した少女達はいずれも剣姫(マスターサムライ)を排出した名家系の人間である事を突き止めた柳生宗朗に、徳川千は兄である生徒会長・徳川慶彦が犯人であると睨む。
真実を知るため、南房州にあるという徳川家の独立サーバーから手掛かりを探しに行く事になりました。
サーバーをアクセスすれば慶彦にいずれ知れるところとなるので、全面対決となってしまうのも覚悟の上。

一泊の調査に向かう2人ですが、千姫は水着やらバナナボートやら遊ぶ気満々
みんなに黙って行くつもりだった千姫ですが、真田幸村の仕掛けていた警報機が作動して、後藤又兵衛と幸村が駆けつけ、更に柳生十兵衛と服部半蔵も寝ぼけ眼で起きてきました。
しかも半蔵は薬盛られてました。
何処に行くのかと問いつめられて返答に困る千姫。
「ちょっと……バカンスに」
よりによってそんなセリフを吐くか。確実にみんな着いてきてしまうだろうに。
ま、確かに半分バカンス気分だったので、つい口から出たのでしょうけどね。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第陸話「襲い来る、海の怪物」"

| | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第6話「ビーチガールズ♥/深夜の家庭教師/恋愛マスター♥」

●Aパート「ビーチガールズドキドキ
天条院沙姫に招待されて天条院のプライベートビーチへと遊びにやってきたララ・サタリン・デビルークたち。
相変わらず結城リトのハーレム状態かと思いきや、猿山ケンイチとレン・エルシ・ジュエリアも一緒でした。
まぁ、レンはルンになってしまうので実質2人ですが。

御門涼子はリトにもっと男の子に慣れろ、村雨静を使って念力で無理矢理オイル塗りさせるも、古手川唯の叱責でお静がびっくりしたせいで、ナナ・アスタ・デビルークの胸に触ったりして、ドタバタの末に沙姫の用意したスイカ割り用の高級スイカが全滅。
代わりにモモ・ベリア・デビルークが取り寄せたスイカは巨大な意思のあるスイカ。
不味そうだのなんだのバカにされたせいでエロ大騒ぎになるのはお約束です。

捕らえられてしまったララを助けようとリトが必死になるも、当然敵うべくもないが、最後は金色の闇が一刀両断です。
本人はスイカ割りのつもりですが、スイカ割りではなくスイカ斬りになってるし。

スイカは美味しかったらしいですが、さすがにあのグロいのを地球人の皆さんは食べる気にはなれなかったご様子。
ララはリトが必死に助けてくれたのがちょっぴり嬉しいみたいだ。

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第6話「ビーチガールズ♥/深夜の家庭教師/恋愛マスター♥」"

| | トラックバック (0)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第6話「6 BRIDGE×2」

市ノ宮積の命令でニノの事を調査するため、リクルートこと市ノ宮行の部屋からニノのカセットテープを盗み出した島崎ですが、肝心な部分は星のヒモソングのせいで何も判らずじまい。
ニノの幼い頃の写真とおぼしきものが……
積はおそらく想い出の女性とニノの関係を調べ上げたいだけなのでしょうが、島崎はニノの秘密の一端に迫っていて、自分で秘密を利用するつもりのようだ。それをどこかに売ったりするつもりだったのでしょう。
そんな彼女に謎の人物が背後から忍び寄る。
「その写真の娘が俺は可愛くてねぇ……
 あんたみたいな蝿が回りをぶんぶん飛んでると気になるんだ。
 いいね、忠告はこの一回だけだ。
 その娘にだけは止まるんじゃない。
 じゃないと……
殺すよ
男の声に怯える島崎……
「何なの……今の」
島崎もまさか良く知ってる河童の中の人とは思いもしまいて。
政財界にすら影響を及ぼす村長の中の人ですから、島崎1人を人知れず抹殺するなど用意な事なんだろうな。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第6話「6 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

KNIGHT AND DAY ナイト&デイ レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
ロイ・ミラー(トム・クルーズ)は空港を行き来する人々に目を光らせながら、ジューン・ヘイヴス(キャメロン・ディアス)に目をつける。
彼女にわざと接触したロイ。
ジューンは先ほど受け取ったばかりのチケットが何故か1便後のものになっていて搭乗する事が出来なくなっていた。
ロイを追いかけるC.I.Aは、ジューンと裏切り者であるロイに何か関係があるかと考え、ジューンをロイの乗る飛行機に乗れるように手配してしまう。
乗れないようにした筈のジューンが乗ってきた事に驚きながらも、ロイはジューンと夢やジューンの妹の結婚式についての話を膨らませる。
飲んでいたお酒を溢してしまったジューンがトイレに行っている間、飛行機に乗っていた乗客やキャビンアテンダント、更にはパイロットたちまでもが次々とロイに襲いかかってくる。
ロイが繰り広げる死闘の事など知らないジューンは、トイレで素敵な男性であるロイとお近づきになろうと決意していた。
全ての敵を倒したロイだが、パイロットも死んでしまった。
ロイは軽い口調でパイロットが死んだ事を告げると、自分が代わりに操縦すると操縦席へと向かっていく。ただの冗談だと思っていたジューンは、乗客たちが全て死んでいる事や、パイロットたちが撃ち殺されているのを目にして初めて真実だと気付く。

続きを読む "KNIGHT AND DAY ナイト&デイ レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

薄桜鬼~碧血録~ 第十七話「玉響の夢」

江戸城は無血開城が決まった。
原田左之助はやる事があると靖兵隊を離れて江戸へと戻り、そこで不知火匡と再会。
不知火から彼らが新政府軍と手を切った事、そして彼の後釜に入った松本良順が血を必要とする羅刹のために江戸で戦を起こそうをしている事を教えられて、揃って良順との決着をつける覚悟です。
千鶴が良順を説得するとか言ってたのはどうなったんだろう……このままうやむや?

新選組は旧幕府軍と共に会津へと向かう。
大鳥圭介を総督として、土方歳三は参謀に任命されたものの、旧新選組はほとんど解体状態。
オープニングのあの青年が大鳥だったのか。なんか微妙に軽いキャラだな。
それでも島田魁はあくまで新選組として戦う事を表明。
島田さんは脇役ながら、唯一残った新選組組長として良いところを見せてくれます。渋くて良い感じだよね。
羅刹隊はどうしたんだろうと思っていたけど、彼らは先に会津へ行っているんだったね。
近藤を失い、幕府からも半ば厄介者扱いされた事に、新選組というものの目指すものを見失ってしまった土方ですが、千鶴が他の隊士たちは土方を支えにしていると諭されて少し気力を取り戻しました。
吸血シーンはなんだか微妙にエロい。わざわざうなじから血を吸うところがポイントですね!
吸血衝動に苦しむ土方は遂に千鶴の血を飲む事になりましたが、千鶴の血を吸う事で今後パワーアップしたりするのだろうか?

続きを読む "薄桜鬼~碧血録~ 第十七話「玉響の夢」"

| | トラックバック (1)

2010年11月 7日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第6話「王の柱」

放課後、懐中時計で時間を確認したツナシ・タクトは自分の時計が止まっている事に気付く。
タクトの懐中時計に女性らしき人物の写真があるけど、母親なのか、それとも他の女性なのか……かなり古い感じなので、元々父親が愛用していた物で、写真は母親という可能性が高い気がするな。
シンドウ・スガタはタクトが時計を持っていた事に驚くが、タクトは今日が「特別な日」だから引っ張り出してきたのだと笑う。
「特別な日」という言葉に沈むスガタ。
スガタにとって特別な日というのは言い意味を持たないのようだ。
タクトはアゲマキ・ワコに時計屋さんがあるか確認。
「離れ小島扱い禁止~」
どう考えても離れ小島だよ。
もちろんあります。何しろ映画館とかまでありますから。
商店街の方に言った事のないタクトに、ワコは町の案内を申し出るが、スガタは用事があると帰ってしまう。そんなタクトを見送るワコは暗い表情を浮かべるが、直ぐに明るく振る舞う。
「ようし、タクトくん。
 今日はデートだ!!!」

クラスメイト反応しすぎだ。
ニチ・ケイトの視線も厳しい。

ハブ対策の用心棒などの話題で盛り上がるタクトたちを厳しい表情で見つめる1人のそばかす少女。
離れ小島ながら劇場やらオシャレな本屋やらやたらと設備は充実しています。
黒野時計店で無事時計の修理を終えた後も、服屋にいたところ、何故か副部長がいました。この狐はいたるところに現れるな。
余所者を「島の秩序を乱す者」として深く恨むそばかす少女。
排他的な少女ですが、島が発展するには余所者を受け入れる必要があるのも確かなんですよね。
この娘は海女さんなのか。

続きを読む "STAR DRIVER 輝きのタクト 第6話「王の柱」"

| | トラックバック (1)

天装戦隊ゴセイジャー epic38「アリスVSゴセイナイト」

天知天文研究所に掛かってきた電話に浮かれる天知望(中村咲哉)と天知秀一郎(山田ルイ53世(髭男爵))。
それもその筈、見習い護星天使たちも色々と伝説的な天然話だけは耳にしていた、望の母にして、秀一郎の妻。単身赴任中の天知裕子(声:佐藤ユリ)が戻ってくるという事。
嫁さん生きてたんだ……てっきり死に別れているのかと思っていた。
とても美人らしいが、オープニングで裕子の声と書かれて、キャストに声優があてられている時点で、嫁さんの顔出しは今後もない事が確定です。

望はゴセイナイト(声:小西克幸)にも報告するけど、ゴセイナイトには母親と会う喜びというのは理解出来てません。
そのゴセイナイトは人間の事を知ろうと、ハイド(小野健斗)の提案で本などで人間について学ぼうとしていました。

そんなわけで、当然会えなくなるのはマトリンティス帝國の仕業。
何故かゴセイジャーを倒せない事に憤る10サイのロボゴーグ(声:小杉十郎太)、彼によって最初に作られたハイスペックなマトロイドであるエージェントのメタルA(アリス)(声:井上麻里奈)が自ら出陣。
電車の管制室などを襲って列車のダイヤを乱すという作戦です。
管制官(後藤公太)はメタルAに対してなんであんな普通に対応してるんだよ……あの格好はどう見ても異常だろうに。

続きを読む "天装戦隊ゴセイジャー epic38「アリスVSゴセイナイト」"

| | トラックバック (1)

侵略!イカ娘 第5話「宇宙人じゃなイカ?/学校に行かなイカ?/飼わなイカ?」

●宇宙人じゃなイカ?
海の家れもんにやってきた外国人女性に相沢栄子がおっかなビックリで応対すると、シンディ・キャンベルを名乗る女性はこの付近で宇宙人を目撃したという情報を下に、宇宙人の捕獲にやってきた米国地球外生命対策調査研究所の一員だという。
彼女が話に聞いたのはイカ娘。

イカ娘が宇宙人だと信じて疑わないシンディ。
必死に否定していたイカ娘でしたが、シンディの猛烈な勢いに宇宙人だと思いこむように洗脳までされてしまいました。
しかしシンディのあの言い分はそのまま人間にも当てはまるのですけどね……
もはやゴミ拾いはイカ娘にとって条件反射のようなものなのか。

すっかり自分がイカ星人だと思いこんだイカ娘ですが、海の使者イカ娘だろうがイカ星人だろうが、栄子や相沢たけるの扱いはまるで変わりません。
しかし相沢千鶴が伊勢エビカレーを作って、イカ星人は海老を食べるのか、と言い出したせいで海老の誘惑に負けてイカ娘は元通りに。

栄子にとってイカ娘は大切な……召使い
ほとんどただ働きも同然の存在だしな。
そんなこんなで、また1人おかしな人が増えました。

続きを読む "侵略!イカ娘 第5話「宇宙人じゃなイカ?/学校に行かなイカ?/飼わなイカ?」"

| | トラックバック (0)

テガミバチ REVERSE 第6話「少女人形」

ラグ・シーイングが配達業務を終えて、相棒(ディンゴ)のニッチとそのペットのステーキと共に帰宅。翌日は非番という事で、ニッチも寝坊できるとラグは語る。
しかしBEEの仕事って、手紙の量によって休みとかが決まるのだろうか? 週一回は必ず休みとかそういう決まりではなさそうだよね。全体的に休み少なそう
ゴーシュ・スエードあての手紙をラグが渡すと、その手紙の内容はシルベットの人形が大好きになったというヨダカのドグラの町に住む女の子から、自分に似せた人形を110日の十二刻までに作って欲しいという依頼だった。
兄が炭坑へ働く事になり、自分そっくりの人形を上げたいという願いだが、刻限は明日。
えらく急に思えるが、これはヨダカから出された手紙だから、到着までに結構な日数が掛かってしまったというのもあるのかもしれない。
この世界ではテガミが確実にいつまでに届くというのはなさそうだしね。

1からその人形を作るのは難しいが、シルベットは既存のシルベットに似た人形に手を入れて女の子の願いの人形を作ることにして、ラグの手紙弾についての相談を聞くどころではなくなってしまった。
この時点でシルベットの頭からラグの相談の事は既に吹っ飛んでしまっています。

翌朝、寝ぼけながらラグが起きてくると、徹夜で人形を完成させたシルベットがドグラの町へと向かうところだった。頭の回っていないラグは暫く見送る、直ぐに我に返ってパジャマ姿のままでシルベットを追い掛ける。
相変わらずラグの寝癖は凄いものがあるよな。
ニッチは頑張って寝坊するという発想が凄いよね。

続きを読む "テガミバチ REVERSE 第6話「少女人形」"

| | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

伝説の勇者の伝説 #018「呪われた瞳」

貴族の男性と平民の女性の間に生まれた子供のライナ・リュート。
母親は身分の違いで愛してしまったからだと、複写眼(アルファ・スティグマ)保持者のライナを殺して自分も死のうとしたものの、夫はそんな妻を止めて自分が2人を守り抜こうと決意。
しかし幼い頃に捕らえられていたという事は、両親は殺されてしまったのか、或いは複写眼(アルファ・スティグマ)保持者とバレて捕らえられたのか。

エスタブールへ向かったクラウ・クロムは重傷。
ライナに続いて「忌破り」追撃部隊のミルク・カラードとルーク・スタッカートまでも失踪。

ライナは1人でエスタブールへ向かっているところが目撃されていたため、フェリスはライナの追撃。
宿屋にいたライナを剣を振り回して大立ち回り。
フェリスの「死ね」という台詞に思わず「お前もオレを殺すための人材だったのか」と口走ってしまい、フェリスに追求されるも、そこにティーア・ルミブルが登場。
フェリスにとってはいつもと同じ台詞の一つに過ぎないのに、ライナが過敏に反応しすぎてしまったのだね。
ティーアとシオンより先に出会ってしまいました。

続きを読む "伝説の勇者の伝説 #018「呪われた瞳」"

| | トラックバック (0)

神のみぞ知るセカイ FLAG 5.0「IDOL BOMB!!」

■FLAG 5.0「IDOL BOMB!!」
売れっ子アイドル中川かのんの大ファンのエリュシア・デ・ルート・イーマですが、桂木桂馬はこれからはゲームアイドルの時代だとか言い出した。

それでもかのんちゃん熱が収まる事のないエルシィでしたが、じつはかのんは桂馬やエルシィのクラスメイト
2ヶ月間登校していなかったので、エルシィは知らなかっただけでした。

二ヶ月ぶりの登校で学校中は大騒ぎ状態。
そんな中、新人賞も受賞して少し自信のついてきていたかのんは、屋上でゲームを続けている桂馬とばったり出会う。
しかし当の桂馬はかのんの存在にまったく気付かず、自分を知らない桂馬に「安全な」スタンガンで攻撃する始末です。
桂馬が自分の存在を知らない事にショックを受けているかのんですが、かのんも幾ら滅多に学校に来ないとはいえ、桂馬の存在を知らないのか……クラスでは変わり者で有名だし、授業に出れば授業中もゲームして怒られているから目につきそうなのにな。

続きを読む "神のみぞ知るセカイ FLAG 5.0「IDOL BOMB!!」"

| | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

アマガミSS 第17話 桜井梨穂子編 第一章 「オモイデ」

二年前の12月。
橘純一にプレゼント選びに誘われた桜井梨穂子はデート気分で出かけたものの、実際には彼女へのクリスマスプレゼント選びという残念な結果。
しかしその彼女にデートをすっぽかされてしまった純一。
梨穂子は二年前も今も純一に片思い中

そんなわけでぽっちゃり幼馴染みが今回のヒロイン。
ま、ぽっちゃりと言ってもリアルの娘からすると、どこがぽっちゃり、というレベルですが。ちゃんと映らないけどお腹のお肉がぷにってる感じなのかな。
オープニングの最後のキャラはやっぱりその時のヒロインになるんだね。

朝から鳴り響く目覚ましを自分で止めて眠り続けて伊藤香苗に叩き起こされるヒロイン。
何処のラブコメ漫画の主人公だよ……
梨穂子ナレーションで本当に梨穂子が主人公っぽく扱われてるね。梨穂子が純一を攻略するのか?

忘れ物をしたので慌てて取りに戻り、間に合わないと近道しようとフェンスの穴を潜ろうとすると、お尻がひっかかって出れなくなり、更に胸(腹?)が閊えて後ろにも下がれない有様。
そこに同じく穴を抜けようとした、純一もやってきました。
しかし屈んだ純一にケリを入れようとした時、確実にパンツ見えてるよね、アレ。
足を引っ張って抜いてもらったようですが、あの状態で足を引けばパンツが見えない筈がない。それに引っ張れば当然スカートはまくれ上がってしまうだろうに……

続きを読む "アマガミSS 第17話 桜井梨穂子編 第一章 「オモイデ」"

| | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

百花繚乱 サムライガールズ 第伍話「愛の戦士、登場」

自在に剣姫(マスターサムライ)へと変身して見せた真田幸村。
通常のマスターサムライは一度“将”と契りを結べば、自在にマスターサムライへの変身・解除が可能で、人格の変更や“将”が鎖で縛られて動けないという事態も発生しない。
柳生宗朗とのキスという特別な形での発動であるにせよ、幸村のマスターサムライ化は柳生十兵衛のそれと違って至って普通のものでした。
つまりはキスするだけで相手を剣姫(マスターサムライ)に出来る宗朗も異常だけど、人格が変化して宗朗を動けなくする十兵衛も異常である、という事。特異な二人の関係がどのようなものなのか。
「不惜身命」
というキーワードにて変身できる幸村。
己の生き様を現す座右の銘が各自のそれとなるようだが、十兵衛の頭は食べ物で埋まっている残念な子でした。後藤又兵衛も呆れ気味。
食べ物以外で浮かぶのは「快食快眠」ですが、当然変身などできない。どこまでもアホの子です。
幸村は宗朗に他の女性とキスしないように忠告するも、それを単純に自分の力のせいだと思ってる宗朗は乙女心を理解できていません。
徳川千はどうしているのかと思いきや、服部半蔵と共に離れを外から寂しそうに見ていました。
お姫様はすっかり乙女モード。

千姫が幸村を匿っている、と徳川慶彦は徳川幕府に忠誠を誓っている田舎侍をスパイへと送り込んだ。都合の良い事に幸村の幼馴染みでもある彼女の名は直江兼続。
シャルル・ド・ダルタニアンは公式サイトでは無理矢理マスターサムライにされて従わされている、的な事が書かれていたものの、素直に慶彦に尽くしているようにしか見えないな。それとも表面的なものなのか。

続きを読む "百花繚乱 サムライガールズ 第伍話「愛の戦士、登場」"

| | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

もっとTo LOVEる -とらぶる- 第5話「恋愛クィーン!?/お遊戯しましょ♪/甘い気持ちはチョコの味」

●Aパート「恋愛クィーン!?」
ララ・サタリン・デビルークのお目付役であるザスティンに恋焦がれる、天条院沙姫。
車のタイヤが溝に嵌ったところを助けてくれたらしい。そういえばザスティンもデビルーク星人だから、怪力なんだね。

九条凛と藤崎綾は沙姫の想いを遂げさせてあげようと考えた。
結城リトは籾岡里紗と沢田未央の入れ知恵で手作り弁当という名の不気味な物体を手にして追い掛けてくるララから逃げてましたが、何故か凛と綾に拉致られました。
ザスティンを学校へ呼び出して、沙姫が告白する機会を作ろうと思ったらしい。
ララでなくリトというところがまだまともか。ララに頼んだらどんな騒ぎになるか判らないし。

代々天条院家に仕える家系に生まれた綾。凛は虐められていたところを沙姫に助けられて、それ以来沙姫を慕っているらしい。
沙姫は我が儘で自己中だけど、弱い者イジメとかは大嫌いな人間ですからね。

ザスティンに告白しようとしていた沙姫ですが、もじもじしているところにララに見付かって弁当?を食べさせられたリトが現れて、ぶつかった挙げ句にザスティンにおパンツを見られるというオチ。
結局ザスティンはそのまま帰って行きましたが、何しに来たんだか。
てか、この学校は部外者がどうどうと校内に入って来すぎじゃね? 不審者に厳しいこのご時世にさ。

続きを読む "もっとTo LOVEる -とらぶる- 第5話「恋愛クィーン!?/お遊戯しましょ♪/甘い気持ちはチョコの味」"

| | トラックバック (1)

荒川アンダー ザ ブリッジX2 第5話「5 BRIDGE×2」

風が吹く。
目には見えないその力が頬を撫でる。
髪を揺らす。新しい匂いを連れてくる。
押されるがまま歩いてきた昔とは違って、今、
ボクは振り返る。
そして、向かい風。
目には見えないこの力を身体一杯に受け止めて、立ち向かう……

第138話「暴かれた正体」
その朝、リクルートこと市ノ宮行が目を覚ますと、布団の中に誰かが……
はや、ニノかと期待したのも束の間、正体は荒川河川敷住人予備軍のSFオタク地球防衛軍隊長でした。
簡単に住人とは認めないと一ヶ月間見守る事にした村長ですが、隊長が描いた村長を主役とした同人誌であっさり住人として認めました。
命名『巨匠』
てか、村長、リクの時はあっさり名前を付けてなかったか? ニノが認めたからなのかな。
他にもP子や鉄人兄弟を主役とした漫画もあり、リクを主人公としたものもありましたが、どこぞの海賊王を目指すかのような「正社員」を目指しているリクを主人公……現実のリクは既に社長ですから。
ニノの漫画だけありませんでした。
その上手さから明らかに正体が漫画家。
ペンネームは「くわばらぽてち」
そこそこ売れっ子のようです。

続きを読む "荒川アンダー ザ ブリッジX2 第5話「5 BRIDGE×2」"

| | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

乱暴と待機 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
幌付きの引っ越しトラックの荷台に荷物と一緒に、木造平屋建ての市営住宅に引っ越してきた番上貴男(山田孝之)と妻の番上あずさ(小池栄子)。
身重ながら無職の貴男が就職するまでは通い続ける事にしたスナックへ向かうあずさを見送った貴男は、ご近所に引っ越しの挨拶に向かう。
そのうちの一件・山根家で読経していたのは漫画のように眼鏡にグレーのスエット姿の奈々瀬(美波)だった。
兄と2人暮らしだという奈々瀬は明らかに挙動不審で、聞かれもしないのにスウェット姿の理由を語りだす。汚れても目立たないし、洗っても直ぐ乾く、それに男の人と2人きりになっても誤解させないから、と。

三日目――
山根家軒先であずさが見かけた奈々瀬は、彼女の高校時代の同級生の緒川奈々瀬であり、あずさは彼女に強い恨みを抱いていた。
そして奈々瀬に兄などいたか、という疑問を持ったあずさ。暫くして帰宅した作業着に足を引き摺った兄・山根英則(浅野忠信)の姿に思わず吐き出してしまう。
仕事の面接に失敗して帰宅した貴男にあずさは語る。
「あいつら、兄妹なんかじゃないよ」

続きを読む "乱暴と待機 レビュー(ネタバレあり)"

| | トラックバック (0)

薄桜鬼~碧血録~ 第十六話「誠心は永遠に」

血に飢えた土佐の羅刹と戦っていた天霧九寿ですが、そこに現れた斉藤一が羅刹と戦おうとすると、羅刹はとなって崩れ落ちました。
江戸で辻斬りしていた犯人らしいが、天霧の口調からするとやはり新選組の中にも辻斬りがいるらしいので、山南敬助が辻斬りをしているのだろう。
羅刹の強大な力は、自分の本来あるべき力を無理に引き出すもので、いわば力の前借り。力を使うほどに寿命を削っていて、寿命が尽きると灰になってしまうらしい。
なるほど、だから後々生き延びた原田・永倉・斉藤は羅刹になっていないのか。

一からの情報で力を使えば羅刹は寿命が縮む事を知り、土方歳三は羅刹隊の増強を中止しました。
山南敬助は原田左之助と永倉新八が抜けた今は兵力増強が必要と訴えるも、頑なに反対されてしまいました。
羅刹の研究の中止も告げられて、山南さんはますますグレてしまいそうだな。明らかに不服そうだし。
新選組は会津へ行く事を決定。羅刹隊は先発する事になったようですが、そこで先に向かった山南たちが何か一悶着あるのかどうか。

続きを読む "薄桜鬼~碧血録~ 第十六話「誠心は永遠に」"

| | トラックバック (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »